history日誌

カテゴリ:日本の歴史 近現代 > 日本の歴史(明治・大正・昭和初期)

1 通せんぼ
空襲にあったら、最初にすべきことは逃げることです。しかし、戦時中は防空法のため、逃げることを禁じられました。実際に住民が逃げることを阻止しようとした警察もいたといいます。

1945年(昭和20年)5月29日の横浜大空襲では、警察官がサーベルを振りかざしながら「逃げるな!火を消せ!火を消せ!」って一人猛火でわめき散らしたという話があります。一人でわめき散らしたということは、その警察の悲痛な叫びもむなしく、住民たちは我も我もと逃げ回ったということでしょう。

1945年(昭和20年)8月2日未明、169機ものB29が二時間にわたり来襲し市街地の8割を攻撃したといいます。恐ろしいですね。爆撃機一機だけでも怖いのに169機とはすごい数です。戦闘機の爆音もそうとうなものでしょう。しかも、その戦闘機が一斉に爆撃し、死者は約450名にも及んだといいます・・・

猛火から逃れるため、住民たちは市街地から北へむかい、浅川橋という橋から少し進むと山へ避難しようとしました。しかし、その橋のところに長蛇の列ができたといいます。なぜでしょう?その橋の入り口のところで約20人の消防団が道をふさぎ、住民の避難を阻止しようとしていたのです。その消防団の一人から言われた言葉が、

「男のくせになぜ逃げてきた。早く言って火を消せ、消さなければ胴をつく」とか「ぶったたく」とか。

いまならモラハラものですよね。というか、いつの時代にも自粛警察みたいな人はいるのですね。そんなことを言われたものだから、地獄のような猛火にさらされた市街地へ戻ったといいます。

また、ある家族は浅川橋で憲兵(もしくは在郷軍人)に呼びかけられたといいます。そしてサーベルを振り回して「男は戻れ!」と怒鳴ったといいます。その家族の一人が「背負っている老婆を安全な非難させる」といったが、「この非国民が!」と罵られビンタを受けたといいます。

この八王子空襲が起きた同じ日に富山県富山市でも空襲があり、やはり消防団が逃げる人たちの通せんぼをしていたといいます。富山市に神通川という川があって、その川にかかっている橋を避難者が渡ろうとしたら消防団が通せんぼし、空襲で燃えている街に追い返し、消火活動をさせたといいます。


2 青森空襲
 1945年(昭和20年)7月中旬、青森市内にも空襲予告ビラがまかれました。空襲予告ビラは前の記事でも書かせていただきました。http://ehatov1896rekishi.diary.to/archives/2486477.html

青森市内よりも一足早く、青森港や青函連絡船は猛烈な攻撃を受けていました。当然市民はそのことを知っていましたから、いよいよ市街地にも及んだかと震え上がったといいます。ビラをみた市民は避難をし始めたといいます。そんな状況を青森県知事の金井元彦が黙っていませんでした。金井知事はかつて内務省の検閲課長として言論弾圧と国策流布に剛腕をふるった曰く付きの人物でした。彼はこのような言葉を語っております。

一部に家を空っぽにして逃げたり、田畑を捨てて山中に小屋を建てて出てこないというものがあるそうだが、もってのほかである。こんなものは防空法によって処罰できるのであるから断固たる処置をとる。勝つには積極的精神、この精神をもって一にも二にも戦力を充実することである。(略)敵が去ったならば直ちに秦らう、どんなことがあっても増産を確保する。この心構えで敢闘する。それを空襲だからと一日も二日も秦からず逃げ回ったりするものがあれば、当然処罰する。(『東奥日報』昭和20年7月18日付)
さらに、金井知事は7月28日までにもどらないと、町会台帳から逃げた人間(家族)の名前を削除すると脅しをかけてきたのです。町内会の台帳から名前が消えるということは、町内会の人たちから非国民のレッテルをはられてしまい、また配給物も止められてしまうということです。配給物は町内台帳に書いている名前をもとに配られるものです。戦時中は配給制でした。食べ物などが配られなくなることは大変なことです。ましてや赤ん坊がいるお母さんにとっては大変です。赤ちゃんのミルクがもらえなくなるのですから。食べ物を買うにしても闇ルートで買うしかない。今みたいに自由にスーパーで買い物ができる時代とえらい違います。

