きょうから数回にわけてフランス革命のお話をします。フランス革命というと、マリー・アントワネットの悲劇やギロチンを僕は連想してしまいますが、この革命はフランスの歴史においても、世界の歴史においても大きな影響をおよぼしました。いまの日本国憲法の条項のひとつに「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」(25条)があります。国民の生存権の保障を明記したこの条項はフランス革命の理念を受け継いでおります。

フランス革命以前は、王様や貴族が偉くて、一般国民は虫けら当然みたいな存在で、国民が貧乏だろうが、のたれ死のうが「そんなの関係ねえ」の世界だったのです。それが人々の生存権こそがあらゆる権利の中で優先すべきだと主張したのは、フランス革命のキーマンの一人、ロベスピエールでした。また、のちに「王様殺し」といわれてしまうサン・ジュストという人物は、1794年の国民公会における演説で次のように述べております。

「国家の中に、一人でも不幸な人や貧しい人がいるのを放置しておいてはならない。そういう人がいなくなった時に、はじめて、諸君は、革命をなしとげ、ほんとうの共和国を建設したことになるだろう。」

素晴らしい言葉だと思います。この世から不幸な人や貧しい人をなくしたいという理想は、宮澤賢治にも通じる境地です。しかし、ロベスピエールもサン・ジュストもそのプロセスがまずかったのです。この理想を急ピッチで実現させようとしたために、多くの人が犠牲になったのです。


Robespierre

(ロベスピエールの肖像画。理想主義者でもありましたが、独裁者でもありました)

200px-Saint_Just

(サン=ジュストの肖像画。イケメンですね。僕に似てるwその美貌と冷厳な革命活動ゆえに「革命の大天使」または「死の天使長」との異名がありました。)

フランス革命によってフランスは絶対王政から民主的な共和制が定着しましたが、その一方でマリー・アントワネットをはじめ多くの人が処刑をされてしまったり、のちにロベスピエールらがヒトラーばりの恐怖政治を敷いて、国民を不幸にしてしまったのです。いわばフランス革命は、自由や民主的な政治という理想を掲げ、のちの人たちにもよい影響を及ぼしたという一面がある一方で、多大な犠牲と、恐怖政治という負の一面もあるのです。

フランス革命はまさに歴史における劇薬のようなものです。そうそれは、抗がん剤のようなもの。抗がん剤は、がんを治療する薬ですが、その副作用は強く、正常な細胞も攻撃し、吐き気や貧血、脱毛、下手すりゃ患者を死に至らせることもあるのです。ちなみに最近亡くなられた樹木希林さんはガンに犯されましたが、抗がん剤による治療を拒否されたとのことです。

さて、フランスの国家「ラ・マルセイエーズ」という曲があります。オリンピックでフランスの選手が金メダルを取ったときに、流れるので、ご存知な方もいらっしゃると思います。この曲は、いい曲だと思うのですが、歌詞をみると大変血なまぐさいのです。自由のための戦いは良い戦いであり、革命に敵対するものを殺し尽くせというニュアンスが込められているのです。

日本では「君が代」が戦争を連想する歌だといわれておりますが、「君が代」なんてフランスの国歌に比べればかわいいものです。最近のフランスでは、こんな血なまぐさい歌は、いまのヨーロッパ連合(EU)の時代には国歌としてふさわしくないという意見が有力になるほど。



※参考文献