history日誌

歴史と歌が大好きな私が日本史から世界史まで広く浅く書きます。 歴史の知識は素人レベルで、私が語る歴史の内容が真実かどうかは自信はありませんがw、楽しんでブログを書いていきます。教科書に載ってないようなマイナーな歴史の話もします。

カテゴリ:日本の歴史 地域史 > 沖縄・北海道等の歴史

今日は北海道の阿寒湖にまつわる悲しい曲をご紹介します。曲名は毬藻まりもの歌」。「毬藻の歌」は昭和28年に発表された曲で、安藤まり子さんという方がお歌いになっております。なにしろ古い歌なので、この曲を知っている方は60歳くらいの人でもそう多くなく(80歳以上のの方だったら大体ご存知かもしれない)、カラオケでこの曲をお歌いになるかたも年々減ってきております。メロディーの美しさといい、短いけれど洗練された歌詞といい、とっても良い歌なのに。僕はまだ40代ですが、この曲すきで度々カラオケで歌いますよ。DAMでこの曲をリクエストすると安藤まり子さんご本人の映像がでてきます。

芹洋子さんもカヴァーされ、阿寒湖の遊覧船にのると、芹洋子さんヴァージョンの「毬藻の歌」が流れるそうですが、オリジナルは安藤まり子さんです。以前にNHKの歌番組に安藤まり子さんがご出演され、80代とは思えない、すばらしい美声を聴かせてくださいました。

この「毬藻の歌」には阿寒湖の伝説が下敷きになっているといいます。なんでも、アイヌの長老の娘セトナが村の若者のマニペに恋をしたと。しかし、セトナには父親が決めた婚約者がいたのです。身分が違うということで、セトナとマニペの二人の恋はかなわなかったと。来世は一緒になろうと願い、セトナとマニペは阿寒湖に身を投げたといいます。そして二人の魂は、阿寒湖のマリモになったといいます。

ちなみに、最近になってこの伝説は作り話だという説も出てきました。あくまでもマリモ伝説は一人の日本人の創作で、実際にその筆者の手記もあるといわれております。

アイヌ民族にそのような悲しい伝説があったかどうかはわかりませんが、アイヌ民族が悲しい思いをしたのは事実です。アイヌ民族は、17世紀から19世紀において東北地方北部から北海道、サハリン、千島列島に及ぶ広い範囲に住んでおりました。それが江戸時代に、アイヌ民族は松前氏という大名からたびたび迫害を受けました。アイヌの人たちをだましたり、漁場や猟場も荒らしたりしたそうです。

1669年にシャクシャインというアイヌの指導者が立ち上がり、松前氏と戦いましたが、シャクシャインはあえなく討ち取られてしまうのです・・・

それ以降松前氏の支配はひどくなり、アイヌの人たちを安い賃金でこきつかいました。それで、たびあびアイヌの人たちは抵抗しましたが、いつも厳しくおさえられ、アイヌの土地もどんどん日本人の侵略をうけ、アイヌの人たちは隅に追いやられてしまったのです・・・

19世紀当初から20世紀後半まで日本の中央政権は、アイヌ民族に対し同化政策を押しつけたそうです。明治から第二次世界大戦敗戦前まで使用された国定教科書にはアイヌを「土人」と表し、アイヌの人たちは差別をされてきたのです。

ちなみに僕は阿寒湖どころか北海道には一度もいったことがありません。僕の親父が仕事でたびたび行っていたいたのですが。機会があれば阿寒湖に行ってみたいですね。実は僕は子供のころに「オホーツクに消ゆ」というゲームにはまり、子供のころから北海道に行きたいなって思いましたもの。「阿寒湖」もこのゲームに出てくるし、阿寒湖はマリモが有名だということもゲームで知りました。僕も父が北海道に出張に行くとき、マリモをねだり、おみやげにマリモを買ってきてもらいました。


