history日誌

カテゴリ:欧米の歴史 > アメリカの歴史

1918年第一次世界大戦中またしても、疫病がはじまるのです。それはスペイン風邪。いまでいえばインフルエンザです。大戦で戦った兵士たちが感染し、そこから世界中に広まったのです。それでワクチンを開発。インフルエンザの原因と思われる細菌を発見。この細菌をもとにワクチンがつくられました。ところが、ワクチンは思ったような効果がでず、患者は増えるばかり。それもそのはず、インフルエンザの原因はウィルスだったのです。ウィルスは最近よりもずっと小さかったので顕微鏡では発見できなかったのです。まさにウィルスは未知の存在だったのです。

その未知なるものに挑んだのがアメリカのサンフランシスコの保健委員会委員長ウィリアム・ハスラー。彼が行ったことは「人の接触を減らす(人が集まりそうな娯楽施設や学校・教会閉鎖」ことと「市民に対するマスクの着用義務付け」。

なんとサンフランシスコの市民99%ちかくがマスクを着けていたといいます。当時アメリカは第一次世界大戦の前線で兵士たちが戦っていました。その兵士たちにインフルエンザを移さないためにも自分たち市民が協力せねばと思ったのですね。

ハスラーは「これはサンフランシスコ市民の持つ注目すべき知識レベルの高さと強調精神の証だ」と。そのハスラーの呼びかけに市民が応えたのですね。1918年10月には8000人の市民がインフルエンザに新規感染したのですが、11月には二けたまで下がったといいます。11月21日にはマスク着用条例が解除。そして閉鎖していたあ娯楽施設や学校や教会も再開させます。ところが、マスク着用条例解除の10日前、第一次世界大戦が休戦したのです。戦争終結の喜びとともに、自粛疲れも手伝って気が緩んだのですね。感染者の数は減ったものの、ウィルスが潜伏していたことは当時の人たちは気づかなかったのです。

そしてマスク条例を解除してから徐々に増え始めました。また悪いことに12月はだんだん寒くて乾燥していますからウィルスにとっては居心地のよい環境です。さらに悪いことに12月といえばクリスマス。ますます市民の気が緩みます。それでハスラーは12月7日、ふたたびマスク着用義務化の再実施を訴えます。しかし、議会ではクリスマスが盛り下がるとかいろいろな理由をつけて反対されます。戦争が終わったので、兵士たちをマスクをつけて守ろうという愛国的な目標が失われてしまったのですね。今日の日本に例えればマスクをして自粛をして医師を守ろうという目標ですね。そのうえ戦争が終わった喜びから市民はクリスマスを楽しみたいという気持ちがあったのです。

インフルエンザでサンフランシスコの死者は3500人でした。そのうち1453人も亡くなりましたが、その1453人はマスク着用解除後の死者だったのです。

疫病という目に見えない恐怖は、時に人間の心を狂わし、病気に感染した人を差別したり、いじめたり、そんなことが繰り返されてきたのです。ハンセン病患者もそうだし、今日のコロナに感染した人が白い眼で見られてしまうのです。人間が自然の一部である限り感染病は必ず起こるといいます。、

肝心なのは、そうした感染症にどう対応していくか。ウィルスや細菌という病原体をいたずらに恐れるのではなく、歴史を振り返っても疫病は我々の社会の弱点を突くような形ででてくるのです。たとえば、今回のコロナを通して社会の問題点がいろいろと浮き彫りになったような気がします。日本であれば、病気でも仕事を休めない日本社会。首都圏に企業や学校が集中しているため、朝はどこも満員列車。これではコロナも感染してしまう。

外国を見ても、貧富の差が激しくて貧しい人たちが狭いところで雑魚寝をしているためにどんどん感染が進む国。医療が遅れているために感染が止まらない国。衛生状況が悪すぎるために感染が進む国。

また、感染症やウィルスがあったときに世の中はかわってきているのですね。それゆえに社会の仕組みも変わってきているのです。それが悪いことばかりではないのです。たとえば、今回のコロナを通して首都圏への集中を見直し、地方にも大学や企業の移転が進むかもしれない。テレワークが進み、働き方改革も進むかもしれない。

たしかにコロナは大変恐ろしいですが、人類は何回も疫病の危機を乗り越えてきたのです。それも今よりも医療の知識がなかった時代に。だから、今回のコロナも必ず乗り越えられると僕は信じております。

