history日誌

カテゴリ:日本の歴史 江戸時代 > 江戸時代

キリスト教の教えは本来争いごとを否定し、島原の乱のように城に立てこもり戦って死ぬことは邪道なのですね。天草四郎以下一揆の指導者たちは、ひどい目にあった幕府を打ちのめしてやろうと企てて行ったのが島原の乱です。こんなことを言うと長崎や熊本の人に怒られるかもしれないが、彼らは一方的な被害者ではないのですね。島原の乱の指導者たちは神社仏閣を燃やしたり、お坊さんを迫害したりしてきり、無理やり人々を改宗させたのですから。本当に信心があって亡くなったのであれば悔いがないと思いますが、無理やり改宗させられて殺されたのでは合わないなと僕は思いますね。

え?、「島原の乱の一揆勢は松平信綱の提案を拒み、みな快く死を選んだぞ」って?たしかに、原城で立てこもった一揆勢を、松平信綱は「キリスト教の信仰を捨て、ふつうの農民に戻るなら命だけは助けてやる」と助け船を出したそうですね。でも、残った一揆勢はそれを拒否。信綱はやむなく一揆勢を女子供関係なく殺してしまいました。徳川の言いなりになるくらいなら死を選ぶという、まさに太平洋戦争中の日本みたい。素晴らしい信仰心だと思う反面、中には本当は死にたくなくて、信綱の「助けてやる」発言は渡りに船だと内心喜んだ人も絶対いたと思う。けれど、周りの空気に流されて、結局自分も信綱の提案を拒み死を選んだと。たとえは悪いけれど、会社で本当は帰りたいのにみんな残業しているからしぶしぶ残業する心理と共通するものが感じられます。

あわわ、別に僕は天草四郎を悪意を持って悪者に仕立てているわけではないのですよ。地元の英雄として、最近では天草四郎がモデルのゆるキャラも登場しています。だから、天草四郎の悪口を言うのも僕は本来は気がひけるのですから。ましてや震災のあった後で、一日も復興を願うのは僕も同じです。天草四郎を旗印にした復興のシンボルにすることは僕も否定しないし、できません。でも、事実は事実として語らなくてはいけないと思うんですよ。過剰な美化はよくない。織田信長にしても、ナポレオンにしても英雄と呼ばれる人物を色々調べると、ばっちい話だとか、残酷なエピソードだとか、そういった黒歴史はたいていあるものです。僕が一番好きな武将の加藤清正でさえ、クリスチャンを弾圧した記録が残っておりますし。




指導者層たちはともかく、キリストの教えを信じ、キリスト教を認めてもらいたいと願っていたが、乱で亡くなった敬虔な信者さんたちもいたことも事実。無理やりキリスト教に改宗され参加した人たちがたくさんいたとお話ししましたが、本当にキリストの教えを信じて天に召された人たちもいたのですね・・・

平成になって原城の発掘調査が行われておりますが、おびただしい人骨がみつかりました。人骨の傍らには曲がった十字架もいくつか発見されました。おそらく激しい戦火で変形してしまったのでしう。きっと「私は信仰を守って死ねるのだから悔いがない」と亡くなったのでしょうね。やるせない話です・・・


島原の乱以降、幕府は鎖国をはじめ、ほとんどの外国との関係をうちきり、キリスト教の弾圧もこれまで以上に厳しくなりました。だから、キリスト教信者たちは、マリア観音をつくったり、神社をカモフラージュしてキリスト教の伝道師たちをお祀りしていて、幕府の監視におびえながらも信仰を守ってきたのです。

その島原の乱から230年、明治維新をむかえます。明治になってやっと長崎でもキリスト教が認められるようになります。

長崎にも外国から宣教師がくるようにもなりました。宣教師たちを迎えたのは、江戸時代から禁教令を耐え忍び信仰を守り続けた人たちの末裔でした。人々の信仰心に感激した神父の言葉です。

