history日誌

歴史と歌が大好きな私が日本史から世界史まで広く浅く書きます。 歴史の知識は素人レベルで、私が語る歴史の内容が真実かどうかは自信はありませんがw、楽しんでブログを書いていきます。教科書に載ってないようなマイナーな歴史の話もします。

ブログネタ
歴史に関するetc に参加中!
1 ギャンブル好きだった?五十六
 山本五十六(やまもといそろく)がマージャンやポーカーといったギャンブルが好きだった事は、本を読むまで知らなかったです。日本が生き残るかほろびるかの大変な状況じょうきょうの中で、そういったものが五十六にとって良い息抜いきぬきになっていたと思われます。息抜きもそうだが、ギャンブルを通して勝負のカンをみがいていたのかもしれません。

後に五十六はムチャともいうべき真珠湾攻撃しんじゅわんこうげきを断行するのですが、ある意味ギャンブル好きの彼らしい決断w?

とはいっても、五十六は行当たりばったりの人間ではなく、ちゃんと先見の目もあったようです。当時の日本は戦艦せんかん大和が象徴しょうちょうするように一種の巨大戦艦信仰きょだいせんかんしんこうがありました。巨大戦艦信仰が根強い中でも、五十六は、戦艦せんかんよりも戦闘機せんとうきの方が役に立つ事を理解していていました。


2 アメリカとの戦争に反対した五十六

 山本五十六はアメリカにわたって圧倒的あっとうてきな国力を身を持って体験しました。それで、「日本はアメリカと戦争をするべきではない」と、五十六は理解しました。

だから五十六は、ドイツとイタリアとの同盟に反対していました。当時のドイツはアメリカと対立していて、もしドイツと組めば、アメリカとの戦争は避けられないと五十六は考えていました。そんな事もあってアメリカにくしの右翼うよくから命をねらわれることもあったとか。

しかし五十六の意思とは裏腹うらはらにドイツとイタリアと日本とで三国同盟は結ばれ、日本とアメリカとの戦争がけられなくなりました。

ここで、五十六はどうしたのでしょうか?

五十六は真珠湾にてアメリカ軍を攻撃し、アメリカの戦意を失わせ、アメリカと早期に講和をしようと考えました。

「アメリカとの戦争を避けられない以上は、やるしかない。でも、やるからには早く戦争をおわらせねばならない」と思ったのかもしれません。このときの五十六の苦悩くのうはかり知れません・・・・

ところが、外務省のミスで宣戦布告せんせんふこくの通知がおくれてしまい、通知よりも先に真珠湾でアメリカの艦隊かんたい爆撃ばくげきをしたために、「日本、今に見てろよ!」ってアメリカの戦意を失うどころか、かえっておこらせてしまいました。

これは五十六にとって、いや日本にとって大変なミスだったようです。後悔こうかい先に立たず」。そんな言葉が思わずかびます・・・


3 よき家庭人の山本五十六

 ところで、五十六は戦場という修羅場しゅらばをはなれ家庭にもどれば、子どもにめっぽうあまいお父ちゃんだったようです。子どもといいっしょに食事をしたりする事はほとんど無かったものの、体が弱かった息子のことを気遣きづかい、メロン、パパイヤ、マンゴーといった高いものを息子に買ってあげたそうです。病気で授業におくれるとイラだつ息子に「休んでおれ」ともいったとか。

しかし、真珠湾間近の12月3日の夜の山本家はさすがに重苦しい雰囲気ふんいきだったそうです。その時の献立こんだてみそ汁と野菜の煮物にものと小さなタイだったが、五十六はタイだけは手をつけなかったといわれています。

タイはおめでたさを象徴しょうちょうするお魚です。それに手をつけなかったということは、おめでたい気持ちになれなかったのでしょう・・もうこの家に生きてもどることは無いであろうと五十六は感じたのかもしれません・・・

真珠湾攻撃以降アメリカと日本の戦争はドロぬま化。山本五十六は60をこえたにもかかわらず戦闘機せんとうきに乗りこみ、アメリカの攻撃こうげきにあい亡くなりました・・・。

オマケ

山本五十六の映画の予告編の動画を見つけたのでご紹介します。僕はまだ見た事がないので、今度レンタルしてみようかと。





聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- [DVD]


参考文献



海燃ゆ―山本五十六の生涯

この記事は、「その時、歴史が動いた」を参考にして書きました。


1 僕がキング牧師を知った理由

今日はキング牧師のお話を。黒人初の大統領が誕生した今の時期にぴったりの話題??

