今日の話は震災とは関係ないかもしれませんが、福島のグルメにまつわるお話をします。喜多方といえばラーメンが有名です。僕も喜多方ラーメンが大好きです。というか、喜多方に訪れてから喜多方ラーメンが好きになりました。


60c8ca18be04ec1ecf07.JPG




いま喜多方にはたくさんのラーメン屋がありますが、その元祖のお店が「現来軒」。藩欽星が創業しました。中国の浙江省のうまれの藩氏は、若くして両親に先立たれ、1925年(大正14年)、19歳の時に来日しました。長崎と横浜で土木作業員として働いたのち、現在の喜多方市熱塩加納町にあった加納鉱山で働いていた叔父を訪ねて、苦労の末喜多方で叔父と巡り合ったようです。

藩氏はここで祖国の食べ物であるラーメンを打ち、屋台で売り歩くことになります。2年間ほどチャルメラを吹き、屋台を引いて生計を立てた後、1926年(昭和元年)に店舗を構えました。この藩氏がつくったラーメンこそ喜多方ラーメンのはじまりです。

藩氏のラーメンは評判を呼びましたが、中でも出前は注文が絶えないほどでした。というのも、かん水を少量しかつかわず、力をこめて手打ちをする藩氏のつくるラーメンは出前をしてのびても、切れることがなかったのです。さらには出前のラーメンが残っても、その翌日には麺がワンタンのようにふくらみ味がしみこんでうまいという声も聴かれるように。

遠くても出前をとってくれるお客さんや、煮込み料理で二度楽しみたい人の思いにこたえるには、細麺よりも切れにくく、味をたっぷり吸うことで時間がたってもうまい太麺のほうがよいと藩氏はおもったのかもしれません。

当時の日本は中国人の差別がひどかったので、藩氏も相当苦労もしたと思いますが、それでも、日本人においしいラーメンを食べさせてあげたいという真心が、ラーメンが地域に溶け込み時代をこえ、人々に愛されるようになったのですね。

dc0164529d07e57c8f81.JPG


3a715320a5ed8f7fa203.JPG


031d62d2aba2ace3b393.JPG


※ 参考文献