「苦難に直面しながら、彼らの信仰の精神は打ちのめされていない」

キリスト教信者たちは、長崎の地に浦上天主堂をつくりました。信者さんたちはせっせと労働奉仕をしたといいます。あいにく、この浦上天主堂も原爆で破壊されてしまいます・・・そして、1959年に再建されます。いまも、地元の信者さんたちは祈りをささげております。そして原城跡では、毎年秋に乱で亡くなった人たちを弔うためのミサが行われているそうです。




※ 参考
『その時歴史が動いた』

あけましておめでとうございます。今年も皆さんにとって良い年でありますように。今年は戌年です。わんちゃんの年ですね。本題に入る前にほほえましいワンちゃんの動画を。



かわいらしいですね。僕はどっちかとうとネコちゃんのほうが好きなのですがワンワンもかわいいですね。

では、本題に入りましょう。今日のお話の主人公はワンワンをとても愛した人です。その人物は誰か?それはのちに出てきますのでお楽しみに。









続きを読む

1 板倉重政が眠るお寺
 東京中野区に宝泉寺というお寺があります。。このお寺には板倉重昌いたくらしげまさのお墓があります。板倉は島原の乱で戦死しました。

ちなみに、この法泉寺のすぐ近くにある萬昌院功運寺には「忠臣蔵」でおなじみ吉良上野介きらこうずのすけのお墓があります。僕も吉良上野介のお墓参りのついでに板倉重昌の墓参りをしようとしたのですが、あいにく板倉重昌の墓がわかりませんでした。板倉の墓を探そうと宝泉寺の墓地の中をしばらくウロウロしていたのですが、次の予定が入っていたのでそのまま帰ってしまいました。それに墓地の中をあんまりウロウロするのも気持ちいいものではないしね。

法泉寺の最寄り駅は西武新宿線の新井薬師前駅です。といっても、けっこう駅から離れているし、ちょっとわかりにくい場所にあります。

2 苦戦した板倉重昌
 板倉は三河国(いまの愛知県)深溝藩主でした。徳川家光に命じられ島原の乱の平定をしようとしたのです。板倉は、相手はたかが農民の一揆いっきだとタカをくくっていたのでしょう。ところが、重昌は原城にたてこもっている一揆勢に苦戦を強いられます。

一揆勢を指揮しているのは関ケ原の乱や大阪の陣で生きのこった歴戦の猛者であると同時に、一揆勢がたてこもった原城もまた難攻不落の城だったのです。城は三方を有明海にかこまれておりました。有明海の潮の流れはとても早く、城のそばに船を停泊させることは非常に困難だったのです。そのため幕府が海から原城を攻撃できるのは一日二回の潮どまり(※1)の時だけ。

そして陸側というと、こちらは湿地帯。ぬかるみに足をとられて城に近づくのもままならなかったのです。しかも一揆勢はガケの上に板塀を張り巡らせて敵の侵入を防ぐなど周到な準備をしておりました。一揆勢は板塀の影にかくれ、城壁をよじ登ってくる幕府軍を鉄砲で狙いうちにしたのです。地の利を生かして幕府の大群と槍あったのです。まさにベトナム戦争でベトナムがゲリラ戦でアメリカ軍をやりあったのと共通するものがあります。

さらに援軍にきた肥後(いまの熊本県)の細川氏と肥前国(いまの佐賀県)の鍋島氏は、指揮官である板倉の言うことをきいてくれません。なぜなら、板倉の領地の石高が1万5千石なのに対し、細川氏は54万石、鍋島氏は35万7千石と、板倉よりも鍋島や細川のほうが格上なのです。いわば中小企業の社長さんが、それこそ経団連に名を連ねるような大手企業の社長さんの上にたち命令をするようなもの。これでは軍の統制がとれません。

そんななか、幕府から老中の松平信綱まつだいらのぶつながやってくるという知らせが板倉の元に届いたのです。これにあせった板倉は強引に原城総攻撃を開始。しかし幕府軍の足並みはそろわず。板倉は弾丸を受けて戦死しました。一揆勢は松平信綱によって平定されるのですが、その辺の話は次のエントリーでお話しします。

