history日誌

歴史と歌が大好きな私が日本史から世界史まで広く浅く書きます。 歴史の知識は素人レベルで、私が語る歴史の内容が真実かどうかは自信はありませんがw、楽しんでブログを書いていきます。教科書に載ってないようなマイナーな歴史の話もします。




1 安室奈美恵さん引退
 安室奈美恵さん、引退されましたな。寂しい限りです。まさに歌姫の称号にふさわしい25年間だったと思います。日本の歌姫といえば、古くは美空ひばりさん、ちあきなおみさん、山口百恵さん、テレサ・テンさん、松田聖子さん、中森明菜さん、平成に入ってからは、浜崎あゆみさんや宇多田ヒカルさん、西野カナさんという具合に世代によって違うと思うのです。

が、僕の世代はやはり安室奈美恵さんでしょう。もちろん、あゆもヒッキーも捨てがたいですが、安室さんの歌を聴くと青春時代を思い出しますもの、僕の世代は。「Don't wanna cry」とか「CAN YOU CELEBRATE」とか。また、彼女は歌だけでなくファッションセンスも抜群で、彼女の影響を受けた少女たちは「アムラー」とよばれました。

また、ガングロなんてはやりましたね。あれも安室さんの影響でしょう。最初のころは浅い日焼けだったのが、だんだんオーバーになって、次第にヤマンバみたいになってきましたよね。僕はガングロの高校生を見るたびに、「おいおい、安室さんはそんなに肌黒くないぞ、安室さんに失礼じゃないか」って内心思いましたもの。その女子高校生たちも今や母となり高校生の子供がいても不思議じゃない年齢になったかと。

でも、僕はファンの方には大変申し訳ないのですが、安室さんはあんまり好きな歌手ではありませんでした。僕はglobeのKEIKOさんやEvery Little Thingの持田香織さんのほうが好きでしたし、よく聴いていました。とういか今も時々聴きます。でも、安室さんもいい曲いっぱいあります。最近の「HELLO」(リオオリンピックのテーマソング)もいい歌です。でも、僕が安室さんの歌で一番好きなのは「NEVER END」です。壮大なスケールの曲で、沖縄という感じがする歌です。それもそのはず、この歌は2000年に行われた沖縄サミットのテーマソングです。

2 小渕恵三元首相の願い
 沖縄サミットが開催されたのが2000年。早いものですね。あれから18年もたつのか。沖縄サミットも昨日の出来事かと思っていたけれど、歴史の教科書にのるような話になったのですね。実は、開催地が沖縄にすんなり決まったわけではなかったのです。2000年のサミット会場は札幌、千葉、横浜、福岡などが名乗りをあげ、沖縄は一番不利だったのです。それが逆転したのは、沖縄サミットを決めた小渕恵三元総理の英断だったのです。それは1999年4月のことでした。ある新聞は「久々に政治をみた」と評価しました。小渕元総理も沖縄サミットが決まった際「沖縄の長い歴史の痛み」と言及されたとか。

沖縄サミットの際、テーマソングを小室哲哉さんにつくってほしいとお願いしたのが、小渕元総理でした。また、小渕元総理は「ぜひ安室奈美恵さんに歌ってもらいたい」という注文も同時に入れたといいます。安室さんは沖縄のご出身。この上ない人選だと思われます。

その後、楽曲は完成したが小渕が急に亡くなられたことを受け、明るかった曲調をこの楽曲の曲調に変え、作り直したといいます。どうりで、この曲はどこか悲し気な感じがすると思いましたね。この曲は沖縄サミットを祝う曲でもありますが、小渕元総理への追悼の意味も込められているのかなと思いました。そして、この曲は沖縄サミット本番でも歌われました。

あと、沖縄サミットといえば2000円札も発行されました。守礼門の絵がプリントされているやつですね。2000円札を作ろうと考えたもの小渕元総理です。でも、最近2000円札ってみませんね。僕も前に持っていましたが。ちなみに2000円札は今も使えるそうです。でも、今の若い子は2000円札わかるかなあ?たとえば客がコンビニに行って2000円札を若い店員さんに渡したら、若い店員さんが目を白黒させて、偽札じゃないのという目で客をみるなんて光景もこの先あるかもしれない???

