history日誌

歴史と歌が大好きな私が日本史から世界史まで広く浅く書きます。 歴史の知識は素人レベルで、私が語る歴史の内容が真実かどうかは自信はありませんがw、楽しんでブログを書いていきます。教科書に載ってないようなマイナーな歴史の話もします。

このブログをご覧になられている方でパチンコがお好きな方はいらっしゃいますか。僕はパチンコはやりません。なぜなら、僕はものすごい凝り性で、一度パチンコをはじめたら、はまりまくって借金までしてしまいそうだから。僕も昔パチンコを一度だけやったのですが、玉がまったく入ってくれなくて、それで懲りてしまいました。

パチンコ屋さんといえば、僕は「軍艦マーチ」(正式名称は「軍艦行進曲」)を連想します。かつてはどのお店でも流されていた「軍艦マーチ」。最近はあまり聴かなくなりましたね。僕はてっきり「軍艦マーチ」はパチンコ屋さんのテーマソングだとばかり思っておりましたwそれで海上自衛隊のお偉いさんがパチンコ狂で、海上自衛隊でも「軍艦マーチ」を取り入れるようになったのかとばかり思っておりましたwww




で、冗談はさておき、パチンコ屋さんが「軍艦マーチ」を流すようになったのは戦後間もないころだそうです。そのころ有楽町にメトロというパチンコ屋さんがあったようです。そこの店長が店長は昔、マレー沖海戦で軍功を立てたという元海軍兵士だったそうです。店はGHQの本部に近いということもあって、GHQの関係者や米軍もお店によく来ていたようです。そんな状況の中でその店長は「軍艦マーチ」を流しました。

戦後間もないころの日本は旧日本軍を連想するもの、軍国主義的なものがことごとく弾圧された時代でした。たとえば「兵隊さんの汽車」という歌があったのですが、この歌は出征兵士を送る歌ということで、メロディーはそのままで歌詞はまるごと変えられてしまいました。そうして生まれた歌が「汽車ぽっぽ」です。

 
  



あの「紅白歌合戦」の前身である「紅白音楽試合」(昭和20年12月31日ラジオ放送)も番組名についてGHQからいちゃもんをつけられました。もともとこの番組は「紅白音楽合戦」という番組名でした。しかし、「合戦」というネーミングがよくないというので、GHQから文句をいわれ「合戦」ではなく「紅白音楽試合」と番組の名前を変えられたといいます。「紅白歌合戦」というネーミングが使えるようになったのは昭和26年だといいます。

おっと話がずいぶん脱線してしまいましたねw、旧海軍を連想させる「軍艦マーチ」を流したのですから、さぞこのパチンコ屋さんもGHQからお咎めがあったかと思われますが、意外とそんなことはなかったようです。むしろ、日本のおまわりさんのほうがハラハラしていたくらいだったそうです。

なぜ、このパチンコ屋さんの店長が「軍艦マーチ」を流したのでしょう?GHQに対する静かな抵抗という説もあるようですが、店の集客力をアップさせ売り上げを伸ばすためという説が有力なようです。

確かに軍艦マーチのリズムは勇ましくテンションがあがるし、この歌の2番の歌詞にある
彈(たま)撃(う)つ響(ひび)きは雷(いかづち)の〜」というくだりも、この軍艦マーチを流したポイントの一つだったのではないかと僕は考えております。パチンコの「玉を打つ」と軍艦マーチの「弾を撃つ」をかけたのかもしれません。

  


  
  7年前の今日、東日本大震災がありました。年々、震災のことは風化しつつありますが、忘れてはいけない日です。僕も震災後からたびたび被災地に訪れたことがありますが、まだまだ復興は道半ば。特に原発事故のあった浪江町あたりはいまだ人も住めない状況で、7年前からずっと時計がとまったままのようでした。原発の事故で避難をした人たちもいまだに故郷に住めず、避難先でいじめにあっているという話も伺っております。僕の遠い親戚も福島県の小高町に住んでいましたが、原発事故以降住み慣れた故郷を離れ、いまも避難生活を余儀なくされていると聞いております。

改めて震災で亡くなった人たちのご冥福をお祈りいたします。

さて、震災直後台湾から200億円を超える義援金が届いたといいます。すごいですね!謝謝ですね。ほかにも韓国からも義援金が届いたといいます。「冬ソナ」で人気になったペ・ヨンジュンさんも10億ウォン(約7000万円)を寄付したのを筆頭に多くの韓国の芸能人が寄付をされたそうです。

このように台湾や韓国の人たちは隣人が困ったら助けてあげるという倫理観があるようですね。それと、台湾の人たちが日本人の勤勉さ、まじめさに敬意を称もっていること、哈日族(ハーリージュー)とよばれる人たちが多いこともあげられます。哈日族とは、日本の文化、たとえばアニメだとかゲームだとかファッションだとか、歌舞伎だとか能だとか伝統文化に興味をもったりするような人のことです。また、テレサ・テンさんをはじめ、ジュディ・オングさんやオーヤン・フィーフィーさん、僕の世代には懐かしいブラック・ビスケッツのビビアン・スーさんたちの日本でのご活躍も台湾の人たちには励みでもあり、誇りでもあるのではないでしょうか。



