history日誌

活きる 特別版 [DVD]
コン・リー
ハピネット・ピクチャーズ
2003-11-27





1 チャン・イーモウの『きる』


 先週、中国映画の巨匠きょしょう、張 芸謀 (チャン・イーモウ)監督かんとくの映画『活きる』を観ました。ビデオ屋で半額セールをやっていたので、ビデオ屋で映画を借りてきたのです。

あらすじは見てのお楽しみですが、命の尊さと家族や仲間が助け合う事の大切さを見事にえがいた作品です。

映画に出演したコン・リーさんは本当に演技のうまい人だと思いました。夫を健気けなげに支えるつまを見事に演じています。

その夫というのが、大変な遊び人でバクチで家を破産させてしまいます。

が、夫は影絵かげえの才能があり、そのおかげで(収入はわずかながらも)なんとか妻と子供を養っています。貧しいながらも幸せな人生を送ってきた家族に次々と不幸がやってはきますが・・・

さて、この映画は40年代から60年代までの中国が描かれていて、中国の歴史を知らない人が見ても感動する映画です。

今日はこの映画と中国の歴史を、ちょっと長くなりますが、オーバーラップしてみます。


2 50年代の中国 大躍進運動だいやくしんうんどう


 1949年に共産党が国民党との戦争に勝ち、中華人民共和国ちゅうかじんみんきょうわこくを建国しました。貧しい労働者のための理想的な国としてスタートを切りました(はずであった)。

映画にも共同食堂(おそらく無料)で人々が、もくもくと食事をしているシーンが出てきます。貧乏びんぼうで食べるものに困っている人には、こういった施設しせつはありがたいかもしれません。その一方で地主などの金持ち階級がひどい弾圧だんあつを受けたそうです。

50年代の後半に中国政府は大躍進政策だいやくしんせいさくを行いました。

この映画では自転車やナベなどの鉄製品をあちこちから集めて、それらをかして製鉄をしているシーンが出てきます。まるで戦中の日本人のように、人々はる間も惜しんで鉄を作ったが、そんな苦労もむなしく出来たのは小さな鉄でした。

とても実用化できるような代物にはみえないのですが、市民達はとっても満足そうでした。そんな場面も映画に登場します。

3 60年代の中国 文化大革命ぶんかだいかくめい

 60年代に文化大革命が起きました。

このとき、小平(とうしょうへい)たちは共産主義国家の中国でも資本主義のよいところを取り入れようとしたが、毛沢東(もうたくとう)や4人組らは小平たちを走資派そうしは(資本主義者の手先)として糾弾きゅうだんしました。権威主義打倒けんいしゅぎだとうというのもこのころいわれていたことです。

子が親を学生が先生を糾弾されたり、影絵や京劇きょうげきといった中国の伝統芸能もこの時代に弾圧だんあつされました。

この映画にも、看護学校の女生徒たちが教授をリンチし、病院から追い出してしまい、看護学校の生徒が教授の代わりに医者をやっているというおかしな光景が出てきます。






オマケ 

この映画の主人公の特技である影絵の動画が見つかったのでご紹介します。



活きる
活きる
クチコミを見る

ラジオ中国語講座のテキストはいろいろな中国がらみのコラムがっています。去年のテキストには「中国人物論」というコラムが載っていました。書いているのは小説家の酒見賢一さん。

去年のテキストの「中国人物論」では『三国志』でおなじみの劉備(りゅうび)が取り上げられていました。

劉備といえば『三国志演義』をみても、ゲームの『三国志』でも劉備=人徳あふれる名君というイメージが前提になっています。

一方ライバルの曹操(そうそう)は冷酷れいこくな悪役というイメージでえがかれています。

だが、酒見さんは思うに劉備が一番悪いと述べられています。

「この人さえいなかったら後漢末動乱期はもっと平和に推移すいいしていたにちがいないと、ふと考えるときがある」とまでおっしゃっています。

なぜならば、「劉備は極楽ごくらくトンボというか、ビジョンがなく、その場しのぎが多い。自分の野望を華々はなばなしく演じた曹操、辛抱しんぼう強く着々と組織固めをした孫権(そんけん)とちがって、あまりに無計画すぎる」からだと。

ちなみに、ここに出てくる極楽トンボとはお笑いコンビの名前じゃないので、あしからずw

また、裏切り者で知られている呂布(りょふ)が捕虜ほりょになったとき、曹操は助けようとしたのに対し、劉備は殺せといいました。

そのとき呂布は「この大耳児だいじじめが、お前が一番信用ならん男だ」怒鳴どなったそうです。大耳児というあだ名は劉備の耳が異常に大きかった事に由来するそうです。

他にもいろいろと劉備の無能さをつらつらとこのコラムに書かれておりました。

劉備は僕の好きな武将の一人だっただけに酒見さんの話は意外に思えたし、「へえ、そういう見方もあるんだ」って僕も感心しました。



※ 参考文献
NHK中国語講座のテキスト



きのう「なんでも鑑定団かんていだん」見ていたら華嵒(かがん)なる人物の花鳥画かちょうがが出てきました。たしか、この人が書いた掛け軸かけじくを番組で鑑定をある高校の校長先生が依頼いらいをして、なんと1千万ほどの値打ちがあったそうです。僕も見たけれど確かにいい絵だなって思いました。