いづれ、日系アメリカ人の大統領もあらわれるかもしれません。その大統領の名前は、小浜(おばま)さんだったりしてw?

さて、僕がキング牧師の事を始めて知ったのは中学生のとき。英語の教科書に彼のことがのっていました。

先週の水曜日に放送された「その時歴史が動いた」でもキング牧師が取り上げられていました。僕も見せてもらいましたが、暴力を否定し、平和と平等をうったえたその生き様に改めて感動しました。


2 キング牧師のたたか

 アメリカは白人が強く、黒人だけでなくアジア系やインディアン、ヒスパニック(※1)まで差別されてきました。古くは、リンカーンも人種差別はよくないと訴えましたが、人種差別〔黒人差別)問題は20世紀になっても続きました。

今でこそはマイケル・ジャクソンだとかウーピー・コールドバックとか黒人の方が活躍かつやくしていますが、ちょっと前のアメリカはひどかったようです。

バスも黒人席と白人席に別れていて、黒人が白人席に座るものならバスから降ろされるなんてこともあったそうです。そんなアメリカ社会は間違まちがっているとキング牧師は立ちあがりました。

とはいってもキング牧師は暴力を使いませんでした。キング牧師はガンジーのことを尊敬して、ガンジーのように「非暴力ひぼうりょく不服従ふふくじゅう」の精神で、アメリカにはびこる差別と偏見へんけんたたかいをいどんだのです。

※1 スペイン系の白人

3 we shall over come
 キング牧師は黒人達に「バスに乗るのはやめよう」と訴えました。いわゆるバスボイコット運動です。

黒人達はバスを使わずに歩いて通勤などをしたそうです。そのとき黒人達が歌った歌が「We shall over come」。

歩くのは確かにつらいけれど、黒人達は晴れやかな表情でこの歌を歌いながら道を歩いていたそうです。

そうした彼の運動の成果が実って、時の大統領ケネディが公共施設こうきょうしせつにおける人種隔離じんしゅかくり撤廃てっぱいをしました。


※ おまけ

「We shall over come」をどうぞ。






以前、NHKで邪馬台国やまたいこくの特集をやっていました。邪馬台国はどこかって話でしたが、それなら新宿の歌舞伎町かぶきちょうにありますw(それは居酒屋いざかやの名前w)

ジョークはさておき、邪馬台国のあった場所は台湾説たいわんせつだとかいろいろな説がありますが、畿内説きないせつおよび九州説の二つが有力でしょう。この論争は私が小学生のころからすでにありました。あれから2年いや20年以上った今でも決着がついていないようです。

さて、畿内説きないせつ根拠こんきょ銅鏡どうきょうです。正確に言えば三角縁神獣鏡さんかくぶちしんじゅうきょうと呼ばれています。

魏志倭人伝ぎしわじんでん』に中国の皇帝こうていが邪馬台国に銅鏡をあげたと書いています。その銅鏡が畿内(関西)で大量に見つかったが、畿内説の有力な手がかりになっております。

一方の九州説きゅうしゅうせつの根拠の一つは吉野ヶ里遺跡よしのがりいせきでしょう。。1989年に九州の吉野ヶ里遺跡が発見されたときは、邪馬台国の位置論争はこれで決着がつくと当時中学生だった私は思ったものでした。個人的には九州説を支持しますが、九州説も決定打けっていだがないようでして・・・

しかし、『魏志倭人伝』に書いてある方角と距離きょりどおりに進むと、日本よりはるか南方の海の中になってしまいます。もっとも当時は正確な地図やGPSなんて無かった時代ですからねえ・・・

ともあれ、こういった論争が続いたほうがロマンがあっていいと思います。




もしよろしければ、アンケートご協力をお願いいたします。


このページのトップヘ