また、テレサ・テンさんのお兄さまのフランク・テンさんも280万円も震災後寄付をされたそうです。
フランク・テンさんは「被災者の方々が早く困難を克服し、災害に打ち勝ち、住まいを建て直されるようお祈りしています」とコメントされたそうです。フランクさんは妹が日本でお世話になったから、その日本に何か恩返しをしようと思われたのかもしれません。すばらしいことです。

震災といえば、僕がテレサ・テンさんの記事を書き始めてから数日後に台湾で大きな地震がありました。2月6日の出来事です。


  

この地震で17人が亡くなられたそうです・・・・花蓮市内では、7階建てのマーシャルホテル(統帥大飯店)や、12階建てのビル、そのほかに民家41棟が倒壊する被害が発生したといいます。ライフラインでは停電1,336戸、断水100戸の被害となっているとのことです・・・

日本からは、安倍総理が動画で手書きで応援メッセージを寄せ、激励する動画を公開した他、外国で唯一、国際緊急援助隊専門家チームを派遣したそうです。2月12日に行われた世論調査では、台湾に最も思いを寄せた国はどこだと思うかという設問で、日本との回答が75.8%に達し、2位の中国(同1.8%)を大きく引き離したといいます。また、阿部寛さんをはじめ多くの芸能人や著名人の方々も台湾の支援をされたそうです。



また、東北でも台湾の人たちを支援しようという動きがありました。以下、新聞の記事から引用します。

6日に発生した台湾東部の地震を受け、東日本大震災で被災し台湾から多額の支援を受けた宮城県南三陸町と、町内の復興商店街は8日、地震被災地の支援に役立ててもらおうと募金活動を始めた。

町は震災で被災し2015年12月に再建された町立南三陸病院の建設費として、台湾紅十字組織から約22億円を寄付を受けた。復興支援をきっかけに台湾から400人以上の高校生が町へ教育旅行に訪れたり、大学生が町内の観光施設でインターンシップを行ったりして交流を深めている。(略)

町内では16年2月に起きた台湾南部の地震の際にも学校や企業が募金活動を行い、約614万円の義援金を送った。
『河北新報』

また、ある方は「自宅が津波で被災した経験があり、今回の地震(2018年2月6日の台湾地震)の被害を知ってとても心配している。寄付金を現地で必要なものに使ってほしい」とコメントされております。

僕は「情けは人のためならず」ということわざを思い出します。この言葉は「人に情けをかけると相手は甘えたり、つけあがったりするからダメだ」と誤解する方が非常に多いですが、全く違います。本来の意味は「情けは人の為だけではなく、いずれ巡り巡って自分に恩恵が返ってくるのだから、誰にでも親切にせよ」です。むしろ、人に親切にすることを奨励していることわざなのですね。

今回の台湾震災で亡くなられた人たちのご冥福をお祈りするとともに、東北や台湾の復興をお祈りいたします。そして、日本と台湾の友好に多大な貢献をされたテレサ・テンさんに敬意を表します。


※ おまけ
テレサ・テンさんの歌を聴きながらお別れしましょう。曲は「月亮代表我的心」。すべて中国語(北京語)で歌われております。

https://www.youtube.com/watch?v=hj4bnnek9MU
(↑クリックすると動画がでてきます)

1 「香港」を歌唱中に泣いたテレサ
   テレサ・テンさんの歌で「香港」という歌があります。1989年につくられた曲で、エキゾチックな曲調の歌です。個人的な話になりますが、この「香港」は、テレサ・テンさんの歌のなかで僕が一番好きな歌で時々カラオケで歌います。でも、カラオケでこの歌をDAMの精密採点で採点してもらっても毎回60点台と低い点数なんですwちゃんと音程通りに歌ったつもりなんだけどw、「つもり」ではダメなんですねw(「時の流れに身をまかせ」を歌ったほうが点数が高く、80点台をだせるのに) 1989年といえば中国に香港が返還されることが決まった年です(実際に返還されたのが1997年)。

その香港返還を記念して作られた曲らしいのです。この年に放映された日本の歌謡番組にテレサさんは香港からの中継でご出演されました。1989年当時のテレサさんは香港を拠点にしておりました。そして、「香港」を歌ったのですが、歌っている最中に泣き出してしまうのです。彼女はなぜ泣いたのでしょう? それは本人に聞いてみないとわかりません。けれど、彼女が泣いたのは1989年6月4日におきた天安門事件と何らかの関係がありそうです。

2 天安門事件
 
  この事件は胡耀邦こようほう総書記の死をきっかけに、北京の天安門広場にあつまった数万の学生たちが「独裁打倒、官僚主義反対」をさけびました。すると、共産党は、こうした事態が全国に広がることを恐れて、「動乱」として徹底的に弾圧することを決めました。人民解放軍は民主化を要求する学生や市民たちに発砲をしたのです。人民を守るはずの人民解放軍が罪のない市民に銃口を向けたのです。

