history日誌

カテゴリ:日本の歴史 旧石器〜平安時代 > 飛鳥・奈良時代

ブログネタ
歴史について(日本のことも世界のことも) に参加中!
DSC_2033


BlogPaint



BlogPaint


1 法隆寺を支えた木
法隆寺ほうりゅうじはおよそ千三百年前につくられたものです。火災などもあって、何度か改築もしましたが、およそ65パーセントぐらいが創建当時のものです。飛鳥時代の木が半分以上も使われているなんてスゴイことです。その法隆寺を長年にわたって支えた材木はほとんどヒノキだそうです。(一部スギの木や松やケヤキなど他の木も材木として使われている)

「ドラゴンクエスト」の「ヒノキの棒」(ゲームの中で一番弱い武器)のイメージから弱そうな感じがしたのですがw、ヒノキは丈夫じょうぶなんだそうです。

ヒノキは木目がまっすぐに通っていて、材料は緻密ちみつ、軽くてやわらかく、ねばりもあり、虫の害にも、雨水や湿気しっけにも強いそうです。ケヤキなども法隆寺の木材として使われているようですが、ケヤキは材質がかたいうえに、木目もくめが通っていないという欠点があるそうです。

2 木は生きている 
 法隆寺の昭和の改築に関わった西岡常一にしおかつねかずさんは「千年の寿命じゅみょうの木を使うなら千年は持つ建物をつくるのが自分達のつとめだ」とおっしゃったそうです。 ヒノキだからこそ千年持つのであって、他の木ではもたないそうです。

木は切られた時に第一の一生を終えますが、建物に使われたときに、もう一度第二の生が始まるといわれています。ヒノキは切りたおしてから200年ぐらいは強さが増し、それからだんだん弱まってくるというフシギな強さを持った木だそうです。切りたおした後も長持ちするなんてすごいですね。

法隆寺が千三百年もったのは、ヒノキを使ったからです。法隆寺の伽藍がらん(※1)の材料がだいたい千年か千三百年ぐらいで伐採ばっさいされて材料になったものだそうです。千年長持ちする塔を建てたければ、樹齢じゅれい千年もの木を使わなくてはならないのです。ヒノキは樹齢がほかの木よりも長く、台湾には樹齢2千年というのもあるようです。

今の日本には樹齢千年のヒノキがありません。今、日本で一番大きいのが木のヒノキで樹齢450年。これでは千年ももつような塔もお堂も建てることができないそうです。

法隆寺の昭和の大修理や薬師寺金堂などを建築する際、当時日本に樹齢千年ものヒノキがなかったので、台湾たいわんのヒノキをつかったのです。しかし、台湾のヒノキも1992年以降、タイワンヒノキをることを禁止されたことから輸入がむずかしくなり、今後、法隆寺などの文化的遺産の補修できるかどうか・・・

仮に外国でヒノキを見つけたとしても、ヒノキを生かすのも良い木材になるかどうかを見極める目がなきゃいけないし、寺や塔を建てる際、ヒノキの良さを生かした使い方(建て方)をして、はじめて丈夫じょうぶで長持ちをする塔や寺のお堂を建てることができるといわれています。


3 木を殺す凶器きょうきのひとつは鉄
 法隆寺には鉄クギが全く使われていないといわれていますが、それはウソです。ただ、必要以上に使われていないのは事実です。ほとんど木組きぐみで作られています。実際に僕も本当にそうかなと思って法隆寺の本堂の柱などをみてみましたが、たしかにクギはあまり使われておりません。しかも、法隆寺で使われている鉄クギは、上質な鉄でできており、さびにくいそうです。

西岡常一さんは「木を殺す凶器きょうきのひとつに鉄がある」と述べられています。鉄を木に打ちこむと、鉄のサビでまわりの木もくさるそうです。木の穴にさしたボルトがさびると穴は2倍の大きさにも広がり、木をそこない、修理のときは鉄材だけでなく木も取りえなくてはならないほどです。

もちろん、西岡さんも鉄を全否定したわけではありません。ただ、同じ鉄でも飛鳥時代あすかじだいみたいに砂鉄からタタラをふんで、しっかりきたえあげた和クギなら千年もつそうです。ところが、時代が経つにつれて、クギの性能が良くなるどころか悪くなるといいます。

西岡さんいわく「古代のクギはねっとりしとる。これが鎌倉かまくらあたりから次第にカサカサして、近世以降のはちゃらちゃらしたクギになる。」と。時代が新しくなれば、それだけ良いものが作られるようになると思うのですが、逆にクギの質がだんだん悪くなっているというのです。

明治時代になって溶鉱炉ようこうろを使うようになってからさらに鉄が悪くなったそうです。溶鉱炉は確かに短時間で大量につくれますが、そのかわりクギの-質が悪くなるそうです。鉄はじっくりと温度をあげなければ良いものは作れないそうです。ホームセンターでも買えるような西洋クギだと25年くらいしかもたないそうです。本当に良いものを作るには時間と手間がかかるのですね。

