history日誌

1 権力者や男性も魔女狩りのターゲットに
 魔女狩りといえば、何の後ろ盾のない庶民それも女性ばかりがターゲットと思われがちですが、実は男性、権力者もターゲットになりました。

ドイツの南部のバンベルクでその悲劇は起こりました。1600年代前半、この街でも魔女狩りの嵐が吹き荒れました。街のあらゆる階級、約900人が殺されました。当時のバンベルクはカトリックの司教が支配する広大な領地の一部でした。ですからバンベルクはカトリックの司教に支配されていたのですね。歴代の司教は魔女に対して厳しい態度をとっていたようですが、特に厳しかったのはヨーハン・ゲオルク2世。彼は魔女司教とよばれ恐れられておりました。ゲオルク2世は、当時のヨーロッパにおける冷害や疫病、戦争などの社会不安をきっかけに猛烈な魔女狩りをしました。そして、魔女の塔とよばれる建物で何百人も罪のない人たちを処刑をしたそうです。なかには子供もいたそうです・・・


そして、1627年に悲劇がおこりました。それは些細なことがきっかけで起こった事件です。市議会議員の息子、ハンス・モアハウプト(14歳)が学校で『ファウスト博士』の本を読んでいました。この本は悪魔に魂を売った男の物語です。すると、学校の先生がハンスから本を取り上げ、「この本は誰から受け取った?」と詰問をされました。するとハンス少年は「この本は、うちのメイドがくれたんだ」と。なんとハンスの家で働いていたメイドが逮捕されてしまうのです。

そのメイドは拷問を受けます。審問官から「お前の仲間の名前をいえ」といわれます。苦しい拷問を受けたそのメイドは自分の知人の名前をついつい言ってしまいます。ハンス少年やその母親も逮捕されてしまいます。これは、今まで魔女狩りといえば貧しい人がメインだったのが、特権階級にもその魔の手が伸びたことの一つの現れです。

ハンス少年やその母親の口から知人の名がでては、そのハンスの知人が逮捕され、またその知人が知っている人が、また自分の知り合いの名をあげ、いわゆる告発の連鎖が続いたのです。こうして神学者や商人、果ては政治家の名前まで出てきて、彼らも例外なく逮捕されたのです。


2 魔女狩りに抵抗した市長
こうした理不尽な魔女狩りに一人の男が「待った!」(『逆転裁判』の成歩堂くんかw)と声をあげました。バンベルク市長のヨハネス・ユニウス

しかし、いくら市長が抵抗しようとも、その上に立つ司教ヨーハン・ゲオルク2世が魔女狩りを推し進める以上、どうすることもできませんでした。そして、そのユニウス市長も捕らえられ、厳しい拷問を受けたといいます。ユニウス市長にも「仲間の魔女の名前をあげろ」といわれます。そして、ユニウス市長も厳しい拷問のつらさから自分の知人の名前を挙げてしまいます。その数35名。その中には、引退したバンベルクの元市長、バンベルクの司教領宰相の名前も入っていました。

牢獄の中でユニウス市長は愛娘に手紙を書きました。その手紙の内容は娘への思いと、自分のしてしまったことの後悔と懺悔が書かれておりました。

「いとしい娘よ、私は厳しい拷問、激しい苦痛から逃れるために自白をしてしまった。はじめに『サバトで誰を目撃したのか』と聞かれたとき、私は『知らない人ばかりでした』と答えた。すると次は『市場の通りから街の全部の通りを引きずり回せ』と命じられた。通りを引きずられながら、私はそこの家に住む人々の名前を次々に言わせた。それが魔女の名前を自白することになったのだ」と。

このように市長までが拷問に合ったのは、バンベルクの司教領には議会もなければ、魔女狩りを止めようと断固とした措置を実行できる有力貴族もいなかったからです。普通、大規模な領地には、こうした勢力がいるのですが、バンベルクには存在しなかったのです。そのため政治家でさえ、司教に逆らえなかったのです。

