history日誌

カテゴリ:日本の歴史 江戸時代 > 幕末

あんなに暑かった夏も終わり、もう11月ですね。だんだん秋めいてきた今日のこの頃。今日はかなり季節外れですが、弘前の桜のお話をします。

弘前城は、1611年にこの地を治めていた津軽氏によってつくられました。しかし、1627年に落雷にあい天守閣は炎上。しかも悪いことに火薬庫にも引火し、城は爆発。それで天守、本丸御殿、やぐらは焼失してしまったのです。津軽氏はお城を再建しようとしたが、当時の江戸幕府が認めませんでした。それが幕末のころになってようやく再建が認められました。1810年に天守が造られました。現在残っている弘前城の天守は、1810年に再建されたものです。


そして1871年(明治4年)、廃藩置県はいはんちけんが行われ、藩主の津軽氏は弘前の地から去りました。1873年(明治6年)に廃城令はいじょうれい発布により廃城処分とされ、この後、本丸御殿や武芸所等が取り壊されたのです。それから城の跡地は軍が所有することになりましたが、城跡はほとんど手入れもされず、荒れるに荒れてしまいます。城の石垣にはヘビが住み着くほど荒れてしまったのです。

そんな荒れた城跡をみかねたのが元弘前藩士の内山覚弥うちやまかくやでした。彼は自費で20本の桜の苗木を城跡に植えたといいます。

それから元弘前藩士の菊池楯衛きくちたてえも「栄えある城を取り戻したい」。そう思って菊池も桜の苗木を植えました。1882年(明治15年)菊池は1000本の桜を植えます。1000本の桜ときいておもわず、僕の脳内で初音ミクの「千本桜」の歌が流れてきましたw

菊池はリンゴなど果樹栽培を行っており、植物栽培のノウハウをもっていたのですね。

2人はなぜ桜にこだわったのでしょう。青森だからリンゴでもよかったのでは。あるいは日立のCMに出てくる「この木、何の木」の木でもよかったのではないでしょうかw?「花は櫻木、人は武士」という言葉があり、昔の(弘前城)栄を取り戻すには桜ほどふさわしいものはないと菊池と内山は考えたのかもしれません。また桜の木は華やかできれいですからね。見た目も美しいという面もあったのでしょう。

ところが、ある日菊池が目にしたのは桜の苗木が無残にも踏みにじられていたのです。折られたり、抜かれたり、ひどい有様でした。無事だったのは数本のみ。なぜ、こんなことが。

桜を荒らした犯人は、旧弘前藩士が多かったのです。元弘前藩士の中には桜を軽薄けいはくだと思っていた人間もいたからです。また、このころは明治維新後の混乱もまだ残っていたし、士族(武士)の気風も荒かった時代です。そのため「お城の跡を行楽の地にするとは何事だ」という考えが根強かったのです。

しかし、菊池と内山はあきらめませんでした。

1894年(明治27年)に日清戦争が勃発ぼっぱつし、津軽からも兵士が派遣されました。そして多くの戦死者がでました。そのため戦死者を慰霊いれいしようという機運がうまれたのです。1895年(明治28年)、内山は、この桜で出征した兵士たちをなぐさめたいと思い、100本の桜の苗木を植えます。

そして大正天皇の結婚記念としてさらに 1,000本の桜が植えられたそうです。

こうして、弘前城は桜の名所になりました。

1918年(大正7年)には、第一回観桜会(のちの桜まつり)ががおこわれました。芸妓たちの踊りあり、山車がでたり、花火もあがったり、自転車競争や相撲すもう大会などのさまざまな余興よこうが繰り広げられました。中でも人気だったのは、仮装大会だったそうです。

この年の4月8日に、この地に桜を植えた菊池がなくなります。享年73歳。菊池と内山が植えた櫻木のなかで、今も残っている桜の木があるようです。その気は樹齢138年だそうです。内山と菊池が頑張って植えた木が今日も残っていることがすごいなあって。


(弘前城の桜の様子)

※ この記事は「歴史秘話ヒストリア」と以下のサイトを参考にしました。

http://www.city.hirosaki.aomori.jp/jouhou/koho/kouhou/r020101_04-05.pdf

今日の記事は長いです。

1 靖国神社やすくにじんじゃまつられていない白虎隊びゃっこたい



(靖国神社)