3 沖縄サミット
 小渕総理が亡くなったので、沖縄サミットには後継の森喜朗元総理が出席されました。アメリカからはクリントン元大統領が、イギリスからはブレア元首相が出席しました。ロシアからはプーチン大統領が出席しました。各国の首脳たちが変わっていく中で、いまだに権力を握り続けているプーチンは恐ろしいなと改めて思います。

サミットに出席した首脳たちは以下の通り。


日本         森喜朗(議長・日本国内閣総理大臣)
フランス       ジャック・シラク(フランス共和国大統領)
アメリカ合衆国    ビル・クリントン(アメリカ合衆国大統領)
イギリス       トニー・ブレア(イギリス首相)
ドイツ        ゲアハルト・シュレーダー(ドイツ連邦首相)
イタリア       ジュリアーノ・アマート(イタリア首相)
カナダ        ジャン・クレティエン(カナダ首相)
ロシア        ウラジーミル・プーチン(ロシア連邦大統領)
欧州連合      ロマーノ・プローディ(欧州委員会委員長)


沖縄は基地の問題とか色々抱えておりましたが、サミットの主な議題は「IT革命」でした。今では当たり前の「IT」ですが、2000年当時はまだ「IT」もまだまだ普及したばかりだったのですね。時代を感じます。ちなみに森元首相は「IT」を「いっと」と読み間違え失笑を買ったともいいます。今思うとそんなこともあったなあって。


それから、各国首脳に贈答用として琉球リカちゃんの別注モデルサミットリカちゃんがそれぞれに贈られたといいます。たいていは伝統玩具が贈られるようですね。日本であれば駒だとか、羽子板だとか、凧だとかそんなところでしょうか。しかし、そうではなく、リカちゃん人形のような商用玩具が贈られるのは異例の事だったといいます。




※ この記事はウィキペディアを参考にして書きました。

風の盆恋歌 (新潮文庫)
高橋 治
新潮社
1987-08-28



風の盆恋歌
テイチクレコード
2017-08-09



きょうは石川さゆりさんの「風の盆恋歌」。紅白でも二回歌われております。石川さゆりさんの大京曲の一つですが、紅白では「天城越え」や「津軽海峡・冬景色」ほど歌われておりません。この曲はとても情緒があって美しい曲調の歌です。もっと歌われてもいい歌だとおもうのですが。

この曲の舞台は、富山県の八尾。毎年9月1日から3日にかけて行われる「おわら風の盆」というおまつりがモチーフになっております。毎年このお祭りを一目見ようと全国から観光客が八尾に訪れますが、この八尾の「おわら風の盆」が注目されるようになったのは、そんなに昔の話ではないのです。少なくとも昭和30年代のころまでは地元の人たちがひっそりと続けてきた静かなお祭りだったのです。

昭和60年(1985年)に高橋治さんの小説「風の盆恋歌」が出版されました。八尾などを舞台にした大人の恋の物語、というか不倫がテーマのお話です。僕も昔読んだことがあります。おっと、僕は不倫の恋にあこがれてなんかいませんよw

そして平成元年(1989年)に石川さゆりさんの、この曲がヒット。その年には大トリで石川さんは「風の盆恋歌」を歌われました。ちなみに二回目にこの歌が歌われたは平成10年(1988年)でした。
小説と、歌のヒットで「おわら風の盆」は注目されるようになったのです。

それでは、「おわら風の盆」の歴史を語らせていただきます。

「おわら」がいつ始まったのかは、はっきりはわかりません。なにしろ正確な文献がないものですから。「越中婦負郡志」によるおわら節の起源として、元禄15年(1702)3月、加賀藩のお殿様から下された「町建御墨付まちだておすみつき」を取り戻した祝いに、三日三晩歌舞音曲無礼講の賑わいで町を練り歩いたのが始まりとされています。

え、「町建御墨付」って何かって?それは、「ここに町をつくっていいですよ」という許可書だそうです。八尾の街をつくったのは米屋少兵衛(こめやしょうべえ)という人物でした。

江戸時代初期の寛永13(1636)年、米屋少兵衛が、加賀藩から町建御墨付を拝領して町をつくったといいます。その町こそ八尾町というわけです。

しかし、元禄15年になって八尾の役人が米屋少兵衛の子孫に町建御墨付の書類を返すように求めました。なぜ、役人が書類を返してほしいといったのか、僕にはわかりません。ともかく、八尾の役人たちにとって、その書類が必要であったことは間違いないでしょう。

