history日誌

歴史と歌が大好きな私が日本史から世界史まで広く浅く書きます。 歴史の知識は素人レベルで、私が語る歴史の内容が真実かどうかは自信はありませんがw、楽しんでブログを書いていきます。教科書に載ってないようなマイナーな歴史の話もします。

カテゴリ:日本の歴史 近現代 > 日本の歴史(明治・大正・昭和初期)

今日は、1896年におきた明治三陸地震のお話です。

1896年といえば、宮沢賢治が生まれた年です。

宮沢賢治が生まれた年に東北で地震が起きていたのですね。


1896年6月15日の午後7時32分、三陸海岸から約200キロの改定でマグニチュード8・2〜8・5の巨大地震が発生しました。マグニチュードの割には、各地の震度は2〜4程度の揺れだったといいます。

しかし、恐ろしいのは地震の揺れそのものではなく、大津波が発生したことでした。

地震が起きて約30分後に大津波が東北沿岸部に押し寄せてきたのです。

岩手県の下閉伊郡田老村(現・山田町船越)では10・5メートル、気仙郡吉浜町(現・大船渡市三陸町吉浜)では22・4メートルの津波が押し寄せたというのです。22・4メートルと言ったらビル七階くらいの高さです。オドロキですね。

津波の犠牲者は溺死だけでなく、漂流物と激突してなくなったケースも多いそうです・・・


震度が大きくないにも関わらず、これほどの巨大な津波が発生したとは信じられないことですが、現実にこうしたケースもあったのです。震度が小さな地震といえども津波が発生することがあるのですね。


※ おまけ

盛岡のおまつり、さんさ踊りの動画です。宮澤賢治は学生時代、盛岡にいたそうです。宮澤賢治もさんさ踊りをみたことがあるのでしょうか?


※ 参考文献


大地震の日本史 (DIA COLLECTION)
大地震の日本史 (DIA COLLECTION) [ムック]

これまで長々と日本軍の失敗を考えました。日本軍の失敗について書かれた本は実に数多です。これは、日本人が好戦的だからというわけではありませんw

それだけ現代社会に通じるものがあるからだと思われます。NHKでも日本軍の失敗の特集をくむと、視聴者から「うちの会社と日本軍は似ている」という反響がよくくるそうです。

平和な時代になっても、組織の問題点とか、失敗のおこるメカニズムとか、失敗が起こった時の対処法というのを旧日本軍から学ぶものがあるということでしょう。

僕の意見を言わせていただければ、戦争はそもそもあってはならないものだと思います。戦争がおこったこと自体が失敗だったと思います。

やはり平和、何気ない日常ほどありがたいものはないと思います。戦争というと、戦地で戦っている人ばかりがクローズアップされますが、戦争で夫や息子を亡くした親御さんや家族の人たちの悲しみや苦しみもまた大きいのです。先の大戦でも、戦後孤児になったり、女性の方なら男に交じって働いたり、ひどい人は体を売ったしたりしました。

戦争といえば、僕が中学のころにみた大河ドラマ「春日局」(脚本は橋田寿賀子さん)にでてきた遊女の話が印象に残っております。関ケ原の合戦や大坂の陣で豊臣方についたために徳川家につぶされた大名がいて、その大名の家臣の娘が仕方なく吉原の遊女になったという話です。その遊女が(吉原にお忍びで遊びに来ている)家光と恋をするが、その遊女が結局自害をするという話です。戦争がなければ、この家臣の娘も遊女にならずに何不自由ない暮らしができたとおもうのですね。

もちろん、この話は「春日局」の脚本をかいた橋田寿賀子さんのオリジナルストーリーで史実ではありません。。けれど、これは橋田寿賀子さんは先の大戦で経験をされ、戦争のむごさを痛いほどよくわかってるからこそ、視聴者に訴えたかったストーリーだと思います。