※ おまけ
なんと、法隆寺の五重塔を3分の1で再現した人がいらっしゃるそうですね!五重塔を再現することで、飛鳥時代の職人さんたちの技、そしてヒノキという木材のすばらしさに改めておどろかされたと、その方は語られております。




※1 もとは仏道修行者が集って修行する静かな場所の意味であったが,のちに寺院の建築物を意味する言葉となった。

※ 参考文献







先月の連休を使って奈良なら、京都に行ってきました。ちょうど台風が接近する時期だったので、向こうに行って台風にあったらいやだなと思っていたのですが、幸い向こうではほとんど晴れて(にわか雨がありましたが)、僕が東京に帰るころまでには台風の影響えいきょうもなかったです。

さて、今回の旅行で行きたかったスポットの一つは法隆寺ほうりゅうじです。

法隆寺は日本最古の木造建造物で、日本最初の世界遺産に登録された建造物でもあります。拝観料はほかのお寺よりも高いのですが、それだけ見る価値があります。法隆寺はとても広いので、ここを見るだけでも一時間は軽くかかります。

法隆寺は、西院と東院に分かれています。西院には、金堂と五重塔ごじゅうのとうがあります。東院には夢殿ゆめどのがあります。



BlogPaint

(法隆寺南大門 法隆寺の入口)

BlogPaint

(南大門から中門へ向かう途中とちゅうの広間)



法隆寺へは南大門から入っていきます。



BlogPaint

(中門)

DSC_1510

(中門のちかくにあった法隆寺の石碑せきひ

BlogPaint

(中門の前から南大門をのぞむ)





南大門をまっすぐ北へ歩くと、中門があります。この中門の入口の左右には仁王像(におうぞう)があります。仁王像の前でおならをして、「におうか?」なんちゃってw

この仁王様もすばらしいです。大仏様のある東大寺にも仁王様がありますが、あちらの仁王様は大きくて迫力はくりょくがあります。こちらの仁王様は東大寺より小さいこともあってか、東大寺のよりもかわいく見えます。




DSC_1511


DSC_1512





中門の先には、金堂と五重塔と講堂があります。金堂の中には釈迦三尊像(しゃかさんぞんぞう)などの仏像がいくつも安置されております。

どの仏像もすばらしいお顔をしているのですが、やはり釈迦三尊像のお姿をみて僕も感激しました。

五重塔は、これまで地震じしんや台風でたおれたことがないといわれております。すごいですよね〜。


法隆寺の五重塔が倒れない理由は諸説がありますが、五重塔が地震に強い構造になっているようです。この五重塔の構造は、いまの東京スカイツリーにも応用されているそうですね。

http://okguide.okwave.jp/guides/44074


BlogPaint

(五重塔)

BlogPaint


(金堂)













BlogPaint

(講堂)

BlogPaint

(回廊かいろうのエンタシス。金堂と五重塔をかこむように建てられている。)


西院、つまり五重塔と金堂をかこんで回廊かいろうが建てられております。

南は中門左右に接し、北は現在の講堂に接続する形となっております。

その回廊にふくらみのある円柱(エンタシス)が並んでおります。このエンタシスが見事なんです。これらの円柱の材質はヒノキです。

ドラクエにもエンタシスマンなんてモンスターがでてくるのですが、それはさておきw、エンタシスは、回廊だけではなく金堂の中でも見られます。


BlogPaint


このようなエンタシスは中国はもとより、ギリシャの神殿しんでんにも見られます。

このエンタシスの技術は遠くギリシャから伝わったものだと学校で教わりましたが、実はこれには異論があり、法隆寺のエンタシスは日本人が考えたものだという意見もあるのです。

このエンタシスはギリシャから伝わったものなのか、それとも日本独自に作られたものなのかは、まだ決着はついていません。


西院から夢殿のある東院へ向かう途中、お祭りの山車だしとお祭り用の服を来た人たちの一団を見かけました。地元の斑鳩神社いかるがじんじゃのお祭りの日で、行進の時間になるまで待機をしていたのです。あたりは見物客でいっぱいです。


行進がはじまると、「えっさ、えっさ」と威勢いせいのよい声が斑鳩いかるがの地にひびきわたります。



(お祭りの様子。ちなみにこの動画をったのは私ではありませんw)



BlogPaint


DSC_1532

(西院から東院へ行く途中にある道の両側にあったかべ。何とも言えない情緒じょうちょがある)


東院には夢殿ゆめどのがあります。僕は法隆寺におとずれたは2回目なのですが、前回に訪れた時は夢殿にはおとずれませんでした。今回おとずれることができてうれしかったです。

夢殿は聖徳太子の遺徳いとくをしのんでつくられたものとされております。

BlogPaint

(夢殿)



