江戸時代は鎖国をしていたと習った方は多いと思います。僕もそうでした。そして鎖国が始まったのが1641年とも教わりました。この年はオランダ商館が長崎の出島に移った年でしたから。

鎖国といえば、外国と交流をしない、今で言えば北朝鮮のイメージですが、実は幕府は貿易をしていたのですね。中国、琉球、オランダ、朝鮮とも交流が続いていたのです。交易の拠点は、長崎の出島は中国とオランダの窓口、朝鮮との窓口は対馬、琉球は薩摩藩を通して交流していました。それに田沼意次の時代には、もっと外国、具体的にいえばロシアと交流しようという意見も出たほどですから。幕府は貿易を制限しただけで、今の北朝鮮みたいに外国との交流をしていなかったわけじゃないのです。

幕府が貿易を制限した理由は、二つ。一つはキリスト教が国内で広まることを防ぐため。ポルトガルやスペインはキリスト教の宣教師を送り込み、内乱を起こさせ、それから軍隊を送り込んでアジア諸国を侵略したのですね。そうした手口を知っていた幕府はキリスト教が広まることを懸念したのです。島原の乱なんてまさに内乱です。あれを許したら、外国は日本に侵略していたかもしれない。だからこそ、幕府は徹底的に一揆軍を根絶やしにしたのですね。

もう一つの理由は、外国との交易を独占するため。諸大名が交易を通して力をつけることを幕府が嫌ったのですね。それで貿易港を制限して、その利益を幕府が独り占めしたかったのでしょう。

そもそも鎖国という言葉自体、1641年には使われておりませんでした。「鎖国」という言葉が初めて使われたのが17世紀末にオランダ商館医として日本にやってきたドイツ人医師ケンペルの著書『日本誌』の中にある。ケンペルは「日本は長崎を通じてオランダとのみ交渉を持ち、閉ざされた状態である」としたのですが、これを1801年にオランダ通訳の 志筑 忠雄シヅキタダオが「鎖国」と訳したのです。


だから、現実的には鎖国のイメージと当時の日本の状況は一致していないのですね。それで、将来、教科書から鎖国という言葉が消えるかもしれないのですね。最も、教科書には「鎖国」という言葉は当時の日本をイメージしやすい言葉だし、教える側からすれば「鎖国」という言葉を使った方が便利なので、現代の教科書では一応「鎖国」という言葉はまだ使われております。

* 参考文献