そして多くの市民たちがが、期限とされた7月28日までに青森市に戻ってきました。その夜、約100機のB29が青森市を来襲し、午後10時半から約1時間20分にもわたり574万トンの焼夷弾を投下。しかも悪いことに青森の空襲で使われた焼夷弾は従来型に黄燐を入れ威力を高めた新型焼夷弾で、青森市がその実験場となったのです。人の命を実験台に使うとはアメリカもひどいことをしますね。大火災により死者1018名の大惨事となりました。

3 どさくさに紛れての火事場泥棒
 空襲の被害が日本のあちこちにも及び、各地は焼け野原が広がっている。いくら、お上が「逃げるな、火を消せ」と騒いだところで、消火の素人である隣組の防空活動、たとえばバケツリレーとかが無意味であることに多くの人がわかるようになりました。空襲が起こる前は、政府やマスコミは「焼夷弾は怖くない」としきりに宣伝していましたが、実際はそうじゃないことが明白になりました。しかし、そうした国民の考えとは逆にマスコミは以前にもまして「逃げるな」「火を消せ」とまくしたてるのです。それだけ、現実に国民の士気が低下していることの表れといえます。そのことに対する政府の焦りも見え隠れします。 

それだけではありません。空襲のどさくさにまぎれて泥棒被害も多発していたのです。

よく戦時中の日本には美徳があったという意見をよく聞きます。僕のブログでもたびたび戦前の日本人が必ずしも高いモラルをもっているとは限らないとたびたび書かせてもらいましたが、戦時中も例外ではありません。「火垂るの墓」でも主人公のセイタが畑の野菜を盗んで、とがめられるシーンがでてきますが、実際にあのようなことはありました。物資が窮乏してみながみな追い詰められていたからです。

「武士は食わねど高楊枝」ということわざがありますが、僕は半分は本当ですが、半分はウソだと思います。やはり人間は食べるものがなければ、モラルもヘチマもあったものではありません。昭和20年4月22日付の『読売新聞』には「火事場泥棒という言葉があるが、最近空襲のどさくさにまぎれて泥棒被害が少なくない。ひどいのになると命からがら持ち出した罹災者(※1)の物品までかすめとる」と書かれておりました。実際、昭和20年の5月から7月までの間だけでも約3500件もの盗難事件が発生し、そのうち3割が食糧だというのです。

4 その後の金井市長
 さて、青森の金井市長のお話に戻ります。彼は1946年(昭和21年)1月、公職追放処分を受けて知事を免職となりました。公職追放後は民間企業に勤めていたのですが、1948年(昭和23年)に自らの命令で空襲により多くの犠牲者を出したことを悼んで慰霊のため観音像の建立を提唱し、柳町交差点のロータリーに三国慶一作の「平和観音像」が設置されたそうです。

1964年(昭和39年)に道路拡張のため2代目の観音像が10メートルほど北に作られ、金井らが建立した初代の像は青森市文化会館の4階で展示されているそうです。

彼は生涯、青森空襲で人を死なせたことを大変悔やんでおり、その罪滅ぼしに観音像をたてたり、1944年(昭和19年)に金属類回収令で解体された能福寺(神戸市兵庫区)の兵庫大仏再建事業に際して奉賛会会長を務め、1991年(平成3年)5月9日の開眼法要に出席したそうですね。罪滅ぼしをしたかったのでしょうね。戦後になってもインパールの責任をとるどころか、部下たちに責任転嫁をした牟田口廉也よりはずっといいと思いました。ただ、金井市長は良くも悪くもマジメすぎたのですね。上の人間には忠実に守るし、彼なりに正義感もあったのでしょう。それゆえに自分でも無意識のうちに人を傷つけてしまう。そういう人はナチスにもいたみたいですよ。金井市長が戦後になって一人の人間に戻り、人間としての良心をとりもどしたのでしょう。

