1918年第一次世界大戦中またしても、疫病がはじまるのです。それはスペイン風邪。いまでいえばインフルエンザです。大戦で戦った兵士たちが感染し、そこから世界中に広まったのです。それでワクチンを開発。インフルエンザの原因と思われる細菌を発見。この細菌をもとにワクチンがつくられました。ところが、ワクチンは思ったような効果がでず、患者は増えるばかり。それもそのはず、インフルエンザの原因はウィルスだったのです。ウィルスは最近よりもずっと小さかったので顕微鏡では発見できなかったのです。まさにウィルスは未知の存在だったのです。

その未知なるものに挑んだのがアメリカのサンフランシスコの保健委員会委員長ウィリアム・ハスラー。彼が行ったことは「人の接触を減らす(人が集まりそうな娯楽施設や学校・教会閉鎖」ことと「市民に対するマスクの着用義務付け」。

なんとサンフランシスコの市民99%ちかくがマスクを着けていたといいます。当時アメリカは第一次世界大戦の前線で兵士たちが戦っていました。その兵士たちにインフルエンザを移さないためにも自分たち市民が協力せねばと思ったのですね。

ハスラーは「これはサンフランシスコ市民の持つ注目すべき知識レベルの高さと強調精神の証だ」と。そのハスラーの呼びかけに市民が応えたのですね。1918年10月には8000人の市民がインフルエンザに新規感染したのですが、11月には二けたまで下がったといいます。11月21日にはマスク着用条例が解除。そして閉鎖していたあ娯楽施設や学校や教会も再開させます。ところが、マスク着用条例解除の10日前、第一次世界大戦が休戦したのです。戦争終結の喜びとともに、自粛疲れも手伝って気が緩んだのですね。感染者の数は減ったものの、ウィルスが潜伏していたことは当時の人たちは気づかなかったのです。

そしてマスク条例を解除してから徐々に増え始めました。また悪いことに12月はだんだん寒くて乾燥していますからウィルスにとっては居心地のよい環境です。さらに悪いことに12月といえばクリスマス。ますます市民の気が緩みます。それでハスラーは12月7日、ふたたびマスク着用義務化の再実施を訴えます。しかし、議会ではクリスマスが盛り下がるとかいろいろな理由をつけて反対されます。戦争が終わったので、兵士たちをマスクをつけて守ろうという愛国的な目標が失われてしまったのですね。今日の日本に例えればマスクをして自粛をして医師を守ろうという目標ですね。そのうえ戦争が終わった喜びから市民はクリスマスを楽しみたいという気持ちがあったのです。

インフルエンザでサンフランシスコの死者は3500人でした。そのうち1453人も亡くなりましたが、その1453人はマスク着用解除後の死者だったのです。

疫病という目に見えない恐怖は、時に人間の心を狂わし、病気に感染した人を差別したり、いじめたり、そんなことが繰り返されてきたのです。ハンセン病患者もそうだし、今日のコロナに感染した人が白い眼で見られてしまうのです。人間が自然の一部である限り感染病は必ず起こるといいます。、

肝心なのは、そうした感染症にどう対応していくか。ウィルスや細菌という病原体をいたずらに恐れるのではなく、歴史を振り返っても疫病は我々の社会の弱点を突くような形ででてくるのです。たとえば、今回のコロナを通して社会の問題点がいろいろと浮き彫りになったような気がします。日本であれば、病気でも仕事を休めない日本社会。首都圏に企業や学校が集中しているため、朝はどこも満員列車。これではコロナも感染してしまう。

外国を見ても、貧富の差が激しくて貧しい人たちが狭いところで雑魚寝をしているためにどんどん感染が進む国。医療が遅れているために感染が止まらない国。衛生状況が悪すぎるために感染が進む国。

また、感染症やウィルスがあったときに世の中はかわってきているのですね。それゆえに社会の仕組みも変わってきているのです。それが悪いことばかりではないのです。たとえば、今回のコロナを通して首都圏への集中を見直し、地方にも大学や企業の移転が進むかもしれない。テレワークが進み、働き方改革も進むかもしれない。

たしかにコロナは大変恐ろしいですが、人類は何回も疫病の危機を乗り越えてきたのです。それも今よりも医療の知識がなかった時代に。だから、今回のコロナも必ず乗り越えられると僕は信じております。