history日誌

(この記事はウィキペディアを参考にしました)
1 ザビエルが石見銀山を狙っていた?

 以前、ある歴史番組で取り上げた話の中で印象に残ったのはザビエルが石見銀山ねらっていたという話です。

石見銀山とは、島根県にあった銀山で、今でこそは銀はとれなくなったようですが、全盛期は世界の銀の産出量の三分の一もめていたとか。

その石見銀山に外国人が目をつけないはずがないということで、ザビエルが銀山をねらっていたという話になったのでしょう。
 
ザビエルのイエズス会はヨーロッパ諸国がアジア諸国を侵略しんりゃくするために使わしたスパイなのだと番組で取り上げられていました。

2 ザビエルは純粋じゅんすいな気持ちで布教?

 でも、イエズス会という組織はともかく、ザビエル個人は本当に純粋じゅんすいな気持ちでキリスト教の尊さを教えようとしたのだとボクは思いますね。

ザビエルは日本の国民の事を大変めていたそうですから。

石見銀山あたりにはかくれキリスタンが多かった事も、ザビエルが石見銀山を狙うという野心をもっていた根拠こんきょの一つのように取り上げていました。

でも、それがどうしてザビエルの野心と結びつくのでしょう?

隠れキリスタンはむしろ九州に多かったのですがw?
100歩ゆずって、ザビエルがアジア侵略しんりゃくをたくらむスパイだったとしても、石見銀山を本当にねらっていたかどうかは、わかりかねます。


(石見銀山の動画)

3 イエスズ会の実態
 そもそもイエスズ会というのは、当時ヨーロッパで勢力をばしつつあるプロテスタントに抵抗するためにつくられたカトリックのグループだそうです。

イエスズ会は「教皇に対して忠実でありたい」というスタンスですが、かといって教皇にペコペコする立場ではありません。また、カトリック教会の改革の必要性をイエスズ会の人たちは理解しておりました。カトリック教会の様々な問題点をイエスズ会は厳しく批判をしています。

また、豊臣秀吉(とよとみひでよし)がバテレン追放令ついほうれいを行ったきっかけは、九州などでヨーロッパ人が人身売買を行っていたからと言われていますが、イエスズ会は奴隷貿易に協力するどころか、むしろイエスズ会はポルトガルに対して日本人を奴隷どれいとして売買するのを「やめてくれ」と呼びかけているのですね。

イエスズ会は外国のスパイどころか、ヨーロッパで弾圧だんあつもされたようです。ヨーロッパ諸国がナショナリズムを強め、王権のもとに国をまとめていこうとしたときにイエスズ会の存在がジャマになったのです。18世紀以降になると、それがひどくなってイエスズ会は弾圧されていきます。

昨日は成人式でしたね。ハンカチ王子も成人になりました。僕も昨日は成人式でした。2度目のね(笑)

僕からの新成人へ送る言葉は、

「これからは堂々とお酒が飲めますね」(笑)

今日は、北宋の時代に活躍した政治家の王安石(おうあんせき)のライバル、司馬光(しばこう)の少年時代の逸話を。

司馬光はとても頭の切れる人でしたが、すでに子どものころから才能があったようです。

続きを読む

※ この記事はウィキペディアとラジオ中国語講座のテキストを参考にして書きました。



1 劉慶邦(リュウ・チンバン)さんのインタビューより

 以前に、ラジオ中国語講座の応用編で『信』(手紙)という小説を題材にして学習をしておりました。この小説の作者は劉慶邦(リュウ・チンバン)さん。

彼は1951年に河南省沈丘(かなんしょうしんきゅう)の農村に生まれ、農民として炭鉱労働者として働いた後、記者・編集者などをやって、そして小説家になったです。

そして、中国語講座のテキストのコラムに劉慶邦さんのインタビューについてふれられていました。

2 木の皮や草まで食べた
 その劉慶邦さんがあるインタビューで木の皮や雑草まで食べてえをしのいだと語りました。賞味期限しょうみきげん切れのコンビニ弁当が山のように捨てられるような今の日本では想像もつきません。それくらいきびしく悲さんな生活を劉慶邦さんはされたのでしょう。

劉慶邦さんがまだ子どものころの中国、だいたい1959年から1961年にかけて、大躍進政策(だいやくしんせいさく)が行われました。

3 失敗しっぱいだった大躍進政策
 大躍進政策とは、アメリカやイギリスに追いつけ、追いこせとばかりに農業や工業の生産力を大幅おおはばにアップさせましょうというものです。

しかし、当時の指導者だった毛沢東(もう・たくとう)が中心になって行われたその政策(計画経済)はムチャクチャなものでした。経済はかえって混乱し、天災もかさなって多数の餓死者がししゃを出したそうです。金正日と同じようなことを毛沢東らはやってきたのでしょう。

餓死した数はおよそ2000万人〜5千万人といわれていますが、はっきりした数字はわかりません。でも、少なくともヒトラーが行ったホロコーストの犠牲者ぎせいしゃ数をはるかに上回るといわれております。

この大躍進政策の失敗の責任を取って毛沢東は失脚しっきゃくしてしまいます。しかし、毛沢東は権力の座をねらっていました。やがて文化大革命(ぶんかだいかくめい)とよばれる混乱の最中に毛沢東は再び表舞台おもてぶだいに現れるのです。


4 評価が分かれる毛沢東

 大躍進政策そして文化大革命などの失態しったいのため、中国では毛沢東は評価は人によって分かれます。英雄だとあがめている人もいる一方で、父のように厳しい人、あるいはおにのような人だとおそれられています。

映画監督の陳凱歌(チェン・カイコー)さんのように、毛沢東をきらっている人も少なくありません。

一方、周恩来(しゅう・おんらい)は母のようにやさしい人だと中国人から尊敬されているそうですね。

学校の歴史の授業などではヒトラーのホロコーストはふれられていましたが、大躍進運動については全くというほどふれられません。そのせいもあってか、僕が大躍進運動のことを知ったのはわりと最近のことです。









このページのトップヘ