少兵衛の子孫は書類を渡そうとしなかったので、役人は一計を案じ、桜の季節に八尾の町衆にお花見をはじめ、どんちゃん騒ぎをしたといいます。そのどさくさにまぎれて米屋の蔵から書類を持ち出させました。無事に書類が戻ったということで、役人はお祝いに「3日間昼夜を問わず、踊ったり歌ってもしてよいぞ」というお触れを出しました。それが、おわら風の盆の始まりだということです。

どんな賑わいもおとがめなしと言うことで、春祭りの三日三晩は三味線、太鼓、尺八など鳴り物もジャンジャン鳴らして派手にやったといいます。風の盆は、三味線と幻想的な胡弓の音色に合わせてしっとりとした踊りをするお祭りなのです。が、江戸の昔は派手にやっていたのですね。

これをきっかけに花見の季節だけでなく孟蘭盆会うらぼんえ(旧暦7月15日)も歌舞音曲で練り廻るようになり、やがて台風の被害がなくなることを祈って風神鎮魂を願う「風の盆」と称する祭りに変化し、9月1日から3日に行うようになったと言われます。






※ 参考サイト

https://www.yatsuo.net/kazenobon/history/index.html

http://www.dydo-matsuri.com/archive/2010/owara/

浦島太郎(桐谷健太さん)の名曲「海の声」。僕もカラオケでたびたび歌います。うまくは歌えないけれどwこの曲はauのCMソングにも使われました。この曲は作詞、篠原誠さん、作曲がBEGINの島袋優さんです。桐谷さん演じる浦島太郎の乙姫(乙ちゃん)への思いを歌った楽曲です。オドロキなのは、曲中で三線(沖縄の弦楽器)を弾いているのが桐谷さんご本人なのです。歌だけでなく三線も弾けるとはすごいなとおもいます。三線は弾くのが難しいようですよ。

この曲の作曲者の島袋優さんは沖縄のご出身。彼の作る曲は「涙そうそう」だとか「島人ぬ宝」とか沖縄を連想させる歌をいくつも作っております。

沖縄は僕は一度も訪れたことがありませんが、沖縄の歴史はある程度はわかっております。琉球王国と薩摩藩(および明治政府)との微妙な関係は前のエントリーで書かせてもらいましたし、ひめゆり部隊に代表されるように沖縄は悲惨な戦争の舞台でもありました。また米軍基地の問題も難しい問題です。

さて、沖縄といえば興味深い伝説があるのです。なんと源為朝(平安時代末期の武将で源頼朝・義経のおじにあたる)がやってきて、この沖縄の地で男の子をもうけ、その男の子が琉球王の始祖、舜天王(しゅんてんおう)となったというのです。

源為朝は、1139年に、源為義の八男としてうまれましたが、傍若無人な性格のため、13歳で京都から九州に追放され、その後九州を平定し「鎮西八郎為朝」となのりました。18歳で京都に戻ると、保元の乱(崇徳上皇と後白河法皇が戦った戦争)がおこり、崇徳上皇側につきました。崇徳上皇が後白河法皇にやぶれると九州にのがれます。しかし、捕らえられ二度と弓がひけないように腕の筋をきられて伊豆大島に流されます。そして1170年に討伐軍との戦いで自害というのが通説です。しかし、為朝は自害していなくて、海を渡って沖縄までやってきたというのです。

伊豆大島から沖縄へ向かう航海の途中で嵐に見舞われてしまい、舟人たちは慌てます。しかし、為朝は冷静に「運は天にあり、なんぞおそるるに足らずや」と戒めたといいます。そして、為朝一行は無事に沖縄(琉球)にたどり着きました。そこで、その地を運天の名前で呼ぶようになったといいます。ちなみに、沖縄に運天港という港がありますが、これは為朝のこの伝説が元になっているという説があります。

その後為朝は、現地の女性と結婚し、男の子をもうけました。その男の子こそ、琉球王の始祖
舜天王です。1650年に琉球最初の正史『中山世鑑』が完成しますが、その本に第一代の琉球王、舜天は源為朝の男の子だと書かれているそうです。

ちなみに江戸時代に滝沢馬琴が、源為朝を主人公にした『椿説弓張月』(ちんせつ ゆみはりづき)を書きました。この本にも為朝は伊豆大島で死んでおらず、琉球におよび、為朝の子が琉球王になったと書かれております。

このページのトップヘ