今日は7月7日。七夕の日です。たなぼたじゃないですよww彦星と織姫が年に一回会う日です。年に一回会えない分、彦星と織姫はLINEとかで連絡とりあっているのかなw?そんなことはさておき、宮城県の仙台でも七夕まつりが行われます。七夕祭りといいましても7月7日にやるのではなく、仙台の七夕祭りは毎年8月の上旬に三日にわたって行われます。その様子はこちらの動画を。



きれいですねえ。僕も東京杉並区にある阿佐ヶ谷で毎年8月上旬に行われる七夕まつりに何度も言ったことがあるのですが、ぜひ仙台の七夕祭りもいってみたいですね。

さて、七夕まつりというのは平安の昔、宮中の清涼殿で行われていた貴族の遊びの一つでした。それが江戸時代になって民衆にも普及し、女の子は技芸の上達を、男の子は字がうまくなることを願ったといいます。

仙台で七夕祭りが始まったのは伊達政宗の時代です。政宗が七夕について歌を詠んでいるのです。それがこちらの二首。


「まれにあふ こよひはいかに七夕の そらさへはるる あまの川かせ」

「七夕は としに一たひ あふときく さりてかへらぬ 人のゆくすえ」


政宗ってなんとなく合理主義的なイメージが僕にはあったのですが、結構ロマンティストだったのですね。

また、政宗が歌に詠むくらいですから、このころからすでに七夕祭りも盛大に行われていたのですね。

政宗亡き後も仙台では七夕まつりは続けられました。しかし、明治維新後、全国的に七夕行事が衰退していき、仙台も大正末期ごろには往時の華やかさはなくなったといいます。1927年(昭和二年)には、商家の有志たちが華やかな七夕祭りを復活させたものの、戦争がはじまり戦況が悪化すると、七夕飾りは町から消えていきました・・・・

そして終戦の翌年、1946年(昭和21年)。仙台空襲で焼けた一番町通りに、52本の七夕飾りが飾られました。仙台の人々は涙がでるほど喜んだといいます。まさに仙台の七夕まつりは終戦後の復興のシンボルだったのですね。そして2011年の震災で仙台七夕まつりは中止にしようかという意見もあったようですが、「震災の年に七夕まつりをやらなかったら、復興は今より遅れていたんじゃないかな」という声に仙台の人たちも同調し、この年も例年通りに七夕まつりが行われました。 

避難所暮らしを余儀なくされたある女性は「犠牲者の中には毎年楽しみにしていた人もいる。供養のためにも祭りができてよかった」と語られたそうです。




※ 参考文献および参考サイト




http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0601C_W1A800C1CR0000/