history日誌

へっぽこ歴史好き男子が、歴史を中心にいろいろ語ります。2020年3月より、過去記事の加筆修正も含め、リニューアルしました。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。

平安時代に役所に勤める平安貴族は朝は早く、午前3時遅くとも4時に起床します。朝起きて貴族に最初にすることは、自分の属星の名前を7回唱えます。属星とは陰陽道で定められたもので、北斗七星の7つの星がそれぞれ自分の生まれた年の干支で振り分けられているのです。例えば、ネズミ年(子年)であれば、貧狼星ドンロウセイ、ウシ年(丑年)とイノシシ年(亥年)であれば巨門星キョモンセイという具合に決まっているようです。

自分の星を7回唱えることで、自分の行いの正しさを星に伝えるのです。それが終わると暦で今日の吉凶を決めるのです。もし、運勢が悪ければ仕事にも行かなくて良いのです。そのように災いから逃れることを物忌モノイミと言い、その日は一日家にこもっていいのです。欠勤の正当な理由にもなったのです。現代じゃ考えられませんね。運勢が悪いからと言って会社を休んだら、怒られるくらいじゃすまないですよネw

でも、どうしても仕事に行かなくてはならないこともあります。その場合は覆推フクスイといいまして、もう一度占いをし直すのです。それでちょっとでも良い運勢が出たら、出勤するのです。

仕事に行くとなると、まずは房楊枝で歯を磨き、手と顔を洗います。それから自分が崇拝する神に手を合わせます。例えば八幡様を信仰していれば八幡様を念じるという具合。それから昨日の出来事を日記にしたため、やっと朝食。その朝食もお粥が多かったそうです。貴族でも食事は割と質素なんですね。ちなみに、平安の時代の1日の食事は二食。今みたいに三食食べなかったのですね。それが済んだら髪を洗ったり、沐浴をして体を洗ったりしたそうです。とは言いましても、髪を洗ったり、お風呂に入るのは毎日じゃなかったみたいです。

髪をとかすのはは3日に一度。
爪を切るのは12日に一度。
沐浴は5日に一度。


その沐浴も毎月、1日と18日は入ってはいけないのです。1日にお風呂に入ると寿命が縮み、18日に入ると盗賊に入られると言われていたのです。長生きしたい人は毎月1日はお風呂に入らない方がいいですよw?なんてネw

しかし、毎日お風呂に入らないのは不潔だし、体臭が出そう。特に夏はきついものがありますね。それで、お風呂に入れない時は、お香を炊いたのです。きている着物に、お香の匂いをつけたのですね。

それからやっと着替え。


そして5時半くらいに役人は内裏に出勤するのです。貴族の収入は官職が高ければ上がっていきます。例えば、貴族の最高位である太政官の大臣クラスだと現在の価値で年収2億円もの収入(※1)があったというから驚きです。

さて、役人の仕事は部署や仕事の量によってまちまちで、夕方まで勤務したり、宿直とのいという冶金の仕事もありますが、基本的に1日の勤務は午前中の4時間で終わるそうです。現代の感覚からすれば羨ましいですね。

勤めを終えると、その後は遊びの時間。けまりをしたり、競射キョウシャ(※2)や囲碁、将棋、楽器を奏でたり、和歌を詠んだりしていたそうです。なんとも優雅で羨ましい話です。
しかし、これらの遊びも実は自分を磨くためのものだったので、単なる遊びではないのです。当時の貴族たちは漢詩、和歌、楽器の演奏を公的な行事などで披露されることがありました。そのため、日頃から、そういう教養を身につけ、自分を磨く必要があったのです。特に和歌は出世をするために必要なものでした。今に例えれば、接待のためにマージャンやゴルフを覚えたり、ヒトカラで上司が喜びそうな懐メロを練習をするようなものです。


