歴史の教科書で「大和時代」なんて言葉を覚えた方も多いかと思います。僕もそうでした。しかし、現代は「古墳時代」と言います。この時代の大和政権が国家と呼べるほどの勢力を持っていなかったからです

それで、最近の歴史教科書では「大和朝廷」という言葉が出てこないそうです。代わりに「大和政権」ないし「ヤマト政権」という言葉が出てくるのです。「大和政権」はともかく「ヤマト政権」と書くと宅急便が自民党に代わって政権を握ったのかなんて思わず思ってしまいますがwかくいう僕も昔、ヤマトでバイトしたことがありますw



そもそも「朝廷」という言葉は天皇を中心に政治を行う場所という意味があるのです。しかし、古代の日本は小さな国が乱立していて大和王朝も、その中の一つでしかなかったのです。もちろん、当時から非常に大きな勢力ではあったのですが、まだ日本を統一したわけじゃないので、朝廷というのもちょっと違うだろうということで「大和政権」となったのです。


また、天皇という言葉自体もこの時代は使われておらず、大王と呼ばれていました。日本で最初に天皇と名乗ったのは飛鳥時代の推古天皇からだと言われております。