木下惠介生誕100年 喜びも悲しみも幾歳月 [DVD]
佐田啓二
松竹ホームビデオ
2012-08-29



「喜びも悲しみも幾年月」という映画があります。福島県いわき市の塩や岬にある東大じゃなかったw灯台が舞台で、海の安全を守るため、日本各地の辺地に点在する灯台を転々としながら厳しい駐在生活を送る灯台守夫婦の、戦前から戦後に至る25年間を描いた長編ドラマです。

1956年に雑誌掲載された福島県塩屋埼灯台長(当時)田中績(いさお)さんの妻・きよさんの手記から題材を得て、木下恵介監督自身が脚本を執筆しました。全編にわたりカラー映像で撮影され、単なるホームドラマの枠を超えて日本各地の美しく厳しい風景を活写した大作で、公開当時大ヒット作となり、同年の芸術祭賞を受賞しました。この映画の主題歌を歌われたのが若山彰さん。バリトンの素晴らしい歌声の持ち主です。この歌を作詞・作曲されたのが木下忠司さん。木下恵介監督の弟さんで、兄の映画であるこの「喜びも悲しみも幾年月」の劇中曲も作曲されました。木下忠司さんは、今年(2018年)の4月に亡くなったそうです。享年102歳だったそうです。


塩屋岬の灯台は明治32年につくられました。それ以降灯台では田中さんご夫妻のような灯台守が、嵐だろうが何だろうが、灯台に明かりをともし、海の安全を守ってきたのですね。今は灯台も自動化され、灯台守という職業はなくなったそうです。

塩屋岬の灯台および、塩屋岬一帯は先の震災で津波の被害をうけました。僕も去年塩屋岬に訪れました。こんな穏やかな海が、あの3・11の時に荒れ狂い多くの人々の命を奪ったのかと信じられないくらいでした。灯台の近くにはお土産屋さんがあり、そこには震災当時の写真も展示されておりました。おびただしい被害の様子がうつっておりました。僕はもともと海が好きだったのですが、海が一瞬嫌いにもなりました。