また貴族の家には池があって、その池に舟を浮かべていたそうです。春は桜を見て、月の出ている夜は月見をしていたとのこと。なんとも優雅ですね。

一方の庶民は大変でした。貧しいアバラ長屋に住んでいたと言います。それで租庸調という今でいう税金を納めなくてはならないから大変だったのです。

※1 当時の貴族の収入はお金ではなく、主に年貢や作物、布など。
※2 射撃(弓)で勝者を競う。

1 三毛別ヒグマ事件
近年、熊が町にやってきていると言います。それも年々増えていると言います。怖いだろうな。実際、熊が町の通行人を襲っている様子を動画で見ましたもの。怖い世の中になったなあって。東京でも奥多摩や八王子で熊を見かけたなんて話を聞きます。こうした熊の被害は昔からありましたが、最もひどいのが大正時代に起きた「三毛別サンケベツヒグマ事件」


NHKの「ダークサイドミステリー」という番組で知りました。事件が起こったのは、1915年(大正4年)12月9日から12月14日の間。北海道の開拓民の人たちが住む集落にヒグマが現れ、そのヒグマが7人も殺し、重症者も3名出たのです。狙われたのは女性と子供ばかり。女性を狙うとはずいぶんスケベなクマだなって僕は思わず思ってしまいました。以下、ヒグマに殺された人です。



・阿部マユ(34)
・斉藤タケ(34)
斎藤巌サイトウイワオ(6)
蓮見幹雄 はすみみきお(6)
明景金蔵ミヨケキンゾウ(3)
斎藤春義サイトウハルヨシ(3)
・斉藤タケの胎児たいじ


専門家によりますと、クマはめったなことでは襲ってこないそうです。実は熊は臆病おくびょうな生き物で、人間をある意味怖がっているそうです。だから、熊が出そうな山道を歩くときは鈴とかふえラジオとか音の出るものを持っていくと良いそうです。あと、歌でも歌えば完璧でしょうかw?それと最近は熊撃退スプレーなんて売っているので、万が一熊が襲ってきたときのために持っていくのも良いかも知れません。

そうやって人間がいるということを熊に知らせると良いそうです。万が一、熊にあったら絶対にやってはいけないのが、逃げること。逃げると熊が自分より弱いと認識し、熊は襲ってくるそうです。

あと、俗に言われている死んだふりは微妙。有効という人もいれば、絶対ダメという人もいるので。死んだふりは、あんまりおススメできるやり方ではないみたいです。万が一、熊にあったら、まず熊の目を見て、穏やかに声をかけながら、そのまま、ゆっくり後退りをして、熊がいなくなるまで、ずっとそれを続けると良いそうです。ともかく、熊にあったら怖いけれど、それにビビったら向こうもつけあがって襲ってくるというのです。なんだか、いじめの構図と同じような気がします。いじめっ子だって相手が弱いと思うから、意地悪をするのだから。

2 凶悪なヒグマ
さて、事件が起こった原因は、熊の生息地に人間が住むようになってからです。明治から大正にかけて、本土から次々と開拓民が北海道にやってきたのですね。そして開拓民が北海道に住むようになったのですが、開拓民が「ここは俺の土地💓」って勝手に住むことはできません。土地を割り当てがあったのです。平野だとか海に近い便利な土地を割り当てられた開拓民もいれば、逆に辺鄙へんぴな場所を割り当てられた開拓民もいたのですね。

辺鄙なところを割り当てられた人たちは運が悪いということで。辺鄙ということは山奥。そういう山奥は熊の生息地。熊に出くわすリスクが高まるのです。事件の始まりは12月9日。の太田家で、太田家当主(太田三郎)の内縁の妻・阿部マユ(当時34歳)と、太田家に養子に迎えられる予定であった子供の 蓮見幹雄 はすみみきお(当時6歳)の2人が、窓を破って屋内に侵入したと見られるヒグマに殺害されたのです。そして、ヒグマはマユの死体を口にくわえたまま、そのまま立ち去ったようです。殺害現場となった太田家には、マユの髪の毛だけが残っていたようです。

翌日の12月10日の朝、集落の男たちがマユを探したところ、太田家から150メートルほど離れた付近でヒグマに会います。童話の「森のクマさん」に出てくるような優しいヒグマではありません。そのヒグマはとてもでかい熊でした。それもそのはず、このヒグマの大きさは体長2.7メートル、体重340キロ、立ったら3.5メートルほどだそうですから。

