浦島太郎(桐谷健太さん)の名曲「海の声」。僕もカラオケでたびたび歌います。うまくは歌えないけれどwこの曲はauのCMソングにも使われました。この曲は作詞、篠原誠さん、作曲がBEGINの島袋優さんです。桐谷さん演じる浦島太郎の乙姫(乙ちゃん)への思いを歌った楽曲です。オドロキなのは、曲中で三線(沖縄の弦楽器)を弾いているのが桐谷さんご本人なのです。歌だけでなく三線も弾けるとはすごいなとおもいます。三線は弾くのが難しいようですよ。

この曲の作曲者の島袋優さんは沖縄のご出身。彼の作る曲は「涙そうそう」だとか「島人ぬ宝」とか沖縄を連想させる歌をいくつも作っております。

沖縄は僕は一度も訪れたことがありませんが、沖縄の歴史はある程度はわかっております。琉球王国と薩摩藩(および明治政府)との微妙な関係は前のエントリーで書かせてもらいましたし、ひめゆり部隊に代表されるように沖縄は悲惨な戦争の舞台でもありました。また米軍基地の問題も難しい問題です。

さて、沖縄といえば興味深い伝説があるのです。なんと源為朝(平安時代末期の武将で源頼朝・義経のおじにあたる)がやってきて、この沖縄の地で男の子をもうけ、その男の子が琉球王の始祖、舜天王(しゅんてんおう)となったというのです。

源為朝は、1139年に、源為義の八男としてうまれましたが、傍若無人な性格のため、13歳で京都から九州に追放され、その後九州を平定し「鎮西八郎為朝」となのりました。18歳で京都に戻ると、保元の乱(崇徳上皇と後白河法皇が戦った戦争)がおこり、崇徳上皇側につきました。崇徳上皇が後白河法皇にやぶれると九州にのがれます。しかし、捕らえられ二度と弓がひけないように腕の筋をきられて伊豆大島に流されます。そして1170年に討伐軍との戦いで自害というのが通説です。しかし、為朝は自害していなくて、海を渡って沖縄までやってきたというのです。

伊豆大島から沖縄へ向かう航海の途中で嵐に見舞われてしまい、舟人たちは慌てます。しかし、為朝は冷静に「運は天にあり、なんぞおそるるに足らずや」と戒めたといいます。そして、為朝一行は無事に沖縄(琉球)にたどり着きました。そこで、その地を運天の名前で呼ぶようになったといいます。ちなみに、沖縄に運天港という港がありますが、これは為朝のこの伝説が元になっているという説があります。

その後為朝は、現地の女性と結婚し、男の子をもうけました。その男の子こそ、琉球王の始祖
舜天王です。1650年に琉球最初の正史『中山世鑑』が完成しますが、その本に第一代の琉球王、舜天は源為朝の男の子だと書かれているそうです。

ちなみに江戸時代に滝沢馬琴が、源為朝を主人公にした『椿説弓張月』(ちんせつ ゆみはりづき)を書きました。この本にも為朝は伊豆大島で死んでおらず、琉球におよび、為朝の子が琉球王になったと書かれております。