history日誌



http://blog.livedoor.jp/seimei1128-rekishi/archives/1517305.html

http://blog.livedoor.jp/seimei1128-rekishi/archives/1519099.html

これまで2回(↑)にわたって諏訪湖すわこの女工さんの話をしてきたけれど、今日で三回目です。今日でとりあえず諏訪湖の女工さんの話はいったん中断します。今日の内容は、諏訪湖の女工の問題が現代にも通じるのではないか?そんな問題提起をしたいと思います。



1 勝ち組の女工さん


 製糸の作業は細かい作業なので向き不向きも当然ありました。今の日本と同じく、明治・大正当時の女工の間でも勝ち組、負け組がいたみたいです。

器用で糸引きが向いていた女工さんは仕事でさほど苦労することなく、いっぱい給料ももらえた上に、表彰ひょうしょうまでされました。なかには田んぼや家を買った女工もいるというからすごいですよね。30年ローン組んで家を買った人から見ればなんともうらやましい限りの話です。

しかも優秀ゆうしゅうな女工さんはアチコチの工場で引く手あまただったそうです。

2 気の毒なのは糸引きが向いていない女工さん

一方、気の毒なのは糸引きが向いていない人。不器用で仕事も失敗ばかり。だから検番から年中どやされました。しかも失敗をすれば罰金ばっきんとして給料からひかれてしまい、年末にはサイフもスッカラカンで故郷に帰れなかった女工さんもいたとか。

新人教育もしていたある女工さんはこうつぶやいております。


「ワシは長年糸ひきをしてみて感じることだが、まず十人のうち本当にいいのは二人か三人で、次に、本人の熱心と努力でまあまあ何とか糸をひけるというものが、三、四人、しかし残りの二、三人というものはいくら教えてもおこってもたたいても、この人たちは糸ひきに向かない人です。怒るほうがだいたいムリです。」


『あゝ野麦峠』(山本茂美) p125より



「2-6-2の法則」(※1)というものを聞いたことがありますが、この女工さんのお話もそれに近いですね。

それから、いくら器用な女工さんでも体が弱い人は、ムリがたたってそのまま死んでしまったそうです・・・

※1 人間が集団を構成すると、 『優秀な人が2割、普通の人が6割、パッとしない人が2割』という構成になりやすいという法則。

3 製糸業も慈善事業じぜんじぎょうではないから
 当時の日本は西洋諸国に追いつけ、追いせという状況じょうきょうでした。資源の少ない日本が外国と張り合う為ためには無理も止むを得なかったのでしょう。企業きぎょう慈善事業じぜんじぎょうでもないから、もうけなくてはつぶれてしまう。まさに食うか食われるかの世界です。

それに生糸は相場の変動が激しく不安定で、もうかる時は儲かるのだが、損をするときは大損をします。だから、製糸業を廃業そうぎょうする会社も少なくなかったそうです。

女工さん達も大変でしたが、企業きぎょうにとっても大変だったのでしょう。

4 現代にも通じる問題
 製糸工場の社長達は社員を低賃金(あるいは無償むしょう)でこき使い自分だけゼイタクをしていた訳ではありません。

朝は女工さん達よりも早く起き、工場の動力である水車がこわれれば、自ら川に飛び込んで水車を修理したり、かまに火をたいたりしたそうです。現場監督げんばかんとくである検番たちはえばってばかりだが、社長はちがっていたみたいです。

人の上に立つような人物は違うのでしょう。(例外もいるがw)

今日の豊かな日本があるのは女工さん達が頑張がんばってくれたおかげでもあると思う半面、その一方で女工さん達の犠牲ぎせいがあった事、それから派遣はけん切りや過労死かろうし(ブラック会社)の問題など今にも通じる様々な問題がある事を考えさせられます。

※ おまけ
野麦峠についてバスガイドさんが語られている動画です。




※ 参考文献

あゝ野麦峠―ある製糸工女哀史 (角川文庫)
あゝ野麦峠―ある製糸工女哀史 (角川文庫)
クチコミを見る

今日の東京の夜はすずしい。今夜はゆっくりねむれそうですw

さて、前回の続き。再び女工のお話。今日は工場のお話ではなく野麦峠越のむぎとうげごえの悲劇について。

製糸工場は正月になると休みになります。女工さん達は故郷に帰れるとウキウキするのですが、しかし信州の冬の厳しさは相当なもの。特に飛騨ひだ出身の女工さん達は野麦峠というけわしいとうげえなくてはなりません。それはレミオロメンの「粉雪」に出てくるようなロマンチックな風景ではありません。

