1 林復斎
 今日は黒船ペリーに抵抗した日本人それも幕府の人間のお話です。歴史の教科書には、幕府がペリーに圧力にひれ伏して開国をしたみたいな感じで書かれていて、当時の幕府の役人たちは弱腰だったというイメージがあります。しかし、それはのちの明治政府が幕府を貶めるために広めた話。実際は幕府はしたたかな交渉をしたのです。

ペリーが4隻の艦隊をひきつれて(1853年)、国内は大パニックになりました。この時期「泰平の眠りを覚ます上喜撰じょうきせん たつた四杯で夜も眠れず」という狂言も生まれたほど。上喜撰じょうきせんとは高級のお茶のことで、ペリーの蒸気船とかけていたのです。4杯とは4隻とかけていたのです。


それで幕府はペリーとの交渉役に任命したのが林復斎・大学頭。大学頭という役職は、今でいうと灯台じゃなかったw東大の学長+官僚のような役職です。林は多くの資料を読み過去の幕府の対外政策を調べ上げたのです。また、林は海外情勢に詳しい識者に相談もしたといいます。特に仙台藩の儒学者大槻 磐渓おおつきばんけい の意見は参考になったそうです。大槻いわく「アメリカは戦う意図はありません。補給が一切ないからです」ペリーの艦隊は大西洋を渡りアフリカ大陸の南を回って日本に来たのです。途中、石炭が足りなくなっていたのです。昔の船は蒸気(燃料は石炭)で動いていました。長い航海から食糧も不足して病人や死者まで出る始末でした。大槻はオランダからの情報を得たりしていたので、こうしたアメリカ側の弱みを見抜いていたのです。大きな事態が起きて、パニックになるのが人の情けですが、落ち着いて情報を集めることが本当に大事なのですね。

2 ペリーの要求
で、ペリーが要求したのは「漂流民の保護」「石炭や食糧の提供」「貿易」の三つでした。

一つ目の「漂流民の保護」はペリーに言われなくても幕府はやってきたのです。もちろん、幕府は1825年に「異国船打払令」をだし、国交がない国には問答無用で大砲で追い払い、漂流民を逮捕していました。鎖国をしていましたからね。それくらい外国には厳しい態度で臨んでいたのです。それが、12代将軍家慶の代くらいになると、国交がない国でも漂流してきた外国人は保護をしていました。

二つ目の「石炭や食糧の提供」を要求ですが、これはアメリカと清とで貿易をするのに、日本を補給地にしたいと考えていたのです。これも日本はやってきました。いわゆる薪水給与令です。これは幕府が1842年にだしたものです。飲料水や燃料を与え穏便に済まそうというものです。その間に軍事力も強化しようと幕府は考えたのですね。アヘン戦争で清がイギリスに負けたとう情報を得た幕府は衝撃を受け、それまでの打払令を取りやめたのですね。下手に外国を刺激したら、それを口実に攻めてくる危険がありますから。

問題は三つ目の「貿易」でした。いきなり開国をし、貿易を認めれば国内の混乱は避けられません。幕府は「貿易」に関してはNOという考え方でした。

そして翌年の1854年の正月、ふたたびペリーが来日しました。今度は9隻です。2月にペリー一行は横浜に上陸し、500人もの士官を並べ、交渉にあたったのです。おそらく、アメリカはこれだけの兵力があるぞ、いうことをきかないともっと大勢連れてくるぞと脅しをかけているのですね。

3 第一の交渉
そして、第一回の交渉が行われました。林とペリーの対談が始まります。ペリーが見た林の印象は「立派な風采」「物腰は極めて丁重」と非常に好印象だったそうです。第一印象って大事ですね。一方でペリーは林のことを「表情は重々しく、感情を表に出さない」という印象も持ったそうです。ペリーは内心「こいつは油断ができないぞ」って警戒もしたのかもしれません。

いよいよ交渉開始。さっそくペリーはいきなり脅しをかけました。「我がアメリカは人命を重んじる。ところが貴国は人命を重んじるどころか、漂流民を大事にせず、海岸にくれば大砲を打ってくる。貴国がそのような態度をとるのなら戦争も辞さないと。武力をちらつかせるペリー。

そして林はこう切り出します。「戦も致し方なし」。すごいでしょ。今までの歴史では幕府は弱腰なんて教えられたけれど、それはウソです。これとっても大事。期末のテストにでるからw?アンダーラインひいてくださいwていうか、僕が中学の社会の先生だったら、この林のセリフ大々的にとりあげますね。林がこう言ったのは、アメリカとマジで戦争をしたかったのではありません。むしろ、アメリカは戦争を仕掛けてこないことを見抜いていたから言えたのです。まったく、昭和初期にも、林のような人が高官にいればなぁと。あの太平洋戦争も避けるのは無理でも、もっと早く終結できたかもしれないと思うと本当に悔しい気分になります。

