1 「香港」を歌唱中に泣いたテレサ
   テレサ・テンさんの歌で「香港」という歌があります。1989年につくられた曲で、エキゾチックな曲調の歌です。個人的な話になりますが、この「香港」は、テレサ・テンさんの歌のなかで僕が一番好きな歌で時々カラオケで歌います。でも、カラオケでこの歌をDAMの精密採点で採点してもらっても毎回60点台と低い点数なんですwちゃんと音程通りに歌ったつもりなんだけどw、「つもり」ではダメなんですねw(「時の流れに身をまかせ」を歌ったほうが点数が高く、80点台をだせるのに) 1989年といえば中国に香港が返還されることが決まった年です(実際に返還されたのが1997年)。

その香港返還を記念して作られた曲らしいのです。この年に放映された日本の歌謡番組にテレサさんは香港からの中継でご出演されました。1989年当時のテレサさんは香港を拠点にしておりました。そして、「香港」を歌ったのですが、歌っている最中に泣き出してしまうのです。彼女はなぜ泣いたのでしょう? それは本人に聞いてみないとわかりません。けれど、彼女が泣いたのは1989年6月4日におきた天安門事件と何らかの関係がありそうです。

2 天安門事件
 
  この事件は胡耀邦こようほう総書記の死をきっかけに、北京の天安門広場にあつまった数万の学生たちが「独裁打倒、官僚主義反対」をさけびました。すると、共産党は、こうした事態が全国に広がることを恐れて、「動乱」として徹底的に弾圧することを決めました。人民解放軍は民主化を要求する学生や市民たちに発砲をしたのです。人民を守るはずの人民解放軍が罪のない市民に銃口を向けたのです。

当時中学生だった僕もこの事件はショックでしたね。 そもそも、学生や市民たちは一昔前の学生運動みたいに火炎ビンをもって暴れたりしませんでした。むしろ穏健なデモでした。それにもかかわらず人民解放軍の装甲車が市民をひき殺したことで、大きな動乱になったのです。テレサさんは天安門事件のことで、ひどく心を痛めておりました。テレサさんは中国の民主化をかねてから願っておりました。しかし、香港が中国に返還されたとしても、香港で政府による弾圧が起こるかもわからない。果たして香港返還は、香港で暮らしている人々にとって果たして幸せなことなのか?そんなことがテレサさんの脳裏に浮かんだのかもしれない・・・

3 私の家は山の向こう
 
 天安門事件がおこる一週間前の5月27日。香港のハッピーヴァレー競馬場で中国の民主化を支援するコンサートが開かれました。ジャッキー・チェンも出演するなど豪華な顔ぶれでした。そのコンサートには30万人もの市民がつめかけました。そこにテレサさんも出演されました。テレサさんは「民主万歳」と書いたハチマキをしめ、表には「反対軍管」、裏には「我愛民主」と書かれたゼッケンを身に着けておりました。軍事独裁を許さない、私は民主主義を愛するというテレサさんの強い意志が伝わります。

テレサさんはマジで中国の民主化を願っていたのですね。実際、テレサさんは「歌で中国人の心をひとつにしたいんです」と親しい知人に語られていたそうですから。 僕はテレサさんというと穏やかなイメージしかなかったのですが、ここまで強い人で政治色の強い方だったとは思いませんでした。今の日本に、ここまで政治的なメッセージをいう人はいないでしょう。いたとしても、そんな人が出たら、たちまち、その歌手のツイッターやブログは炎上し、下手すりゃ右翼団体に目をつけられますからね。


そしてテレサさんが歌ったのが「私の家は山の向こう」でした。「松花江上」という歌をもとに、大陸から台湾に逃げてきた兵士たちが1960年代に歌詞をかえて歌った歌でした。 その後、テレサさんは香港を去り、フランスのパリに移住をします。まさに「香港」の歌詞のとおり、銀色の翼にのって異国に旅立ったのですね。

4 恋人との出会いそしてテレサの死
 
  そしてフランスに移り住んだテレサさんですが、そこで、フランス人男性出会います。彼とは亡くなるまで交際を続けたといいます。もちろん二人は価値観や生活習慣の違いからしばしばケンカもしたそうです。が、ケンカするほど仲が良いという事か、二人の関係はテレサさんがなくなるまで続きました。

まもなくテレサさんはタイのチェンマイで生活するようになります。1993年には「あなたと共に生きてゆく」をリリースします。この歌の作詞はZARDの坂井泉水さん、作曲は織田哲郎さんという豪華なメンバーです。ヒットしませんでしたが、とてもいい歌です。この曲はテレサさんのオリジナル楽曲としては生前最後のシングルとなりました。


そして、テレサさんも次第に体調をくずし、この歌をリリースした2年後の1995年5月8日にテレサ・テンんさんはなくなります。テレサさんの死は多くの人に衝撃を与えました。テレサさんの死は世界中で報じられ、一時はテレサさんの歌声を禁じた中国のマスコミでも大きく取り上げられ、北京大学でもテレサさんを追悼する看板が立てられたそうです。 台湾でも日本でいう国民栄誉賞のような賞が与えられました。芸能人でこの賞を授与されたのはテレサさんがはじめてだそうです。


テレサさんは、台湾、日本、香港、フランス、アメリカ、タイと世界のあちこちを飛び回りましたが、インタビューではいつも「わたしはチャイニーズです。世界のどこにいても、どこで生活しても私はチャイニーズです」と答えていたそうです。波乱に満ちた人生でしたが、彼女が残した歌は今も多くの人々に親しまれております。


※ 参考文献
これならわかる台湾の歴史Q&A
三橋 広夫
大月書店
2012-05-01