ぴゅーぴゅーとやいばの様なするどこおった風、そこを歩いた人間がたちまち雪だるまになるほどの激しい雪。あたりは猛吹雪もうふぶきで視界が悪い。壮絶そうぜつな風景です。

明治時代はパンツもなかったから、女工さん達の腰巻はらまきのすそは凍ってガラスの破片のようになり、女のモモは切れて血が流れ、ワラジをいくら取り替えてもたびは凍り、足は凍傷にふくれ、宿についてもすぐ火にあたることはできなかったそうです。凍死とうしする女工さんも、雪の谷底に落ちる女工さんだっていました。また、妊娠にんしんしている女工さんは寒さのあまりに流産りゅうざんしてしまったとか・・・

一応運び屋と呼ばれる男性(体が弱い女工さんをおぶったりする男性)やお助け茶屋などの休息所や宿屋も峠にあったのですが、それでも女工さん達には冬の峠越えは厳しい。ましてや外灯も舗装道路ほそうどうろもなかった時代だからなおさら大変でした。

政井みねという女工さんは「ああ飛騨が見える」と言って、兄におんぶをされたまま、この峠で亡くなったそうです・・・

いま野麦峠には、「冬の野麦峠を歩いた女工達の事を忘れないでおくれ」と現代の私達に語りかけるように、政井(まさい)みねの像が建っています。

我々現代人は故郷に帰るなんて、さほど難しいことではありません。交通も便利になりましたし。事故さえ気をつければ、命がけの帰郷ききょうなんて無いと思います。しかし、本当に命がけで故郷に帰るような時代があったのです・・・

Nomugi_Pass_Masai_Mine_and_Masai_Tatsujiro_statue

(この画像の出典はウィキペディアです)


http://blog.livedoor.jp/seimei1128-rekishi/archives/1520131.html
(次回の記事)


※ おまけ


野麦峠の動画をご紹介しょうかいします。今でこそ野麦峠はスキーの名所ではありますが、かつては女工さん達の悲劇の現場であった事をご理解いただければと思います。








DSC_0161
DSC_0162

(現在の諏訪湖すわこ

1 『あゝ野麦峠のむぎとうげ』が読みたくなって

 最近、『あゝ野麦峠』(山本茂美 著)を読ませてもらっています。先月に信州旅行に行っていた時に急にこの本が読みたくなりまして。

明治・大正というと華やかなイメージがありますが、その一方で犠牲になった人も大勢いたという事がこの『あゝ野麦峠』でもよくわかります。今日から3回にわたって諏訪湖の女工さんのお話をしたいと思います。

第一回は女工さん達の暮らしぶりや労働内容について。

2 必死に働いた女工達

 今はすたれてしまいましたが、明治・大正時代の日本の主要産業は紡績業ぼうせきぎょうと製糸業でした。とりわけ日本の生糸(蚕の糸)は海外でも非常に評価されました。まさに日本の近代化に大きく貢献こうけんしたのですが、その製糸工場ではたくさんの女工さんが働いていました。(なんと13才くらいの少女も!)

どんな仕事かというと、かいこから糸を取り出すという細かくて大変な仕事だったそうです。くわしくはこちらのサイトを。↓

http://www.okaya-museum.jp/material/index03.html


かまのなかは180度の熱湯で、室内温度は華氏かし80度(27度くらい。)を軽くえていたそうです。今みたいにクーラーもなかったところで働いていたのです。しかも周囲はさなぎの悪臭あくしゅうただよっていたそうです。

それで女工さんが具合が悪いから休ませてくれといえば、検番(現場監督かんとく)にビンタを食らうばかりで、休ませてくれません。無理がたたって,結核けっかくだとかいろいろと病気にかかってしまった女工達も少なくなかったそうです・・・

3 げ場のない女工さん達

 製糸工場は今風に言えばブラック会社そのものでした。今みたいに社会保障も労働三権もなかった時代だし、女工さん達には、婚活こんかつや起業、転職などの選択肢せんたくしがあるはずもありません。当時の女工さん達は口減らしのためだとか、貧しい実家の家計を助けるためだとか、諸事情があってやめるにやめられない状況じょうきょうだったのです・・・