東京は千鳥ヶ淵ちどりがふちにある靖国神社やすくにじんじゃ。靖国神社は戊辰戦争ぼしんせんそうの戦死者が祀るために作られた神社です。

戊辰戦争の戦死者と言いましても、幕府側の戦死者は一人もまつられていません。祀られているのは官軍側の戦死者だけです。幕府は朝廷ちょうていに弓を引いた朝敵ちょうてき、だから靖国神社に祀られる資格がなかったというわけです。

朝廷側でも、西郷隆盛は明治維新の功労者でありながら、西南戦争で反政府側に回ったので、靖国に祀られておりません。

伊藤博文(いとうひろふみ)や大久保利通(おおくぼとしみち)、山県有朋(やまがたありとも)といった明治維新めいじいしんの功労者であり、新政府の担い手となった人たちも祀られておりません。彼らは戦死したわけじゃないからだと考えられます。

「じゃあ、東条英機(死刑)らは、戦死したわけじゃないのに、なぜ靖国にまつられるの?」って話が出てきそうですね。

「白虎隊はもちろん、伊藤博文でさえ靖国に祀られないのになぜだろうね」と僕も思うのですが、それは非常にややこしい話で、今の時点では僕もうまく説明ができないので、今回はとりあえず置いておきますw

2 ひどいあつかいをされた会津側
会津藩は新政府に降伏こうふくして若松城わかまつじょう鶴ヶ城つるがじょう)が開城となり会津戦争が終わりました。しかし、戦場となった会津のには、戦死者たちの死体があちこちに転がっていました・・・

雨や風にさらされ、野鳥やノラ犬などに食いちがれ、そして遺体いたい腐敗ふはいしていたようです。それはひどい光景だったそうです・・・

みかねた会津あいづの人たちはねんごろにとむらうようにたのみこんだそうです。しかし、新政府軍は「賊軍ぞくぐんにかまうな」と言って、 遺体を勝手に埋葬まいそうすることを禁止したそうです。ひどい話です・・・

それから、しばらくしてから官軍側が会津戦争でなくなった人たちの遺体を弔うことになったのですが、映画『おくりびと』のように、ていねいに死体をあつかったりはしませんでした。あくまでも官軍側が罪人ざいにんとして遺体を処理しょりしたので、その扱い方はひどいものでした。

飯盛山で自刃じじんした白虎隊も例外ではありません。飯盛山の白虎隊の遺体いたいは、埋葬まいそうもされないまま、野ざらしにされていました。それで鳥もたかっていたそうです。

二、三日も鳥のれが飯盛山の上空でやかましく鳴いていたので、村人達もなんだろうと思って見に行ったようです。それで村人達は白虎隊の死体をやっと見つけたのです。

3 いいことをしたのにつかまってしまう。
 滝沢村(たきざわむら)の肝煎きもいり(※1)吉田伊惣次(よしだいそじ)が見かねて、白虎隊の遺体いたいをお寺に埋葬まいそうしたそうです。

しかし、その事が官軍に知られてしまい、吉田伊惣次はろうやに入れられてしまいます。埋葬をしただけで、つかまってしまうとはヒドイ話です。とはいっても、吉田伊惣次はすぐに釈放しゃくほうされますが。

しかし、埋葬された白虎隊の遺体は、官軍によってふたたびり返されて、また野にさらされてしまいます・・・


※1 名主や庄屋のこと


4 お墓がつくられる
 明治二年になって、やっと白虎隊の埋葬の許可きょかがおります。初めは妙国寺(みょうこくじ)というお寺に仮埋葬かりまいそうされ、明治七年に飯盛山に埋葬されました。明治17年にはじめて白虎隊のお墓(合葬がっそう)がたち、明治23年に飯盛山で自刃じじんした19士のお墓もつくられました。

墓地の建設費用は、元会津藩士たちや、村の人々が苦しい生活の中から精一杯せいいっぱいのお金を出しあったそうです。

会津の人々は、かわいそうな白虎隊をねんごろにとむらってやりたいと願っていました。「野ざらしにしてはかわいそうだ」と。その願いがやっとかなったのですね。




BlogPaint
(飯盛山の白虎隊の墓地)


