history日誌

歴史と歌が大好きな私が日本史から世界史まで広く浅く書きます。 歴史の知識は素人レベルで、私が語る歴史の内容が真実かどうかは自信はありませんがw、楽しんでブログを書いていきます。教科書に載ってないようなマイナーな歴史の話もします。

カテゴリ:日本の歴史 旧石器〜平安時代 > 飛鳥・奈良時代

最近、相撲の土俵を女人禁制にするのは時代錯誤ではないのかという意見があります。きっかけは、京都府舞鶴市での大相撲春巡業のときです。舞鶴市の市長が土俵の上で倒れ、たまたま客として相撲をみていた女性の看護師たちが土俵に上がり救命処置をしました。しかし、行司が看護師たちに土俵から下りるよう促したのです。さいわい市長は一命をとりとめましたが、もし看護師たちが応急処置をしなかったら、市長は命を落としていたのかもしれない。人命よりも伝統を重んじるのかということで、行司と相撲協会が随分叩かれました。

大昔には女性の力士もいたそうですが、土俵は基本的に女人禁制です。なんでも相撲という競技はもともとは五穀豊穣ごこくほうじょうの女神さまをよろこばせるために行われた催しだそうです。そして、土俵にはその女神さまがいらっしゃるそうです。その土俵に女性があがると女神さまは嫉妬しっとで怒り狂い、たちまち農作物がとれず凶作になるそうです。だから、土俵には女性が上がれないそうです。

でも、今回のケースのように人命がかかっているとか、やむを得ない場合は仕方がないと思われます。原則は原則としてきちんと守ることはべきですが、原則には例外がつきもの。例外のケースが発生した時は臨機応変に対処したほうが良いと僕は思いますね。

土俵に限らず日本のあちこちにも男性しか入れない神社、逆に女性しか入れない神社があるそうですね。今日お話しする沖ノ島もそうです。

沖ノ島は九州北端と対馬のほぼ中間、玄界灘げんかいなだに浮かんでおります。周囲約4キロ、面積わずか0・69平方メートルの小さな孤島です。この島には宗像大社沖津宮むなかたたいしゃおきつみやという神社があります。
え、宗像大社沖津宮ってなにかって?順を追ってお話ししますと、宗像大社とは福岡県宗像市にある大きな神社で、沖ノ島の沖津宮筑前大島ちくぜんおおしま中津宮なかつみや、宗像市田島の辺津宮へつみや(総社)の3つの神社をひっくるめて宗像大社というそうです。その沖ノ島にある沖津宮とは宗像大社にある3つの神社の一つなのですね。ちなみに宗像大社は世界遺産に登録されました。

この島には人が住んでおらず、しいて言えば宗像大社につとめる男性の神官一人が、10日間交代で島にやってきて神主の役目をされるそうです。ただし、神聖な島であるため、島に上陸する前に徹底したみそぎが行い身を清めるそうです。

それくらい沖ノ島は神聖な島で、女性が入ることもできず、男性であっても宗像大社の許可がなければ足を踏み入れることができないのです。なぜ、島に女性が立ち入ることができないのか?それは、この島にある宗像大社沖津宮の祭神・田心姫神たごりひめのかみが関係があるそうです。この女神さまは大変嫉妬深く、女性が上陸すると、それだけで嫉妬心を抱くそうです。女どうしの争い(逆に男同士の争い)はむごいものがありますからね。異性同士の二人だったら、お互いに手加減をすることがあっても、同性同士だと容赦しないのですね。え?うちのカミさんはダンナに厳しくて、容赦しないって?まあ、その辺のお話は置いておきましょうw

それはともかく、女神さまのたたりがこわくて、沖ノ島では女人禁制がずっと守られているようです。そして、めったに人が立ち寄ることもできないので、島内には手つかずの原始林が生い茂っております。そして、かつてはこの島で祭祀が行われ(4世紀〜10世紀ごろ)、銅鏡や玉類、鉄製武器、朝鮮半島由来の金製指輪や馬具、中国由来の金銅製品、ササン朝ペルシア製のカットグラスなど様々な宝物が発見されました。これらの宝物はすべて国宝か重要文化財に指定されました。それで、沖ノ島は「海の正倉院」と呼ばれるようにもなりました。

