history日誌

歴史と歌が大好きな私が日本史から世界史まで広く浅く書きます。 歴史の知識は素人レベルで、私が語る歴史の内容が真実かどうかは自信はありませんがw、楽しんでブログを書いていきます。教科書に載ってないようなマイナーな歴史の話もします。

カテゴリ:日本の歴史 鎌倉〜安土桃山時代 > 戦国時代&安土桃山時代

1 慶長遣欧使節団
今日も伊達政宗に関連するお話をしますwだって仙台を語るうえで伊達政宗は欠かせない人物ですから。さて、伊達政宗は1613年(慶長18年)に藩士・支倉常長はせくらつねながらをメキシコ、スペイン、ローマに派遣しております。一行は支倉たち仙台藩士だけでなく、江戸幕府関係者、各地の商人、フランシスコ会の宣教師など計180名で参加しました。その目的はスペインとの通商交渉(※1)でした。

支倉の使節団は1613年から、1620年(元和げんな6年)まで7年間続きました。これがいわゆる帝国華撃団じゃなかったw慶長遣欧使節団です。

一行は1613年10月月浦(現石巻市)を出帆しゅっぱんし、約90日後にメキシコに上陸。その後、陸路で大西洋側まで進み船を乗り換えスペインへ向かいました。1615年、スペインはマドリードの王宮で国王フェリペ3世に謁見えっけんを果たしました。しかし、通商に関してはフェリペ3世から「すぐには返事ができない」という感じでした。それから常長は翌年ローマに向かい、ローマ教皇パウロ5世に謁見します。ローマ法王にあった後常長はふたたびフェリペ3世に会いますが、交渉は進まず。

2 大変な思いをしたけれど・・・
 しかも悪いことに、この時すでに日本国内ではキリスト教の弾圧が始まっており、そのこともあって通商交渉は成功することはなかったのです。常長は数年間のヨーロッパ滞在の後、元和6年8月24日(1620年9月20日)に帰国しました。

こうしてはるばるローマまで往復した常長でしたが、その交渉は成功せず、そればかりか帰国時には日本ではすでに禁教令が出されていました。そして、1621年に失意のうちに死去したのです。

海外に行くというと今の感覚でも大変かもしれませんが、昔は交通手段も船くらいしかなかったので、今よりももっと大変だったと思います。そんな命がけの旅をしたのに関わらず、交渉も成功しなかったのですから、常長は気の毒だなと思います。しかし、彼が命がけではるばるヨーロッパまで行ったことは大変大きなことだと思います。

世の中は結果がすべてで、そこに至る努力だとか情熱といったプロセスは見てもらえないことが多々ありますが、少なくとも常長の行ったことは評価どころか日本人として誇りに思ってよいと思います。支倉はそれだけの偉業を成し遂げたのですから。

3 サン・ファン・バウティスタ号
 さて、支倉達一行が乗った船はサン・ファン・バウティスタ号。この船は日本初の西洋型木造帆船だそうです。この船をつくるのに仙台藩の人だけでなく、なんと幕府の人までかかわっておりました。造船にあたっての総監督は徳川幕府初代スペイン使節のセバスチャン・ビスカイノ。幕府からも船大工さんが派遣されました。ビスカイノの指導のもと、造船工約800人、鍛冶工約700人、大工役3000人という大がかりな造船作業でした。それに伴い女、子供たちも働いたので、経済効果もあったようです。