あけましておめでとうございます。今年もよいお年になりますように。

今年は酉年ということで、きょうは鶏にまつわるお話をします。

それでは、鶏インフルエンザの話を。うそうそ、新年早々縁起の悪そうな話はしませんw

鶏といえば英語でチキン、そしてチキンといえば、ケンタッキーフライドチキンのチキンはおいしいですよね。そう今日はケンタッキーフライド・チキンの創業者であるカーネル・サンダースのちょっといい話をします。

1985年、プロ野球で阪神タイガースが優勝したとき、阪神ファンがケンタッキーの店舗の前に飾ってあったカーネルサンダースの像を持ち出し、道頓堀の川に投げ込んだといいます。それから長いこと阪神は低迷して・・・・すみません、新年から変な話をしましたw

本題に入ります。


続きを読む

1 大統領選をひかえ
 前回まで15回にわたってイスラエルとパレスチナの歴史を振り返ってみましたが、今日はアメリカとイスラエルの関係にふれます。今年はアメリカの大統領選がひかえているので、わりとタイムリーな話題かと思います。

ちなみに、今回の大統領選挙の共和党候補こうほ者のハナフダ氏じゃなかったwトランプ氏はイスラエルを「アメリカの最も信頼できる友」としており、「我々は100%、イスラエルのために戦う。1000%戦う。」と大変おそろしいことをいっております。こんな人が大統領になったら中東はますますゴタゴタしますわ。

じゃあ民主党候補こうほのクリントン氏(ヒラリー)なら安心かと思うとそうとは言えません。クリントン氏は「私が政権を得てまず最初にすることは、イスラエルの首相をホワイトハウスに招くことです。」と言っていることからイスラエルに肩を持っているのです。結局どっちが勝っても中東に住むアラブ人にとってはありがたくないことなのですね・・・

それにしても両大統領候補がなぜここまでイスラエルに対して肩入れするのでしょう?それはアメリカに住んでいるユダヤ人たちの圧力団体が、イスラエルに不利なことに対しては公共・民間をとわず猛烈もうれつなロビー活動や糾弾きゅうだん運動を展開するからです。実際イスラエルを批判して政治生命を絶たれた政治家もいたといいます。また、大統領選挙においてユダヤ系団体のまとめる組織票も無視できないのですよね。

2 アメリカにわたったユダヤ人
 ユダヤ人がアメリカに初めて渡ったのは16世紀後半だといわれております。そのアメリカに初めてわたったユダヤ人はオランダからきたといいます。オランダからユダヤ人がはじめて渡ったところがニューアムステルダム、いまの入浴じゃなかったwニューヨークです。

その後、東ヨーロッパやドイツ出身のユダヤ人の大陸移住がすすみ、1880年以降はロシアなどからユダヤ人がアメリカにやってきます。ロシアでポグラムというユダヤ人弾圧がひどくなって、それを逃れてアメリカにやってきたのでしょう。

そうして現在アメリカに住むユダヤ人は500万人とも600万人ともいわれておりますが、アメリカの人口3億1905万人ということを考えると、そんなに多いわけじゃないのですね。けれど、アメリカに住んでいるユダヤ人の3分の1がニューヨーク州に住み、さらにニューヨーク市民の4人に一人がユダヤ人だといわれております。ニューヨーク市といえば、アメリカいや世界の経済の中心です。ユダヤ人は金融きんゆうに強い人が多いですから、当然ニューヨーク(特にウォール街)でも大きな力を持てるのでしょう。

3 ネオコンについて
 ここでネオコンの話に切り替えます。ネオコンとイスラエルは大きな関係があるのです。ネオコンとは寝言・オナニー・コンプレックスの略ネオ・コンサーバティブ(新保守主義)の略です。彼らの多くはユダヤ系アメリカ人で、第二次世界大戦から戦後にかけては過激左派だったのですが、1967年、第三次中東戦争でイスラエルが全パレスチナを占領していたのを、国連安保理こくれんあんぽりが「占領地からでていきなさい」と勧告かんこくしてからネオコンは変わったのです。

そのことにブチ切れたネオコンたちは反国連主義になり、イスラエルが全パレスチナを支配するためなら、戦争をおそれず、全世界を「アメリカ型民主主義」に変えなければいけないと主張しはじめたのです。イスラエルの近隣諸国きんりんしょこくに、「少しでもイスラエルとアメリカにさからう国家を許しては世界の平和はない」というのです。

