僕が考える日本軍失敗の最大の理由は「敵を知らず己を知らず」だと思います。これは『孫子』にでてくる有名なフレーズであります。

そもそも日本とアメリカの国力の差が開きすぎていたのです。昭和15年ころの日本の粗鋼生産量は六百八十五万トンです。かたや、アメリカの生産量六千七百四十五万トンに比べるとはるかにおよびません。日本の原油の生産量は30万トンですが、アメリカの生産量はなんと一億八千二百万トンですから、お話にならないのです。

つまりアメリカの国力と日本の国力は違いすぎたのです。もちろん、当時の政府が日本とアメリカの国力の差を理解していないわけではなかったのですが、その知り方があまりに表面的で、その背後にある、たとえば鉄鋼生産量の差、いずれ飛行機や軍艦等の生産量の差にもなってくる、そのことに気づかなかったのです。

さらに重要なことは、当時の日本はアメリカにほとんどの物資を輸入していたのです。原油だけでなく、軍艦や飛行機や自動車をつくるための工作機械も。

またアメリカからの輸入代金は、生糸や雑貨をアメリカをはじめ中国、東南アジアに輸出して稼いだ資金でした。日本はアメリカなしに、一日も生きていはいけない経済構造に組み込まれていたのです。

日本の強硬派は、アメリカに勝つのは難しくても、個々の戦闘に勝ち続ければ、いずれ同盟国のドイツがイギリスやソ連をやっつけてくれる、そうすればアメリカは戦争を続ける気力を失うから、有利な条件で講和を結べると考えていたようです。また、アメリカから石油が輸入できなくても、インドネシアやボルネオの石油を確保することができれば、アメリカと戦うことができると考えていたようです。

しかし、そうした強硬派が見落としていたのは、南方を占領して石油を抑えても、日本に持ってこなければ石油を使うこともできないし、石油だけでは今ある飛行機や舟を動かすことができても、新しく作ったり、国民生活に必要な物資を供給することもできません。

また、マキャベリの「君主論」に「他人の援助は美食にひそむ毒のごとし」と言ったように、日本はドイツの力をあてにしすぎました。ヒトラーが日本に対して全面的に信頼しているわけでもありません。しかも、日本とドイツは距離的に離れすぎております。

アメリカは民主主義で女性上位の国だから、がつんとやればすぐに戦争をやめると思っていた人間がいたようですが、真珠湾攻撃で愛国心がさめるどころか、アメリカ人の愛国心に火をつけてしまったのです。そのことを当時の日本軍のお偉いさん方は見誤ってしまったのですね・・・・・

ちなみに、日本陸軍の敵はアメリカではなく、ソ連でした。ところが、真珠湾攻撃以降、急にアメリカと戦う方針に代わってしまったため、陸軍も戸惑ってしまったことでしょう。アメリカのことをよく知らないまま戦いを始めてしまったのですね・・・・

もっともアメリカ側も開戦前は日本のことをほとんど知らず、過小評価しておりました。ところが戦争がはじまると大量の語学(日本語)将校を養成し、捕虜や日本兵の日記などから日本軍の研究を徹底的におこないました。





※ 参考文献