history日誌

へっぽこ歴史好き男子が、歴史を中心にいろいろ語ります。ブログ削除しようとしましたが、やめましたwそのかわりブログをリニューアルしました。コメント欄も久々に開放しましたが、コミ障で、なにぶん心が折れやすい性格なので、コメントの方は何卒お手柔らかにお願いします。

DSC_1376

(阿弥陀寺((あみだでら))の入口)

DSC_1378

(阿弥陀寺)

DSC_1377


(阿弥陀寺のいわれが書かれた立て札)



DSC_1379
DSC_1380

(いづれも信長の墓)

今日は本能寺の変にまつわる話を。以前の「歴史秘話ヒストリア」で織田信長(おだのぶなが)の事をやっていました。見ていておどろいたのが、信長が本能寺の変で自害したとき、信長の死体が消えたと言うことです。どうも本能寺から信長の遺体(いたい)をかくした人物がいたようです。

それが京都の阿弥陀寺の清玉上人(せいぎょくじょうにん)。清玉上人は織田家とはゆかりのある人物だそうです。

織田家が支配していた尾張(おわり)の国で清玉上人の母親は産気づいて倒れたのです。

それを助けたのが織田家の人間。しかし、清玉上人の母親は清玉上人を産んですぐに亡くなりました。それをかわいそうに思った織田家の人たちはまだ子どもの清玉上人を大切に育てました。そうして織田家の保護を受けて清玉上人はなんと19才の若さで阿弥陀寺(あみだでら)の住職じゅうしょくになることができました。

清玉上人は織田家に大変な恩義を感じていました。だから、信長の死体が明智光秀(あけちみつひで)の手にわたる前に、信長の死体を運び、阿弥陀寺にてひそかに葬儀そうぎを行ったといわれています。

しばらくして阿弥陀寺に豊臣秀吉(とよとみひでよし)が現れます。秀吉は清玉上人に「この阿弥陀寺にて信長の葬儀をやりたい」と提案しました。しかし、清玉上人は「信長公の葬儀は自分達がささやかながらやりました。改めて信長公の葬儀を行う必要はありません」と秀吉の申し出をつっぱねたのです。


それはダメだと思ったのが清玉上人。仕方なく秀吉は大徳寺にて大々的に信長の葬儀を行いました。

清玉上人は本能寺の変から3年後に亡くなりました。「待ってました」といわんばかりに秀吉は清玉上人の阿弥陀寺を移転させ、しかも阿弥陀寺の敷地しきちを縮小させられました。まさに嫌がらせです。

そのため、阿弥陀寺にお参りする人も減ってしまい寺は困りました。その阿弥陀寺に助けたのがか森家。森家は、信長の小姓こしょうの森蘭丸(もりらんまる)の親族です。森家の援助(えんじょ)のおかげで阿弥陀寺はなんとか維持いじできました。阿弥陀寺には信長のお墓と森蘭丸および親族のお墓があるそうです。

※ 関連記事

<
天海の正体は明智・・・???


※ 阿弥陀寺のアクセス





京都府京都市上京区寺町通今出川上る二丁目鶴山町14

京都駅から地下鉄で出町柳駅下車or市営京都バスで京都河原町今出川下車。徒歩15分〜20分くらい






※ 今回の記事は「歴史秘話ヒストリア」を参考にして書きました

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

※ 参考文献



明智光秀あけちみつひでは山崎の合戦で生きのびて、南光坊天海なんこうぼうてんかいとなって徳川家康のブレーンになったという説は昔から言われていました。

では、明智光秀=天海なのでしょうか?

そのように信じていらっしゃる方も少なくないかと思われますが、なんとも言えないというのが僕の意見です。

なぜなら明智光秀が天海と同一人物だという決定的な証拠がないと思うからです。もちろん、歴史は荒唐無稽コウトウムケイなことでも否定をせずに、とことん真実を調べないと真理がつかめないと思われます。実際、トロイはギリシャ神話にでてくる伝説で実際の話ではないと信じられておりましたが、シュリーマンの発掘でトロイが実在していたことが証明されましたからね。

とはいえ、天海が光秀だとはっきり書かれた資料が今後見つかれば、僕も天海=光秀だと認めますが、今の時点では保留ですね。


たしかに光秀が天海である根拠こんきょの一つとして、日光には明智平あけちだいらという場所があるとか、東照宮(とうしょうぐう)にも明智家の家紋かもんである桔梗紋ききょうもんがあるというのがあります。

