紅白歌合戦の司会者が決まりましたね。白組が嵐の櫻井翔さん、紅組が広瀬すずさん、で総合司会が内村光良さん、アナウンサーの桑子真帆さん。個人的には「歴史秘話ヒストリア」の井上あさひさんに紅組の司会やってもらいたかったなあ・・・・ファンには申し訳ないけれどジャニーズの司会もそろそろ飽きてきたし・・・でも、総合司会の内村光良さんを選んだのはGJ。去年は内村さんがいらしたから面白かった。おっと、本題に入りましょうwww

前回の記事で、三部会のことをふれました。第三身分たちが政治的に目覚め、第一身分や第二身分に反発しだしたのです。きょうはテニスコートの誓いについて。教科書にも出てくるお話なので、ご存知な方も多いかと。

800px-Le_Serment_du_Jeu_de_paume

(テニスコートの誓いの絵。中央に立って手をあげているのが国民議会議長バイイ。ロベスピエールやミラボーといった革命の有力人物も描かれている)

三部会で採決の仕方でもめていましたが、第三身分は指をくわえて黙っていたわけじゃありません。第三身分は自分たちに協力してくれそうな貴族や聖職者に接触しました。そして1789年6月17日に、第三身分は「国民議会」を称し、三部会から分離独立をしたのです。こうした第三身分の動き。国王であるルイ16世は第一身分も第三身分も仲良くやろうよという立場でしたが、まさにルイ16世に対する裏切りのようなもの。しかし、第三身分は国王をないがしろにする気持ちはなく、「国民議会」をひらいたあと「国王バンザイ!\(^o^)/」と叫んだそうです。

ルイ16世は、改修工事を口実にして、第三身分が会合を開いていた部屋を閉鎖せました。そりゃ、ルイ16世にとって、第三身分のやり方は看過できるものではありません。しかし、それにくじけないのが第三身分の議員たち。6月20日に、第三身分は室内球戯場きゅうぎじょうに集まって、会議を開いたのです。この会議ではパリ選出のバイイ議員の主導の元「憲法制定までは解散しない」とちかいあったそうです。この誓いによって彼らの心は一つに、そして強固になりました。これが「テニスコートの誓い」という出来事です。

テニスコートといいましたが、当時のテニスとは今のテニスとは違います。この時代は「ジュドポーム」とう遊びで、ラケットを使わず手のひらでボールを打ち合うゲームだったそうです。いわば手打ち野球のテニス版といったところでしょうか。


※ 参考文献