3 板倉重昌の人となり
 最後に、板倉重昌の人となりがわかるエピソードをお伝えします。大坂冬の陣における豊臣方との誓紙交換せいしこうかん(※2)精子交換の際、豊臣方は誓書のあて名を大御所の徳川家康か将軍の徳川秀忠のどちらにするか迷って板倉に質問しました。すると板倉は迷うことなく家康にするように述べました。江戸に帰った後、家康にそのことを問われると「私は二君の使いではなく、家康公の家臣です」と板倉は述べました。その板倉の忠誠心を家康にほめられたそうです。

※ おまけ
原城の動画をどうぞ。



※1 満潮と干潮時に,潮の満ち引きが一時とまること。

※2 誓紙とは誓いの言葉を記した紙。起請文。誓紙交換とは、その起請文を交換しあうこと。ちなみに起請文とは自己の行動を神仏に誓って守るべきことが書かれた文書。違反した場合は罰を受ける旨も記されている。

Amakusa_Shiro


1 天草四郎はイケメンだった?
 まずは皆さんにクイズです。このエントリーの最初にのせてある絵はだれの絵でしょうか?武田信玄の若いころ?違いますよ。正解は天草四郎です。というか、絵に「天草四郎」って思いっきり書いてあるしww実はウィキペディアの「天草四郎」の項目にはこのような勇ましい感じの絵が紹介されておりました。この絵は幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師の月岡芳年つきおかよしとしが描いたものです。全身をヨロイで身を固め、どこか勇ましい感じがする絵です。

え?天草四郎というとイケメンじゃんと思われる方も多いと思います。実際にマンガや教科書とかの肖像画ではイケメンに描かれております。そう僕に似てwうそうそ、冗談ですよw







確かにマンガとかで描かれている天草四郎はジャニーズ風の優男ですが、実際の天草四郎は月岡芳年の絵のようにいかにも武将って感じの猛々しい人だったかもしれません。なにしろ2万ないし3万もの一揆勢を率いて幕府と戦ったくらいですからね。とはいっても僕は天草四郎に会ったことがないので何とも言えません。また、月岡芳年の絵をみてもヨロイカブトをかぶっているから素顔がわかりまでんが


2 天草四郎のプロフィール

 天草四郎は通称で本名は益田時貞ますだときさだといいます。天草四郎の父は益田甚兵衛ますだじんべえといい、キリシタン大名の小西行長の家臣でした。益田家はみなキリシタンでした。四郎もジェロニモ(またはフランシスコ)という洗礼名をもっておりました。

また、四郎の母の証言によると、四郎は9歳のころから3年間読み書きを習い、さらに数年勉強をし長崎にも遊学をしたといいます。幼いころから聡明そうめいだったのですね。しかし、頭が良いだけでは、2万や3万もの一揆勢をまとめることはできません。頭が良いだけでリーダーが務まるのなら僕にもできそうだなwうそうそジョークですw僕はバカですからw やはりカリスマ性がないと。天草四郎は普通の人にはできないことがいくつもできたといいます。

  • 四郎が天をあおいで十字を切ると、ハトが手のひらに舞い降りて卵を産んだ。するとその卵からキリスト教の経文が出てきた。


  • 海を歩いて島に渡った


  • 誰にも教わらないのに、幼少から読み書きができた


  • 目が見えない少女に四郎がふれると、その少女は目が見えるようになった




どれも信じられないはなしですね。本当ならすごい話ですが、マユツバっぽいですね。これは四郎を神格化させるために四郎の側近たちが勝手に言っているだけだとおもいます。それを一揆勢がそれをマジで信じている。そんなところでしょう。


3 天草四郎には黒幕がいた。

 天草四郎は一揆勢たちにリーダーとしてあがめられましたが、天草四郎は当時16歳の若者。しかも天草四郎は殿様の息子でも大商人の息子でもなんでもありません。リーダーとしてあがめられるには若すぎるし、経験もないです。そんな天草四郎が人々に慕われるようになったのは、ある予言が関係していました。一揆がおこる26年前、幕府に追放されたある宣教師が「26年後に一人の善人がうまれる。その子は野山に白旗をなびかせ、人々の頭上に十字架を掲げるだろう」と書き残しました。そして26年後になって、天草四郎こそが「予言の子」だと人々は信じるようになりました。