それで、華嵒の事をさっそくネットで調べました。しかし、「華嵒」の「嵒」という字がパソコンで変換へんかんできなくて・・それでも、何とか、彼のことが書かれているサイトを見つけることができました。

彼が活やくしたのは、一説によると康煕こうき21(1682)年-乾隆けんりゅう21(1756)年、まあ清の時代の画家ってことです。

彼は没骨法(もっこつほう)という画法を得意としたそうです。没骨法?なんじゃそりゃ?骨を使って絵をくのW?と僕ははじめは思いました。

ウィキペディアには、輪郭りんかくを描かず、初めから画面に形と色を同時にあらわすという技法だと書かれていました。と言われても絵のことにはトーシロな僕にはさっぱり意味がわかりませんw

華嵒は自分の書いた絵を売り歩いて生計を立てていたらしく、生涯しょうがい貧しい暮らしをしていたそうです。晩年は杭州(こうしゅう)にわたり、西湖(せいこ)のほとりでひっそりと暮らしたそうです。西湖を動画や写真で見たけれど、いいところです。

華嵒は、生活は楽じゃなくても、自由を求めた人生だったのかもしれません。


収録時間:172分
レンタル開始日:2002-08-23

Story
カンヌ映画祭でパルムドールを受賞し、日本でも大ヒットを記録した壮大なスケールの感動作がDVD化。2人の京劇俳優の50年に及ぶ愛憎劇を描く。レスリー・チャンの人気を不動のものとし、新進女優コン・リーをスターダ(詳細こちら


ネタバレは出来ないけれど、今日はこの映画で興味深いと思った事を書いてみます。


続きを読む

収録時間:155分
レンタル開始日:2006-01-14

Story
アドルフ・ヒトラーが地下で過ごした最期の12日間を、当時の個人秘書が綴った回顧録を元に描いた衝撃の問題作。ソ連軍の猛攻により日毎に悪化する戦況。そんな極限状態の中、地下要塞のヒトラーはある重大な“決断”(詳細こちら


1 ヒトラーはわかりやすい悪役?
 GYAOで「ヒトラー 〜最期の12日間〜」を見ました。GYAOはいいですねえ。無料で映画が見れるからw

この映画はヒトラーが戦争中に地下室で過ごした12日間をえがいた作品です。

この映画の評価は賛否両論さんぴりょうろん(※1)で、ホロコーストがちょっとしかれられていないという批判もあるようです。

ヒトラーは『天空の城ラピュタ』にでてくるムスカのようなわかりやすい悪役だと僕も初めは思っていました。ホロコーストもそうだけど、ヒトラーは日本と同盟を結びながら、日本と戦っている中国に武器を輸出したっていいますし。

2 どんな人にもいい面と悪い面がある
 だが、ヒトラーといえども人間である以上、ミスもするでしょう。悪人であることにはちがいないが、人間らしい情もあったのでは?となんとなく思えてきました。むしろ、彼も孤独こどくな人物だったということも何となくわかってきました。

たとえば、映画の冒頭ぼうとうで、ヒトラーが「心配ない、自分もミスをよくする」とやさしく女性秘書に語りかけるシーン。

ヒトラーのようにイヤなやつでも、良いところがあるのかな〜って思っちゃいました。ヒトラーも強がっているようだが、実は弱い面を持っていて、ソ連の猛攻もうこうによって戦況せんきょうが悪化するにつれて、あせり、なやみ、だんだん精神的にまいっていくさま。

ヒムラーなどの仲間達の裏切りにあうなど、ヒトラーがはだかの王様になっている様。

3 為政者いせいしゃ孤独こどく
そんな孤独なヒトラーの気持ちを理解できたのが愛人のエヴァ・ブラウンでした。エヴァ・ブラウンとヒトラーの関係は決して損得勘定そんとくかんじょう(※2)で付き合っているのではなく、本当に愛し合っていたそうです。もちろん、この映画にもエヴァ・ブラウンは登場します。

話はかわりますが、ヒトラーは幼少のころ父親から、ひどい暴行ぼうこうをうけたそうです。その後、美術学校の学生となりました。画家になろうとしたが挫折ざせつしました。そういった挫折や子どものころ〜青年時代の体験(※3)が、ユダヤ人虐殺ぎゃくさつなどのゆがんだ形になって現れてきたのかもしれません・・・

ヒトラーに限らず権力をにぎった人は、周りが見えなくなって人の言うことも聞けなくなり、孤独になってしまうのでしょうか?それから人を信じられなくなり、ますます悪いことばかりするようになるのでしょうか?


※1 賛成の意見と反対の意見の両方があること
※2  自分にとって損か得かで判断すること
※3  この映画にはヒトラーの子どものころから青春時代の話は一切でてきません。

このページのトップヘ