ここのところ、戦時中の日本の暮らしについて触れてきましたが、今日は少し脱線したお話をします。かつて辻元清美議員が、天皇制について批判をしたことがあるそうです。以下、引用します。

平成29年6月の衆院憲法審査会で、辻元氏は、自身の過去の言動について反省を表明した。昭和62年3月出版の著書『清美するで!!新人類が船を出す!』で、皇室について述べていたことに関してである。

「生理的にいやだと思わない? ああいう人達というか、ああいうシステム、ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない」「天皇とあの一族の気持ち悪さ」


https://www.sankei.com/politics/news/170608/plt1706080021-n1.htmlより引用

この辻元発言をあげつらって批判した保守系の議員さんがいたようですが、この発言は30年前の話。令和になったいま現在も彼女がこのような発言をしているというのならば問題ですが。今更って正直思います。

ちなみに本人は、「30年ほど前、学生時代にご指摘の発言をした」と認めた。その上で「日本国憲法の下、日本は生まれ変わり、戦争放棄の国になった。憲法に規定されている象徴天皇を尊重しなければならない。私は考えが一面的だったと痛感し、深く反省した」とのことでした。

かつての自分の発言の非を認め、反省しただけでも、僕は偉いと思うんだけれど。戦時中、軍国主義をマンセーしておいて、戦後になったとたんに、なんの反省も説明もないまま極端な平和主義者になった人よりマトモです。そんな人物は「はだしのゲン」にも登場します。鮫島という男で戦時中は、戦争協力しないゲン一家を非国民だと言っていじめたくせに、戦後は、議員に立候補し、自分は始めから戦争に反対していたがバカな軍部のせいでなんたらかんたらと嘯いていたのです。鮫島のようにコロリと手のひらを返した人間は結構多かったのです。

それだったら戦時中、戦後一貫して軍国主義者だった人の方がまだ尊敬できます。軍国主義者の主義主張には全く賛同できないが、自分の信念を曲げないところ、ブレないところは凄い。


言論人だけでなく学校の先生もひどいものでした。戦時中熱烈な軍国教師ほど、戦後になってウソみたいな平和主義者になったという指摘があります。逆に戦時中それほど軍国主義者じゃなかった先生は、戦後、GHQのやりかたに反発したのかも。あるジャーナリストはそんな先生の変わりようをみて、「ああ、人間はこれほどまでにいい加減なんだ。その先生は自分に『人をみたらまず疑うことを教えてくれた。今はその先生に感謝している』」とおっしゃっていたほど。

戦後になって進歩的文化人と呼ばれる左巻きな人たちが雨後の筍のように登場しましたが、彼らのほとんどが戦時中は戦争をマンセーしていたといいます。それが、戦後になって平和憲法マンセーどころか、マルクス主義やソ連にしっぽを振ったというのです。で、戦時中に自分の書いた論文を燃やしてしまったり、戦時中の発言を人から指摘されると逆切れして怒鳴りつけた者もいたといいます。

言論人もひどかったけれど、一番ひどいのは新聞社。特に朝日新聞の戦時中と戦後の論調の違いすぎはとてもひどいものがありました。朝日は戦後になっても北朝鮮を「地上の楽園」なんて言っていたのですから・・・

それにしても、日本の言論人やマスコミはなぜ、ここまで極端から極端にものの考え方が偏るのでしょうね。共産党員だったのが、いまでは極右の言論人になった人も少なくありません。右→左、あるいは左→右というのは多いけれど、その中間がないのが僕には不思議でしょうがありません。

「右翼と左翼の違いこそあれ、それは表の看板だけで、頭の構造は同じではないかと疑われるほどだ。自分と異なった意見には全く不寛容で、異常なほどの敵意を抱き、大声で言いまくることで相手を圧倒しようとする性癖まで瓜二つである。テレビの討論番組で見かける声だけが大きい進歩的文化人のモノマニアックな言動は、昔の柄の悪い関東軍参謀の姿を彷彿とさせるではないか。」
稲垣武『悪魔祓いの戦後史』より


これは朝日新聞に勤められた稲垣武さんの本から引用したものですが、確かにそうだよなって思います。思想が変わったというよりも、本人の頭の構造が変わっていないだけなのかもしれない。多様な考え方を認めないから極端な考え方に走りやすい。ある意味正義感が強いのでしょうね。世の中を良くしたいという気持ちが人一倍強い。

でも、一つの思想で世の中全体をよくするのは、僕は無理だと思う。戦時中は八紘一宇、戦後はマルクス主義こそが世の中全体を良くする処方箋だと信じられましたが、世の中全体をいっぺんに良くするような思想はないと断言します。ガンを治すすごい薬があったとしても、その薬で虫歯や骨折、脳梗塞を治せますかって話になりますよね。病状にあった薬や治療法をしますよね。それと同じ。不良の更生だって、子ども達もそれぞれ個性もあるし、置かれた状況も異なるから、先生はよく相手の話を耳に傾け、アプローチを一人一人変えていかないとうまくいかないと思う。

また、一つの問題が解決すれば、絶対また別の問題が出てくる。だから、問題の一つ一つを地道に解決していくしかないです。そこに利害関係も絡むから本当に難しい。それに困っている人を助けたいなら、目の前の困っている人を、自分の出来る範囲で手を差し伸べればいいのでは。マザーテレサもそのような事をおっしゃっていたような気がする。

それから正義感というと聞こえはいいけれど、正義の名において惨たらしい虐殺や悲惨な戦争が幾度も起こった事は歴史が証明しています。正義感は否定しませんし、むしろある程度の正義感がないと、汚職や犯罪、ブラック企業による不当な労働もへりません。ただ、正義感も限度があります。山本夏彦翁は「汚職で国が滅びることはないが、正義感は国を滅ぼす」とおっしゃってましたっけ。まあ、汚職も限度がありますがね。

それか、ズバリ保身ですね。はだしのゲンの鮫島はもろこのタイプ。いつも上司にゴマすっているが、本心は、じぶんの栄達やお金儲けしか頭にない。上司に対する尊敬などまるでなし。

とはいえ、言論人の頭の構造ばかりをなじるわけにはいきません。彼らの頭の構造も確かに問題もありますし、行きすぎた正義感は褒めれるものではありません。けれど、言論で飯を食うのは本当に大変だと思います。多様なものの考え方を許容しつつ、かといって自分の意見を正直に言ったところで、それで飯が食えるわけではない。場合によっては政権よりのことを言わないと食っていけないのですから。

市川房枝さんがおっしゃっていたのですが、外国は戦時中でも、政権に批判的なことをいっても仕事があったそうです。だから、外国では政権に批判的なことを書いたりしても、あんまりとがめられることもなかったといいます。逆に日本は戦争反対っていうと全く仕事が無くなったと言います。

たとえば、原爆が投下された翌日、アメリカの主要な新聞は、その原爆投下を非難したといいます。それが日本だと違ったといいます。日本では原爆が投下されたことは新聞では非常に小さな扱いだったそうです。


政権に批判的なことをいったり、戦争反対なんていえば、仕事もなくなるうえに、最悪警察に捕まってしまったといいますから、当時のジャーナリストも大変だったと思います。でも、日本にもそんな状況でも戦争を批判したサムライもいたのですね。石橋湛山元首相もその一人でした。彼は戦時中ジャーナリストだったのです。ちなみに石橋は戦後はGHQの批判をしたため、連合国側から危険な軍国主義者のレッテルを貼られたのですよ、石橋本人はあれほど戦争に反対したのに、むごい話です。








戦う石橋湛山 (ちくま文庫)
半藤 一利
筑摩書房
2019-04-10