こうして救世主・天草四郎が誕生したのですが、天草四郎を救世主に仕立てたのは5人の男の働きがありました。南蛮絵師なんばんえしの山田右衛門作えもさくの証言によると、一揆がおこる約一年前から、天草にすむ5人の牢人が、予言にある子とは天草四郎のことだといって宣伝し、人々に四郎をあがめさせました。そして、ダメ押しで四郎が「海を渡った」だの「ハトに卵を産ませた」だの与太話も人々に吹き込んだそうです。マスコミの情報やネットがある現代でさえガセネタや根拠のないウワサ話が広まるのです。情報のとぼしい江戸時代だったらなおさら、四郎がすごいと信じ込むひとも少なくなかったことでしょう。それに宣教師の予言というのも本当に、その宣教師がそんなことを言ったのか怪しいです。がセかもしれない。天草四郎を救世主に仕立てるために、5人の牢人たちが宣教師の話をつくり、それを広めた可能性もゼロとは僕には思えません。

この5人の牢人というのが元小西家の家臣でした。彼らは1600年の関ケ原の戦いで徳川にやぶれ主君を失い牢人になったのです。にっくき徳川をこらしめてやりたい、そんな積年の恨みから領民に苦しめられている農民たちを利用し、一揆を計画したといわれております。

また、天草四郎の父親である益田甚兵衛も一揆勢に加わっております。おそらく父である甚兵衛は、息子を神輿みこしにまつりあげ、一揆勢を裏から操っていたのかもしれません。



つまり重税に苦しむ農民たちの不満と、幕藩体制下の新たな支配層として現れた現在の領主(松倉氏や寺沢氏)に対する牢人など旧武士層(小西など徳川につぶされた側)の反発がかさなり、そこにキリシタンによる宗教戦争という側面が加わった結果が島原の乱なのです。



※ おまけ
島原の乱の黒幕は旧小西家の牢人たちと申し上げましたが、天草四郎はそんな浪人たちの操り人形だったのでしょうか。実は天草四郎はリーダーとしての才覚をちゃんと持っていたといいます。「四郎法度」という決まり事をつくりました。その内容は16歳が書いたとは思えない内容だそうです。また、四郎には妻がいたようですね。




※ 参考文献


マンガ日本史30 『天草四郎』(朝日ジュニアシリーズ)

1 松倉重政&勝家親子の圧政
 今日は、島原の乱の元凶となった松倉重政、勝家親子の圧政について触れます。この親子の政治はひどいものがありました。まさに、日本の金正日・金正恩親子だと思いました。具体的にはこんな感じ。

  • 分不相応な壮大な島原城をつくり、城づくりに駆り出された領民たちをこきつかった。しかも築城費用は領民負担。


  • 重い年貢を領民たちに課した。島原藩は本来4万石なのに、幕府に良い顔をしたくて10万石の年貢を請け負うと約束した。そのために領民たちが苦労した。自分たちができるキャパ以上の仕事を背負い込んでしまったのでしょう


  • 税金をとりまくった。家を建てれば囲炉裏銭いろりぜに、窓銭、棚銭、戸口銭とぐちせんをとられる。子供が生まれれば頭銭、死人が出れば穴銭という具合に。ちゃんとその税金を領民に還元できればよいけれど、そうではないだろうな。それどころか、豊田真由子元議員や野々村竜太郎元県議のようなお偉いさんや役人たちが私腹を肥やすようでは、それこそ税金の無駄遣い?


  • 年貢を納めないものにはみのおどりの刑にした。これは蓑を頭と胴に結び付け、両手は綱で背後にかたくしばられる。そしてこの藁に火をつける。当然、蓑に火をつけられた領民は、「熱い、熱い」と叫んで苦しみのあまりに踊りだす。最悪の場合は焼死。


  • 年貢を納めないものを「水牢」にとじこめた。これは、おおむね腰の高さほどの水に漬かっている牢屋に閉じ込める刑罰。見た目とは裏腹にかなり残酷な刑罰で、座ったり横になって休むことができず眠ることもできない状態に置かれ、そのうちに皮膚が水を吸い過ぎてふやけてしまい破れてしまうというもの。女だろうが子供だろうが容赦なし。中には何日も水につけられ死んだ妊婦もいたとか・


