「士農工商」という言葉は、江戸時代の身分制度のことです。武士を表す「士」が一番えらく、その次が百姓を表す「農」。年貢を収めたり作物を作る大事な人たちだから序列としては武士の次。そして職人を表す「工」がきて、金もうけをする卑しい人たちだから「商」が一番ペケと。僕らはそう教わりました。ところが、近年の教科書では、「士農工商」という言葉が出てこないのです。江戸時代にはそのような明確な身分の区別がなかったというのが新しい常識になりつつあるのです。


もともと、士農工商という言葉は中国の古典の中に出てきて、しかも身分の上下関係を示すのではなく、あくまで士農工商は並列としてとらえられておりました。それを江戸時代の儒学者の中江藤樹ナカエトウジュがこれを引用し、支配者としての「士」と被支配者の「農工商」と区別したのです。しかし、それもあくまで一つの考え方でしかありません。


確かに「士」は別格の身分でしたが、農工商の間にとくに序列はなかったのです。あくまで職能の違いでしかないのです。また、当の本人らもこれらの身分に縛られておらず、百姓から職人になることもあったし、商人が百姓を始めることだってあったのです。極端な話、百姓だったものが武士に抜擢バッテキされることもあったのです。結婚も自由で、商人の娘が百姓の息子と結婚することもアリでした。それに、幕府がこれらの身分制度を強要したこともありませんし。ちなみに百姓という言葉ですが、これは農業従事者だけではありません。漁業や林業に携わったものも、百姓と言われました。

このように士農工商が厳しい身分制度だと言われるようになったのは明治時代。明治政府は江戸時代を身分制度が厳しい悪い時代、明治は四民平等の良い時代だと言いたかったのですね。

* 参考にしたもの
「にっぽん歴史鑑定」(BS TBS)