5 受け継がれる白虎隊の思い

 白虎隊のお墓には、かつての会津藩主・松平容保も訪れました。かわいそうな白虎隊の冥福めいふくいのりつつ、彼は白虎隊のためにを残しました。

幾人いくにんの なみだは石にそそぐとも その名は世々に朽(くち)じとぞ思う」

明治の世になって、会津の人たちは朝敵とされ、バカにされたり、つらい思いをしました。けれど勇敢ゆうかんなる白虎隊は、人々の記憶きおくに残るだろうと松平容保は言いたかったのかもしれません。

白虎隊の生き様は未来にも受け継がれました。戦時中は白虎隊は残念ながら軍国主義に利用されてしまいましたが、平和な時代になっても白虎隊の生き方に感動する人もたくさんいます。

僕が飯盛山におとずれた時、地元の高校生が白虎隊のお墓でお参りをしているのをみかけました。うやうやしくお墓に頭を下げる高校生の姿をみて、僕も感動しましたね。





(松平容保の句)



これまで10回以上にわたり白虎隊をとりあげてきましたが、今回で白虎隊のエントリーをいったん終了します。また白虎隊のことで新しいことが分かり次第、白虎隊のことをふれたいと思います。

※ 参考文献


今日は、白虎隊びゃっこたいを評価した外国人のお話をします。けれど、今日の記事は長いですw

1 外国人にも評価された白虎隊


(飯盛山)

白虎隊は、外国人にも高く評価されました。会津あいづ飯盛山いいもりやまにいくと、大きな鳥が羽ばたいている銅像をみかけます。これはローマ市から送られたものだそうです。



また、駐日ちゅうにちドイツ大使フォン・エッツドルフも白虎隊の心意気こころいき感銘かんめいを受け、このようなをつくっております。





そして、もうひとり白虎隊にせられた外国人がいました。その名をリヒャルト・ハイゼ


2 リヒャルト・ハイゼとは?

 リヒャルト・ハイゼ(1869〜1940)は明治初期におやとい外国人として、日本にやってきたドイツ人です。ハイゼはドイツ語教師として、東京高等商業学校(いまの一橋大学)や学習院で先生をやっていました。

学習院では、昭和天皇にドイツ語をハイゼは教えていたそうです。ハイゼの授業はとてもレベルが高く、生徒達は授業についていくのに大変だったそうです。

ハイゼの教え子には、日独伊三国同盟にちどくいさんごくどうめいに調印した外交官の来栖三郎(くるすさぶろう)、戦後日本を代表する経済学者の久武雅夫(ひさたけまさお)などがいます。

ハイゼはとても日本びいきで、信仰しんこうもキリスト教から神道に替えたほど。20数年にもわたり日本に滞在たいざいし、日本人の妻(※1)をもち、子供達の名前も日本人の名前(※2)をつけました。

あと、北里柴三郎とも交流がありました。


※1 和田ヨシ
※2 四人の子供がいた。息子二人、娘二人。長男の名はエエーリヒ・カメイチロウ。次男の名前はカール・ヒロタロウといった。ただし、二人の娘にはドイツ風の名前をつけていた。



3 ハイゼと白虎隊

 ハイゼは友人にすすめられるまま、会津の飯盛山にもおとずれました。飯盛山の頂上にたどり着いたハイゼは、自刃じじんした白虎隊士たちの墓の前でたたずみました。

ハイゼは墓前で座り目をつぶり、若くして亡くなった少年達に思いをはせていたようです。短いながらもひたむきに生きた白虎隊の姿にハイゼは心を打たれていたのでしょう。

ハイゼは白虎隊のお墓に訪れるずっと前に赤穂あこうの四十七士のお墓に訪れた事があるのですが、四十七士のときよりも、得も知れぬような感動を覚えたようです。

ハイゼは「自分が亡くなったら、自分の亡骸なきがらはこの白虎隊のおかめて欲しい」と思うようになったようです。


4 いきなり敵国人にされて

 日本人の女性と結婚けっこんし、私生活でも仕事の面でも充実じゅうじつしていたハイゼでありますが、そんなハイゼ一家に不幸がやってきます。

なんと日本政府が、ハイゼなどの在日お雇いドイツ人の財産没収ざいさんぼっしゅうを命じたのです。なぜ、政府はわざわざ日本に招いたドイツ人にそんなヒドイことをしたのでしょうか。