これらの遺物が出土した背景として、古来、沖ノ島が日本から朝鮮半島や中国にわたる際の要地にあったからです。古代、宗像地方を治めていた豪族・胸方むなかた氏によって宗像大社沖津宮が沖ノ島に置かれたのです。そして、祭祀が行われるようになったのです。何のためかというと、航海の無事を祈るためです。

昔は造船技術や航海技術が未熟であったため、海難事故が多発したそうです。沖ノ島に住む神様に航海
の無事を祈るべく祭祀が行われたのです。


(宗像大社の動画)


※ 参考文献および参考にしたもの




あと、『歴史秘話ヒストリア』も参考にしました。

DSC_2218


DSC_2219


DSC_2216



このブログをご覧になってくださっている皆さんこんにちは。写真に写っているのは何だと思われますか?

わたくしehatov1896の家?違いますよw

これは、福島県の二本松にある安達ケ原の岩屋です。この岩屋になんと人を食べるという鬼婆が住んでいたというから驚きです。この岩屋があるのが観世寺というお寺で、境内には鬼婆が出刃包丁を洗ったという血の池や鬼婆の石像などもあります。


僕がこの安達ケ原に住む鬼婆のことを知ったのは実は小学校の時です。小学校の時に読んだ『日本のミステリー』という怪奇や伝説が子供向けに書かれた本で、安達ケ原の鬼婆を知りました。僕も子供のころから、この岩屋に行きたいと願っておりました。けれど、なかなかその願いがかなわなかったのですが、昨年(2015年)に訪れることができました。長年の願いがかなったのですから、うれしかったですね。

DSC_2213

DSC_2238
DSC_2239


どういうお話かというと、この鬼婆というのはもともと悪だったわけじゃなく、京都で公家の娘(姫)の乳母だったのです。乳母の名前は岩手といいました。しかし、この姫様が病気がちで、姫の病気をなおすには妊婦の生き肝を飲ますしかないと、ある祈祷師から言われたのです。


その姫の病気を治すために、乳母・岩手は東北まで行ったそうです。なにしろ新幹線も飛行機もなかった時代ですから、女一人で京都から東北まで長い道のりを何日もかけて歩いたのですから、大変な旅だったと思います。ちなみに岩手には幼い娘がいたのですが、娘を京において一人東北まで行ったのです。岩手は二本松に庵をかまえまして、若い妊婦を待ち構えていたのです。それも何年も。

DSC_2228



DSC_2230
DSC_2231



そこへ、若い夫婦が岩手の庵にやってきたのです。嫁のほうが産気づいていたので、岩手はやったとおもったことでしょう。そして、岩手は快く若夫婦を庵に泊めました。夫が薬を求め外出をしたので、そのスキに若い妊婦を殺したのです。しかし、その岩手が殺した若い妊婦は、岩手の娘だったのです。

生き別れの娘を自らの手で殺してしまった岩手は気がくるってしまいました。それから岩手は鬼のような人間になり、庵に人を誘っては殺すようになったのです。


ある日、紀州の僧・東光坊祐慶が安達ヶ原を旅している途中に日が暮れ、岩木の庵に泊まりました。東光坊祐慶は岩木がニコニコ親切にもてなしたので、そんな恐ろしい女だとははじめは気づかなかったのです。


DSC_2232




DSC_2234


ところが、岩木が薪が足りなくなったのでこれから取りに行くと言い、奥の部屋を絶対に見てはいけないと祐慶に言い残して庵から出て行きました。

けれど、見てはいけないといわれるとついつい見たくなるもの。あの女をやってはいけないといわれると余計やりたくなるものw。

祐慶がこっそり戸を開けて奥の部屋をのぞくと、そこには人間の白骨死体が山のように積み上げられていた。びっくりした祐慶は、あの老婆こそ人を食い殺すこと鬼婆だと感付き、その庵から逃げ出したといいます。