集落の男たちは手に持った鉄砲でバンバンとヒグマを狙ったら、ヒグマは一目散に逃げたと言います。そして、ヒグマがいた地点には、変わり果てたマユの遺体でした。集落の人たちはマユの遺体を持ち帰り、同日夜、太田宅で幹雄とマユの通夜が行われ、集落の人たちも数人集まりました。午後八時過ぎ、外から物音が聞こえてきたと思うや否や、なんと今朝に追っ払ったはずのヒグマがまた襲ってきたのです。しつこいですね。当然、その場にいた人たちは大混乱。恐怖のあまり逃げ出す人も。ヒグマは自分の獲物が消えたものだから取り返しにきたのでしょうね。


そして、太田宅からヒグマが消えて、20分と経たない午後8時50分ごろ、窓を破ってヒグマが今度は、太田家から500メートル離れた明景家みよけけに侵入したのです。その時明景家には女や子供も含め十人もいたのです。戸主である明景家の家族だけでなく、斎藤家の人間もいました。斎藤タケ(34)、斎藤巌(当時6歳)、斎藤春義(当時3歳)の3人。しかもタケのお腹の中には赤ちゃんがいたのです。ヒグマにおびえて、明景家に集落の者が何人か集まっていたのでしょうね。

ヒグマに居間に引きずり出された斎藤タケは、「腹破らんでくれ!」「のど喰って殺して!」とお腹の中にいた赤ちゃんの命乞いをしたのですね。どんな自分がひどい目にあっても子供を守ろうとする母の愛情ですね。しかし、その母の慈愛も虚しく、ヒグマは上半身からタケを食い始めたのです。駆けつけた集落の男性らが鉄砲を空に向かって放つと、ヒグマは玄関から躍り出たのち裏山の方へと姿を消しました。タケの腹は破られ赤ちゃんが引きずり出されていたが、ヒグマが手を出した様子はなく、そのときには少し動いていたといいます。なぜ、ヒグマがわざわざ赤ちゃんをお腹の中から出したのか謎ですね。しかし、その赤ちゃんも間も無く亡くなります。明景家の三男の金蔵と、斎藤巌、斎藤春義もヒグマに殺されてしまいます。こんなに幼い子供まで無慈悲に殺すとは憎たらしい。


3 ヒグマを退治したものの・・
 12月12日は、警察が駆けつけました。ヒグマは獲物を取り戻そうとする習性があるので、明景家にに残された犠牲者の遺体をエサとして誘き寄せようとしたのです。するとヒグマは当たりを警戒しながら、のっしのっしとやってきたところを、警察が射殺しようとするが、失敗。ヒグマは逃げてしまうのです。

そして12月13日、歩兵第28連隊の将兵30名がヒグマ退治のために出動。また、熊退治の名人の山本兵吉も助っ人で駆けつけます。翌日の14日には、そのヒグマをやっと打ち取ることができたのです。退治したのは山本兵吉。熊撃ちの名人であったは一撃でヒグマの心臓近くを撃ち抜き、続く銃弾でヒグマの頭を貫通させたのです。

ヒグマの死骸しがいは住民によってそりで運ばれました。すると、にわかに空がくもり雪が降り始めたのですね。事件発生からこの三日間は晴天が続いていたが、この雪は激しい吹雪に変わり、ソリを引く一行を激しく打ったと言います。不思議なことですね。この天候急変を、村人たちは「熊風」と呼んで語り継いだとか。

さらに不思議なことが続きます。そのヒグマは解体され、その肉も人々が食べたのですが、鍛冶屋の息子が、肉を食べたその日の夜から家族にいきなり噛みついてきたりと乱暴し出したのです。その凶暴性は日に日にエスカレート。そこで彼を寺に連れて行ったところ、間違いなく熊のタタリであることが判明したのです。そのため鍛冶屋の近親縁者が集まり、一心に祈りを捧げたところ、息子の症状は治まったと言います。そういうことってあるのですね・・・怖

この事件が起きて以来、人々は集落を離れてしまったのですね。三毛別ヒグマ事件があった現場は今も人が住んでおりません。

4 人間を恐れなくなった熊
それにしても人間を恐れるはずの熊がなんでこんなに何度も襲って人間を殺しにきたのでしょう。それは熊が人間を恐れなくなったからだと言います。当時、開拓民の家の外には、干したトウモロコシが置いてあったのです。実はクマはトウモロコシが大好物。トウモロコシの匂いに誘われクマはやってきたのです。そういうことが何度も続いたのです。村人たちも思ったでしょうね。なんでトウモロコシがなくなるのかって。そうやって人間の気配を感じても、それを恐れなくなったのです。いわゆる慣れでしょうか。