当時中学生だった僕もこの事件はショックでしたね。 そもそも、学生や市民たちは一昔前の学生運動みたいに火炎ビンをもって暴れたりしませんでした。むしろ穏健なデモでした。それにもかかわらず人民解放軍の装甲車が市民をひき殺したことで、大きな動乱になったのです。テレサさんは天安門事件のことで、ひどく心を痛めておりました。テレサさんは中国の民主化をかねてから願っておりました。しかし、香港が中国に返還されたとしても、香港で政府による弾圧が起こるかもわからない。果たして香港返還は、香港で暮らしている人々にとって果たして幸せなことなのか?そんなことがテレサさんの脳裏に浮かんだのかもしれない・・・

3 私の家は山の向こう
 
 天安門事件がおこる一週間前の5月27日。香港のハッピーヴァレー競馬場で中国の民主化を支援するコンサートが開かれました。ジャッキー・チェンも出演するなど豪華な顔ぶれでした。そのコンサートには30万人もの市民がつめかけました。そこにテレサさんも出演されました。テレサさんは「民主万歳」と書いたハチマキをしめ、表には「反対軍管」、裏には「我愛民主」と書かれたゼッケンを身に着けておりました。軍事独裁を許さない、私は民主主義を愛するというテレサさんの強い意志が伝わります。

テレサさんはマジで中国の民主化を願っていたのですね。実際、テレサさんは「歌で中国人の心をひとつにしたいんです」と親しい知人に語られていたそうですから。 僕はテレサさんというと穏やかなイメージしかなかったのですが、ここまで強い人で政治色の強い方だったとは思いませんでした。今の日本に、ここまで政治的なメッセージをいう人はいないでしょう。いたとしても、そんな人が出たら、たちまち、その歌手のツイッターやブログは炎上し、下手すりゃ右翼団体に目をつけられますからね。


そしてテレサさんが歌ったのが「私の家は山の向こう」でした。「松花江上」という歌をもとに、大陸から台湾に逃げてきた兵士たちが1960年代に歌詞をかえて歌った歌でした。 その後、テレサさんは香港を去り、フランスのパリに移住をします。まさに「香港」の歌詞のとおり、銀色の翼にのって異国に旅立ったのですね。しかし、テレサさんは「香港はもうひとつのわたしの家ですから疲れた時には帰りたいところです」とも親しい知人に語られていたようです。

4 恋人との出会いそしてテレサの死
 
  そしてフランスに移り住んだテレサさんですが、そこで、ステファン・ピエールさんというフランス人と出会います。彼とは亡くなるまで交際を続けたといいます。もちろん二人は価値観や生活習慣の違いからしばしばケンカもしたそうです。テレサさんが「三日も洋食が続いたのだから今日は中華にしましょう」と言ったら、ステファンさんは露骨に嫌な顔をしたという具合に。あるときはテレサさんとステファンさんが大げんかをして、テレサさんが「出ていけ」と怒鳴ったこともあったとか。 テレサさんって穏やかなイメージがあるけれど、けっこうキツイところがあったのですね。とういか、女性はみんなそんなものかw。あわわ、ジョークですよwそれでステファンさんが外を出たのですが、あいにくの大雨。10分ほどでステファンさんは家に戻ったのですが、ずぶぬれになったステファンさんをみて、テレサさんはそれ以上怒らなかったといいます。テレサさんはなんだかんだで優しい良い人だから、激しいケンカがあってもステファンさんと別れなかったのでしょう。

まもなくテレサさんはタイのチェンマイで生活するようになります。1993年には「あなたと共に生きてゆく」をリリースします。この歌の作詞はZARDの坂井泉水さん、作曲は織田哲郎さんという豪華なメンバーです。ヒットしませんでしたが、とてもいい歌です。まるでテレサさんがステファンさんに贈る歌みたい。この曲はテレサさんのオリジナル楽曲としては生前最後のシングルとなりました。


そして、テレサさんも次第に体調をくずし、この歌をリリースした2年後の1995年5月8日にテレサ・テンんさんはなくなります。テレサさんの死は多くの人に衝撃を与えました。テレサさんの死は世界中で報じられ、一時はテレサさんの歌声を禁じた中国のマスコミでも大きく取り上げられ、北京大学でもテレサさんを追悼する看板が立てられたそうです。 台湾でも日本でいう国民栄誉賞のような賞が与えられました。芸能人でこの賞を授与されたのはテレサさんがはじめてだそうです。


テレサさんは、台湾、日本、香港、フランス、アメリカ、タイと世界のあちこちを飛び回りましたが、インタビューではいつも「わたしはチャイニーズです。世界のどこにいても、どこで生活しても私はチャイニーズです」と答えていたそうです。波乱に満ちた人生でしたが、彼女が残した歌は今も多くの人々に親しまれております。


※ 参考文献
これならわかる台湾の歴史Q&A
三橋 広夫
大月書店
2012-05-01


このページのトップヘ