今日は川島芳子(かわしまよしこ)と彼女をめぐる男たちのお話。

今回のお話ははっきり言って長いです。「トイレの神様」よりも長いかもw?


1 川島浪速(かわしまなにわ) 
 芳子の養父ようふの川島浪速(かわしまなにわ)はおこりっぽい人で芳子を怒鳴どなったり、手を上げたりしていたそうです。芳子と性行為をしたというウワサもありますが、そこまでははっきりしません。いづれにせよ、芳子にとってはあまりよい養父とはいえません。

でも、後年になって浪速が70才になったときのおいわいパーティーが開かれるのですが、そのパーティーも芳子が中心になってとりおこないました。自分を育ててくれた人だという思いも芳子の中にあったのかもしれません。

ところで、川島浪速とはどんな人物なのでしょうか。彼は信濃国いまの長野県の生まれ。中国語を学び、日清戦争・義和団の乱に陸軍の通訳官として従軍したそうです。明治34年(1901年)清朝の依頼により北京に警務学堂を創設し、警察官の養成にあたったそうです。大正元年(1912年)辛亥しんがい革命により清朝が滅ぶと、粛親王しゅくしんのうの旅順脱出に協力しました。生涯にわたって満蒙つまり満州とモンゴルの独立を主張し続けた人物です。大きなロマンを持った人物ですね。芳子にやったことは問題あったけれど、男として生まれたからには何か大きなことをしたいものですね。

2 初恋はつこいの人 山家亨(やまがとおる)
 芳子の初恋の人である日本軍の山家亨(やまがとおる)との仲も長続きしなかったのです。山家亨は、信州の松本にあった川島家に度々出入りしていました。そうして芳子と仲良くなりました。若かりし頃の山家は初心うぶでためらい勝ちで、ほんとうに好青年って男でした。まるで、僕みたいwwwしかし、山家の上司から「軍人として生きるか、軍をやめて女を取るか、どっちにしろ!!」と言われてしまい、山家は信州松本から中国へ転勤してしまいます。

ところで、芳子は初恋の人の山家亨の話には続きがあります。芳子は中国で山家と再会します。山家の印象は芳子と初めてあったときと変わっていました。山家は「王嘉亨」(読み方わかりません。)と名乗り、軍の特務機関とくむきかんという、決して表に出ることのない世界の人間になってしまったのです。さらに中国の有名女優じょゆう達ともご乱交らんこう(※1)。

いわば、バンプの歌の世界に出てきそうな青年が、「ゴッドファーザー」の愛のテーマが似合いそうなおそろしい親父に変わってしまったのでしょう。月日はこうも人間を変えてしまうのか・・・

その後、山家亨は国家反逆罪こっかはんぎゃくざい機密きみつろうえい罪(※1)、麻薬まやくに手をだしたなどの容疑ようぎでタイホされてしまいます。戦後になって山家は出版の仕事を始めたのですが、二百万円の不渡ふわたり手形(※2)を出し、警察けいさつわれ、昭和25年に自殺したといわれています・・・悲しい話です・・・

ちなみに、絶世ぜっせいの美人の李香蘭(りこうらん ※4)満洲映画協会まんしゅうえいがきょうかい(※5)に入れたのも山家亨の働きかけがあったようです。李香蘭こと山口淑子(やまぐちよしこ)さんは、山家のことをお世話になったとほめていました。


3 芳子が髪を切る

 それから川島芳子は自分のかみを切ったそうです。髪を切るなんて男の人にとっては、どうって事がないかもしれませんが、女の人にとって大変な事なのです。しかも、単に短くしたのではなく、坊主頭にしてしまったのです。

美容室で髪を切ってもらうのとワケがちがいますね。僕だっていきなり自分のカノジョが髪を切ったらビックリします。一体カノジョに何があったのかと思ってしまいます。

芳子が髪を切った理由は、山家亨との失恋しつれんだとか、養父川島浪速のDVだとか、清朝復興のためだとか、いろいろ説があるが、はっきりした理由はわかりませんが、このころから芳子は髪を短くし、男性のような衣装をするようになります。どんな理由かわかりませんが、女を捨てる覚悟を芳子は・・・でも、芳子は完全に女を捨てきれなかったのですね。実際芳子は結婚もするし、ほかにもいろいろな男性との関係を結びます。芳子の男性遍歴はまた次回にお話しします。


4 カンジュルジャップ

 川島芳子(かわしまよしこ)はカンジュルジャップという男性と結婚けっこんしました。カンジュルジャップとは蒙古もうこ(モンゴルのこと)の将軍バプチャップの次男で、芳子とカンジュルジャップは幼馴染おさなじみだったのです。芳子はジャップについては特に恋愛感情れんあいかんじょうはなかった様ですね。かといってきらいでもなかったようです。芳子とカンジュルジャップの結婚生活も数年は続きました。けれど芳子は不満ふまんいだいておりました。

芳子自身の言によれば「およめさんになって2年半(中略)、おとなしい、あきらめた、つらいおよめさんになって台所してゐました」とのこと。芳子(満州族)とカンジュルジャップ(モンゴル族)の文化のちがいもあったし、カンジュルジャップの家族ともうまくいかなかったようです。

カンジュルジャップ本人は、やさしい夫で芳子の事を気にかけていたそうです。「へえ〜いいダンナさんじゃないか」と僕は思うのですが、それが芳子にとっては物足りなかったのかもしれません。何しろ、芳子はバービーボーイズの歌じゃないけれど、やさいしい男だけは物足りないという人です。家庭におさまるタイプじゃなかったのでしょう。

芳子の結婚生活けっこんせいかつはおよそ3年ほどで終わってしまいました。とはいっても、芳子とカンジュルジャップは離婚りこんしてからも関係は続き、カンジュルジャップが17さいの女性と再婚さいこんした時、芳子が結婚式場けっこんしきじょうに現れ、おいわいをしたそうです。

川岛芳子与甘珠尔扎布结婚典礼

(川島芳子とカンジュルジャップの写真。ウィキペディアより。右の男性がカンジュルジャップ。おとなしそうだけど、よさそうな人ですね。) 







※1 男女が集まって、それぞれ不特定の異性といやらしいことをすること。
※2 秘密にしていたことをもらすこと。人にしゃべること。
※3 小切手 こぎってや 手形 の 支払いをことわられること。 支払しはらい人である 銀行から支払いをことわられた小切手を, 不渡ふわたり小切手という。
※4 戦前に活躍した女優でもあり歌手。本名は山口淑子さん。戦後はタレントや政治家になる。

※5 かつての満州国にあった映画会社。日本にとって有利な政策を行うために政府の援助えんじょによってつくられた半官半民はんかんはんみんの映画会社。日本ってこんなにいい国なんだぜとアピールするような映画がたくさん作られた。




男運のない川島芳子 中篇


※ 参考文献
李香蘭 私の半生
山口 淑子
新潮社
1987-07