history日誌

歴史と歌が大好きな私が日本史から世界史まで広く浅く書きます。 歴史の知識は素人レベルで、私が語る歴史の内容が真実かどうかは自信はありませんがw、楽しんでブログを書いていきます。教科書に載ってないようなマイナーな歴史の話もします。



1 母の日にこの歌
 先週の日曜日は母の日でした。わたくしごとになりますが、僕の母は数年前に亡くなっております。今日は母の命日です。もっと親孝行をすればよかったと悔やまれますが、僕がこれから一生懸命生きて、ささやかでも幸せな人生を送れば、母は喜んでくれるかもしれないと僕は思っております。

今日は、母にまつわる歌の中から岸壁がんぺきの母」のお話をします。この曲はもともとは菊池章子さんが歌っておりましたが、昭和47年には二葉百合子さんがセリフ入りでカヴァーされました。菊池章子さんはすでに亡くなられましたが、二葉百合子さんは引退されたものの、最近歌番組でちょくちょく出演され、この「岸壁の母」をお歌いになっております。この間の「うたコン」では80代後半とは思えないほどの素晴らしい歌声を披露されておりました。

第二次世界大戦後、ソ連による抑留から解放され、引揚船ひきあげせんで帰ってくる息子の帰りを待つ母親たちがいました。ソ連からの引揚船が着くたびにいつでも見られた光景でしたが、時間の経過とともに、毎回、同じような顔ぶれの人が桟橋さんばしの脇に立つ姿が見受けられるようになり、これがいつしか人々の目に止まり、マスコミによって「岸壁の母」として取り上げられ、たちまち有名になりました。

毎回のように桟橋に立ち、息子さんの帰りを待った母親の一人が端野いせさんでした。彼女のそうした息子をまつ姿は映画や歌のモデルになりました。


2 岸壁の母のモデル

 端野いせさんは1899年に生まれ、 1981年にお亡くなりになりました。明治32年(1899年)9月15日、石川県に生まれ、青函連絡船せいかんれんらくせんの乗組員の端野清松さんと結婚し、娘とともに函館で暮らしていましたが、昭和5年(1930年)ごろに夫と娘を相次いで亡くしました。家主で函館の資産家であった橋本家から新二さんを養子にもらい昭和6年(1931年)に上京しました。「岸壁の母」のモデルの親子は実の母子ではなかったのですね。僕もウィキペディアで初めて知りました。血のつながりがなくても、大切に新二さんを育てた、いせさんの深い愛を感じます。

新二さんは立教大学を中退し、高等商船学校を目指すのですが、軍人を志し昭和19年(1944年)満洲国に渡り予備士官学校よびしかんがっこうに入学、同年ソ連軍の攻撃を受けて中国牡丹江ぼたんこうにて行方不明となったといいます。

終戦後、いせさんは東京都大森に住みながら、新二さんの生存と復員を信じて昭和25年(1950年)1月の引揚船初入港から以後6年間、ソ連ナホトカ港からの引揚船が入港する度に舞鶴まいづるの岸壁に立つました。昭和29年(1954年)9月には厚生省の死亡理由認定書が発行され、昭和31年には東京都知事が昭和20年(1945年)8月15日牡丹江にて戦死との戦死告知書(舞鶴引揚記念館に保存)を発行しました。

その時のいせさんの悲しみは深いものだったことでしょう・・・

しかしながら、新二さん(1926年 - )は戦後も生存していたのですね。それが明らかになったのは、いせさんが亡くなった1981年より後、平成12年(2000年)8月のことでした。

3 実は生きていた子
 新二さんは、ソ連軍の捕虜となりシベリア抑留、後に満州に移され中国共産党八路軍に従軍しました。その後はレントゲン技師助手として上海に居住。妻子をもうけていました。新二は母が舞鶴で待っていることを知っていましたが、帰ることも連絡することもなかったのです。


理由は様々に推測され語られているがはっきりしておりません。 新二さんを発見した慰霊墓参団のメンバーは平成8年(1996年)以降、新二さんは3度会ったが、新二は「自分は死んだことになっており、今さら帰れない」と帰国を拒んだといいます。

端野いせさんは新人物往来社から「未帰還兵の母」を発表。昭和51年9月以降は高齢と病のため、通院しながらも和裁を続け生計をたてていました。息子の生存を信じながらも昭和56年(1981年)7月1日午前3時55分に享年81で死去。「新二が帰ってきたら、私の手作りのものを一番に食べさせてやりたい」と入院中も話し、一瞬たりとも新二さんのことを忘れたことがなかったそうです・・・

※ この記事はウィキペディアを参考にしました。

豊島区の目白と雑司ヶ谷ぞうしがやの中間あたりに千登世橋(ちとせばし)という橋があります。この橋は西島三重子さんの「千登勢橋」「目白通り」という歌でも歌われております。どちらも名曲だと思いますが、あいにくどちらもあまりヒットしなかったのですね。僕は西島さんの歌では「目白通り」が一番好きなのですが、なにしろマイナーな曲でして。「目白通り」はカラオケのLIVEDAMにもジョイサウンドにもないのです。彼女のヒット曲「池上線」なら間違いなくあるのですが。(「池上線」をLIVEDAMで歌うとご本人がカラオケの映像に登場します)

http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/chitosebashi.html
(「千登勢橋」の歌詞)

