俺たちに明日はない [Blu-ray]
ジーン・ハックマン
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21



学生時代に「俺たちに明日はない」という映画を見たことがあります。先輩に勧められ見てみました。カップルのギャングで、銀行強盗と殺人を繰り返し、最後は悲惨な目に会うのですが。そのドラマティックなストーリーなのです。実はこの映画は実話をもとにしたものです。1930年代のアメリカで暴れ回ったボニー&クライド。その凄まじいほどの命懸けの恋でした。その二人の恋は100年近く経った今もミュージシャンの歌詞に登場します。ビョンセさんとか、斉藤和義さん、ジャニーズWESTに宇多田ヒカルさんの歌にも登場します。悪いこともしたけれど、若者たちにとって憧れの存在でもあったのです。

ボニーの本名はボニー・エリザベス・パーカー。1910年生まれ、彼女は大変真面目な少女だったそうです。その少女がなぜ凶悪な犯罪を犯すようになったのか?ボニーは父を幼い時に亡くし、祖母のいるテキサス州ダラス近郊に引っ越します。しかし、そこはスラム街で治安が悪く、ボニーの実家も貧しかったそうです。そんな環境でもボニーの学校の成績はトップクラス。性格も明るく犯罪を犯すタイプではなかったようです。ボニーは16歳で結婚、カフェのウェイトレスの仕事をしたのです。この頃のボニーは活発でよく働き、貧しい客には店のおごりにしたこともあったといいます。そんな最中、夫が銀行強盗の容疑で刑務所に入れられたのですね。それでボニーは離婚を考えたのですが、結局離婚届は出さず、籍はそのまま。法的にはボニーと夫との婚姻は生涯継続、つまり死ぬまでボニーは既婚者だったのですね。NHKの「ダークサイドミステリー」では夫と離婚したとなっているが、実際は違うようですね。

そんなボニーに変化が訪れます。1930年1月、運命の人と出逢います。クライド・チャンピオン・バロウ。小柄でイケメンな男性。しかも若くして高価な服を着て、車を乗り回す。そして何よりもクライドの危険な香りがボニーにとって魅力的だったのです。ボニーは一目惚れしたのです。ボニーはクライドとの出会いを母親にまくしたてました。よほど、惚れたのでしょうね

のちに、母はその時のボニーの様子をこのように回想しています。

「人生を変えるような出来事の多くがそうであるように、あっけないもの。それが運命の出会い」

恋に落ちたボニーはラブラブ。毎日のようにクライドとデートを重ね、愛を深めたのです。。ところが、一か月後、クライドは窃盗容疑で逮捕。実はクライドもスラムの出身で幼い頃から悪さを重ねた悪ガキだったのです。刑期は2年。ボニーはクライドが更生することを信じて手紙をクライド宛に送ったと言います。この頃のボニーはまさか自分がのちにクライドを悪さばかりするようになるとは思っていなかったでしょうね。

しかし、クライドは刑期をおとなしくじっとするような男ではありませんでした。なんとクライドはボニーに銃を持ってくるように要求。脱走したいと言うのです。クライドの更生を願うボニーは拒んだか?とんでもない、ボニーは刑務所にいるクライドに銃を渡したのです。そしてクライドは脱走。しかし、またも逮捕。懲役も14年に延長してしまったのです。

しかし、クライドは恩赦オンシャを受けて刑期が短縮され2年で仮釈放されたのです。しかし、クライドは更生することもなく、刑務所で仲良くなった者と共に再び犯罪に手を染めていたのです。強盗や殺害を繰り返し、ボニーに会う為にダラスに舞い戻ったのです。

ちなみにこの頃のボニーは強盗事件を起こしていたのですね。クライドに会えない寂しさから犯罪を犯したのかも。しかし証拠不十分で釈放になったのです。そして、クライドとボニーは再会。二人は刑務所で知りあった仲間も加えバロウギャングを結成。クライドギャング団は盗んだ車を乗り回し、銀行強盗や追ってきた警官を殺すなどの犯罪を重ねていました。その盗んだ車は1932年型フォードV8。これは時代を超え、今も愛される自動車です。1930年代は最新式の大衆車でした。フォードV8は大衆車の中で最高の速度と加速力を備えており、一味の周到な逃走計画とも相まって、警察の車では容易に追いつけなかったのですね。犯罪を犯しても、隣の州まで逃げ込めば、警察も管轄違いで追っかけることができません。


その後、ボニーとクライドは強盗や殺人を繰り返していくのです。そんな二人の運命は?後半に続来ます。

http://ehatov1896rekishi.diary.to/archives/2535573.html(後編)