今日は、1896年におきた明治三陸地震のお話です。

1896年といえば、宮沢賢治が生まれた年です。

宮沢賢治が生まれた年に東北で地震が起きていたのですね。


1896年6月15日の午後7時32分、三陸海岸から約200キロの改定でマグニチュード8・2〜8・5の巨大地震が発生しました。マグニチュードの割には、各地の震度は2〜4程度の揺れだったといいます。

しかし、恐ろしいのは地震の揺れそのものではなく、大津波が発生したことでした。

地震が起きて約30分後に大津波が東北沿岸部に押し寄せてきたのです。

岩手県の下閉伊郡田老村(現・山田町船越)では10・5メートル、気仙郡吉浜町(現・大船渡市三陸町吉浜)では22・4メートルの津波が押し寄せたというのです。22・4メートルと言ったらビル七階くらいの高さです。オドロキですね。

津波の犠牲者は溺死だけでなく、漂流物と激突してなくなったケースも多いそうです・・・


震度が大きくないにも関わらず、これほどの巨大な津波が発生したとは信じられないことですが、現実にこうしたケースもあったのです。震度が小さな地震といえども津波が発生することがあるのですね。


※ おまけ

盛岡のおまつり、さんさ踊りの動画です。宮澤賢治は学生時代、盛岡にいたそうです。宮澤賢治もさんさ踊りをみたことがあるのでしょうか?


※ 参考文献


大地震の日本史 (DIA COLLECTION)
大地震の日本史 (DIA COLLECTION) [ムック]