船をつくるのに用いられた木材は、気仙けせん磐井いわい江刺えさしなど各郡から調達されました。

当時のスペインでは同じような船をつくるのい二年ほどかかったようですが、サンファン号は、45日で作られました。大人数で作ったとはいえ、日本の技術に驚かされます。


※1  外国と商取引をすること。交易。貿易。「条約を結んで外国と―する

※ おまけ

サン・ファン・バウティスタ号の復元船は、震災による津波で被害を受けましたが、2013年にサン・ファン・バウティスタ号は復活しました。



※ 参考文献
宮城県の歴史散歩
山川出版社
2007-07-01








1 子供を敵方に預けた幸村
去年(2016年)は大河ドラマ「真田丸」が好評だったようですね。あいにく僕は一回も「真田丸」をみたことがないのですがw、このドラマの主人公が半沢直樹じゃなかったw真田幸村だってことくらいは知っておりますwさて、真田幸村は伊達政宗と戦ったといいます。大阪夏の陣でも両者は激しいバトルをしたといいます。大阪夏の陣とは徳川家VS豊臣家のバトルで、両家の存亡をかけた戦いでした。政宗は徳川方に、幸村は豊臣方についておりました。

しかし、男同士の争いで泣く思いをするのはいつの時代も女と子供。大阪夏の陣の決戦前夜、真田幸村も自分の娘の阿梅おうめを伊達政宗の家臣である片倉小十郎の陣所に送っていました。かわいい愛娘の保護を片倉にお願いしたのですね。実はこのとき、幸村は阿梅のほかに、阿菖蒲おしょうぶ、おかね、そして当時4歳だった大八らも保護されました。子供たちの保護を頼むとはいっても戦の真っ最中、これは事実上の投降にちかく幸村の子供たちを生かすか殺すかは相手側の片倉小十郎というか伊達家にかかっておりました。保護をお願いしても、なにせ相手は敵。下手すりゃ子供たちは殺されるリスクがある、いやそのリスクが高いのです。

そんなリスクを冒してまでなぜ幸村は敵将である片倉に自分の子供たちを預けたのでしょう?

こればかりは本人に聞いてみないとわかりませんw

いろいろな理由が考えられますが、幸村と片倉が同郷だったことも無視できないと思います。実は片倉家はもともと信州諏訪の出身で、幸村と同じ信州人なのですね。また伊達政宗も真田幸村ももともとは豊臣秀吉につかえていたので、伊達と真田がお互いに旧知の間柄であったことも理由として考えられます。豊臣と徳川が戦わなければ、案外幸村と政宗はよい友達になれたのかもしれない・・・・


2 幕府の目をあざむき幸村の子供を守った

 大阪の陣後、伊達家は真田の子供たちを片倉の居城・白石城にて保護し、養育をしたといいます。その後、阿海は片倉小十郎の後室に、阿菖蒲は伊達家の家臣・田村定広の妻になっております。おかねはその後どうなったかはわかりませんが、男の子である大八ともに大切に育てられました。この大八という子供も大切にした伊達家は太っ腹だなと思いました。なぜなら幸村といえば大阪の夏の陣で奮戦し徳川を苦しめました。その幸村の子供ましてや男の子が生きていたとなると大変です。男の子はやがて家督を継ぎます。家督をついだ男子は殺された父の敵をうつために徳川に歯向かうことだって考えられます。もし大八が生きていたと知れば、徳川家は黙っていないでしょう。下手すりゃ殺されてしまいます。

伊達政宗の後を継いだ伊達忠宗の時代。大八は真田守信と名をかえ、伊達家(仙台藩)に300石で召し出されるようになりました。守信の出自を怪しみ、幕府は守信の家系調査を仙台藩に命じましたが、仙台藩は幕府の詮議に対してニセの家系図を渡したといいます。真田広之さんじゃなかったw真田政信という架空の人物をつくり、守信がその子供であるとしたうえ、真田姓を片倉姓にして幕府の面目を立てたといいます。

その後、守重は1657年(明暦3年)に江戸留守居役に任じられるも、当時の幕閣・松平信綱たちが守重の出自を怪しんでいたため、仙台藩の人たちは守重の役を辞めさせます。守重は1670年(寛文10年)に59歳で死去。守重の亡骸は白石市の当信寺に葬られ、墓碑には六文銭ではなく、一文銭が刻まれておりました。六文銭といえば、歌のグループ名ではありませんw真田家の家紋です。それくらい伊達家は、守重の出自が怪しまれないように気をつかったのですね。ちなみに、この当信寺には幸村の娘である阿梅も葬られております。