僕も雑司ヶ谷に用事があってついでに千登勢橋も見てきました。この橋の上に目白通りが通っていて、橋の下には明治通りが通っているという、立体交差の橋です。千登勢橋のすぐ東側に千登世小橋という橋もつながっていて、その千登勢小橋の下には都電荒川線が通っているのです。「千登勢橋」の歌の中に「電車と車が並んで走る♪」とありますが、まさにこの歌の通りの光景でした。この曲では、歌の主人公の女性が、恋に破れ、悲しみのあまりに橋の上から白いハンカチを落としたのですが、僕はさすがにそんなことをしませんw

この橋から目白通りを歩いて目白駅まで行ったのですが、途中で学習院大学を通り過ぎ、学生さんとも何度もすれ違います。目白駅に着くと本当に学生さんが目につきます。まさに、「千登勢橋」の歌のとおりでした。目白は学習院大学があるのが有名ですが、大学だけでなく専門学校もいっぱいありますからね。学生さんを見ていると、僕も学生の頃に戻りたいな〜って思いますね。この「千登勢橋」は昭和54年の歌なので、僕の青春時代よりずっと古い歌ですが、歌を聴いていると、「ああ、俺にもこんな時があったなあ」って共感をもちました。

周辺は目白台地と関口台地の境目になり、都電の軌道付近には湧水の流路があったそうです。また高台のため付近には坂も多く、これらの高低差ある地形を活かした設計となっています。

この橋は昭和8年に完成し、幹線道路同士の立体交差としては都内で最初期のものです。戦争をくぐりぬけてきて、平成のいまも現役の貴重な橋なのですね。土木技術的価値も高く「東京都の著名橋」の一つでもあるそうです。 平成2年(1990年)には町の美観と調和させるため親柱や高欄の意匠が改修されました。

千登勢橋には、来島良亮という人物の銅像があります。どういう人物なのかなと、家に帰ってネットで調べたら、千登世橋を架けるのに大きく貢献した人物だそうです。彼は東京府土木部長で関東大震災後の東京の都市計画も考えた人物でもあるそうです。


74e35bf1

(遠くから見た千登世橋)


825704e3-s

(千登世橋。橋の上を通る道路は目白通り。橋の下を通るのが明治通り)




IMG_0458


7e19789b

(千登世小橋。下には都電が走っている)

IMG_0460

(千登勢小橋から見下ろした線路)

IMG_0466

(都電荒川線)

IMG_0462

(来島良亮像)

京都といえば、たくさんの曲がありますが、僕が今日と聞いて真っ先に連想するのは、デュークエイセスの「女ひとり」でしょうね。この曲は京都のいろいろな名所をめぐり、「名古屋帯」だとか「結城」だとか「塩瀬」だとか着物(帯)の名前がさらりと歌の中に出てくるのです。この曲を作詞したのが永六輔さんです。作曲はいずみたくさん。


名所とは言いましても、清水寺だとか金閣寺だとか、竜安寺だとか超がつくほどの定番スポットではなく、大覚寺や高山寺といった具合にどちらかというとやや穴場的なお寺がでてくるのです。大原の三千院はこの歌ができた昭和40年代からすでに有名なお寺だったようですが。でも、高山寺は世界遺産になっているようですね。大覚寺はまだ訪れたことがないので、京都に行く機会があれば行ってみたいですね。

大原の三千院は京都の町から離れており、京都駅からバスで何分もかかります。僕もバスで行ったのですが、バスで揺られて、バスの車窓から見える田舎の風景を見るたびに、こんなところに本当に三千院があるのかなって疑いたくなるほどでした。三千院のバス停から降りてみると、そこから三千院のところまで、お店がいくつも並んでいて、お客さんもたくさん歩いていました。三千院は、しっとりとしていてとてもいい雰囲気です。一日いてもいいくらいです。

三千院は8世紀、最澄の時代に比叡山に建立された円融房に起源をもち、のちに比叡山東麓の坂本(現・大津市)に移され、たび重なる移転の後、1871年(明治4年)に現在地に移ったものです。

大原は古くから偉い人や念仏修行者が都を離れて静かに暮らす場として知られていました。文徳天皇の第一皇子である惟喬親王これたかしんのう(844年 - 897年)が大原で過ごしたことは『伊勢物語』にも言及されています。藤原氏の権力が絶大であった当時、本来なら皇位を継ぐべき第一皇子である惟喬親王は、時の権力者藤原良房ふじわらのよしふさの娘・藤原明子が産んだ清和天皇に位を譲り、自らは出家しました。

あと、三千院ではありませんが、平清盛の娘である平徳子もやはり大原にある寂光院(じゃっこういん)で晩年は過ごしたといいます。

ec45a949-s


oohara


DSC_1997


DSC_1998


DSC_1999



bfbbb3c0


DSC_2001


DSC_2002


DSC_2005

このページのトップヘ