祐慶が逃げたことに気づいた岩木は恐ろしい鬼婆の姿となってすごい速さで追いかけて来たのです。祐慶のすぐ後ろまでせまる鬼婆。絶体絶命の中、祐慶は旅の荷物の中から如意輪観世音菩薩の像を取り出して必死に経を唱えました。すると祐慶の菩薩像が空へ舞い上がり、光明を放ちつつ破魔の白真弓に金剛の矢をつがえて射ち、鬼婆を仕留めたといいます。


DSC_2235
DSC_2236
DSC_2237







そして、鬼婆は観音菩薩の功徳により成仏したといいます。その鬼婆のお墓がいまも残っており、黒塚とよばれております。



DSC_2240


この話は考えさせられます。岩木は姫のために一生懸命頑張ったのに、誤って自分の娘を殺したためにおかしくなり、やがて人を殺す恐ろしい鬼婆になってしまった。やったことはとても悪いけれど岩木も気の毒だなと思いました。また、人間には恐ろしい鬼のような心もまた潜んでいて、何かのきっかけでそれが表に出ることもある、そんなことも考えさせられました。

話はかわりますが、浪江町など原発事故のあった地域の周辺に住んでいる人たちも避難生活を余儀なくされております。そして福島(原発事故のあった地域)の子供たちは避難先でいじめられているともききます。福島出身というだけでいわれもない偏見の目を持たれているのです。これも人間の心に潜む鬼の心だと思います。



BlogPaint


歴代の法隆寺ほうりゅうじ宮大工みやだいくたちは、毎日法隆寺のなかを見て回り、いたんだところを見つけたらすぐさま修理をしたといいます。それくらい宮大工たちだけでなく、時の権力者までも法隆寺を大切に守ってきたのです。

たとえば、鎌倉時代かまくらじだい五重塔ごじゅうのとうにカミナリが落ちたのですが、そのとき4人の大工が火を消して、五重塔の焼失をふせいだといいます。

そして安土桃山時代あづちももやまじだいには法隆寺ほうりゅうじの宮大工・中井正吉(なかいまさよし)をリーダーとする大工集団が大坂城づくりにかかわったといいます。法隆寺は、豊臣秀頼(とよとみひでより)によって大改修を行われましたが、それも中井達大工集団の大坂城づくりに活躍かつやくしたことに、秀頼が感謝したからかもしれません。

元禄時代げんろくじだい(五代将軍ごだいしょうぐん徳川綱吉(とくがわつなよし)の時代)にも、法隆寺は大修理を行いました。その時は綱吉のお母さんである桂昌院(けいしょういん)が法隆寺に修理に必要なお金をたくさん出したといいます。


法隆寺は今日まで持っているのは、その時生きている人たちの努力、たびたびのメンテナンスのたまものでもありました。

明治30年になると法隆寺は国宝に指定されました。昭和九年から、戦争をはさんだ20年間に大改修が行われました。いわゆる昭和の大改修で、西岡常一(にしおかつねかず)さんもかかわっていました。

しかし、昭和24年に法隆寺は火事になってしまい、壁画へきがなどが焼失しょうしつしたのは残念です。そして平成5年に法隆寺は世界遺産に登録され、今日まで至っております。

それにしても法隆寺が今日まで残るのはなぜでしょうか?いろいろいわれておりますが、やはり聖徳太子の仏教の教えで世の中を救いたいという願いが法隆寺にこめられているからではないでしょうか?

飛鳥時代という時代も戦乱があったり、疫病えきびょうや貧困の問題があって、大変な時代だったそうです。そんな乱れた時代を仏の力ですくってもらいたいと聖徳太子は願っていたのではないかと。

また、法隆寺の宮大工の口伝くでん(※1)の一つとして、


「仏法を知らずに、塔伽藍(とうがらん)を論ずべからず」


というものがあります。お寺を建てるのに、仏様のことをしらないでただ形ばかりを語ってはダメだということです。法隆寺の歴代の宮大工たちは、仏教の勉強もキチンとやっていたようですね。だからこそ、宮大工たちは聖徳太子の理想を肌で感じることができたし、聖徳太子の思いに少しでも応えようと思ったのだと思います。

宮大工だけでなく、時の権力者たちの心さえも動かしたのが、聖徳太子の世の中を救いたいという強い思いだったのではないでしょうか?

※1 言葉で伝えること




※ 参考文献





このページのトップヘ