さらに林は、打ち払いはすでにやめているし、これまで食糧や燃料を与えたり、漂流民を助けてきたし、これからも同じように食料や燃料も与えるとペリーに伝えました。

これにはペリーもいきなり勢いをそがれてしまいます。そしてペリーは気を取り直し貿易の話をします。ペリーは「交易は大きな利益を生み国々も豊かになる。貴国が交易をすれば、帰国も特別な利益を得られるはず」と。

林は「我が国は自らの産物で賄っている。異国と交易をせずとも不足はない」と却下。鎖国といっても幕府は清やオランダとは貿易をしていましたし、それなりに日本は豊かだから改めてアメリカと貿易をする必要がないと突っぱねたのです。

さらに林はペリーの「人命を大事にする」という発言を逆手に取り、「さきほど人命がが第一と仰せられた。交易は利と関するもの。人命と交易はかかわりがない。遭難救助という貴国の目的は達せられているのだから、それでよしとする。」

ペリーも自分の言葉を逆手に取られるとは思いませんでした。ペリーは痛いところを突かれてしまい、しばらく沈黙します。そしてペリーは、交易の話を撤回すると言い出したのです。これはペリーが交易をあきらめたというより、外交のカードを切り間違えたということでしょう。林から人命救助というのなら、交易は関係ないでしょと言われたら、ペリーとしても、関係あるという論理構築ができないのです。それで引っ込まざるを得なかったのでしょう。また、ペリーが軍人で、貿易が重要だとはあんまり思わなかったことも幸いでした。これが、ペリーではなく交易の重要性がよくわかっている優秀なネゴシエイターだったらこうはいかなかったかも。ペリーとしては港が開かれればOKと思ったのかもしれません。ともあれ、日本はピンチを免れたのです。よかったですね。


4 二回目の交渉でピンチに

ところが、一回目の交渉から9日目の第二回目の交渉。日本は一転してピンチになります。ペリーはこんどは「横浜のほかに5、6か所の港を定めていただきたい、さもなければ、こっちが勝手に上陸する」と切り出したのです。このペリーの発言に内心林は驚きます。あちこち港を開いてしまえば意味がありません。これでは交易をしたのと同じこと。

しかし、林は動揺をかくし、「これまで通り長崎で行う」と主張。ペリーは「話にならない。もっと開いてほしい。貴殿は全権の命をうけているはず。即答できないはずがない。ぜひとも今、答えをちょうだいしたい」と。

同じ林さんだけに「今でしょ」なんてペリーが思ったかどうかは知りませんがw、林は困り果てます。





しかし、林の記憶の中に、読み込んでいたアメリカの国書の一節が浮かんできました。その国書には「南に一港」とあるだけで、長崎とも横浜とも具体的な港の名前も書かれておりません。林はこの点をつきます。「無理なる事」と切り出して、「長崎のほかに別の港といわれるならば、なにゆえ、貴国の国書の中に地名を一言も示さなかったのか、国書にあれば、我らもそれなりの返答もできた。さほど重大なることならば、まずは国書にて、どこそこの港、いくつ開いてほしいかを申し上げるべきかと存ずる」と。

ペリーは答えに窮します。ぺリーは「たしかに地名は書かなかった。できるだけ早くこたえは欲しい。2、3日お待ちしよう。」と。

5 日米和親条約
その2回目の交渉が終わった後、林は悩みます。そして林は交渉であったことを幕閣に報告します。激しい議論もありましたが、林は幕府の考え方をまとめ上げました。そして、3回目の交渉の日がやってきます。

林はペリーに「伊豆の下田港、函館港の2港の欠乏の品を給与する」と伝えました。北海道の函館と伊豆の下田は幕府のある江戸から離れているため、国内の混乱を最小限に抑えることができます。そして、条約が調印されました。「日米和親条約」です。

もし、ペリーが来たとき国交と通称の両方を決めていたら、国内は相当な反発もあったし、混乱もあったと思います。それを回避できたのですから、林の能力に驚かされます。大国を相手に毅然かつ冷静な態度は、本当にすごい。また、林のほかにも幕府には外国と毅然とした態度をとった人物がいたのですが、それはまた別の機会で取り上げます。

帰国後、ぺリーは日本人の印象をこう書き残しております。


「日本人は教育が普及しており、何にでも非常な好奇心を示す。また手先の技術について非常に器用で驚いた。日本人が西洋の技術を習得したら、機械技術の成功を目指すうえで強力なライバルになるであろう」。このペリーの予言は、明治以降現実のものとなります。

※ この記事は「歴史秘話ヒストリア」を参考にして書きました。