 
※1 災害にあった人(人々)のことである。


※ 参考文献






米軍は、空襲をする前に予告ビラを上空からばらまいたといいます。目的は日本国民の戦意喪失です。空襲に依る大量虐殺はまさに国際法違反ですが、米軍はおかまいなし。米軍からすれば「予告をしてやったのに逃げないほうが悪い」という言い分なのでしょう。ひどい話です。

では米軍の人たちには良心の呵責がないのでしょうか。ある軍人は「日本国民を人間として扱われる権利を失ったと確信するに至ったのは、日本軍の(捕虜虐待という)残虐行為のせい」「戦争が短縮されて何千というアメリカ人の生命が救われるのだから日本の年をできるだけ早急に焼夷弾で徹底破壊するべきである」など。つまり日本軍は捕虜虐待(あとは真珠湾攻撃)などひどいことをしたのだから空襲にあっても因果応報だ、あるいは米国民を守るためには仕方がないという認識があったようです。これも、ひどい話です。

で、終戦までにまかれた枚数は458万4000枚にもおよぶといいます。「あなたの街を攻撃します」などと書かれていたら国民はビビるでしょう。当然、日本政府は「ビラの内容を信じるな、逃げるな」と訴えました。

昭和20年の『朝日新聞』にはこのように書かれてました。

「今度敵機が撒布した宣伝ビラの内容は荒唐無稽のもので、これによって一億国民の旺盛な繊維に何等かの影響も及ぼすものではない。しかし、敵は手をかえ品を変え、一億国民の戦意、団結を破壊を計るものと予測する。’(略)国民はゆめにも敵の謀略宣伝に乗ぜられてはならない」(『朝日新聞』昭和20年2月18日)

実際、憲兵隊や隣組の組長が「ビラをひろうな」、持っているものは提出しろ」と厳しく町内を見回ったといいます。しかし、大量にまかれたものを回収するのは大変な作業です。こうした空襲の情報は町から街へとつたわってしまうのです。

昭和20年3月の東京大空襲で10万人が死亡しました。それからすぐに内務省が決定したのは、拾った空襲予告ビラを警察に届けないものを最大三か月の懲役刑に処するという内務省令(昭和20年3月10日発令)でした。大空襲の惨劇を目の当たりにして、まず決めたのが空襲予告ビラの徹底回収と国民の口封じでした。消火設備は一向に整備されず、疎開政策もなかなか進まないなかで、こういう対処は非常に迅速だったのです。

僕は空襲をするアメリカもひどいけれど、逃げることを認めなかった日本政府も問題だなって思いました。当時の日本政府がビラなんてただの脅しだとマジで思っていたのなら話は分かりますが、アメリカが空襲をすることを日本政府はきちんと予測していたのですね。それだけに質が悪い。















これまで、空襲がきても「逃げるな、火を消せ」という対応をしてきた当時の日本政府を批判してきましたが、実政府は、決して米国産の焼夷弾の知らなかったわけではないのです。政府が委嘱していた科学実験により、焼夷弾の消火が不可能であるという見解は政府部内で周知されていた。

大阪帝国大学の浅田常三郎教授(物理学)は、著書『防空科学』(積善館・昭和18年5月)のなかで、第一次世界大戦で使用された焼夷弾の性能調査を発表し、「いかなる消防でも、あるいはそれらの補助員も、一度にこれらの家事をけすということは非常に困難」、「約15〜20秒で燃えつくしてしまう」といい、焼夷弾を消せというのは無理だと結論付けたそうです。

テルミット焼夷弾(※1)については、水をかけるとマグネシウム反応により爆発が起こることから「消すことは不可能どころか、水をかけたら危険」と指摘しました。

黄燐おうりん焼夷弾(※2)についても「黄燐は非常に有毒なるゆえ、決して皮ふにつかないように」と注意を喚起したといいます。

ある陸軍技師も、黄燐焼夷弾の落下時は「消火に従事するものはマスクをかけるか、防塵メガネをかけ、口や鼻を濡れ手で覆う必要がある」と述べていました。黄燐を吸引すると急性中毒症状を起こし意識障害や肝臓や腎臓の障害を招くそうです。現在では黄燐は毒物劇物取締法により毒物と指定をされているのです。そんなキケンな有害物質に近づいて火を消せというのが無謀というか無茶なのです。

