※ この記事はウィキペディアを参考にして、2014年4月13日にかいたものを加筆修正をしました 


1 私に一分間時間を下さい
 ことしで紅白70回目をむかえるのですね。歴史のある番組です。戦後間もないころに始まった番組が今でも放送されているというのがすごいです。ちなみに第一回紅白歌合戦の出場者はほぼ鬼籍にはいり、いまでもご存命なのは菅原つづ子さん(令和元年12月31日現在)お一人になってしまいました。

紅白は生放送なだけにいろいろなハプニングがありました。紅白のハプニングで特に語り草になっているのは、おそらく「私に一分間ください」ではないかと。

第35回(昭和59年)の紅白は、都はるみ(※1)さんの引退劇でした。

都はるみさんは結婚けっこんで芸能活動をやめてしまう都はるみさんの最後の花道です。都はるみさんは大トリで「夫婦坂」めおとざかを歌いきりました。「夫婦坂」を歌い終わったとたんに都はるみさんは、泣き出してしまいました。



すると、NHKホールの観客席から「アンコール」が。会場のNHKホールはものすごい興奮に包まれています。すかさず当時の白組司会者だった鈴木健二アナウンサー(※2)が、「私に一分間だけ時間をください!」といって、都はるみさんにアンコールを頼んだのです。



※1 日本の歌謡界かようかいを代表する歌手の一人で昭和のころには、たくさんのヒット曲を出した。主なヒット曲は「北の宿から」「好きになった人」「大阪しぐれ」など


※2 元NHKの看板アナウンサー。「クイズ面白ゼミナール」「歴史への招待」という番組の司会をやっていた。気配りのうまさと、バツグンの記憶力きおくりょくの持ち主だった。彼が書いた「気くばりのすすめ」はベストセラーになった。紅白の司会も昭和58年から60年まで3度つとめた


都 はるみ ベスト・コレクション
都 はるみ
コロムビアミュージックエンタテインメント
2010-01-01








2 ものすごい熱気
 僕も紅白をいくつも見ましたが、会場からあれほど熱気が感じられたのは他にありません。最近の紅白でAKB48や嵐が歌うときの会場の熱気もすごいけれど、やはり昭和59年の紅白の熱気はスゴイと思いました。

ちなみに、鈴木さんの「私に一分間時間をください」は全く台本に書いてない、まったくのアドリブだそうです。

鈴木さんが都はるみさんにアンコールをするように説得をはじめたのですが、鈴木さんが説得をしている最中に都はるみさんの名曲「好きになった人」の演奏が流れました。

はるみさんは泣くばかりでまともに歌うことができません。紅白両軍のメンバーがはるみさんを囲んで「好きになった人」を歌っていました。




3 ミソラ・・・ミヤコさんに

 「好きになった人」の演奏が終わると、紅白の総合司会をつとめた生方恵一(※3)さんという元NHKアナウンサーが登場します。

そして、生方さんが「もっともっと、たくさんの拍手はくしゅを、ミソラ…、ミヤコさんに、お送りしたいところです 」と言ってしまったのです。生方さんはキャリア豊富なアナウンサーだったのですが、そういう人でも「都」を「ミソラ」と間違まちがえるからおそろしい。

紅白は生放送。事前にちゃんと準備をしても、本番何が起こるかわかりません。しかも、紅白には魔物がいるといわれています。これまで多くの司会者や歌手たちが紅白の魔物まものになやまされてきたのです。

なお、その時の話はこちらのサイトに、その当時の話がよくまとまっております。

http://www.news-postseven.com/archives/20131229_233702.html







あとは当時の白組の司会者だった鈴木健二さんのご著作にも、1984年の紅白の裏話が書かれております。私も図書館で借りて読ませていただきましたが、あの紅白の舞台裏で司会の鈴木さんをはじめ当時のスタッフたちは、都はるみさんの引退劇を盛り上げるために、ここまで気を配っていたのかと驚かされました。

また、この本を読んで驚いたのが、鈴木さんが「自分のやったことはNHKの先輩たちが築きあげたもの。それは後進のためにお返ししなければいけない」みたいなことがこの本に書かれていたのです。鈴木さんといえば、紅白だけでなく「面白ゼミナール」という番組でもバツグンの記憶力と司会ぶりを見せていた方。普通だったら「俺はすげーぜ」などと言いたくなるのが人情ですが、鈴木さんはそうじゃない。

それどころか、今の自分があるのは自分の実力というよりもNHKが積み重ねたノウハウがあったからであって、NHKを離れれば自分は普通の人だと主張するのですから。





※3 NHKの元アナウンサー。紅白の総合司会は3度つとめた。第35回紅白の翌年の昭和60年に生方さんはNHKを退職し、都はるみさんは平成に入ってから歌手に復帰。生方さんは「はるみちゃん、もどってきたんだ」とよろこんだそうです。

※ オマケ 
ことしもお世話になりました。らいねんもよいお年を。きょうはことしの干支、イノシシの動画をみてお別れしましょう。東京の土手でもイノシシがみられるようになったのですね・・・開発がすすんで、住処を追われたイノシシが東京にもやってきたのですね・・・・来年は東京オリンピックでめでたいのですが、環境問題について考えさせられます。