また、阿寒湖では毎年夏になると「夏希灯なつきとう」という幻想的なイベントがあるそうですね。







(阿寒湖とマリモの動画)


(夏希灯のようすiv>


※ 参考サイト

https://www.ainu-assn.or.jp/ainupeople/history.html


https://www.tsurugagroup.com/plans/natsukito/

ブログネタ
歴史について(日本のことも世界のことも) に参加中!
これまでの記事

沖縄おきなわの近世・近代の歴史 その1 尚寧(しょうねい)と琉球王国りゅうきゅうおうこく受難じゅなん

沖縄の近世・近代の歴史 その2 琉球王国から沖縄県おきなわけんへ  


1 沖縄の未来をなげく人たち

 沖縄おきなわの近代の歴史をお話も今日で3回目になります。

前回の記事で琉球処分にて琉球王国はなくなり、沖縄県として日本国の領土の一つとなったと書きました。そして、沖縄は明治政府に支配されます。

そんな沖縄について「これはいかん」なげき、沖縄の自立を目指した人が少なくありません。

2 太田朝敷(おおたちょうふ)について
 その一人が太田朝敷(おおた ちょうふ)。あいにく僕はHK教育テレビの高校講座「日本史」を見て初めてこの人の名前を知りました。

太田朝敷とはどんな人物かというと、主に明治時代から昭和初期にかけて活躍かつやくしたジャーナリストです。明治26年に沖縄最初の新聞「琉球新報りゅうきゅうしんぽう」の創刊に加わったそうです。ちなみに「琉球新報」は「紙ハブ」と呼ばれおそれられていたようです。なかなか過激な論調だったのかな?

昭和5年に「琉球新報」の社長になり、その後、県会議員,首里市長もつとめたそうです。

2 沖縄を自立させるには? 




「他府県」に「我から進んで同化する」こと「若し消極的に同化させやうとすれば・・・、幾多いくたの不利を感じなければならぬようになります」

 『女子教育と沖縄県』(太田朝敷)


これは太田朝敷の言葉です。沖縄の自立のためには、沖縄人だとか変なプライドは捨てて日本人として生きようと言いたかったみたいですね。

下手に本国といがみ合うよりも、現実を受け入れ、日本に従ったほうが被害ひがいが少ないと太田は思ったのかもしれません。そのうえで近代化すれば沖縄の人たちの意識も変わるだろうと。沖縄人の意識も変われば、沖縄自立の道へと進むだろうと太田は思ったのでしょう。

太田は精神面だけでなく経済面でも沖縄の自立を目指そうとしました。沖縄の主要産業はサトウキビ。太田は製糖業の振興しんこうをすることで沖縄の経済発展を進めようとしましたが、沖縄と同じく製糖業せいとうぎょうが盛んな台湾たいわんされてしまい、これはあまりうまくいかなかったようです。

3 太田朝敷の学歴

 太田朝敷は慶應義塾大学けいおうぎじゅくだいがくの出身だったそうです。平成のいまは沖縄出身の学生が東京の大学に入る事はめずらしい事ではありません。僕のいた大学にも沖縄出身の人がいました。

だけど、明治時代の当時はとても珍しい事だったそうです。

慶應義塾大学といえば福沢諭吉(ふくざわゆきち)。

福沢諭吉は国家の自立を説いた人物で、そのためには西洋の文化を取り入れよとも言っていたそうです。後の太田の行動を見ていると、福沢の影響えいきょうを受けたのだろうなとおもいました。


それでは、みなさんぐぶりーさびら!!(沖縄の方言でさようなら)


※ おまけ

喜納昌吉さんの『花』をどうぞ。映らなかったらごめんなさい)


https://www.youtube.com/watch?v=RfCxDaQDskQ


※ 今回の記事は「高校講座 日本史」などを参考にしました。


http://blog.livedoor.jp/seimei1128-rekishi/archives/1458434.html

昨日の続きです。江戸時代、琉球王国りゅうきゅうおうこく薩摩さつまの支配を受けながらも、独立国としてのプライドは保ってきました。が、明治時代になってからそれが変わっていく・・・2回目の今日は、琉球王国が明治政府によってほろぼされるという、そんなお話をします。