ある歴史番組では光秀の家臣だった斉藤利三(さいとうとしみつ)のむすめのお福(のちの春日局かずがのつぼね)が天海にあった時「お久しぶりでございます。」と言ったことも根拠のひとつだと言っていました。

また、あるテレビの歴史番組で「光秀の筆跡ひっせきと天海の筆跡をくらべていて両方ともよく似ている」なんて番組のレポーターは言っていました。

光秀が天海である根拠があるように、逆に「光秀が天海であるわけがない」という根拠もあります。そのひとつは天海と光秀が年齢がちがいすぎるということです。天海=光秀だとすると、天海の死亡時の年齢が百歳ひゃくさいを越えてしまうのです。明智光秀が生まれたのが1528年。で、天海が亡くなったのは1643年。1643−1528=115。115歳なんてすごすぎです。これは安土桃山時代の平均寿命が50歳くらいだとすると、かなりすごいです。というか、現代でも115歳まで生きるのは大変ですね。

明智の家紋である桔梗紋ですが、この桔梗紋を家紋として使っていた武将は明智光秀だけじゃないみたいです。もともと桔梗紋は、清和源氏せいわげんじ系の土岐どき氏が使っていたものです。僕が大好きな加藤清正もじゃの目紋のほかに桔梗紋も併用へいようしていたようです。

それどころか、日光東照宮には桔梗紋なんてないなんて意見もあります。確かに似てはいるけれど、よくみるとデザインが違うとか。今度東照宮に行く機会があれば、確かめたいところですね。

天海が残したという筆跡にしても、明智光秀と天海の二つの筆跡を見た感じでは、同一人物には思えなかったなあ〜(あくまでシロウト判断だけれども)。それに、お福が天海をみて「お久しぶりでございます」といったのも、天海とお福が単なる知人だった可能性もありますし。

光秀が徳川の時代まで生き延びて天海となった可能性も否定はしませんが、逆に豊臣秀吉や徳川家康に殺される可能性も否めません。

なぜなら、光秀の存在は豊臣秀吉にとって非常に都合が悪いからです。秀吉が天下をとった大義名分たいぎめいぶんは、「主君を裏切った明智光秀をやっつけた」です。それで明智光秀が生きていたとなると、これは秀吉政権をゆるがすような大問題になるでしょう。光秀が生きていたとしても、たちまち密告者にチクられ、秀吉によって光秀は殺されたことでしょう

実際、光秀の首と遺体いたいは、山崎やまざきの合戦の後すぐに京都に護送ごそうされ粟田口(あわたくち)ではりつけにされたと当時の公家くげやおぼうさんの日記に書かれているようです。

徳川家康が権力を握る正当性も、織田信長と豊臣秀吉の後継者であることが前提となっておりますから、主君を裏切った光秀ことを家康は生かしておくにはいかないと思われます。というか、そんな主君を裏切るような危険人物を自分の手元に置くなんて僕だったらできませんね。いつ自分が信長のように寝首をかかれるか心配ですもの。

もちろん、家康がこっそり光秀をかくまった可能性も否定できません。家康はかつての敵だった武田の家臣を自分の部下にしたくらいです。優秀な光秀を召し抱えたという可能性もあります。ただ、何しろ資料もありませんので、これも憶測でしかありません。



※ オマケ





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

護良親王モリヨシシンノウ。は幼い頃から比叡山ヒエイザンに入れられております。護良は勉強そっちのけで武芸の景子じゃなかったw稽古ケイコばかりしていたと言いますが、20代で天台座主テンダイザスになれたくらいです。仏教のことをまるで知らないで天台座主になれるわけないので、護良にも素養はあったはず。また、比叡山は数多くあるお経の中で大切にしているのが「妙法蓮華経ミョウホウレンゲキョウ」、つまり「法華経」です。

また護良と法華経といえば、このようなエピソードがあります。後醍醐天皇が幕府に歯向かい隠岐島オキノシマに流されました。元弘3(1333)年供養を護良は日蓮宗の日像上人に命じて父の帰還供養をするように令旨リョウジ(※1)を出しました。日蓮宗といえば法華経。

日像上人とは、日蓮宗の開祖・日蓮上人のお弟子さんです。日像上人は、法華経以外の教えを邪道と考えていた節があったようで、京都での布教活動をしていましたが、比叡山や他宗教の圧力もあって迫害を受けていたのですね。それにもめげずに日像上人は妙顕寺ミョウケンジというお寺を開創したのですね。

