history日誌

歴史と歌が大好きな私が日本史から世界史まで広く浅く書きます。 歴史の知識は素人レベルで、私が語る歴史の内容が真実かどうかは自信はありませんがw、楽しんでブログを書いていきます。教科書に載ってないようなマイナーな歴史の話もします。

1 テレサの両親
 今日から数回にわたってテレサ・テンさんの生涯を取り上げます。テレサ・テンさんは1953年1月29日に台湾中部の雲林県にうまれ、1995年5月8日、タイ北部にあるチェンマイのホテルで気管支喘息の発作のために亡くなりました。テレサ・テンさんの曲はカラオケでも大人気で、紅白にも3度出場しました。それだけ日本でも人気の高い歌手ですが、彼女の生い立ちを知り、ここまで波乱に満ちた人生だったとは思いませんでした。

それにしても僕が中国・台湾の歴史を取り上げるのは本当に久々です。ここ数年日本の歴史ばかりでしたからね。

さて、テレサ・テンさんの本名は 麗筠(とうれいいん)といいます。麗君(テレサ・テン)という芸名は母親が名付けたそうです。

テレサ・テンさんの父親は中国河北省のうまれで、国民党軍中尉で、アジア太平洋戦争では日本とも戦いました。母親は中国の山東省の出身です。日本が戦争に負けた後大陸では共産党と国民党が激しく争っておりました。そして1949年、国民党軍は戦争にまけ台湾にわたりました。その時、テレサ・テンさんの両親も台湾にわたりました。二人は3人の男の子を生んだ後、テレサ・テンさんを産みました。テレサ・テンさんはいわば外省人ですね。え?外省人って何?と思われる方もいらっしゃるかもしれないので、次の項目でご説明します。


2 外省人と内省人
 外省人とは、戦後国民党政府とともに大陸から台湾に逃れた人たちとその子孫のことを指します。彼らは北京語、上海語、福建語など各地の方言を話し、互いに意思の疎通もままならない人々でした。(※1)

外省人の兵士たちには欲しいものがあれば銃で脅しとる者がいたり、粗暴な人間が多かったようです。台湾に古くからいた人たちは国民党および戦後に台湾に渡った人間は自分たちと違う人間とみなし、「外省人」とよびました。そして自分たちは「内省人」とよぶようになりました。

外省人はおもに政治家や警察官や公務員・教員になり、内省人のことを差別したり、弾圧さえもしました。そのため内省人たちはそんな外省人たちに反発しておりました。政府は長らく戒厳令(※2)を敷き、台湾を支配しておりましたが1987年に戒厳令は解除。そして1988年に内省人出身の李登輝が総統に絵選ばれるなど、内省人たちも次第に日の目を見るようになります。

ちなみに、よくネットでは「内省人=親日」「外省人=反日」といわれておりますが、必ずしもそうとはかぎりません。テレサ・テンさんだけでなく、日本でも活躍されている欧陽菲菲さんも外省人出身です。台湾の内情はとても複雑で単純な善悪二元論では語れないのです。

そして今では、お年寄りはともかく、内省人、外省人の区分けも昔ほどではないようです。現に台湾の若者のツイッターとかをみてみると「若者はマジで気にしないよ。親が言ってるのは耳にするけど。だから『省籍ガー』って言ってる人は若者じゃないんだな、と思う」とか「小学生の頃はよく耳にしていたけど、この10何年で耳にすることは少なくなった」という意見も見られます。

3 子供のころから歌がうまかった
 テレサ・テンさんは小さいころから歌がうまかったようです。6歳の時に軍隊所属楽団の音楽教師に手ほどきを受けるたといいます。「才能があるあるから歌の道にすすめばいい」といわれ、やがて軍の慰問につれてってもらえるようになります。それはテレサ・テンさんが小学校2年の時です。この軍の慰問がテレサ・テンさんの人生初ステージだったのでしょう。当時のテレサ・テンさんが一番好きだった曲は美空ひばりさんの「リンゴ追分」でした。歌詞は本人載っていたものの楽譜がありませんでした。仕方がないので、ラジオから流れるひばりさんの歌声にあわさえて練習をしたそうです。歌うことが彼女の楽しみだったのです。

それからラジオののど自慢などにも出演するようになり、13歳でプロ歌手になりました。それからのテレサ・テンさんの活躍はめまぐるしいものがありました。14歳でレコードを発売し、海外のステージにもたちました。1970年の香港公演では、クリスチャンネームであるテレサと「 」を「とう」ではなく「てん」と読ませ、組み合わせて「テレサ・テン」という芸名を使うようになりました。シンガポール、マレーシア、タイなどでも公演をおこない、地元の華人から高い人気を得るようになりました。そしてテレサ・テンさんの才能を日本人も注目します。そのお話は次回に。

