1 成り上がり
20世紀前半、人々を興奮の渦に巻き込み、そしてナチスの預言者と呼ばれた男がいました。

エリック・ヤン・ハヌッセンです。

1930年に彼が出版した自叙伝ジジョデン『私の生命線』によると「透視能力トウシノウリョク催眠術師サイミンジュツシとして名をはせた男の人生」と自信たっぷりに書かれているのです。ここまで自己評価が高いと呆れてしまいますが、逆にコンプレックスの裏返のようなものも感じられます。

ハヌッセンはオーストリアの音楽の都ウィーンに生まれました。ハヌッセンの実家は貧しかったようです。ハヌッセンの父親は旅芸人、母親はあまり売れてない歌手。食卓に並んだのはパンとスープばかり。旅芸人だから収入も不安定。ハヌッセンは自分の父親のことを「父親は何の役にも立たない貧しい悪魔だった」と酷評したほど。それで、有名になってお金持ちになりたいと幼いハヌッセンは思ったかもしれません。

ハヌッセンは14歳で親元を離れ、サーカスの猛獣モウジュウ使いや歌手、マジックショーなど色々仕事を転々としました。どれもパッとせず結局芽が出なかったのですが、失敗の中でも、さまざまなステージのノウハウを学んだのですね。

そして彼が25歳の時に第一次世界大戦(1914)が起こり、危険な戦地に派遣されたと言います。その時彼は自分の上官に声をかけたと言います。「あなたの未来を霊能力で予言しましょう、赤ん坊が見えます。男の子です」と。言われた上官も半信半疑でしたが、五日後に本当に上官に赤ん坊が生まれたと言います。喜んだ上官はハヌッセンを危険な前線任務から外したと言います。

しかし、この予言もタネがあって、あらかじめハヌッセンは前線近くの野戦郵便局に勤めている友人を買収し、事前に上官の妻の手紙を見せてもらったのですね。インチキですね。

その後、ハヌッセンは退役し、再びステージに立ちます。ハヌッセンは今度は霊能者として再スタートします。ハヌッセンが目隠しをし、観客が無作為にマッチだとか物を隠し、その隠し場所をハヌッセンが当てるというのです。この霊能力ショーは大当たり。ハヌッセンの霊能力ショーは評判で、4万6千人以上も動員したと言います。そんなんでも各地から依頼は殺到し、月収は1000万円だとか。

さらにセレブを相手に占いも個人的にやったと言います。料金は相談者の月収の4倍で、一回約30万はくだらないと言われたほど。そうやってハヌッセンは金持ちになったのです。

それにしてもハヌッセンはそんなに霊能力があったのでしょうか。おそらくハヌッセンはそんな能力はなく、洞察力や共感力が優れていたのだと思います。また、彼は占いとか霊能力ショーをやる前に、スタッフに命じて事前に相談者や観客のデータをリサーチしていたと言います。観客の情報を公演のたびに記憶していたというから驚きです。

2 ナチスに接近
そしてさらなる名誉欲にかられたハヌッセンはナチスに近づくのです。ハヌッセンはナチスの幹部のヘルドルフに近づきます。彼はギャンブル好きで、30万ライヒスマルク(1億6000万円)もの借金を抱えていたと言います。ハヌッセンはヘルドルフの借金の半分を肩代わりしたと言います。そしてヘルドルフの人脈を生かし、ハヌッセンはナチスの幹部にどんどん接近します。

そしてハヌッセンは1931年1月に印刷所を買収し、自ら新聞を発行しました。「週刊ハヌッセン新聞」。その内容は健康情報や日常のお役たち情報、それからハヌッセンのオカルトじみた話も掲載されました。その新聞は大評判だったと言います。またハヌッセンは予言や占いの形で、「ヒトラーが政権を取るべき」と応援も始めたのですね。ナチスにとっても、人気者のハヌッセンがヨイショしてくれるのだからありがたいのですね。

そんなハヌッセンに危機が訪れます。新聞のスクープ記事でハヌッセンがユダヤ人だとスクープされます。ハヌッセンはこれまで自分がユダヤ人だといことをひた隠しをしていたのです。この報道にヘルドフルは激怒しました。そりゃナチスはユダヤ人を敵視していましたからね。ヘルドルフはハヌッセンを尋問しますが、ハヌッセンは「自分はユダヤ人の養子になっただけでユダヤ人ではない」とウソをついてその場をしのいだと言います。

