1 バスチーユ後の混乱
 前回の記事でバスチーユ牢獄の襲撃事件のことを触れました。この事件は、フランス国中に衝撃を与えました。バスチーユ襲撃事件は人々に「世直しは可能だ」という希望を与えたました。

法外な年貢を巻き上げる貴族領主たちに恨みをもっていた農民たちは、ここぞとばかり貴族の館を襲い、年貢台帳を燃やしました。

また、「大恐怖」という現象も農村部で起こっておりました。バスチーユ事件が起こった年は凶作で食糧不足。失業などでホームレスも増えたのです。当然、飢えている人もたくさんいます。「衣食足りて礼節を知る」とはいいますが、人間飢えると何をしでかすかわかりません。

そこへバスチーユ事件の情報がオーバーに農村に伝わりました。農民たちは、「自分たちの村が、そうした失業者だけでなく強盗、ならず者たちが食べ物を強奪しにくるのでは?」と思うようになりました。そうした恐怖心にとらわれた農民たちは農具や銃で武装し、襲撃に備えたといます。しかし、実際にそうした、ならず者たちが農村を襲うことはありませんでした。

また、バスチーユの混乱を機に国外へ亡命した王族や貴族たちもいました。ルイ16世の弟アルトワ伯爵(のちのシャルル10世)も真っ先に逃げ出した一人でした。


2 封建制度廃止
 こうした混乱を鎮めるには、一刻も早く改革をしていかなければいけない、そんなことが国会で話し合われるようになりました。

そして1789年8月4日、ついに聖職者および貴族たちのあらゆる特権を放棄することが決まりました。それまでの身分に基づいた免税特権、領主の年貢徴収権も廃止されました。これによって貴族たちも税金を払わなくてはいけなくなり、農民たちも年貢を納めなくてもよくなったし、貴族たちによる賦役(つまりタダ働き)も無くなりました。しかし、これらは書類上で決まったこと。

実際、こうした取り決めがあったあとも、貧しい農民たちはがめつい貴族たちに年貢を納め続けていたのです。わが国でも議員特権を廃止せよとか議員定数を減らせとか、そういう声はよく聞きますが、その割にはそれが進んでいない。それどころか、議員の給料がUPしたり、かつて野々村議員のように特権を享受する議員もすくなくありません。一度おいしい思いをすると、それにしがみつきたくなる、それが人情というものでしょうかねえ。

こうした動きはジャコバン派の独裁まで続きます。

3 人権宣言
 そして同年8月26日、議会は「人間および市民の権利宣言」。いわゆる「人権宣言」を採択しました。この人権宣言はフランス革命のみならず、世界の歴史においても大変意義深いものです。人権宣言は、あらゆる近代的憲法の源流となり、日本国憲法にも、人権宣言の精神が生きております。フランス革命以前は王様が偉くて、市民は虐げられるだけの存在でしたが、この人権宣言によって人は平等で、国民に主権があることが唱えられるようになったのです。この人権宣言は全部で17条あります。


  1. 自由かつ権利において平等

  2. 国家形成の目的

  3. 国民主権

  4. 自由の定義

  5. 法律の禁止する行為

  6. 法の前の平等・市民の参政権

  7. 人身の安全

  8. 刑罰は法の下で執行

  9. 無実の推定

  10. 思想・信条の自由
  11.  
  12. 言論の自由
  13.  
  14. 市民の権利は公権力が保障

  15. 租税の平等な分担

  16. 租税における市民の権利

  17. 行政の報告を求める権利

  18. 権利の保障と権力の分立

  19. 所有権の不可侵


ただ、人権宣言に書かれている「市民」とは男性のみをさし、女性は対象外でした。さらに女性だけでなく、有色人種には適用されませんでした。たとえば、黒人でしかも女性には、人間扱いしてもらえないって事でしょうねえ。奴隷制度も依然として残ったままです。

しかも人権宣言は法的拘束力はなくスローガン的なものでありました。しかし、それでも当時としては非常に高い理想を掲げたことはすごいことです。21世紀の今では女性の人権も、非西洋人の人権も認められ、北朝鮮とか一部の国をのぞいて国民主権も定着してきております。もし、人権宣言がなければ、21世紀になっても人権も国民主権もなかったかもしれないし、平成の日本においても大日本帝国が続いていたかもわかりません。

※ 参考文献