※ 参考文献
これならわかる台湾の歴史Q&A
三橋 広夫
大月書店
2012-05-01




※1 え?中国人って中国語を話すんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかと思われますが、皆さんがご存知な「ニーハオ」とか「シェーシェー」は普通話といいまして、北京語をもとにしてつくられた中国の共通語です。日本でいえば標準語のようなものです。日本がそうであるかのように中国も地域によって方言がありますが、その方言というのが地域によってバラバラです。上海語と福建語はそれこそ英語とフランス語くらい違いがあります。

※2 戦争や内乱などの非常時に際し,全国ないしは一部地域において通常の立法権,行政権,司法権の行使を軍部にゆだねる非常法をいいます。国家緊急権制度のひとつ。本来、これは戦争だとか内乱だとかの非常時にやるもので、長くやるものではありません。しかし、台湾では長いこと戒厳令が敷かれました。

キリスト教の教えは本来争いごとを否定し、島原の乱のように城に立てこもり戦って死ぬことは邪道なのですね。天草四郎以下一揆の指導者たちは、ひどい目にあった幕府を打ちのめしてやろうと企てて行ったのが島原の乱です。こんなことを言うと長崎や熊本の人に怒られるかもしれないが、彼らは一方的な被害者ではないのですね。島原の乱の指導者たちは神社仏閣を燃やしたり、お坊さんを迫害したりしてきり、無理やり人々を改宗させたのですから。本当にかわいそうなのは天草四郎よりも、一揆にいやいや参加した人たちですよ。松倉たちの圧政に苦しみ、キリストの信者でもなく、無理やり改宗された挙句、幕府軍に惨殺なんてミジメですよ。まるで、親の借金の肩代わりに無理やり遊郭に売られ、そこで散々こき使われ、好きでもない男とXXXした挙句の果てに性病で亡くなった遊女さんと領民たちが被りますよ。

あわわ、別に僕は天草四郎を悪意を持って悪者に仕立てているわけではないのですよ。地元の英雄として、最近では天草四郎がモデルのゆるキャラも登場しています。だから、天草四郎の悪口を言うのも僕は本来は気がひけるのですから。ましてや震災のあった後で、一日も復興を願うのは僕も同じです。天草四郎を旗印にした復興のシンボルにすることは僕も否定しないし、できません。でも、事実は事実として語らなくてはいけないと思うんですよ。過剰な美化はよくない。織田信長にしても、ナポレオンにしても英雄と呼ばれる人物を色々調べると、ばっちい話だとか、残酷なエピソードだとか、そういった黒歴史はたいていあるものです。僕が一番好きな武将の加藤清正でさえ、クリスチャンを弾圧した記録が残っておりますし。




指導者層たちはともかく、キリストの教えを信じ、キリスト教を認めてもらいたいと願っていたが、乱で亡くなった敬虔な信者さんたちもいたことも事実。無理やりキリスト教に改宗され参加した人たちがたくさんいたとお話ししましたが、本当にキリストの教えを信じて天に召された人たちもいたのですね・・・

平成になって原城の発掘調査が行われておりますが、おびただしい人骨がみつかりました。人骨の傍らには曲がった十字架もいくつか発見されました。おそらく激しい戦火で変形してしまったのでしう。きっと「私は信仰を守って死ねるのだから悔いがない」と亡くなったのでしょうね。やるせない話です・・・


島原の乱以降、幕府は鎖国をはじめ、ほとんどの外国との関係をうちきり、キリスト教の弾圧もこれまで以上に厳しくなりました。だから、キリスト教信者たちは、マリア観音をつくったり、神社をカモフラージュしてキリスト教の伝道師たちをお祀りしていて、幕府の監視におびえながらも信仰を守ってきたのです。

その島原の乱から230年、明治維新をむかえます。明治になってやっと長崎でもキリスト教が認められるようになります。

長崎にも外国から宣教師がくるようにもなりました。宣教師たちを迎えたのは、江戸時代から禁教令を耐え忍び信仰を守り続けた人たちの末裔でした。人々の信仰心に感激した神父の言葉です。

「苦難に直面しながら、彼らの信仰の精神は打ちのめされていない」

キリスト教信者たちは、長崎の地に浦上天主堂をつくりました。信者さんたちはせっせと労働奉仕をしたといいます。あいにく、この浦上天主堂も原爆で破壊されてしまいます・・・そして、1959年に再建されます。いまも、地元の信者さんたちは祈りをささげております。そして原城跡では、毎年秋に乱で亡くなった人たちを弔うためのミサが行われているそうです。




※ 参考
『その時歴史が動いた』

あけましておめでとうございます。今年も皆さんにとって良い年でありますように。今年は戌年です。わんちゃんの年ですね。本題に入る前にほほえましいワンちゃんの動画を。



かわいらしいですね。僕はどっちかとうとネコちゃんのほうが好きなのですがワンワンもかわいいですね。

では、本題に入りましょう。今日のお話の主人公はワンワンをとても愛した人です。その人物は誰か?それはのちに出てきますのでお楽しみに。









続きを読む

このページのトップヘ