今日は、石川さゆりさんの『天城越え』をご紹介します。カラオケの定番曲の一つで、年配の方から若い人にまで人気のある曲です。紅白でも何回も歌われております。あのイチロー選手もこの曲が好きみたいで、自分がバッターボックスに入ったとき、この曲を流すそうです。それでイチロー選手と石川さゆりさんは交流があって、石川さんも度々渡米し、イチロー選手を応援しているそうです。

『天城越え』の舞台は、静岡県は伊豆半島の中央、修善寺しゅぜんじです。修善寺は川端康成の小説『伊豆の踊子』の舞台にもなりました。天城隧道あまぎずいどう(※1)、寒天橋かんてんばし(※2)や浄蓮の滝じょうれんのたきと天城の名所が出てきます。

浄蓮の滝には、まつわる怖い話があります。女に化けたジョロウグモが男をたぶらかし、滝つぼに引きずり込むという怖いお話です。。僕も浄蓮の滝に実際におとずれてから、この伝説をはじめて知りました。

伝説の内容は、次の通りです。


昔、このあたりにおじいちゃんが住んでいたが、浄蓮の滝の上のほうにある畑で畑仕事をしていた。畑仕事でつかれたのか、手に持っていたクワを置いて一休みしていた。するとおじいちゃんの足に美しい女郎グモが糸をからませていた。おじいちゃんは「ワシの足を木と間違えたのだな」と思い、近くにあるクワの木の株にジョロウグモをそっと置いてやった(おじいちゃんの足にからまった糸も切らないように)。

しばらくすると、さっきジョロウグモを置いたクワの木の株が、めりめりと音をたてて引きぬかれ、そのままおそろしい力で浄蓮の滝の方へ落ちていった。おじいちゃんはびっくりしてげ出した。

「浄蓮の滝の主は美しいジョロウグモだ。女郎グモに糸をまきつけられたら、それこそたいへん。そのまま滝つぼにのみこまれてしまうぞよ!」というウワサは広まり、浄蓮の滝に近寄ちかよる人はいなくなってしまった。

それから、何年かたって、ヨソの国から木こりがやってきた。その木こりが浄蓮の滝の上のほうで木を切っていたら、あやまって手に持っていたおのを滝つぼに落としてしまった。すると、滝つぼから美しい女性が現れた。手には木こりが落とした斧を持っている。そして、このように語った。「あなたの斧をかえしてあげますよ。そのかわりに、ここで私の姿を見たことを、だれにも話してはなりません。もしも約束をやぶったら、そのときは、あなたの生命はもらいます」

そして、木こりは女性から斧を返してもらった。木こりは「これは何かあるぞ」と思い、里の人から話を聞いてみた。すると、里の人たちは「その女は浄蓮の滝の主だ。約束を破ったらおそろしい目にあうぞ」と木こりに語った。木こりはおそろしくなって、女の姿を見た話をだれにも話さなかった。

しかし、「言ってはならぬ」といわれると、話したくなるのが人情というもの。木こりは、里の居酒屋いざかやに入り、木こり仲間たちに、酒にった勢いで浄蓮の滝の女の話をしてしまった。そして、木こりはベロンベロンになりそのまま眠りについてしまった。それから木こりは目をますことのないまま、木こりは永遠のねむりについてしまった。



この伝説は作り話ですが、元になった話はあると思います。この浄蓮の滝あたりで山崩やまくずれが頻繁ひんぱんに起こっていたようです。その山崩れで浄蓮寺じょうれんじというお寺もこわれてしまったようです。山崩れで亡くなった人もいたのかもしれませんし、足をすべらせてがけや滝つぼに落ちて死んでしまった木こりや通行人もいたかもしれません。僕も実際に浄蓮の滝の周辺を歩いたのですが、足場があまりよくないのですね。ましてや昔は今みたいに道路も補修されていませんし、外灯もなければ、レスキュー隊なんていない時代でしたからね。そうして、亡くなった人が多いので、女に化けたジョロウグモが滝つぼに引きずり込むという伝説が生まれたのかもしれません。


「天城越え」といえば、松本清張の同名小説も有名です。この小説は映画化され、田中裕子さんが遊女役を実に色っぽく演じられました。どういう内容かというと、天城峠で男が変死をしてしまいます。それで、その男と関係があった遊女が疑われてしまうのです。そして、その遊女に一人の少年が恋をします。その少年は心に傷をおっておりました。少年の母親が男と不倫をしていたのを目撃し、少年は家を飛び出したのです。そこで、天城峠で遊女と出会ったのです。心優しい遊女に少年は、自分の理想の母親像をオーバーラップさせたのかもしれません。おっと、これ以上お話しするとネタバレになりますので、このくらいにしておきます。

天城越え [DVD]
渡瀬恒彦
松竹
2005-10-29


※1 旧天城トンネルのあたり
※2 寒天橋とは、伊豆の海で採れた海藻・天草(テングサ)を、寒天の製造地・信州へ運んでいたが、その海藻や天草を運ぶ際、この橋をとおったことが由来だそうです。



0
女郎蜘蛛の伝説

(ジョロウグモの伝説の説明版)
定連の滝

(浄蓮の滝)
天城越え歌碑
天城越 歌詞

(いずれも「天城越え」の歌碑)


女郎くも

(女の主の人形 ちなみに人形の横に映っている人影は心霊写真しんれいしゃしんではありませんw 私です。)

女郎蜘蛛の伝説

(女郎グモの伝説が書かれた説明板)


じょうれんの滝 弁財天

(弁財天の説明板。弁天様が滝つぼに入り、山崩れを治めたという伝説もある)


263


260


265


266


267


270

(いずれも天城隧道の写真。トンネルの写真は、『伊豆の踊子』の一説にもでてくる旧天城トンネルです)