history日誌

カテゴリ:欧米の歴史 > アメリカの歴史

1 ドイツ賠償金を課したモルガン
第一次世界大戦が終わってアメリカは好景気に沸きました。そのときのアメリカの大統領はウィルソンでした。しかし、アメリカで指導力を発揮したのはモルガン家でした。ウィルソン大統領のウィルソンは「十四か条の平和原則」を発表し、ドイツに賠償金を課すことに難色を示したそうですが、ウィルソンと違ってモルガン家はドイツに重い賠償金を払わせようとしたのです。

モルガン家にとって重要なのは第一次世界大戦で各国に貸し付けた戦費の回収でした。大統領をしのぐほどの発言力をもつモルガンは「ウォール街の帝王」とよばれたほど。

しかし、ドイツに多大な賠償金を課したツケがヒトラー率いるナチスに苦しめられる結果になるのですが。

2 タイタニック号沈没にかかわっていたモルガン


モルガンはカメラ嫌いで、公の場に登場することはなかったのですが、彼が注目されるようになったのはタイタニック号の沈没です。

1912年4月10日、タイタニック号はイギリスからアメリカに出港しました。しかし、その四日後タイタニック号は氷山にぶつかり、沈没しました。

タイタニック号の船の運航会社のオーナーはモルガン家の一族のものでした。

救命ボートの不足、救済も金持ち優先したことの疑い、それから船に巨額の保険金もかけていたこともあり、モルガン一族は批判にさらされましたが、モルガン家は動じませんでした。なにしろモルガンはアメリカの影の支配者で、実際にアメリカの企業のいくつかはモルガン家の投資で大きくなりましたから。

たとえば発明王のエジソンの会社もモルガンの投資で大きくなったそうです。




3 関東大震災とモルガン家

このようにモルガン家は血も涙のないように思えますが、日本が関東大震災で大変な時には、手を差し伸べたといいます。モルガンは日本政府が発行した復興公債一億五千万ドル(現在の価値で20億ドル)を引き受けたといいます。

しかし、それも所詮は借金。日本がこの債務を払い終わるのは40年後の高度成長期だといいます。

4 暗黒の木曜日と第二次世界大戦がはじまって

そして訪れたのが1929年の暗黒の木曜日。当時のモルガン家の当主ジャック・モルガンは議会の聴聞会によばれました。過剰な投機熱をあおったこと、自分だけはいち早く資金をひきあげ被害を免れたこと、そして脱税が指摘されたのです。

モルガンなどをはじめウォール街のひとたちはドイツ、イタリア、日本を資金面で支えていたのですが、第二次世界大戦がはじまると態度を変えたそうです。モルガンはアメリカが発行する戦時公債の販売を引き受けました。モルガンらウォール街は一致団結して戦争協力しました。

そうした勝ち組たちがいる一方で、若者たちが危険な戦地に送り込まれ、たくさんの尊い命が失われたのです。


※参考 
『新・映像の世紀』より

Henry_ford_1919


20世紀初頭、アメリカに登場した代表的実業家の一人といえばヘンリー・フォードでしょうか。彼は職人から会社をつくり成功をした人物です。

フォードは、デトロイトに近いディアボーンの農民の子として生まれ、職人としていろいろな仕事を手掛けながら、内燃機関ないねんきかんの製造に成功して自動車をつくる会社(デトロイト・オートモービル・カンパニー)をつくりました。

そして、デトロイト・オートモービル・カンパニーをフォード・モーターカンパニーへ拡大かくだいさせ、やがて自動車の製造に革命かくめいをおこしたのです。

それまで車は大金持ちしか買えなかったのですが、彼のおかげで庶民しょみんでもなんとか買えるようになったのです。自動車を徹底的に部品化し、部品の製造と組み立て作業を単純化し、整然とした流れ作業で組み立てをおこない大量生産ができるようになったのです。

そのヘンリー・フォードはたいへんな反ユダヤ主義者で、地元の新聞を通してユダヤ人の批判をしたといいます。

また、フォードは共産主義きょうさんしゅぎについても批判的ひはんてきでした。彼の工場は給料が良かったのですが、彼自身は労働組合をきらい、あらゆる手段をつかって工場の労働者の組織を妨害ぼうがいしたそうです。

反共&反ユダヤ主義をとっているナチス・ドイツに、フォードは共感をいだき、ナチスに資金援助をしたというウワサもあったとか。その話をこの間放送された『新・映像の世紀』で知り衝撃を受けました。


一方のヒトラーはヒトラーでフォードの「インスピレーション」を評価すると述べ、机の横にフォードの等身大の肖像しょうぞうを置いていたそうです。また、ヒトラーはフォードを尊敬しており、「彼の理論をドイツで実践じっせんするためベストを尽くしたい」と述べたとか。




(T型フォードの動画)