その原因は、第一次世界大戦以降、ドイツと日本は敵国同士になったからです。

およそ4年にもわたる長い戦争の末、ドイツは降伏こうふくしました。英仏連合国軍は負けたドイツにむちゃくちゃなことを押し付けました。

日本政府に対しても「敵国、ドイツ人の財産を没収してやれ」要請ようせいしたそうです。

それでも、北里柴三郎などのハイゼの友人達の協力もあって、日本にいたお雇いドイツ人の財産没収はまぬがれました。

しかし、ハイゼは日本に居づらくなり、奥さんと子どもをひきつれドイツへ帰国します。それは1924年の出来事だそうです。奥さんが日本人と言う事もあって日本に残りたかったようですが、それもかないません。

日本への想いを友人あてに手紙に書いたほど、ハイゼは日本を恋しがったそうです。


5 ハイゼ一家に降りかかる困難

 さて、ドイツにもどったハイゼ一家は苦労の連続だったそうです。(第一次世界大戦)敗戦後のドイツは大変なインフレで、国民は苦しんでいたそうです。

日々の暮らしに苦しむ人々から「お前は、日本でかせぎまくってうらやましいな!」とハイゼ一家はやっかまれました。

しかし、ハイゼ一家も生活にこまってしまいます。(日本から恩賞おんしょうをもらっていましたが)

しかも、奥さんはドイツ語がわからずに苦労します。また、子ども達も学校でドイツ人と日本人のハーフということでいじめられたそうです・・・

時代は進み、1937年の秋の終わりごろハイゼは久々に日本におとずれました。会津の飯盛山にもふたたびおとずれたそうです。

ハイゼが亡くなったのは1940年。遺骨いこつは本人の意思に従って白虎隊のおか埋葬まいそうされることになりました。


※ オマケ
ドイツの話が出ましたので、ドイツに関する動画を。

「ドイツんだ?」「オラんだ」というダジャレの動画ではありませんw

ドイツの歌のご紹介しょうかいです。今日ご紹介するのはシューマンの「流浪るろうの民」。

今では、学校の合唱コンクール等でたびたび歌われています。





※ 参考文献


リヒャルト・ハイゼ物語 - 白虎隊の丘に眠る或るドイツ人の半生
リヒャルト・ハイゼ物語 - 白虎隊の丘に眠る或るドイツ人の半生 [単行本]











みなさんは、日本人で初めてカレーを食べたのは、だれだと思われますか


白虎隊士中隊びゃっこたいしちゅうたいの一人だった山川健次郎(やまかわけんじろう)だといわれています。彼は白虎隊の生き残りの一人です。


225px-Kenjiro_Yamakawa_2

(晩年の山川健二郎の肖像画しょうぞうが。ウィキペディアより)

彼がカレーを食べたのは明治四年の事です。その時の山川は国に命じられて、アメリカに留学することになりました。船で日本からアメリカにわたったのですが、山川にとってこまったことがありました。

船酔ふなよいではありませんw

それは船内の食事が全て洋食だったことです。僕は三食洋食でも全然OKなのですがw、何しろ当時の日本人にとって洋食なんてなじみのないものでした。山川も口に合わないといって手をつけなかったそうです。心配した船医せんい何か食べないと体に悪いですよといってカレーをすすめてくれたのです。

山川もしぶしぶカレーを食べてみたのですが、やはりカレーを食べる気分になれません。それでカレーのルーを残して、ライスだけを、つけあわせのあんず砂糖漬さとうづけでかきこんだそうです。



そんな山川健次郎も、明治の世になって理学博士となり、やがて東京帝国大学(いまの東大)の総長や貴族院議員、枢密顧問官すうみつこもんかん(※1)などを歴任。そして男爵だんしゃくにも命じられました。会津出身の山川も朝敵ちょうてき(※2)と言われいじめられたかもしれません。しかし、それにもめげずに、そこまで成功を収めたところがスゲエなあと思いました。


