※ この記事はウィキペディアを参考にしてかきました。


<SP盤復刻>決定盤 初代 桂春団治 落語傑作集
桂春団治(初代)
コロムビアミュージックエンタテインメント
2009-08-05





きょうは大阪が舞台の歌です。浪花こおこの歌は都はるみと岡千秋さんのデュエットソングです。この曲の主人公は、桂春団治(初代)という漫才師と、その奥さんのお浜です。桂春団治は実在した人物です。昭和初期に有名な漫才師で、従来の古典落語にナンセンスなギャグを取り入れた大胆な改作をはかり、天才的かつ巧みな話術で、爆笑王として人気を集めました。

当時の先端技術でもあったレコードに落語を吹き込んだことでも有名です。ただ、私生活が派手な人で、後家殺しとかいろいろ言われていたそうです。この歌にもあるように酒も飲んだし、女も泣かせました。借金もたくさんしたそうです。そんな彼の生きざまは伝説化し、脚色が加えられ、小説、演劇、歌謡曲などの題材となりました。




この曲には、お浜という女性しかでてきませんが、実在の春団治には二人奥さんがいました。一人目は東松トミ。二人目は岩井志うという女性でした。

トミは春団治が貧乏の極みにあったときも黙々と夫を支え、金銭感覚のない夫の代わりに内職で生計を立てていたそうです。後妻の志うは世間知らずな上に、完全に春団治にほれ切っていたため、そのばく大な資産を全て春団治に使い果たされても、文句も言わず、喜んで金銭を出してやっていた。一方の春団治も、周囲の者に志うのことを「御寮人さん」と呼ばせ、常に顔を立てていたそうです。

ともかくも、この春団治と志うの二人の間に夫婦の愛情があったことは疑い得ません。後年、志うは酒で身体を壊し晩年の春団治の看護ができなくなり、先妻トミと、トミと春団治の間にできた一人娘が看病していたそうです。志うは夫の死後、奈良県桜井市の親戚に引き取られ、翌年、その家の玄関脇の小部屋で寂しく世を去ったといいます。

最後に春団治の残した名言(迷言?)をご紹介します。


  • 名を上げるためには、法律に触れない限り、何でもやれ。芸者と駆け落ちなど、名を売るためには何べんやっても良い

  • 借金はせなあかん


  • 芸人は衣装を大切にせよ


  • 自分の金で酒呑むようでは芸人の恥


  • 使用人は時間に寝かさなあかん。弟子に時間は無し


  • 女は泣かしなや


春団治は噺家としてはすごかったけれど、家庭人としては?だったのだなあって,、というか人としてどうかなって彼のセリフをみても感じます。まあ、衣装を大切にせよだけは納得できますが。