1 ピルニッツ宣言
 ヴァレンヌ逃亡事件の失敗により王制廃止の声が高まる中、オーストリアではアントワネットの兄レオポルト2世が芋生たちの身を案じておりました。「大変なことになった。妹がころされてしまうかもしれない・・・」って感じで。アントワネットらフランス王室を守るために、レオポルト2世はヨーロッパ各国の王様たちに協力を求めますが、色よい返事はかえってきません。そんななか、プロイセン王フリードリヒ・ヴェルヘルム2世がおうじてくれたため、1791年7月25日にオーストリアとプロセンは軍事同盟を結びます。

そして同年8月27日、「フランス国王を守るために、軍事行動を起こすこともできる」という旨のピルニッツ宣言をしました。この宣言が出たのはアントワネットを守るためともとれますが、これは革命の波が自国に及ぶことを恐れ、「革命をつぶさなければ、この先大変なことになる」とプロイセンとオーストリアの王様が思ったからでしょう。

革命をつぶそうとするオーストリアとプロイセン。これに怒ったのがフランスの人たち。国中が開戦へと傾きました。議会でも開戦すべき!という意見が多数を占めました。反対したのはわずか7人(750人中)だけ。ちなみにロベスピエールははじめは戦争に反対していました。「戦争よりも国内の革命闘争のほうが大事だ」という考えから。しかし、開戦が国会で決定されたあとは戦争に協力するようになったのです。1792年4月20日にオーストリア・プロイセン連合軍に、フランスは宣戦布告をします。


2 革命戦争勃発と8月10日事件

 勇ましくフランスは戦争に挑んだものの、連戦連敗でした。プロイセンだけでなく、翌年にはイギリス、オランダ、スペインも参戦したのです。フランス軍が負け続けたのは、アントワネットが祖国オーストリアに情報を流したことも理由の一つですが、それだけではありません。やはり、ヨーロッパ全土を敵に回してしまったことが大きい。太平洋戦争の日本と同じです。また、フランスも旧来の貴族を主体とした指揮官に率いられた軍隊は戦意に乏しく、また準備も十分ではありませんでした。軍服や軍靴さえそろっていないありさまでしたし。

そして、アントワネットの要請でプロイセン軍が「国王(ルイ16世)に少しでも危害を加えれば、パリを全面的に破壊する」旨の宣言をすると、平民たちはますます怒り、そして外部との連絡が一切取れないように、国王一家をさらに厳しい監視下に置くことになりました。敵国に情報を流したことといい、こうしたアントワネットの行動は平民たちにとって許し難いことでした。いままで国王一家に敬愛していた平民たちも、可愛さあまって憎さ百倍、裏切り者の国王一家を殺せみたいな意見もチラホラ出てきます。

さらに悪いことにルイ16世の行動がまずかった。国会が戦時体制強化のため法案をふたつ採択していました。一つは革命に敵対的な聖職者を国外に追放する法案。もう一つは地方から2万人の国民衛兵隊を呼び寄せパリに駐屯させる法令。この二つの法令をルイ16世は拒否権を発動したのです。プロイセンとオーストリアが革命をつぶしてくれることをルイ16世は期待していました。そのため、拒否権をだしたのです。しかし、これが民衆たちの怒りを買ってしまったのです。

そして1792年8月10日、民衆たちは国王一家のいるテュイルリー宮へ進撃。宮殿を守る兵隊たちと民衆は激しい戦いが繰り広げられ、死傷者は1000人以上に及びました。国王一家はいっさいの権利が奪われ、ティイルリー宮からタンプル塔へと幽閉されました。これを8月10日事件といいます。それだけでなく国王の家来たちも次々と牢屋へ入れられた挙句に民衆たちに虐殺されたといいます・・・

250px-Tuilerienschloss02

        (テュイルリー宮殿)

Tour_du_Temple_circa_1795_Ecole_Francaise_18th_century

        ( タンプル塔)


3 ヴァルミーの戦い

 負け続きのフランス軍。しかし、フランスの人たちは強かった。負けてしょんぼりするどころか、「祖国を守れ!」と意気込むのです。そして続々と義勇軍に参加するのです。革命政府も身分、学歴、年齢を問わず、能力のあるものを将軍として登用しました。士気の高い兵を優秀な将軍が指揮すれば、装備が不利でも十分に補えます。しかも働き次第ではいくらでも出世できますから、そりゃ兵士たちも張り切ります。いくら兵士の士気が高くても将軍が無能だと負けてしまいます。旧日本軍は物資の足りなさもそうですが、将の無能さが致命傷でした。

初めはプロイセン軍に負け続きだったフランス軍でしたが、9月20日、フランスの国境から90キロのところにあるヴァルミーでフランス軍がプロイセン軍をやっつけるのです。野球でいえば9回裏の逆転サヨナラホームランが出たようなものです。

ヴァルミーの戦場で、フランス軍は帽子をサーベルや銃剣の先につけて振り回しながら「国民バンザイ!」と叫びました。フランス軍は3万人でしたが、その3万個の帽子が大きく揺れ動きました。プロイセン軍の兵士たちには、それが敵の軍勢が急に増えたかのように見えたのです。この異様な光景にプロイセン軍の隊列に動揺が走ったのです。プロイセン軍の総司令官は「これは狂信者か殉教者の軍隊だ」と思ったそうです。

そして、フランス軍のすさまじい戦意。その迫力にプロイセン軍も押されたのです。プロイセン軍は貴族中心の軍隊。かたやフランス軍は、貴族もいただろうけれど、ある意味野武士の軍隊。プロイセン軍総司令官は退却を命じます。フランス軍は辛うじて勝つことができたのです。この戦いをヴァルミーの戦いといいます。プロイセン軍は、フランス軍をはじめは弱いとバカにしていたのでしょう。しかし、その油断が仇となったのですね。幕末の日本も同じですね。圧倒的な軍事力を誇った幕府軍が、薩長土肥を甘くみていたのですね。それも、戊辰戦争における幕府軍の敗北の原因の一つでした。

文豪ゲーテはプロイセン軍に同行し、この戦いの一部始終をみてました。おっとゲーテとは雑誌の名前ではありませんよwそして、ゲーテはこう言いました。


「この日、この場所から、世界史の新しい時代が始まる」



ゲーテとの対話(完全版)
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
古典教養文庫
2017-12-31




※ 参考文献