昨年、天皇皇后両陛下がご即位されましたが、その即位の礼も持統天皇が始めたとも言われております。持統天皇は645年、中大兄皇子なかのおうえのおうじの娘として生まれました。幼名を鸕野讃良皇女(うののさららのひめみこ)といいました。なんか難しいお名前ですねw

この年、ある大事件が起こります。乙巳いっしの変です。中大兄皇子らが蘇我入鹿を暗殺したのです。中大兄皇子はそれから、自分の権力を強化するために、次々と策を張り巡らします。その一環として、13歳になった娘の鸕野讃良皇女(うののさららのひめみこ)と大海人皇子おおあまとのおうじと結婚させます。大海人皇子は中大兄皇子の弟なのですね。すごいですね、自分の娘を自分の弟の嫁にやるのですから。昔は近親結婚が珍しくなかったのですね。こうして中大兄皇子は自らの血筋の人間だけに権力を集中させようとしたのですね。

中大兄皇子がここまで、自分の権力強化にこだわったのが当時の対外情勢にありました。7世紀後半の東アジアは中国には大国唐が治めていて、朝鮮半島では新羅が唐と結び、高句麗や百済といったライバル国を滅ぼしていたのですね。それで、日本は百済復興のために新羅に戦いを挑みました。それが663年に起きた白村江の戦いです。日本は、新羅とその同盟国の唐の連合軍と戦いますが、破れてしまいます。

それで日本は国力を高めなくてはならないと思ったのでしょう。668年には中大兄皇子が天智天皇として即位しました。大海人皇子は兄を助けました。それが671年、天智天皇は病に倒れたのです。病床に伏せていた天智天皇は弟の大海人皇子を呼び、「自分の命は長くないから、後のことはお前に託す」と伝えたといいます。しかし、大海人はそれを拒否。そして「大友王にすべての政務を執り行っていただくのがよいでしょう」と大海人は天智天皇に伝えました。大友皇子は天智天皇の息子でした。

しかし天智天皇の真意は大友王子への譲位があった。そりゃ弟より我が子のほうがかわいいですからね。といいたいところですが、当時の王位継承は、時の天皇が決められるものではなく、群臣が決めるか、みなが納得して承認することが必要なのです。大友王子が次期天皇という声が上がれば、大海人は辞退するしかないのです。それで大海人皇子は出家をし、吉野にこもってしまいます。

671年、天智天皇が崩御すると、大友が兵をあげます。それをきいた大海人は吉野を逃れました。はじめは数名だったのが、次第に大海人に人が集まり、大軍となりました。そして大友と大海人がぶつかかりました。それが672年におきた壬申の乱です。この戦で大海人は勝利を収めました。

この時、宇野じゃなかったw(野球選手だろw)鸕野(うの)は桑名の土地に避難していたといいます。大津皇子、草壁皇子、忍壁皇子の幼子とともに。.

673年、大海人は天武天皇に、鸕野(うの)は皇后になります。天武天皇は中央集権国家の樹立をはかります。一方のウノ皇后も積極的に政治にかかわります。681年、ウノ皇后は天武天皇とともに律令の編纂を命じます。飛鳥浄御原令です。のちの大宝律令につながります。

天武天皇とウノは679年、6人の皇子とともに吉野に訪れ、そこで天武天皇は6人に言いました。「我が子供、おのおの異腹にして生まれたり。しかれども今一母同産のごとく慈しまん」と。壬申の乱のように兄弟が相争ってはいけないという事を6人の皇子に言い聞かせたのでしょうね。6人の皇子は兄弟といっても腹違いでしたから。これがいわゆる吉野の盟約です。そこでは、ウノの実子である草壁皇子を筆頭とし皇位をめぐって争わぬように言い聞かせられます。

しかし、天武がなくなってからウノは天皇の後継者は若すぎるということで、自ら実権を握りましt。いわゆるしかし、そのことに反発した大津皇子(ウノの姉の子)が謀反をおこしました。それでウノは大津が吉野の盟約を破ったという理由で、捕らえて死を命じたといいます。そうして内乱を未然に防ぐことができました。

しかし、悪いことに、それから3年後、ウノの実子の草壁皇子が病死しました。天皇の後継者はだれがつとめるのか。ウノに迫られた選択肢は三つ。

一つは草壁には軽皇子かるのみこという息子を即位させること。血統の面では申し分はありません。しかし、軽皇子は7歳。年長の後継者たちを差し置いて、軽皇子を継がせれば内乱が起きかねない。

二つ目は他の年長の皇子を即位させる。これなら慣例通り。彼らも納得するだろうし。その中でももっとも有力なのは高市皇子たけちのみこ。血統では一段落ちるが壬申の乱でも活躍したし、人望もある。

3つ目は、ウノがみずから即位すること。しかし、ウノが即位したところで豪族たちは従うだろうか。女性の即位に反発する恐れあり。さてどうするか。


次期天皇が誰になるか、それはまた次回。