ジャコバン派が権力を握るようになったものの、国内では内乱、そしてヨーロッパの国々と戦わなければいけない状況。そんな状況を打破するには、強力な権力をもった政府が必要になってきます。それでジャコバン派がとったのが恐怖政治。

意外なことかもしれませんが、恐怖政治を望んだのは民衆でした。民衆は長い間自分たちを苦しめてきた、貴族や強欲な商人たちをこらしめたかったのです。小泉政権のときだったか、民主党政権の時代だったか忘れましたが、ある若者が「戦争になってほしい」とつぶやきました。なんともおそろしい発言ですが、その真意は議員や勝ち組が苦しんだり、地位をうしなったりするのならいっそのこと戦争になったほうがよいということです。当時のフランス人はその若者と同じ心境だったのでしょう。

本来、合法性の人だったロベスピエールは、民衆のそうした動きをできるだけ抑えようとしました。しかし、そんな民衆の動きにのる気になったのは、あまりにも反革命派勢力の態度が頑強だったからです。そのことにロベスピエールはキレてしまったのでしょうね。ロベスピエールははじめは死刑に反対していました。しかし、次第に革命に反対するものは処刑にしてもかまわないと思うようになったのです・・・・

恐怖政治がはじまったのは1793年秋でした。そのきっかけになったのはその年の9月におこった民衆蜂起でした。食糧問題や外国との戦争などいろいろなことでいらだった民衆たちの蜂起でした。国会は生活必需品の「最高価格法」とともに「疑わしいものたちに関する法令」を可決しました。

この「疑わしいものに関する法令」の「疑わしいもの」についての定義があいまいだったため、ほとんどだれでも「疑わしいもの」として逮捕したり、処刑にすることができたのです・・・






※ 参考文献