ネオコンとイスラエルの関係をもっともはっきり表している文書が『完全な断絶・イスラエルの領土保全のための新戦略』(1996年に発表)というレポートです。その内容は、オスロ合意を完全に破棄はきし、パレスチナ人を徹底的に屈服させる「力による平和」以外にイスラエル国家の選ぶ道はないとうものです。このレポートは在米シオニストのリチャード・パールなどのネオコンが起草し、イスラエルの首相だったシャロンもパールの方針に従って、ネオコン路線をつきすすんだのです。

4 利権
 『完全な断絶』が発表された翌年の1997年、このレポートの起草者であるリチャード・パールなどのネオコンが中心になって共和党保守派とともに「アメリカ新世紀プロジェクト(PNAC)」というシンクタンクを結成し、「軍事力を増強し、先制攻撃をさずにアメリカの国益と価値観を世界に広げるべし」と主張しております。

PNACのメンバーにはチェイニー元副大統領やラムズフェルド元国防長官、ジェブ・ブッシュ(ブッシュ元大統領の弟で今回の大統領選挙の候補に名乗りを上げたが撤退)やアフガニスタン戦争で石油利権をめぐって暗躍あんやくした人物などが名を連ねています。

アメリカがイラクに攻め込んだのも、フセインを倒し、アメリカに忠実な傀儡政府かいらいせいふ(※1)をつくれば、石油資源支配のためにも、中東の中心部に米軍基地がおいてアメリカ・イスラエルに批判的ひはんてきな国や勢力ににらみを利かせることもできるという点でも、イスラエルとアメリカにとってこれほどうまい話はありません。もっともその思惑おもわくは今日の中東のゴタゴタを見ている限り裏目うらめに出ているとしか思えません。

※1 表面上は独立した政権であるが、影で他国など他の勢力に操られ、それらの強い支配や統制に置かれている政権のこと。


※参考文献

今年は終戦から70年という節目ふしめの年を迎えます。今年最後のエントリーは戦後70年企画ということで、日系アメリカ人の戦中と戦後について簡単かんたんではありますがお話をします。日系アメリカ人の人たちの苦労はそれは大変なものだったようです。

とくにパールハーバー以降、アメリカ大陸の太平洋岸諸州にいた日系人たちはアメリカ人たちに目のかたきにされてしまいます。日系人は太平洋戦争間もなくして大統領の命令により、臨時の収容所に強制的に移され、やがて山間部や砂ばく地帯につくられた施設に収容しゅうようされました。

収容所内にいた日系二世の若者たちは偏見へんけんの目で見られる一方で、1944年以降、徴兵ちょうへいの対象になったのです。これを日ごろバカにしているアメリカ人たちの見る目を変えるチャンスと思う若者がいる一方で、アメリカ人としての権利がうばわれている状況では徴兵におうじられないと、それを拒否する若者もいました。

一方のハワイにいる日系人は人数が多くハワイでは不可欠の働き者だったので、合衆国はハワイの日系人たちを収容所にいれることはしなかったといいます。そして、ハワイ在住の日系人にも徴兵されるようになります。

日系人の部隊は激戦地であるイタリア戦地に送られました。そのため犠牲ぎせいになった日系人も少なくありませんでした。日系人の部隊はいくつにも分かれていましたが、特に勇敢ゆうかんに戦った部隊は表彰状ひょうしょうじょうおくられました。

戦後になってトルーマン大統領が「あなた方は敵と戦っただけでなく偏見とも戦って勝った」たたえました。

議員として長く活躍かつやくしてきたダニエル・イノウエという人がいたようですが(僕も本を読んではじめてしりましたw)、かれも戦争で奮戦ふんせん負傷ふしょうした勇士でした。

160px-First_Lt_Daniel_Inouye

(陸軍少尉しょうい時代のイノウエ。ウィキペディアより)

日系人が忠誠ちゅうせいなアメリカ人として認められるためには、このような命をかけた戦場での奮戦が必要だったし、あるいはアメリカ人として忠誠をくす必要があったのです。

今年の春先に「紅白が生まれた日」というドラマを放送したのですが、その時ミュージシャンの星野源さん演じる日系人がGHQとして働きつつも、日本人としての心が捨てられず、なやむシーンが描かれておりましたっけ。自分には日本人の血が流れているのにアメリカ人として働かなくてはならない、そんな矛盾むじゅんした心境しんきょうに悩む日系人も多かったと思います。