  • キリシタンの焼きゴテを顔に押し付ける・指を切断する・ムチうちをした。こどもまで海に投げこんだという・・・


  • 松倉氏がやったもっとも最悪なキリシタン弾圧は雲仙岳の拷問ごうもんだ。。雲仙から噴き出す熱湯を体にかけたり、手足をしばって硫黄が煮えたぎる熱湯の中へ投げ込んでは、また引き上げ、またその中へ投げ込む。それは恐ろしい地獄絵図だったという・・・


すんげえ悪い奴ですね!しかも、こうした悪事は重政&勝家の親子二代にわたって20年間!もおこなわれたというからひどい話です。まさにキム親子ですね!というかヒトラーみたい!しかし、松倉重政ははじめからこのような圧政を敷いたわけじゃありません。それどころか、松倉が島原の地に赴任して間もないころはキリシタンには黙認の姿勢をとっていたのです。


2 何が松倉重政を変えたのか

 松倉重政はもともとは大和国(和歌山県)の筒井家の家臣で、大阪の陣などの活躍で出世した人物です。それで、大和国(奈良県)五條藩の領主となりました。そこでは意外にも善政を敷いていたのですね。城下の振興をはかり、商人を集める為に紀州街道沿いに「新町」を開設して商業と交通の要衝となる五條の礎を築いたのです。松倉重政が「豊後守」を名のったことから「豊後様」として高い評価をうけており、彼の功績をたたえた祭りまで行われたというからオドロキです。

それから五條から島原藩へと領地替えをしたのですが、そこで松倉は悪の道を進んだのです。どうして松倉が悪さをするようになったかというと、これは時の将軍徳川家光にも責任があるのですね。家光が、松倉重政にたいしてキリシタンに対して甘すぎると叱責をしたのですね。それでヤケになった松倉はヒトラーばりの悪政を行うようになったようです。

また、江戸幕府は参勤交代をはじめました。これは妻子を江戸の屋敷に預け、江戸まで将軍に謁見えっけんをするというものですが、これが大名にとって大きな負担でした。江戸までの旅費が莫大でした。何しろ何日下手すりゃ何週間もかけて、それも家臣をふくめ大ぜいで江戸までいくのですから。それはお金がかかります。大名一人が飛行機か新幹線にのって帰るのとは訳がちがいます。松倉家の治める島原藩は江戸からうんと離れているから大変だったと思いますよ。松倉親子だけが悪いのではないのですね。

3 人命が粗末に扱われた時代
 松倉親子に限らず、江戸時代初期のころの大名たちは領民を粗末にあつかっておりました。もう人権なってあったものじゃない。領民たちは牛馬のようにこき使われており、高い年貢もとられ領民たちは貧しい生活を強いられ、今でいうワーキングプア状態だったようです。当然、反発する領民も出てくるわけです。しかし、これを領主たちが黙認するはずがありません。

たとえば、会津を加藤家が治めていたのですが、過酷な年貢に耐え兼ね農民たちが直訴をしたのですね。そのことを藩主である加藤氏が家老に「どうしたものか」と尋ねたら、家老は「いざとなったらすべて”なで切り”にしてやるから大丈夫です」と答えたといいます。なで切りとは稲をなぎ倒すように、すべてを切り殺すという意味で、いざとなったら皆殺しにしてやると当時の領主たちは考えていたのです。

また、水戸藩主だった徳川家も自国の領民を皆殺しにしたといいます。それが生瀬の乱と呼ばれるものです。水戸藩の領地内に生瀬なませ村という村(いまの茨城県太子だいご町にあった)があって、そこの重い年貢に耐えかねた領民が徒党を組んだが、水戸藩に弾圧され女こどもまで皆殺しにされ、いまもその村の後は地獄谷とよばれ、地元の人も近寄らないといわれております。江戸時代初期の日本はブラック国家だったのです。


※ おまけ
雲仙の地獄の様子を紹介する動画をどうぞ。



※ 参考文献






このページのトップヘ