橋田さんは「春日局」の前に「おんな太閤記」という大河ドラマの脚本を書かれておりますが、この「おんな太閤記」には戦国ものにはつきものの戦のシーンが全く出てこないのです。これは橋田さんが「戦争のシーンは書きたくなかった」からだそうです。また、橋田さんのドラマに「いつの時代もなくのは女子(おなご)だ」というセリフも出てきますが、橋田さんが、美化されがちな戦国時代をそのように描くのは先の大戦の体験があるからかもしれません。ちなみに「春日局」には合戦シーンは出てきますが、そんなに何回も合戦シーンは出てきません。

戦国時代というと何かと美化されることが多いですが、戦争体験のある橋田さんからすれば、戦国時代なんて美化するものじゃない、同じ日本人が血で血で争う大変な時代だったということでしょう。事実、織田信長にせよ、徳川家康にせよ、武田信玄にせよ、戦国大名の歴史をちゃんと調べるとむごい話もでてきますし。





ともあれ、今年もいろいろなことがありました。来年もみなさまにとって良いお年になりますように。最後にことしの干支のサルの動画をみながら2016年度の僕のブログを締めさせていただきます。



僕が考える日本軍失敗の最大の理由は「敵を知らず己を知らず」だと思います。これは『孫子』にでてくる有名なフレーズであります。

そもそも日本とアメリカの国力の差が開きすぎていたのです。昭和15年ころの日本の粗鋼生産量は六百八十五万トンです。かたや、アメリカの生産量六千七百四十五万トンに比べるとはるかにおよびません。日本の原油の生産量は30万トンですが、アメリカの生産量はなんと一億八千二百万トンですから、お話にならないのです。

つまりアメリカの国力と日本の国力は違いすぎたのです。もちろん、当時の政府が日本とアメリカの国力の差を理解していないわけではなかったのですが、その知り方があまりに表面的で、その背後にある、たとえば鉄鋼生産量の差、いずれ飛行機や軍艦等の生産量の差にもなってくる、そのことに気づかなかったのです。

さらに重要なことは、当時の日本はアメリカにほとんどの物資を輸入していたのです。原油だけでなく、軍艦や飛行機や自動車をつくるための工作機械も。

またアメリカからの輸入代金は、生糸や雑貨をアメリカをはじめ中国、東南アジアに輸出して稼いだ資金でした。日本はアメリカなしに、一日も生きていはいけない経済構造に組み込まれていたのです。

日本の強硬派は、アメリカに勝つのは難しくても、個々の戦闘に勝ち続ければ、いずれ同盟国のドイツがイギリスやソ連をやっつけてくれる、そうすればアメリカは戦争を続ける気力を失うから、有利な条件で講和を結べると考えていたようです。また、アメリカから石油が輸入できなくても、インドネシアやボルネオの石油を確保することができれば、アメリカと戦うことができると考えていたようです。

しかし、そうした強硬派が見落としていたのは、南方を占領して石油を抑えても、日本に持ってこなければ石油を使うこともできないし、石油だけでは今ある飛行機や舟を動かすことができても、新しく作ったり、国民生活に必要な物資を供給することもできません。

また、マキャベリの「君主論」に「他人の援助は美食にひそむ毒のごとし」と言ったように、日本はドイツの力をあてにしすぎました。ヒトラーが日本に対して全面的に信頼しているわけでもありません。しかも、日本とドイツは距離的に離れすぎております。

アメリカは民主主義で女性上位の国だから、がつんとやればすぐに戦争をやめると思っていた人間がいたようですが、真珠湾攻撃で愛国心がさめるどころか、アメリカ人の愛国心に火をつけてしまったのです。そのことを当時の日本軍のお偉いさん方は見誤ってしまったのですね・・・・・

ちなみに、日本陸軍の敵はアメリカではなく、ソ連でした。ところが、真珠湾攻撃以降、急にアメリカと戦う方針に代わってしまったため、陸軍も戸惑ってしまったことでしょう。アメリカのことをよく知らないまま戦いを始めてしまったのですね・・・・

もっともアメリカ側も開戦前は日本のことをほとんど知らず、過小評価しておりました。ところが戦争がはじまると大量の語学(日本語)将校を養成し、捕虜や日本兵の日記などから日本軍の研究を徹底的におこないました。





※ 参考文献


このページのトップヘ