※ おまけ

今日は音楽を。奈良県のご当地ソングです。布施明さんの『旅愁 斑鳩にて』。名曲です。

https://www.youtube.com/watch?v=Kd01qQfZoRw


※ 参考文献




1 武蔵国に行くことに。
 716年に大規模な高句麗人こうくりじんの移住がありました。「続日本紀しょくにほんき」に以下の様な記述きじゅつがあるようです。



駿河するが甲斐かい相模さがみ上総かみうさ下総しもうさ日立ひたち下野こうずけの七国にいる高麗人こうらいじん1799人をって武蔵国むさしのくにうつし(移し)、始めて高麗郡こうらいぐんを置く。」


要するに東国のあちこちにいる高麗人を武蔵国に移しましょう、その武蔵国に高麗郡というものと置き、そこに高麗人を住まわせようというものです。

高麗郡という地名は今はもうありません。高麗郡は、埼玉県の日高市と鶴ヶ島つるがしま市の全域、それから川越市かわごえし狭山さやま市、入間いりま市、飯能はんのう市のそれぞれ一部の地域を含んでおりました。

高麗郡はけっこう広かったんだなと思いました。


2 高麗郡を新設したのは新田開発のためだった

 716年といえば奈良なら時代です。この時代、朝廷ちょうていは新田開発を目的に各地にこおりを新設していたようです。武蔵国に高麗郡ができたのもの、そういう理由があったからです。

「高麗の人たちを集めたほうが、同じ国の人どおしでおたがいになかよく協力し合うんじゃないか?」とか「仲間同士を集めたほうが新田開発もうまく進むんじゃないか」と当時の朝廷のおエライさん方は思ったのだと考えられます。

また、当時の朝廷には高麗系の渡来人とらいじんがけっこういて、出世しておエライさんになった人間も数人いたそうですし。

ただ、この高麗人移住は強制的に行ったようで、住みなれた地域をはなれることに不満ふまんをもつ人も少なくなかったようです。


3 高麗若光(こまのじゃっこう)がリーダーになる

 そうした問題を解決するにはリーダーが必要です。それも人望がある人物が。そのリーダー役として白羽の矢が立ったのが相模国さがみのくに大磯おおいそに住んでいる高麗若光(こまのじゃっこう)と言うわけです。朝廷ちょうていは、若光を高麗郡の初代郡司ぐんじ(※1)に任命しました。

若光が日本に来たのは666年です。716年と言うと、すでに50年の年月がっています。もし、666年当時、二十歳はたちだったとしても、716年には70さいになっています。

しかし、若光は持ち前のリーダーシップを発揮し、高麗郡の発展に大きく貢献こうけんしたそうです。若光は亡くなるまで、この地で仲間たちとともにがんばってきたようです。

※1 律令制りつりょうせい下において、中央から派遣はけんされた国司こくしの下で郡を治める地方官である。




3 高麗神社
 そうした若光の徳をしのび、立てられたのが高麗神社(こまじんじゃ)です。この神社の神主は、若光の子孫が代々つとめ、今日にいたっているようです。オドロキですね。

高麗神社は。歴代の首相も訪れているようです。また韓国のおエライさんもこの神社におとずれたそうですね。

画像2

(高麗神社の入口にあった石像せきぞう

画像10

(高麗神社の鳥居とりい

画像7

(高麗神社の本殿)

画像9

(高麗神社の説明文)

画像8

(同じく高麗神社の説明文)

画像5

(トライ君とミライちゃん。高麗神社境内けいだいで見つけました)

4 若光がねむる墓

また、高麗神社のすぐ近くに聖天院(しょうでんいん)というお寺があります。このお寺には若光のお墓と伝えられる「高麗王廟こうらいおうびょう」があります。


DSC02260

(聖天院)

DSC02257

(高麗王廟)


DSC02258

(同じく高麗王廟)



※ おまけ

今日は女性の読者の方々のために?韓国芸能人の肉体美がでてくる動画です。動画にうつっているはヨレヨレのおじいちゃんじゃありませんので、ご安心くだされw?

https://www.youtube.com/watch?v=txHzJ3q3s7M


韓国ドラマ・ガイド トンイ 前編 (教養・文化シリーズ)
韓国ドラマ・ガイド トンイ 前編 (教養・文化シリーズ) [ムック]


1 『トンイ』より昔の話

日曜日の夜に「トンイ」という韓国かんこく/rt>の歴史ドラマをやっているようですね。けっこう面白いそうですが、僕はまだ一度も見た事がありません。今度見てみようかな?

今日のエントリーは、「トンイ」より昔の話をします。日本でいえば奈良時代ならじだいのころです。

朝鮮半島ちょうせんはんとうから、日本にやってきた王族がおりました。その人の名前は高麗 若光(こま の じゃっこう)。

今日から二回にわたって高麗 若光(こま の じゃっこう)の事をふれます。

続きを読む

このページのトップヘ