1 子供を敵方に預けた幸村
去年(2016年)は大河ドラマ「真田丸」が好評だったようですね。あいにく僕は一回も「真田丸」をみたことがないのですがw、このドラマの主人公が半沢直樹じゃなかったw真田幸村だってことくらいは知っておりますwさて、真田幸村は伊達政宗と戦ったといいます。大阪夏の陣でも両者は激しいバトルをしたといいます。大阪夏の陣とは徳川家VS豊臣家のバトルで、両家の存亡をかけた戦いでした。政宗は徳川方に、幸村は豊臣方についておりました。

しかし、男同士の争いで泣く思いをするのはいつの時代も女と子供。大阪夏の陣の決戦前夜、真田幸村も自分の娘の阿梅おうめを伊達政宗の家臣である片倉小十郎の陣所に送っていました。かわいい愛娘の保護を片倉にお願いしたのですね。実はこのとき、幸村は阿梅のほかに、阿菖蒲おしょうぶ、おかね、そして当時4歳だった大八らも保護されました。子供たちの保護を頼むとはいっても戦の真っ最中、これは事実上の投降にちかく幸村の子供たちを生かすか殺すかは相手側の片倉小十郎というか伊達家にかかっておりました。保護をお願いしても、なにせ相手は敵。下手すりゃ子供たちは殺されるリスクがある、いやそのリスクが高いのです。

そんなリスクを冒してまでなぜ幸村は敵将である片倉に自分の子供たちを預けたのでしょう?

こればかりは本人に聞いてみないとわかりませんw

いろいろな理由が考えられますが、幸村と片倉が同郷だったことも無視できないと思います。実は片倉家はもともと信州諏訪の出身で、幸村と同じ信州人なのですね。また伊達政宗も真田幸村ももともとは豊臣秀吉につかえていたので、伊達と真田がお互いに旧知の間柄であったことも理由として考えられます。豊臣と徳川が戦わなければ、案外幸村と政宗はよい友達になれたのかもしれない・・・・


2 幕府の目をあざむき幸村の子供を守った

 大阪の陣後、伊達家は真田の子供たちを片倉の居城・白石城にて保護し、養育をしたといいます。その後、阿海は片倉小十郎の後室に、阿菖蒲は伊達家の家臣・田村定広の妻になっております。おかねはその後どうなったかはわかりませんが、男の子である大八ともに大切に育てられました。この大八という子供も大切にした伊達家は太っ腹だなと思いました。なぜなら幸村といえば大阪の夏の陣で奮戦し徳川を苦しめました。その幸村の子供ましてや男の子が生きていたとなると大変です。男の子はやがて家督を継ぎます。家督をついだ男子は殺された父の敵をうつために徳川に歯向かうことだって考えられます。もし大八が生きていたと知れば、徳川家は黙っていないでしょう。下手すりゃ殺されてしまいます。

伊達政宗の後を継いだ伊達忠宗の時代。大八は真田守信と名をかえ、伊達家(仙台藩)に300石で召し出されるようになりました。守信の出自を怪しみ、幕府は守信の家系調査を仙台藩に命じましたが、仙台藩は幕府の詮議に対してニセの家系図を渡したといいます。真田広之さんじゃなかったw真田政信という架空の人物をつくり、守信がその子供であるとしたうえ、真田姓を片倉姓にして幕府の面目を立てたといいます。

その後、守重は1657年(明暦3年)に江戸留守居役に任じられるも、当時の幕閣・松平信綱たちが守重の出自を怪しんでいたため、仙台藩の人たちは守重の役を辞めさせます。守重は1670年(寛文10年)に59歳で死去。守重の亡骸は白石市の当信寺に葬られ、墓碑には六文銭ではなく、一文銭が刻まれておりました。六文銭といえば、歌のグループ名ではありませんw真田家の家紋です。それくらい伊達家は、守重の出自が怪しまれないように気をつかったのですね。ちなみに、この当信寺には幸村の娘である阿梅も葬られております。

3 真田家のその後
 守重の死後、守重の子孫たちは片倉と名乗りながら伊達家を幕末まで支え続けまし。そして、守信より8代後、幕末期の子孫真田幸歓ゆきよしにおいて真田姓に戻ることができたのです。仙台真田家として現在も続いています。

それにしても伊達家はよく真田家の人を守ったと思います。先にも述べましたが、徳川家にとって真田家は不倶戴天の敵。当然生かしておくわけにはいかない存在です。その子孫が伊達家に仕えているとなれば、当然幕府は許さないだろうし、家康の時代であれば伊達政宗を討つために東北に軍隊を派遣することだって十分考えられるわけです。そんなリスクをおかしてまで、政宗は幸村との男の約束を守り、子孫の代になってもそれを守り続け、幕末まで真田家が存続できたのだからすごいと思います。

※ おまけ

信州といって思い出したのですが、信州でも大きな地震がありました。2011年3月12日。長野県の栄村も震災にあい被害がありました。この震災も東日本大震災に誘発されて起きた震災だといわれております。3・11ばかりがクローズアップされ信州のこの地震のことはつい忘れがちになります。しかし、震度6強の大きな地震でこの震災でも死者や負傷した方もいらっしゃるし、一時約1700名余の方々が避難されたといいます。この地震も風化させてはいけないなと思いました。



※ 参考文献