でも、ユダヤ人のハヌッセンがナチスに近づくのは危険ですよね。はじめはうまくごまかしても後でバレる可能性がある。しかし、それはハヌッセンの抜け目のないところ。ハヌッセンは先のヘルドルフをはじめナチスの幹部たちに金を貸して、その借用書も大切に保管していたのですね。もし、その借用書が世間に知れたら、ナチスはユダヤ人にお金を借りている、資金援助してもらっていることが知られてしまいます。だから、その借用書があれば仮にユダヤ人だとばれたとしても大丈夫だとハヌッセンは思ったのでしょう。のちにハヌッセンはナチスに入党しますが、それくらいハヌッセンはナチスとやっていけると自信があったのでしょう。

3 ハヌッセンの転落
そして、1933年1月30日にヒトラーが首相になります。ヒトラー政権誕生にハヌッセン新聞がヒトラー首相就任を予言したと大評判。さらに勢いにのったハヌッセンは首相ヒトラーに熱烈な提灯記事チョウチンキジを新聞に載せます。ハヌッセンはヒトラーをマンセーして良いポジションをナチスからもらおうと思ったのかもしれません。

さらにハヌッセンはベルリン中心街の高級住宅に住みました。通称オカルト宮殿。友人たちを招いては降霊術や占星術を行なっていたいました。もちろん、彼にそんな能力などあるはずがなく、部屋のあちこちに盗聴器を隠したり、スタッフにゲストの情報も事前に収集させたりしたのですね。まさにハヌッセン絶頂期。しかし、ハヌッセンの危機はすぐに訪れます。


1933年2月27日、国会議事堂が突然火事になります。ナチスはそれを共産党の仕業だと宣伝します。その事件の前夜、オカルト宮殿にハヌッセンはセレブや新聞記者を招いて高齢会じゃなかったw交霊会を開きました。その席で「火が見える」とハヌッセンは予言しました。実は、この放火事件はナチスの自作自演と言われ、その情報を事前にハヌッセンはナチス側からリークしていたのですね。ハヌッセンは自分がいかに予知能力を持っているとアピールしたかったのですが、それが裏目に出たのです。それ以降、ハヌッセンは何者かにおびえるような発言を友人にするようになります。命をナチスから狙われるようになったのかも知れませんね。予言という形をとったとはいえ、ハヌッセンがナチスが秘密にしていたことをばらしたのですからね。

そして、ハヌッセンは1933年3月25日に突撃隊によって妻と共にベルリンで暗殺されたと言います。暗殺された理由はヒトラーがハヌッセンの存在を疎ましく思ったからだとも、権力構想に巻き込まれたかとも、ユダヤであることがバレたとか、はたまた借用書が世に出ることを恐れたナチスが暗殺したとも言われております。ハヌッセンの遺体は郊外捨てられ、その遺体はケモノの餌食になったと言います。

殺された理由はともかく、僕はハヌッセンの死に思うところがあるんですよ。ハヌッセンはナチスの御用コメンテーターであり、悪くいえば太鼓持ち。でも太鼓持ちって、例外もいるが、リーダーや権力者から好かれていなくて、「もし自分が落ち目になったら、こいつ裏切るぞ」って不審に思われることの方が多いんですよ。

本当に尊敬してれば別ですが、上に立つ人は色々な人を見てますからね。日本の戦時中の言論人もそうだよな。戦時中は、軍部をマンセーしてたのに、戦後コロッと変わって民主主義マンセーで軍部批判しまくりだもん。

ハヌッセンはヒトラーに心酔してたけれど、ヒトラーやナチスを利用して自分がのしあがろうという節もありましたからね。自分の栄達ばかり考えるから、国会議事堂火災事件の件もうっかりバラしてしまう。そういうところをナチスはハヌッセンを信用しなかったのかもしれません。



ちなみに「ヒトラーは1920年代の早い時期に占星術師のハヌッセンという人物から演説や心理学の手ほどきを受けた」と言われておりますが、実際ヒトラーとハヌッセンの接点はなかったようで、そのような事実もなかったそうです。

* この記事はWikipediaやNHK「ダークサイドミステリー」を参考にして書きました。