それにも関わらず、政府はこれらの忠告を無視したのです。『週報・336号』(1943年3月24日)には「黄燐焼夷弾は猛烈な白煙をだしますが、この煙は5分や10分すっても、生理的にはほとんど無害ですから、人命救助等で、特に濃い煙のなかで長い時間活動する場合は各別として、普通は防毒マスクをつけないで、恐れず突入し敢闘することです」と書かれていたそうです。

科学者は黄燐は危ないといっているのに、政府はほとんど無害とまったく逆のことをいっているのですね。


このほか政府は、第一次世界大戦後のヨーロッパの空襲防護技術についても研究をしておりました。一例として、スペイン内戦下のバルセロナ空襲(1938年3月)の被害状況について、内務省計画局は英国人技師の報告書「バルセロナにおける空襲に依る被害と防空施設」を和訳して冊子化しました。建物下の地下室は危険であること、地下駅は避難所として有効だったことが書かれておりました。日本の政府はこれらの情報を生かしていた
かどうか疑問です。

実はナチスドイツ軍によるロンドン空襲の際、地下鉄駅が避難場所として役立ったという報告があったのです。それで、日本もそうすべきだという議員さんもいました。昭和16年(1942年)の春ごろ、貴族院の委員会で小川郷太郎鉄道大臣が「地下鉄がある程度、防空壕の作用を一部なしうることがある」と発言しました。ところが、最終的に政府が決めたのは「地下鉄道の施設は、これを待避または避難の場所として使用せしめざるものとす」、つまり地下鉄を避難場所として使わないよという方針です。この方針に従って、空襲時には地下鉄の入り口が閉鎖されてしまいました。

もちろん、すべての地下鉄が閉鎖されたわけではなく、大阪市営地下鉄は、防空要員輸送のために10分間隔で運行されたようです。しかし、優先されるのは軍隊や警察、公務員、それから消防団員と続いて、一般人は後回しにされました。昭和20年の6月以降の空襲時は地下鉄の入り口は固く閉ざされていたといいます。


また、日本も日本で1938年12月から中国の重慶を爆撃したのですね。重慶爆撃は非戦闘員を含む無差別攻撃だったといいます。だから、空襲の恐ろしさを日本政府が知らないなんてありえないんですね。この爆撃について大本営海軍報道部長は「我が空襲部隊は厳に軍事施設を唯一の空襲目標としていることはもちろんであるが、たまには爆弾炸裂の余勢で市民も犠牲をまぬがれないこともありうると覚悟するのが常識である」と述べたそうです。戦争だから非戦闘員が多少死ぬのは仕方がないという一種の開き直りともいえる発言でありますが、爆弾の被害は決して軽いものではないということも、この発言からうかがえます。

また、日本による投下弾が防空壕を直撃し、数千人の窒息死者がでたといいます。蒋介石が防空壕を整備したが、かえって、その防空壕で死者がでたのですね。それで1940年(昭和16年)6月22日付けの『読売新聞』には、「防空壕内での窒息事件は本年が最初ではなく、昨年のわが連続空襲に際しても同様事件が惹起じゃっきし、その時も、当局(蒋介石率いる国民党軍)は言論機関を圧迫して真相を伝えず、対策をとらず今次の惨劇を招いた。(中略)わが防空設備の万全を期する上においても、他山の石以上のものがあるように思われる」と報道されました。が、これを日本の政府は他山の石としなかったのですね。蒋介石が、空襲において対策をとらないから余計被害が大きくなったこと、しかも言論弾圧をしたことも失敗だったことも含め、日本が蒋介石を反面教師にすべきでした。