この時代はルネサンスを過ぎ、科学的なものの見方も広まっているのですが、地域によっては旧式なものの考え方がはびこっていたのです。

ところが1631年状況が一変します。司教の大弾圧に苦しんだバンベルク市民の一部が周辺の大都市の権力者に助けを求めます。神聖ローマ帝国の皇帝がいるウィーン、帝国の最高裁判所のあるシュパイヤーなど。これらの大都市には大学などの学術機関もあり、魔女狩りを理性的に否定する知識階級が多かったのです。そして、ゲオルク二世に不当な魔女裁判の禁止する命令が出されました。さらに、当時のヨーロッパは内戦状態だったので、そのどさくさからゲオルク2世が逃亡したのです。非科学的な指導者がいなくなったことで、民衆は魔女狩りをやめたといいます。

理不尽なパワハラに泣き寝入りをせずに、お偉いさんの不正を訴え続けた民衆の勝利でした。




3 魔女狩りを批判する人々
 このようにヨーロッパで吹き荒れた魔女狩りの嵐を黙って見過ごす人ばかりではありませんでした。魔女狩りを公然と批判する人々も出てきました。

たとえば、牧師のベッカー。彼は魔女狩りを批判したが、保守的な立場の人たちから非難され、牧師の仕事をやめさせられてしまいます。ベッカーは当たり前のことを言ったのにひどい話ですね。

ドイツのイエスズ会士フリードリヒ・シュペー『検察官への警告』という本を著しました。この本は実名で発表すると魔女裁判にかけられるので、匿名で発表されました。シュペーは、処刑直前の人々の告白を聞く聴罪司祭でした。

200人以上の悲痛な叫びを聴いているうちに、シュペーは良心の呵責にせめられたのです。シュペーも初めは魔女憎しで自らの業務を全うしてきたのですが、それが変わったのですね。それで、魔女狩りをやめさせようとこの本を書いたのです。、「慣例で私用されている拷問を極めてむごいもので、限界をはるかに超えている」と述べました。また、噂にもとづく告発は無効だともいっています。

シュペーの提言は見事にスルーされました。

が、シュペーの告発は決して無駄にはなりませんでした。やがて、魔女狩りの終焉へ向かっていくのですが、それは次回の記事で書きます。

※ 参考

NHK bsプレミアム「ダークサイド・ミステリー」




前回の記事で魔女狩りで理不尽ともいえる裁きについて書かせていただきました。残酷な裁判や処罰が行われる際、そのバイブルになった一冊の本がありました。その本こそ『魔女の槌』です。この本は一人の聖職者による思い込みから書かれたものです。今日はその『魔女の槌』の話を中心にして魔女裁判のひどさを取り上げます。時代は15世紀のおわり、1480年代にさかのぼります。まだ魔女狩りが盛んになる前の時代です。

続きを読む

ブログネタ
歴史に関するetc に参加中!

1 魔女狩りとは?
 今日から、数回にわたって魔女狩りについて語ります。魔女狩りのことは色々と調べてみましたが、世界史を勉強していない僕にとってなじみのうすい時代。それに魔女狩りはキリスト教の話も絡んでくるから、キリスト教を知らない僕にとっては余計ややこしい。専門的な話は出来ませんが、魔女狩りを通して、人間のエゴや、集団ヒステリーの恐ろしさを語れればなあと思います。実は魔女狩りのことは、2012年に書いたのですが、今回のコロナ騒動のことも加味して、加筆修正させていただきたいと思います。

さて、みなさまは魔女というと、どんな事を連想しますか?

アニメ「魔女の宅急便」?、「千と千尋の神隠し」にでてくる湯婆?あとはグリム童話に出てくる恐ろしい魔女?それとも、うちのお母さんw?魔女がテーマの曲といえば中山美穂さんの Witches」やスピッツの「魔女旅に出る」という曲もあります。

昔のヨーロッパの民間伝説では、魔女は悪魔と組んで人間に悪さをする存在とされ、やがて魔女裁判が行わました。魔女狩りが始まったのが14世紀ごろで、終わったのが18世紀まで。特に15世紀から17世紀にかけて、ヨーロッパで魔女狩りの猛威をふるっていたのです。