3 真田家のその後
 守重の死後、守重の子孫たちは片倉と名乗りながら伊達家を幕末まで支え続けまし。そして、守信より8代後、幕末期の子孫真田幸歓ゆきよしにおいて真田姓に戻ることができたのです。仙台真田家として現在も続いています。

それにしても伊達家はよく真田家の人を守ったと思います。先にも述べましたが、徳川家にとって真田家は不倶戴天の敵。当然生かしておくわけにはいかない存在です。その子孫が伊達家に仕えているとなれば、当然幕府は許さないだろうし、家康の時代であれば伊達政宗を討つために東北に軍隊を派遣することだって十分考えられるわけです。そんなリスクをおかしてまで、政宗は幸村との男の約束を守り、子孫の代になってもそれを守り続け、幕末まで真田家が存続できたのだからすごいと思います。

※ おまけ

信州といって思い出したのですが、信州でも大きな地震がありました。2011年3月12日。長野県の栄村も震災にあい被害がありました。この震災も東日本大震災に誘発されて起きた震災だといわれております。3・11ばかりがクローズアップされ信州のこの地震のことはつい忘れがちになります。しかし、震度6強の大きな地震でこの震災でも死者や負傷した方もいらっしゃるし、一時約1700名余の方々が避難されたといいます。この地震も風化させてはいけないなと思いました。



※ 参考文献





 今日は7月7日。七夕の日です。たなぼたじゃないですよww彦星と織姫が年に一回会う日です。年に一回会えない分、彦星と織姫はLINEとかで連絡とりあっているのかなw?そんなことはさておき、宮城県の仙台でも七夕まつりが行われます。七夕祭りといいましても7月7日にやるのではなく、仙台の七夕祭りは毎年8月の上旬に三日にわたって行われます。その様子はこちらの動画を。



きれいですねえ。僕も東京杉並区にある阿佐ヶ谷で毎年8月上旬に行われる七夕まつりに何度も言ったことがあるのですが、ぜひ仙台の七夕祭りもいってみたいですね。

さて、七夕まつりというのは平安の昔、宮中の清涼殿で行われていた貴族の遊びの一つでした。それが江戸時代になって民衆にも普及し、女の子は技芸の上達を、男の子は字がうまくなることを願ったといいます。

仙台で七夕祭りが始まったのは伊達政宗の時代です。政宗が七夕について歌を詠んでいるのです。それがこちらの二首。


「まれにあふ こよひはいかに七夕の そらさへはるる あまの川かせ」

「七夕は としに一たひ あふときく さりてかへらぬ 人のゆくすえ」


政宗ってなんとなく合理主義的なイメージが僕にはあったのですが、結構ロマンティストだったのですね。

また、政宗が歌に詠むくらいですから、このころからすでに七夕祭りも盛大に行われていたのですね。

政宗亡き後も仙台では七夕まつりは続けられました。しかし、明治維新後、全国的に七夕行事が衰退していき、仙台も大正末期ごろには往時の華やかさはなくなったといいます。1927年(昭和二年)には、商家の有志たちが華やかな七夕祭りを復活させたものの、戦争がはじまり戦況が悪化すると、七夕飾りは町から消えていきました・・・・

そして終戦の翌年、1946年(昭和21年)。仙台空襲で焼けた一番町通りに、52本の七夕飾りが飾られました。仙台の人々は涙がでるほど喜んだといいます。まさに仙台の七夕まつりは終戦後の復興のシンボルだったのですね。そして2011年の震災で仙台七夕まつりは中止にしようかという意見もあったようですが、「震災の年に七夕まつりをやらなかったら、復興は今より遅れていたんじゃないかな」という声に仙台の人たちも同調し、この年も例年通りに七夕まつりが行われました。 

避難所暮らしを余儀なくされたある女性は「犠牲者の中には毎年楽しみにしていた人もいる。供養のためにも祭りができてよかった」と語られたそうです。




※ 参考文献および参考サイト




http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0601C_W1A800C1CR0000/

このページのトップヘ