それどころか東京大空襲の前夜には「待避所(防空壕)の安全度は今のままでよい、居心地よくせよ」といったほど。この『読売新聞』の報道も政府は知らないはずはないのに。


知らなかったのあれば、仕方がないことなのですが、「知っていながら」というのが一番質が悪いのです。僕はそういうの一番嫌いです。




※1 テルミット(サーマイト)とはアルミニウム粉末と他の金属化物の粉末を混合したものである。
テルミットに着火を行うと
アルミニウム金属化物の間でしい酸化還元反応が起き、その結果還元された金属アルミニウムが生成する。この反応をテルミット反応・テルミット法と言う。

また、この反応は膨大な熱の発生を伴うもので、たとえばとの反応では約3000℃もの高温になる。テルミット焼夷弾とはテルミット反応を応用して兵器として使われたもの。

※2 
黄燐自然発火利用したもの









昭和17年ミッドウェー海戦で負け、翌年の昭和18年2月にガダルカナル島からの敗退によって、日本の敗退は決定的となり、米軍機による日本への空襲も現実のものとなりました。この時点で政府は降伏をすべきだと思うのですが、対応が後手後手になってしまい、ずるずると昭和20年8月15日まで戦争がつづいてしまったのですね・・・


ガダルカナル島の敗退からしばらくして、国民向けの『時局防空必携」が改訂されました。『時局防空必携』は、空襲にあっても逃げるなと書かれていたのですが、改訂により、以前にもまして根性論が強くなり、相変わらず焼夷弾の実際の威力を甘くみている内容でした。

「(敵の)飛行機の性能はだんだんよくなり数もどんどん増えている。今度は相当大規模の空襲を繰り返し受ける恐れが多い」と書いておきながら、それでも命を投げ出しても焼夷弾の火を消せという恐ろしい内容です。焼夷弾といいましても種類がありまして、「エレクトロン」「油脂」「黄燐おうりん 」の三つの種類の焼夷弾があるそうです。以下、それぞれの焼夷弾の対処法をご紹介します。


エレクトロン   
破裂の瞬間、煌々こうこうたる白銀の光を放ち、一面に火まつを飛ばす。弾体へぬれむしろ数枚をかぶせ、
上からどんどん水を浴びせる

        
油脂
真っ赤なほのおと3〜5メートルに及ぶ黒煙をあげる。これを消すには弾体に砂、泥をかけ、
その上からむしろをかぶせる。少量の水をかけるとかえって拡がって危険だ。
隣組防火群は、水をつかわぬほうがいい
。 

黄燐おうりん    
落ちた時大きな爆音がし、濛々もうもうたる白煙をあげ無数の鱗片りんぺんを飛散させ、100メートルに達するこ        とがある。退治法は大体油脂と同様だが、火力は前二者に比していささか弱いが、破壊力が
強大
で、爆風、弾片の危険もある。
 

さらに戦況がひどくなると、焼夷弾を手でつかめなんて意見さえでてきます。

焼夷弾は水に浸した手袋などでその元部(火がでていないところ)を両手で持ち安全な場所に投げ出して処置すること(『朝日新聞』昭和19年12月1日付)


手で焼夷弾をつかめるくらいだったら、都市が焼け野原になるはずがありません。

さらに昭和20年3月7日の『週報』には「武士道とは死ぬことを見つけたり、これ真個の日本人の悟りである」と書いてあったそうです。武士道、武士道というけれど、ほとんどの日本の国民は武士ではありません。武士でもない人間に「武士道」を押し付けることは絶対無理だと僕は思います。これは戦時中の話ではなく、現代の日本『正論』に出てくる言論人にもいたりするから困ったもんです。それに武士は主君に奉公する際、それに見合った御恩を主君はしなくてはならないのです。御恩もロクに与えずに、奉公だけせよというのは、それこそ武士の道に反しているのですね。


それはともかく、このように政府やマスコミは「逃げるな」とか「手で火を消せ」というけれど、実際人々は空襲がくると逃げ回ったといいます。たとえば、「火垂るの墓」は神戸の空襲のお話ですが、1942年6月5日の空襲だけでも、死者3453人、重軽傷者6000人という甚大な被害が起きているのですね。政府は「逃げるな、火を消せ」というけれど、一部を除いて、ほとんどの人が消火道具やバケツなどには目もくれず、われもわれもと逃げたそうです。「火垂るの墓」にもその描写が描かれております。