魔女狩りの犠牲者の数はいろいろな説がありますが、5万人とも6万人ともいわれています。

その魔女裁判で裁かれ処刑された人は本当に魔女だったわけじゃなく、むしろヌレ衣を着せられた人が大半だったそうです。心ない人たちから「飢饉(ききん)やペストが流行るのはお前達が俺達にのろいをかけているからだ」というヌレ衣を魔女は着せられたとか。

中世の昔は今と違って物事をなんでも宗教的に考えておりました。だから、飢饉だとかペストのような疫病が流行ると、その原因は人間の罪か、もしくは悪い裏切り者のせいではないかって考えられたのですね。その裏切り者こそ魔女だといわれたのです。魔女とは、悪魔の誘惑に負け、悪魔に魂を売った裏切り者だと。悪魔のしもべだからこそ、神の名において裁かれなくてはならないと思われていたのです。

2 濡れ衣を着せられた彼女たち 
 もちろん、魔女と呼ばれる人も本当にいました。といっても、ホウキに乗って空を飛んだ魔女なんていませんw魔女たちは、占いをやったり、産婆(※1 さんば)をやったり、薬草などの知識に通じた民間療法の専門家だったり。

もっとも著名な魔女はマザー・シプトン(1488〜1561年)というイギリス人です。彼女の容貌は眼がぎょろついていたが、眼光は鋭く、鼻も以上に長くカギ型に曲がっていたそうです。赤と青を混ぜたようなニキビが顔を覆っていたそうです。そしていつも山高の帽子をかぶっていて、まさに彼女は魔女の容貌そのものでした。そんな彼女は予知能力があって、車社会の到来やイギリスの没落を生前から予言していたといいます。

とはいえ、彼女たちは悪さなどしていませんでした。悪さをした魔女も確かにいましたが、そんなのはほんの一部。ただ、彼女たちは生活が貧しく、独身で身寄りのない人が多かったのです。当時の識者や宗教家は、貧しさと寂しさこそ、悪魔にスキをつかれる元だと考えられておりましたから、彼女たちは格好のターゲットになったのです。

それで、だんだん犠牲者が本物の魔女だけでなく、ごく普通の女性、それから一部の男性にまで及んだというのです。もっとも男性はレアケースで、魔女裁判の犠牲者のほとんどは女性でしたが。

そうしてターゲットにされた女性は魔女裁判をかけられるのですが、裁判の被告となる人物は、ほとんどが密告。つまり魔女とは関係ない人まで、根も葉もないウワサだけで、魔女裁判にかけられたのです。魔女裁判も実は中世の前期までは、他人に危害を加える者だけでした。実際、裁判を重ねて無罪を勝ち取った者もいたといいます。それが、だんだん公平性が低下し、「神に反抗するもの」から「聖職者やお偉いさんに逆らったもの」そして「なんも悪いことをしていないのにウワサだけで魔女呼ばわりされた者」が魔女狩りの被害にあったのですね・・・

ちなみに、マザー・シプトンは魔女狩り全盛期に活躍した人物ですが、生き延び天寿を全うしております。病人を助けるなど善行を行ったことも理由の一つですが、ヨーロッパでもイギリスは魔女狩りには懐疑的で、他の国より冷静だったことが大きかったようです。

3 地域差があった魔女狩り
 さきほど、イギリスは懐疑的とお伝えしましたが、魔女狩りが盛んだった国や地域とそうでない国や地域もあったようです。もっとも、そのイギリスも魔女狩りが全くなかったわけじゃありません。スコットランドにはジェームズ6世(のちにイングランドの王も兼ねる)という人物がいて、『悪魔学』という書物を著し、1604年の法令で魔女狩りを強化しているたそうですが・・・


また、1640年代にイギリスでマシュー・ホプキンスという悪いヤツがいまして。彼は多数の無実の人を魔女としてでっち上げ、処刑しては多額の金を得たそうです。かれは魔女狩りを仕事にして金稼ぎをしていたのです。そのやり方は卑怯にも相手の心の弱さを利用しました。たとえば、なかなか自分が魔女だと白状しない人間には、その子供を逮捕すればよいと考えました。逮捕した子供を脅かしたり、最悪虐待すれば、その子供は「お母さんは魔女」って言うはずだと。ふてえ野郎だなあ。こいつの方がよっぽど悪魔だな。