実はクマは獲物を捕まえるのは得意な動物じゃないのですね。例えば山にいる鹿を襲ってもクマはうまくそれを仕留めることができず、逃げられてしまうことの方が多い。鹿はすばしっこいですからね。ところが、人間のいる里に行けば、容易に食べ物を手に入れることができる。

最近、熊が町にも現れるようになりましたが、それもきっと同じことでしょう。食べものを求めて町までくるようになったのですね。町に行けば、畑もそうですが、生ごみだとか色々ありますし。何回も町を訪れているうちに人間への警戒心が薄れたのでしょうね。

そして、三毛別事件では、ヒグマが人間を襲って、その人間の味を覚えるようなり、それで人間の肉を求めて何度も集落にやってきては、人間を襲うようになったのでしょう。人間は鹿ほどすばしっこくないし、どんなに足が早い人でも熊から逃げるのは容易ではありません。ヒグマは時速60キロで走れると言いますからね。これはオリンピックのメダリストより早いかもしれない。こりゃ人間を襲った方が楽だとヒグマは学習したのでしょう。

三毛別のヒグマ事件は漫画や小説の題材にもなりました。そして、亡くなった人たちへの供養も地元の人たちがしているようですね。



*この記事は「ダークサイド・ミステリー」を参考にして書きました。





NHKの朝ドラで「カムカムエヴリバディ」やってますね。あいにく僕は見たことがないのですが、英語がテーマの朝ドラです。今日は英語と海軍で使われていた隠語の話題。

太平洋戦争中は英語は敵性語として使用を禁じられました。というか、実際は政府が法律で持って英語の使用を禁止したというより、マスコミが「英語を使うな」って煽って、それで英語やカタカナ言葉でさえ使ってはいけない空気が生まれたのですね。野球でも、ストライクは「よし」、ボールは「だめ」という具合。なんだか変ですね。昭和18年(1943)には文部省が英語教育を縮小したのですね。陸軍でも士官学校での英語教育は廃止されたほど。

しかし、そんな世の中でも英語が公然と使われていたところがあったのです。エリートを養成する学校では普通に英語を習いましたし。特に軍隊では日本語にしようにもできない言葉が多数ありました。そりゃそうですよね。バック、バックというのを「後ろ、後ろ」というのも何か変ですし、「エンジン」だとか「オイル」だとかをいちいち日本語に無理やり直そうとするのもアレですし。陸軍でさえも現場ではコーヒーなど英語由来の言葉が使われましたし、海軍はむしろ英語の教育を熱心にやっていたのですね。だから艦内や部隊内でも英語やカタカナ言葉を使用することが多かったのです。

僕は昔、骨董市に出ていたのですが、毎回骨董市に参加していた業者さんに、元海軍の方がいらっしゃいまして、やはり英語は戦争中でも海軍で普通に使われていたし、英語の勉強もしたとおっしゃっていました。

海軍兵学校でも英語を初め、フランス語、ドイツ語、ロシア語、中国語の教育がおこなわれていました。中でも必須なのは英語。読み書きはもとより、流暢リュウチョウかつ紳士的に話せること、つまりかなりハイレベルな英語力が求められました。

特に井上成美イノウエシゲミが兵学校の校長だった時は、かなり熱心に語学教育探されといいます。井上は西欧各国に駐在した経験もあり、「自国の言葉しか話せない海軍士官など、世界中どこに行っても通用しない」と考えていたほど。井上が重視したのが、英語のセンスを養うこと。文法を骨幹として教えることや、常用語を徹底的に反復練習させ、さらに英語は英語から直接理解すべきだという考えでした。「英文和訳は英語のセンスを養う上で害であり、英単語を日本語に置き換えて訳すのも百害あって一利なし。例えば英語の“ service“を日本語に正確に訳せないのは、日本の「わび」「さび」といった語が英訳できないのと同じ」と井上は言ったそうです。そのため井上は全生徒に英英辞典を使用させたといいます。