また昭和20年の5月29日の横浜大空襲の時は、10人ほどの隣組がバケツリレーをして火を食い止めようとしたが、まったく無駄で、「とても駄目だ。やめよう」とみな口々に避難することを思ったときは、火はさらに四方に広がっていたといいます。



この記事、終戦記念日の昨日書きたかったのですが、夏バテになってしまいまして、きょう書かせていただきます。熱くなっておりますので、みなさまも夏バテや熱中症におきをつけてください。コロナが猛威をふるい大変なことになっておりますが、熱中症も油断できませんから。

さて、きょうは防空法の話から少しずれて、空襲の2曲の歌のお話をします。

ひとつは「空襲なんぞ恐るべき」そして「なんだ空襲」。二曲とも空襲なんて大したことがないと歌っております。この曲が作られたのは昭和16年。まだ、国民のだれもが、東京いや日本のあちこちの都市が空襲で焼け野原になるなんて夢にも思わなかった頃につくられた歌です。著作権の関係もあって掲載することができないのですが、ようつべの検索欄で「空襲なんぞ恐るべき」もしくは「なんだ空襲」と検索すれば、歌の動画が出てくると思います。(消されている可能性もありますが)

「空襲なんぞ恐るべき」は、防空総司令部が東京日日、大阪毎日両新聞社の協力を得て制定した曲です。曲名が「恐るべき」とあるから現代人の感覚からすれば、空襲はとっても怖いよと歌っているのかなって思いますが、実際の歌詞は全く逆。ここでいう「恐るべき」の「べき」は「〜だね」って意味ではなく、「〜する必要はない」って意味なんですね。歌詞だけでなく曲調も勇ましい感じの歌です。

「なんだ空襲」を作詞したのが当時売れっ子の詩人大木淳夫、作曲は大御所山田耕筰です。山田耕筰といえば「赤とんぼ」とか唱歌をたくさん作っておりますが、軍歌や戦時歌謡も結構作ってきたのですね。歌詞をみると敵機も蚊やトンボと同じだとか、焼夷弾の火なら砂で消せだの、空襲より流言のほうが怖いだの書かれております。曲調も調子のよい音頭調です。実際の焼夷弾の威力と全く異なっておりますが、昭和16年当時の人々は、この歌の通り空襲なんて大したことないと思っていたのです。今でいえばコロナなんてただの風邪って思うような感覚ですね。

しかし、3年後の昭和19年以降、東京をはじめ、大阪や名古屋さらに福島県の郡山や新潟県の長岡、兵庫県の神戸、九州は熊本市内など日本のほとんどの都市が空襲にあったのです。僕も「東京大空襲」という本を読んで、日本の空襲にあった被災地がまとめられた表をみて本当に驚きましたね。その空襲の被災地の表が4ページにわたって書かれているのですから。具体的な都市名が書かれてるのですが、その空襲にあった都市や街を数えるのが大変です。1944年から45年の2年間にかけてこんなにあったのかって、僕も驚きました。空襲というと僕は東京や大阪、神戸など都市部だけかと思っていましたから。まさに日本中が空襲にあったのです。

僕も本を見ていて暗澹たる気分になりました。それだけ多くの人が亡くなったり、負傷をされたりと甚大な被害を受けたのだなあって…

ちょっと脱線しますが、僕の父親は千葉の木更津のほうに疎開しましてね。当時幼かった父が田んぼを一人で歩いていたら、後ろのほうから敵機がやってきて、幼い父に向ってバババッと銃を放ったのですね。父は命からがら逃げのびることができました。父はあの時危うく死ぬところだったと語っておりました。おそろしいですね。幼い子供まで攻撃してくるのですから。疎開で都市部から逃れたとしても、父のように攻撃されることもある。

先に挙げた二曲の歌はとうとう誰も歌わなくなったそうです。それはそうですね。空襲が大したことがないなんて、そんなものウソだって、みんな誰しも思うようになったのだから。





このページのトップヘ