※1  明治憲法下、枢密院を構成した顧問官。ちなみに枢密院とは明治憲法下の天皇の最高諮問機関さいこうしもんきかんのことで、天皇に対して学者などが助言をしていた。

※2  日本において天皇とその朝廷に敵対する勢力のこと。


※ オマケ

「カレーライス」の動画を探していたら、「自衛隊のカレーの作り方」なんて動画を見つけました。使う調理道具はなんとも物々しいけれどw、おいしそうなカレーです。かくし味にコーヒー牛乳を入れるのもなかなか興味深いなと思いました。

今日は、ある白虎隊士びゃっこたいしに起きた話です。今日のエピソードはフジテレビの『奇跡体験きせきたいけん!アンビリバボー』に出てきそうなw?エピソードです。

一人の白虎隊士が仲間とはぐれたところに、自分がっていた「(ソフトバンクのCMに出てくる)お父さん」じゃなかったw、犬と再会するというお話です。


1 酒井峰治

白虎隊記念館びゃっこたいきねんかんのすぐ横に犬とたわむれる白虎隊士の銅像どうぞうがあります。

DSC02291



銅像どうぞうは、白虎隊士中二番隊びゃっこたいしちゅうにばんたいの一人、酒井峰治(さかいみねじ)です。テレ朝の『白虎隊』をごらんになられた方は山Pこと山下智久さんが演じられた白虎隊員といえばピンとくるかもしれません。

酒井峰治は白虎隊の生き残りで、昭和の初めまで存命しておりました。なんでも酒井は白虎隊をやめてからは、お米屋さんをやっていたそうですね。

酒井の銅像にたわむれているのが、酒井の飼い犬「くま」の銅像です。


白虎隊 DVD-BOX
山下智久.田中聖.藤ヶ谷太輔.薬師丸ひろ子.野際陽子
ポリドール
2007-08-22




2 上級武士は犬を飼えない
 酒井は犬を飼っていましたが、ほんらい会津藩の上級武士は犬わなかったそうです。

なぜでしょう?

それは、犬を放し飼いにするのが、当時はふつうだったからです。

それで飼い犬同士がケンカをしたり、人にかみついたりしたら困るわけです。また、役所やお城に勝手に入られてもこまります。

もしも、お殿様とのさまはんの上役が犬がキラいだったら、そりゃ大変ですw。

しかし、法律で犬を飼ってはいけないと定められているわけではないので、どうしても犬を飼いたいものは、迷惑めいわくがかからないように工夫して飼育したそうです。

酒井峰治も上級武士の子供です。が、酒井の場合は職人や町人が沢山暮らしている行人(ぎょうにん)街にすんでいました。そこは武家屋敷ぶけやしきが立ち並ぶ武家町と比べると、犬を飼いやすい環境かんきょうだったみたいです。


3 はぐれたのが幸いだった
 酒井峰治の場合は、戸の口原とのくちがはらから会津に向かう途中とちゅうで、仲間とはぐれたのが不幸中の幸いだったのです。山の中で仲間とはぐれ、山の中をさまよっていました。酒井はその場で自刃じじんをしようとしました。

その時、農民二人が現れ自刃をしようとしている酒井を止めたのです。「早まるんじゃない!」と。その農民の一人は庄三(しょうぞう)といい、酒井の知り合いだったのです。

庄三たちは酒井に農民の服を着せました。白虎隊のコスチュームでは敵につかまるから農民の姿をしてげなさいということでしょう。

4 酒井に起きたアンビリバボー
それから酒井が会津の若松城(わかまつじょう)山の中を歩いていると、不思議な事が起こります。

酒井の元に一頭の犬け寄ってきました。


「クマ!!」

酒井は、さけびました。

その犬は酒井の愛犬クマだったのです。クマは酒井に飛びつき、主人との再会をよろこんだそうです。

クマとの思わぬ再会に、酒井は涙がとまらなかったそうです。そして、酒井は無事に若松城に到着。若松城で官軍と戦ったそうです。


※ 参考文献

会津白虎隊のすべて
会津白虎隊のすべて [単行本]


その時歴史が動いた〈31〉
その時歴史が動いた〈31〉 [単行本]


あと、「歴史秘話ヒストリア」も参考にしました。

このページのトップヘ