翌年の建武元年(1334)後醍醐天皇が京都に戻ってくると妙顕寺を勅願寺チョクガンジ(※2)とするという後醍醐天皇の綸旨リンジ(※3)を得ました。つまり、日像上人の活動も天皇のお墨付きをもらったということです。これには日像上人の歓びもひとしおでしょう。

話を護良に戻して、護良は土牢の中に入れられてしまいますが、そこで読んでいたのが法華経だそうです。今まで戦、戦で護良は心が休まる日がなかったと思われます。牢に入れらてたのはかわいそうな気もしますが、一方で時間ができたともいえます。もしかしたら、護良は法華経を読みながら、戦争で亡くなった人たちのことを思っていたのかもしれないと僕は思います。

不幸にも護良は殺されてしまいますが、護良には子供が何人かいましたが、そのうちの二人が仏門に入られたのです。すごいですね。護良も本来は仏教に縁がある方なんですね。平和な時代に生まれていたら、坊さんになって人々を救っていたかもしれませんね。

一人が日叡ニチエイ上人。鎌倉にある妙法寺というお寺を建てた人です。元々妙法寺があった場所に日蓮上人が草庵ソウアンを結んでおりました。日叡上人は日蓮上人をしのび、かつ父・護良親王の菩提ボダイトムラうためにこの地に堂等伽藍を建て、自身の幼名である楞厳丸(りょうごんまる)にちなみ楞厳山妙法寺リョウゴンザンミョウホウジと名付けたのです。妙法寺は苔寺コケデラとしても有名で、護良のお墓もあります。

もう一人が、華蔵姫ケゾウヒメ。護良の娘です。護良が鎌倉に幽閉されていることを知り、京にいることを不安に思った姫は、父親に会いたい一心で鎌倉に下りました。護良の捕まっている牢の中には護良はおらず、しかも、父が殺害されたことを知ったのです。護良の娘が鎌倉に来たというので、鎌倉にいては足利の人間に捕まってしまうというので姫はさらにに東に逃れ、今の千葉県東金市トウガネシ)に身を隠したといます。姫が来てからは、ここを姫島と呼ぶようになりました。

華蔵姫は、さらに安全な地を選んで、姫島の近くの要害の地に館を築き、従者の武士が周辺を警護したました。その地を家の子といい、その館は家の子御所とか呼ばれましたが、姫が出家してからは尼御所と通称したそうです。姫は出家して父の菩提を弔ったそうです。姫が法華経に帰依してたかどうかはわかりません。ただ、その地に妙宣寺という華蔵姫にゆかりのあるお寺があります。元々は曹洞宗だったそうですが、今は日蓮宗のお寺だそうです。

法華経といえば神奈川県の津久井というところに護良をまつった塚があります。千部塚といい、応安4年(1371)に親王の33回忌に法華経千部を納めて建てられたと言います。護良は法華経に縁のある方なんだなと思いました。





※1 皇后や皇太后、皇太子などが命令、意思を伝えるために発した文書
※2 天皇・上皇の発願により、国家鎮護・皇室繁栄などを祈願して創建された祈願寺のこと
※3 蔵人所クロウドドコロが天皇の意を受けて発給する命令分。ちなみに蔵人所とは天皇の秘書的な役割をする機関
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



今日6月9日、ロックの日です。シャレかと言われたら身も蓋もないのですがw

ロックと言っても古今東西たくさん曲があるので、どのアーティスト、どの曲を紹介すれば良いのか迷ったのですが、やはりロックといえば、ビートルズかなと。何しろ全米で最も偉大なアーティストで名前が上がるのがビートルズ。数々のヒット曲を出しております。今日はビートルズの数あるナンバーの中から「A Hard Day's Night」。この曲は僕も思い入れがあります。この曲は僕も学生時代に、ある楽器で演奏したことがあります。なんの楽器かはいえませんが。 僕は英語全くわからないので、歌の意味はチンプンカンプンなのですが、あるサイトで日本語訳を見させていただきました。「へえ、何気に演奏してたけれど、この曲、こんな意味だったんだ」って感心しました。 一日中、犬のように働いてヘトヘトだけれども、家に帰れば君がいるから安心だという内容。その君が奥さんなのか、親なのか、はたまた自分の子供なのかよくわかりませんが、ともかく、安心できる場所があるっていいことですよね。現代人は職場でも家でも居場所がないと言われておりますから。また、この曲は1964年の曲なんですってね。東京オリンピックが開催された年であります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