また、海軍の兵学校にはネイティブの教師も招かれたといいます。

例えば、江田島の海軍兵学校で英語を教えたイギリス人教師の1人にセシル・ブロックという人物がいて3年教鞭キョウベンを取りました。ブロックはイギリスに帰国後、海軍兵学校時代の思い出を本に綴りました。題は『ETAJIMA』。昭和17年(1942)にイギリスで出版され、日本でも翻訳され、『英人の見た海軍兵学校』と言う題で翌年に刊行されました。この本に書かれている内容がイギリス海軍軍人にとって敵国日本を知る一助となったそうです。逆に日本の方も、イギリス人の考え方を学ぶ資料として活用されたといいます。日英双方が「相手を知るため」にこの本を読んだのですから、興味深いです。

これほど、海軍は英語を重視していたのですね。

また海軍仲間だけに通じる略語や隠語も誕生しましたが、それも英語やローマ字から来ている言葉がたくさんあります。その言葉はウィットに富んだもの、下品さを隠すためのもの、考え出したものの遊び心があふれております。今日は、その中でも割と有名な言葉をいくつかご紹介します。


アーマー   パンの耳のこと。周りを囲っているから。
アフター   後家
インチ    馴染みの芸者(Intimate=親密な、から)
エフユー   ふんどし(FUNDOSHIのローマ字からもじった)
エスプレイ  芸者遊び
M M K もてて、もてて、困ること。
ケプガン   士官次官の先任(Captain Of The Gun Roomから)
コスレ    同期の他校生(Corr-respondから)
コンマ    副長 (Comamanderから)
ジーエフ   連合艦隊(Grand Fleetから)
セカンド   めかけ
ゼットユー  図々しい奴
ダマヘル   むっつりスケベ
ドリーム   夢精
ノーマーク  専門を持たない兵。雑用兵
プレイ    遊戯ゆうぎ
ハートインチ プラトニックラブ。心の中の恋人。
ヘル     スケベ
ヘルブック  エロ本
べビる    子供ができる
ペンダン   筆おろし
ホワイト   素人女
ブラック   玄人女
マリる    結婚する
マイナス   借金
モーニング  朝のサービス
モーニングスタン 朝立
レッコ    捨てる 縁を切る(Let’s GOから) 
ロング    鼻の下を伸ばす 
ロートル   老兵 おいぼれ 
ワードルーム 上級士官室


戦艦大和が「大和」と名付けられたのはなぜでしょう?大和とは日本の別名で、世界最大最強の戦艦を造るのだから、満を期して日本そのものを指す名前にしようという理由で「大和」と言う名がついた?

実は違います。日本海軍は、明治38年(1905)8月に「大日本帝国海軍艦艇の命名基準」を定め、戦艦、空母などの種類ごとに、名前に一定の法則を持たせることを決めました。

戦艦の場合は、江戸期までの旧国名です。戦艦大和の「大和」は大和国(今の奈良県)が由来だとされております。大和と同じタイプの艦である「武蔵」は武蔵国(今の東京・埼玉・神奈川の一部)から撮られました。他にも、長門、陸奥、信濃、伊勢など。

例外として「扶桑ふそうという名前の戦艦もあります。これは旧国名とは関係ありません。「扶桑」とは、中国の伝説で、東方の海にあるそこから太陽が登るとされた大木のこと。
上から転じて、日本の異称の一つであります。日本は扶桑国ともいうのですね。ちなみに、扶桑社という出版の会社がありますね。この会社の由来も「扶桑国」からとったのでしょうか?

空母の場合は、天城、大鳳、蒼龍など空を飛ぶ動物(架空のが多い)からとっております。

重巡洋艦だと山の名前、例えば、足柄、妙高、愛宕といった具合に。

大和の話に戻りますが、大和国は我が国最初の朝廷が置かれた土地であり、日本の歴史上重要な土地でした。また戦争中は日本の民族の誇りを込めて「大和魂」という言葉も流行りました。そこに、巨大さや強さ、連合艦隊旗艦という重要な役割も相まって、「大和」=日本の象徴というイメージが持たれたのかもしれません。

*参考文献

徹底図解 戦艦大和のしくみ (徹底図解シリーズ)
市ヶ谷ハジメ
新星出版社
2012-07-19



このページのトップヘ