一方で、食料不足で悩む日本国民のために、食料などの援助物資を送る運動を日系人たちが盛んに送る運動もしていたといいます。


私事になりますが、僕の母が小さいころに、GHQで働く日系人にケーキだとかお菓子かしだとかをいくつももらったという話も聞いたことがあります。

第二次世界大戦後のアメリカでは反日感情がうすくなり、差別のかべは低くなりました。そうして日系二世、三世たちは多くは教育の機会を得て、次第に社会的地位を得るようになりました。

そして戦時中に日系人という理由だけで収容所に強制収容した不当性をアメリカ議会に認めさせ、補償ほしょうを得ることができるようになりました。

議会は日系人強制収容所の根本的不正義をはっきりみとめ、生存する被害者に二万ドルを補償することを定めた日系人補償法が可決し、時の大統領のレーガン大統領の署名も得ました。それは1988年のことです。


※ おまけ

今年もあとわずかになりました。来年もみなさまにとって良いお年になりますように。今年の干支えとであるひつじの動画をどうぞ。



※ 参考文献




1 暗黒の木曜日


 今日は1929年の暗黒の木曜日のお話です。アメリカの経済はうんと悪くなり、それは世界中に波及しました。そして日本とドイツにファシズムが台頭するようになりました。

とはいえ暗黒の金曜日が起きるちょっと前まではアメリカの景気はものすごく良かったのです。株を買うことがブームになって、借金をしてまで株を買う人がいたほど。80年代の日本のバブルや最近のサブプライム問題に似ているなと思いました。

ちなみに経済学者のケインズはこの暗黒の木曜日について次のように述べております。


グローバルでかつ個人主義的な資本主義は成功ではなかった。それは知的でなく、美しくなく、公正でもなく道徳的でもない、そして善をもたらさない。だが、それ以外に何があるかと思うとき非常に困惑する。



この暗黒の木曜日以降、損をする人がたくさんいたのですが、例外的に二人の相場師はこの暗黒の木曜日にも拘わらず大儲けをしたのです。その人の名はジョセフ・ケネディとジェシー・リバモアの二人ですです。



2 ケネディ大統領の父



_1938

ジョセフ・ケネディ

ジョセフ・ケネディとは、あのケネディ大統領のお父さん。顔写真みたけれど、やはり似てるわwこの人の本職は実業家なのですが、相場師もやっていたようです。もうけるのはかんたんだ。法律で禁止される前にやれば良い。」というのが彼のポリシーで結構アクドイことをしたようです。そのためジョセフ・ケネディのことをうらんでいた人も少なくなかったそうです。

3 ジェシー・リバモア

ジェシー・リバモア

この人の武器はその情報力です。各国の株の相場の情報を随分集めていて、さらに「空売り」をして大もうけをしたそうです。僕は株のことはよく知らないのですが、株の値が下がったところで「空売り」をすると儲かるそうですね。ちなみに、暗黒の木曜日の大暴落のときも、この人は大変な大もうけをしたそうです。なんでも1億ドル以上の利益をあげたとか。


4 二人の明暗

 実は二人とも、いづれ株が大暴落を起こすことを事前にわかっていたそうですね。本当かウソか知らないけれど、ジョセフ・ケネディはくつみがきの少年が株の話しをしていて、それを知ったとか。

しかし、暗黒の木曜日を発端とする大不況は二人の人物の明暗をわけました。ケネディのほうは、相場の世界から身をひき、実業界に専念しました。

さらに、ジョセフ・ケネディは政界にまで進出しました。まさに勝ちっぱなしの人生でした。

「ふん、あやかりたいものだねw」と言いたいところですが、その彼のツケはケネディ大統領ら子供達の代に回ってくるのですが・・・

一方のリバモアは1934年ごろに破産をし、一人さびしくピストル自殺をしました。リバモアの残した遺書にはこのように書かれていたといいます。「どうしようもない。事態は悪くなるばかりだ。私は戦うのに疲れた。もう続けていけない。私にはこれしか方法がない。私は君の愛には値しない。私は失敗者だ。本当にすまないが私にはこれしか方法がないのだ」と・・・


ちなみに彼が死に際して残した信託と現金は500万ドルにのぼっていたといいます。

※ 参考 

「その時歴史がうごいた」
「新・映像の世紀」

ウィキペディア


汝の父の罪―呪われたケネディ王朝
汝の父の罪―呪われたケネディ王朝
クチコミを見る


マンガ 伝説の相場師リバモア (ウィザードコミックス) (ウィザードコミックス)
マンガ 伝説の相場師リバモア (ウィザードコミックス) (ウィザードコミックス)
クチコミを見る

このページのトップヘ