1 副島との約束


 廃藩置県はいはんちけんの次の年、当時の外務卿がいむきょうだった副島種臣(そえじまたねおみ)が琉球の視察団を東京に呼び寄せたそうです。

「琉球国王を以後、琉球藩王りゅうきゅうはんしゅとする」という政府の方針に琉球の視察団はおどろきました。琉球は中国(清)との関係を保ってきたが、その関係が明治政府によって打ち切られようとしたのだから。

困った琉球側に副島は一つの提案をしました。それは「琉球の国体・政体永久に相変わらず」としました。つまり「琉球はこれまでどおり中国(清)と仲良くしてOKですよ」って約束したのです。


2 明治政府の方向転換ほうこうてんかん 

 しかし、大久保利通が政治の実権を握ってから琉球の運命は変わってしまいます。大久保は琉球を清から切りはなし、日本の一部にしよう(帰属きぞく)と考えました。

1875年、大久保の命を受けて松田道之(まつだみちゆき)という若い,ruby>官僚かんりょうが琉球に訪れました。松田優作さんじゃなかったw道之は琉球側と色々と交渉こうしょうしましたが、あくまでも清との関係、そして自分達の自立を保ちたい琉球側は首を縦にりません。

はじめは琉球の国体(清との結びつき)を保ってもいいですよと琉球王国と約束したのに、後になってそれはダメだと主張する明治政府。約束をしておいて後になって破るとはムゴイ話です。

消費税をあげませんと約束しておいて、選挙が終わったら「消費税を上げる」とうそぶく政治家に似てますw


3 松田の苦悩くのう

 琉球との交渉は難航なんこうしました。交渉の責任者だった松田は血をいたそうです。琉球と明治政府の板ばさみは苦しいが、かといって手ぶらで帰る訳にはいかない。そりゃストレスたまりますわ。交渉は進まぬまま松田は琉球を去ってしまいます。

琉球は明治政府との論戦に勝ったって事でしょう。しかし、「これで勝ったと思うなよ!」と思ったのがエリート官僚の聖子ちゃん、いやw松田道之のしたたかなところ。
 
そしてみなさん、いよいよ今日のその時がやってまいりますw

4 日本に取りこまれる沖縄

 帰国した松田は、政府に「琉球りゅうきゅうは、はなはだしく無礼で不法である」と報告し、「無礼であるから武力を使ってでも制圧すべき」と進言したのです。ヒドイねえ・・

松田は警察や兵士600人を従え、琉球にやってきました。そして琉球国王のいる首里城しゅりじょうを取り囲んだそうです。こうした威圧いあつに軍隊を持たなかった琉球はなすすべもありません。

こうして琉球は沖縄県となり、琉球王国はほろびました・・・いわゆる琉球処分です。

5 琉球処分になってから
 日本は琉球王国を犠牲ぎせいにすることで近代国家の道を歩み続けました。でも、19世紀当時はむごい弱肉強食の国際情勢でした。それで植民地を支配する事が当たり前の時代。明治政府の対応はある意味仕方がなかったとも僕は思います。

一方で、このような明治政府の対応が、沖縄おきなわの人たちの日本国本土(沖縄の方言でいえばヤマトンチュー)に対する不信にもつながっているのだと考えられます。

ちなみに琉球処分で名をあげた?松田道之(まつだみちゆき)は東京府知事になりました。しかし、彼は43さいの若さで亡くなったそうな。

しかし、琉球処分で日本の支配下になった事をなげいた人間も沖縄にいました。そのお話はこちらです。

http://blog.livedoor.jp/seimei1128-rekishi/archives/1445186.html

オマケ 

 暗くて深刻な話が続いたので、琉球の音楽をいて息抜いきぬきをしましょう。


このページのトップヘ