護良親王はかわいそうに首を切られてしまい、しかもその首は野に捨てられてしまいました。そのことを不憫フビンに思ったのが、護良親王の側室の雛鶴姫ヒナヅルヒメです。雛鶴姫といえば、小説「キミノ名ヲ」(漫画化もされた)で知ったという方もいらっしゃるのではないかと。雛鶴姫は、護良の首を拾い、従者とともに、今の神奈川県の戸塚にある王子神社に足を運び、そこの井戸で護良の首を洗い清めたと言います。その井戸は首洗い井戸と言われております。鶴姫一行は京へ向かおうとしたのですが、足利の追手から逃れるために山道を通ったのです。

雛鶴一行は険しい道を歩き続け甲斐カイ (今の山梨県)の国の秋山というところまで辿タドり着きました。しかし、雛鶴姫のお腹の中には赤ちゃんがいたのですね。しかも時期も悪く、12月の終わり。年の暮れ。とっても寒い時期です。こんな時期に妊娠中の女の人が寒いところを歩き回るのは危険極まりない。

雛鶴姫の従者は村の人たちに「一晩泊めてくれ。女が一人お産なのだ」と頼み込みますが、村の人たちは皆断るのです。なぜかって?村人たちは一行が身なりとか、立ち振る舞いからして、護良親王の関係者だってことがわかったし、もし自分たちがカクマえば、足利のものからとんでもないおトガめがあると思ったから。ひどい話だと思いますが、悲しい話、人間いざとなったら自分が可愛いもの。僕だって村人と同じ立場だったら、同じように断っていたかもしれない。

そうこうしているうちに雛鶴姫は産気付いてしまうのです。従者たちは木の枝や木の葉を集めて、そこに雛鶴姫を寝かせたのです。そして雛鶴姫は子供を産みました。しかし雛鶴姫はその子供を産んで息を引きとったのです。冬の寒さと飢えが原因です。かわいそうに・・・

従者たちは深く悲しみました。村人たちが親切に泊めてあげれば、雛鶴姫は死なずに済んだかもしれない。また姫が亡くなる時に「無情だ」と言ったとか。そんなことから、この村は無情(情がない)だから、無生野ムショウノと呼ばれるようになったとか。

雛鶴の亡骸ナキガラは従者たちによって、亡くなった場所で手厚く葬られたと言います。

また、せっかく雛鶴姫が命をかけて産んだ子も幼くして亡くなってしまおうのです。

そうして護良の首は、富士吉田の富士山下宮小室浅間神社フジサンシモミヤオムロセンゲンジンジャに塚がつくられ、その塚に護良の首がめられているとか。

一方で、山梨県都留市ツルシ石船神社イシフネジンジャにも護良の首がマツられていると言います。この首は頭蓋骨ズガイコツには金箔キンパクられ、目には水晶スイショウがはめこめられていると言います。ちなみにこの首は普段はお目にかかることができず、年に一回しか公開されないそうです。

さらに、護良の首は、この記事の初めの方でも触れた神奈川県戸塚にある王子神社にもあると言います。

どれが本当なのでしょうね。まさか護良は首が三つあったw?だとしたら化け物ですよね。そんなことありませんからwこの3つの神社のうち、一つは本物の首が祀られ、後は護良の霊を慰めるために祀られているのでしょう。あくまで僕が感じたことなのですが、富士吉田の小室浅間神社の塚から何か神々しいものを感じたのですね。ここに護良の首があるかどうかはわかりませんが、護良の思いみたいなものはすごく感じられました。


IMG_0164

(富士吉田の小室浅間神社)


IMG_0162

IMG_0163

(説明板 写真をクリックすると拡大します)

BD7852AF-1722-4F19-896E-02C38EEBD0BE

(護良の首があるという桂の木)

IMG_0161

(同じく桂の木)

IMG_0147

(石神神社)
8246A160-DF22-41DC-BEA8-E5516765CCE3

石神神社の説明板


IMG_0148

(雛鶴神社。雛鶴神社と呼ばれる神社はどうも二社あるみたいで、ここはその一社)

IMG_0150

(雛鶴神社の説明板 写真をクリックすると拡大します)




キミノ名ヲ。(魔法のiらんど文庫版)1-4巻セット
梅谷百
アスキー・メディアワークス
2013T




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