女工さんの出身地は飛騨ひだが多かったのです。今でこそ飛騨(高山)と言えば観光地として名高く、国内のみならず外国人の観光客も来ます。

けれど、当時の飛騨はこれといった産業もない貧しいところでした。だから、女工さんが工場から持ち帰る給料を当てにしていました。

だから、女工さんが仮に飛騨までげ帰ったとしても「根性がない」と言われ、白い目で見られるのが関の山。また、口減くちべらしのためにむすめを工場へやった家族にとって、娘が突然帰ってくるのは非常に困るのです。

4 湖に身を投げた女工達

 工場で検番にどやされるのも地獄、逃げるのも地獄じごく。そんな追いめられた女工さん達は湖や川に身を投げたそうです。彼女達は着物のたもとに石をいくつも入れました。自分の死体がかび上がらないために。

「カラスの鳴かない日はあっても、女工が諏訪湖すわこに飛び込まない日がない」といわれるほど、自殺者が多かったのです・・・

時々、諏訪湖や川から女工さんの水死体が浮かび上がる事も、川沿いにある工場の水車に水死体が引っかかることもあったそうです。

その女工さんの水死体を火葬かそうするのですが、早く焼くために水死体をなんとに三人で竹やりで腹の辺りを何度もいて水気みずけをだして、それから火葬したそうです。死体をさらに竹やりで突くなんてムゴイ話です

http://blog.livedoor.jp/seimei1128-rekishi/archives/1519099.html
(次回の記事)

おまけ
女工さんのふるさと飛騨高山の動画を。








※ 参考文献

あゝ野麦峠―ある製糸工女哀史 (角川文庫)
あゝ野麦峠―ある製糸工女哀史 (角川文庫)
クチコミを見る


1 台湾の外交官・林金茎(りん きんけい)
 林金茎(りん きんけい)という台湾たいわん生まれの外交官(日本人相手の通訳)がおりまして、彼は蒋介石(しょうかいせき)に認められ、蒋介石、蒋経国(しょうけいこく)、李登輝(りとうき)と三人の総統に仕えた人物だそうです。

林は日本統治時代の台湾を知っている人物で、日本の統治を何もかも悪い時代だったと決め付ける事には賛同しかねると言ったそうです。


2 林が語る蒋介石(しょうかいせき)

 彼が始めに仕えた蒋介石の事は、こわい人のイメージがありましたが、意外と人に気をくばる一面もあったそうです。日本に留学していた経験から、日本語もかなり理解していました。だから、通訳への要求も高く、林の同僚どうりょうから「もし、まちがった通訳をしたら、その場でしかられるぞ」と忠告を受けたとか。

また蒋介石は日本人と会うときは本当にうれしそうで、欧米人おうべいじんのエライ人たちと話をする時とは表情がちがっていたとも語っています。蒋介石は、日本の保守系言論人が言うような、反日一辺倒ではなかったようです。

それどころか、蒋介石は本当は日本が好きだったようです。もちろん、日本の軍国主義者には敵対していましたが、「日本は私の故郷こきょうである」とまで言ったとか。






それから、林は「蒋介石を悪く言う人もいるが、良くも悪くも蒋介石総統そうとうの時代があったから、今日の台湾があった」とも語っています。

蒋介石は、二・二八事件に代表される恐怖政治きょうふせいじや映画の『宋家そうけの三姉妹』のイメージの通り、乱暴らんぼうでガラの悪い人物のイメージがあっただけに意外に思われました。


※ 二・二八事件 本省人(昔からの台湾人)と外省人(大陸からやってきた中国人。国民党)との大規模な争い。国民党による大虐殺事件。



https://www.youtube.com/watch?v=8VC23Zvg1ZM
(二・二八事件の動画)

宋家の三姉妹 [DVD]
マギー・チャン
ポニーキャニオン
2004-01-21





3 林が語る蒋経国(しょうけいこく)

 蒋介石の息子の蒋経国は、日本の時事問題にもくわしかったし、田中角栄が書いた『日本列島改造論』も読んだことがあったそうです。

人となりは仕事にはめっぽう厳しいコワいおに上司だったそうです。だが、その一方で、「その顔色はどうしたのですか、一刻も早く検査を受けなさい、今日は家に帰って休みなさい」と部下にやさしい言葉もかけたといわれています。