盛んだったのがドイツ、フランス、ポーランド、スイスなど。イギリスはドイツに比べると激しくはなかったそうです。


逆に比較的抑えられていたのがスペイン、イタリア、ポルトガルなど。




※1 いまの助産婦。



※ 参考文献および


歴史能力検定世界史2級の問題用紙


ウィキペディア
教えて!goo

NHK BSプレミアム 「ダークサイドミステリー 」





魔女狩り (岩波新書)
森島 恒雄
岩波書店
1970-06-20











予言者 (Truth In Fantasy)
第666部隊
新紀元社
1998-10-01


これまで、日本の防空法のことを書かせていただきました。書くたびに防空法が悪法であること、当時の為政者たちが国民を守ろうとする気概がまるでなかったことに腹が立って仕方がなかったのですが、もっと悪いのは無差別に爆撃を行った米軍です。

そもそも米軍が大都市のみならず無差別に地方都市まで攻撃したのは、日本の軍需産業は当時家内手工業にかなりの部分を頼っていたのです。つまり家庭の内職で部品を作っていたのですね。また、下請け企業も都市部だけでなく地方の都市にもあったことも理由の一つだと考えられます。


また、米軍は日本本土空襲に入る前にガダルカナルの攻防や硫黄島など、日本軍の激しい抵抗にあいました。日本軍の果敢な戦いぶりは米軍も震え上がったといいます。捕虜になることを拒否し、捕虜になるくらいなら玉砕も恐れないというその士気を恐れたのです。もし、今後も徹底抗戦にあったら、米軍の被害も甚大なものになる。そこで米軍が取った戦略は徹底的に空き地にして、抵抗する日本人がいなくなったところを確かめてから進出し、占領するとう作戦をとったといいます。


そのときアメリカの爆撃兵団を率いたのがカーチス・E・ルメイ。日本の都市を無差別に焼き尽くした張本人に、なんと日本政府は勲章を贈ったといいます。呆れた話です。その勲章は勲一等旭日大授章。最高位の勲章です。授章の理由は「航空自衛隊の育成に貢献したから」


それは昭和39年(1964年)のことです。時の総理大臣は佐藤栄作氏。そして当時の防衛長官が小泉純也氏。小泉純一郎元総理の父親にあたります。

ルメイに勲章をおくった理由として佐藤栄作元総理は次のように述べております。

「今はアメリカと友好関係にあり、功績があるならば過去は過去として功に報いるのが当然、大国の民とはいつまでもとらわれず今後の関係、功績を考えて処置していくべきもの」

小泉元防衛長官は、勲章授与について次のように説明しております。

「功績と戦時の事情は別個に考えるもの。防衛庁の調査でも当時ルメイは原爆投下の直接部隊の責任者ではなく、原爆投下はトルーマン大統領が直接指揮したものである」

当然、勲章について国会でも批判が大きく、社会党などが反対したといいます。当時の国民感情からすれば、これは当然でしょう。ちなみに今でもこの勲章は返すべきだという意見も少なからずあるようです。

そのルメイは東京大空襲ほか日本各地の空襲で良心の呵責がなかったのでしょうか。


「当時日本人を殺すことについてたいして悩みはしなかった。私が頭を悩ませていたのは戦争を終わらせることだった」

「もし戦争に敗れていたら私は戦争犯罪人として裁かれていただろう。幸運なことにわれわれは勝者になった」

「答えは“イエス”だ。軍人は誰でも自分の行為の道徳的側面を多少は考えるものだ。だが、戦争は全て道徳に反するものなのだ」


またルメイは自著でもこう述べていたそうです


「焼夷弾空襲での民間人の死傷者を思うと、私は幸せな気分にはなれなかったが、とりわけ心配していたわけでもなかった。私の決心をなんら鈍らせなかったのは、フィリピンなどで捕虜になったアメリカ人―民間人と軍人の両方―を、日本人がどんなふうに扱ったのか知っていたからだ」[




※ 参考文献
日本空襲の全貌
洋泉社
2015-02-26


このページのトップヘ