※ 参考文献


ジャズが生まれたのは禁酒法が制定される前ですが、禁酒法がジャズの成長を後押あとおしをしたというとおどろかれる方もいらっしゃるのではないかと。実は僕もテレビのドキュメンタリー番組を見てびっくりしましたw

禁酒法時代に違法酒場いほうさかばで、ジャズミュージシャンが演奏をしていたのです。酒場と音楽は切っても切れないものですからね。

その違法酒場をシカゴでいくつも経営していたのが、前回の記事でご紹介したアル・カポネです。

この時期に活躍した歌手がアーム・ストロングにビリー・ホリディなどです。ルイは1920年代前半にシカゴに移り、音楽活動をしていたそうです。ビリー・ホリディは黒人女性として苦労をしたといいます。



(ルイ・アームストロング)


(ビリー・ホリディ)

※ 参考サイト
ウィキペディアなど。

禁酒法時代に暗躍したのがアメリカン・マフィアでした。そのアメリカン・マフィアで有名なのがアル・カポネでしょうか。禁酒法時代、シカゴを拠点に密造酒の密売で莫大な富を得て、「暗黒街の帝王」と呼ばれたほど。


アル・カポネは、1899年、イタリアからの貧しい移民夫婦の四男として、ニューヨーク市ブルックリン区の貧民街で生まれました。彼は少年時代から悪ガキで、教師をなぐって学校を中退すると、ストリートギャングになりました。当時のニューヨークで勢力を伸ばしていたボスがカポネのことを気に入り、暗黒街での生き方を一から教えたといいます。

このボスの配下が二件の殺人容疑でやばくなると、ボスはカポネをシカゴに送り込みました。1920年、カポネが21歳の時でした。

1920年といえば、禁酒法が制定された年でした。飲酒自体を禁止せず、酒類の製造、輸入、販売のみを違法としたこのザル法は、すぐさまギャング組織の莫大な財源に転じました。

禁酒法ができる前までは普通にお酒を買えたのに、この法律ができたため自由にお酒を買うことができなくなり、そのために密売が増えたのです。

さて、このアル・カポネのお兄さんが意外なことに、禁酒法時代の禁酒法取締り捜査官だったのです。ヴィンチェンゾ・カポネといい、カポネ家の長男です。

ヴィンチェンゾ・カポネは1924年にカポネ家の住むシカゴへと赴きました。弟たちの記事が掲載されている新聞の見出しから、家族の現状を確かめようと思い立ったからでした。

シカゴで記者たちに「禁酒法捜査官として酒の密売で弟たちを逮捕するつもりか?」と聞かれ、「弟たちがネブラスカ州に足を踏み入れたら、必ず逮捕する」と返答しました。以後、彼は少なくとも年に1度は休暇を利用し、シカゴを訪れている。その際、奥さんには行き先や理由は告げなかったといいます。

1927年に彼はカルヴィン・クーリッジ大統領の護衛を務めした。ヴィンチェンゾ・カポネがアル・カポネの兄だったという意外な事実は同僚の護衛たちはもちろん、大統領さえ知らなかったのです。

兄弟で真逆の人生を歩んでいるとはオドロキですね。


※ おまけ

アル・カポネの動画です。







※ 参考文献およびサイト

ウィキペディア


藁のハンドル (中公文庫―BIBLIO20世紀)
ヘンリー・フォード
中央公論新社
2002-03




「新・映像の世紀」で知ったのですが、禁酒法はヘンリー・フォードなどの当時の経営者側が強く求めていたようですね。

飲酒による労働者たちの仕事の能率が落ちているというのが経営者側の主張です。

トーマス・エジソンも禁酒法には積極的で、禁酒法を後押しする映画までつくるほど。その映画とは違法な酒場を女性たちが襲うというものです。

エジソンの手記には「かつては月曜になると、社員の奥さんたちがやってきて金曜にもらったばかりの給料を夫が全部飲んでしまったと私に泣きついたものだ。しかし禁酒法が制定されると、みんなその悩みから解放されたものだ」みたいなことを書かれていたようです。

このようにお酒を毛嫌いしている経営者がいる一方で、労働者側はどうしてお酒を飲むのでしょう?酒好きで飲兵衛が多いといえばそれまでですが、おそらくストレスではないかと。

20世紀初頭のアメリカの労働者はユダヤ人など移民が多かったようです。1910年にはアメリカの鉄鋼動労者の70パーセントが移民だったそうです。なれない異郷の地での仕事は、移民の人たちにとってストレスのたまることも多かったと思います。憂さ晴らしに酒を飲みたくなったのでしょう。

また、経営者側が禁酒法を後押ししたといっても、すべてのアメリカの企業が後押ししたわけではありません。お酒をつくる会社やお酒の卸売商や酒場経営者の間にとって禁酒法は大打撃でした。また、そこで働いている労働者たちも大勢失業したそうです。







※ 参考
『新・映像の世紀』より

このページのトップヘ