また、蒋経国は戒厳令かいげんれいを1987年にやめて、30数年にわたって続いた政党結成とメディアへの規制をやめました。党大会や国民向けの声明では蒋一族の世襲せしゅうの否定や、「私も台湾人である」と宣言したそうです。

もちろん、蒋経国が戒厳令をやめ、民主化への道をすすめたのは、台湾の民主運動家のはたらきがありました。


4 林が語る李登輝(りとうき)

 李登輝は植民地時代に、日本語の教育を受けていたから日本人と会うときもほとんど通訳は必要なかったそうです。林は李登輝の事を博識はくしきで、気さくな人だと評しています。

ただ、今の日本人(特に保守派)が李登輝を神様のように持ち上げている事に関しては、やや冷めた目で見ているようです。台湾たいわんは大変複雑な社会で、変化も激しい。だれか一人が台湾を代表するなんてありえない」と。



もちろん、李登輝は政治家でありながら文学者のにおいがする大人物であることはいうまでもありません。僕も李登輝と司馬遼太郎の対談本も読んだことがありますが、李登輝の見識や人間の器の大きさにおどろいたし、「ああ、こういう人が日本の政治家にいたらなあ」ってマジで思いました。李登輝が、単なる反中のイデオローグに治まるような小さい人物とは思えません。


また、林は台湾の民主化を推し進めた事や自分を駐日大使ちゅうにちたいし抜擢ばってきしてくれた事は心から感謝しているようです。


5 リーダーの才覚


 林金茎(りん きんけい)とこの『日中台 えざるきずな』の著者とのやりとり(インタビュー)をしているところの文章を読んでみて、この世には100%悪人もいなければ、その逆もいないということを改めて思いました。また、台湾の総統だった3人の個性が垣間かいま見れて面白かったです。




※ 参考文献および参考サイト
http://www.geocities.jp/pilgrim_reader/japan/taiwan_1.html


日・中・台 視えざる絆―中国首脳通訳のみた外交秘録
日・中・台 視えざる絆―中国首脳通訳のみた外交秘録
クチコミを見る


日帝時代、わが家は


韓国かんこくの女性英文学者である羅英均(ナ・ヨンギュン)氏の父親と叔母おばの(主に父親)生涯しょうがいをつづった本を読んだのは一週間前です。韓国が日本の植民地だった時代から朝鮮戦争ちょうせんせんそうまでの歴史を筆者の一家の視点を通してえがかれています。

筆者は、屈辱的くつじょくてきともいえる日韓併合にっかんへいごうの歴史は、今日の自分達の否定ひていできない一部分を形作っていると述べています。韓国の歴史を語る上で、日本の植民地時代は良い面も悪い面もふくめて欠かせないという事なのでしょうか。

この本で語られている筆者の父親はなんと14さいのときに無理やり結婚けっこんさせられて、その束縛そくばくからげるように日本に留学して、大杉栄(おおすぎさかえ)に出会い社会主義に目覚め、三・一運動にも参加しました。が、彼は教条的きょうじょうてきなマルキストにはなれなかったのです。それでも、韓国の現状をなげき、韓国の明るい未来を築くための情熱は後年まで変わらなかったそうです。

当時の韓国は日本の植民地であったが日本人の迫害はくがいのみならず、中国人の略奪りゃくだつや暴力、ロシア人の横暴おうぼうと無法地帯だったそうです。

僕は日本は韓国にひどいことをしたと習ったが、韓国の地をらしたのは日本人だけではなかったとは知らなかったようです。

筆者の父親は「わたしたち朝鮮人は不幸を経験するたびに他人をうらみ、状況じょうきょうのせいにしてきた。このことはほとんどわたしたちの悪いクセだ。朝鮮人ちょうせんじんが貧しくなったのは、日本人や中国人よりも朝鮮人自身にもっと大きな責任がある」と考えたそうです。

筆者の父親は反日主義者でありましたが、日本や日本人に対してむやみに非難するような人ではなかったそうです。そんな父親に育てられた筆者だからこそ、日本の統治時代を冷静に語ることが出来るのでしょう。例えば、彼女の担任だった日本人の先生は、民族差別を全くしない人もいれば、韓国人を偏見へんけんの目で見ている先生もいたと語る具合に。

日本人を侵略者しんりゃくしゃという目で相手をみないで、血の通った人間として見るべきだ、そして韓国人は日本を永遠の敵だと思うないでおくれと彼女は述べております。


このページのトップヘ