history日誌

カテゴリ:欧米の歴史 > ヨーロッパの歴史

ブログネタ
歴史に関するetc に参加中!

1 魔女狩りとは?
 今日から、数回にわたって魔女狩りについて語ります。魔女狩りのことは色々と調べてみましたが、世界史を勉強していない僕にとってなじみのうすい時代。それに魔女狩りはキリスト教の話も絡んでくるから、キリスト教を知らない僕にとっては余計ややこしい。専門的な話は出来ませんが、魔女狩りを通して、人間のエゴや、集団ヒステリーの恐ろしさを語れればなあと思います。実は魔女狩りのことは、2012年に書いたのですが、今回のコロナ騒動のことも加味して、加筆修正させていただきたいと思います。

さて、みなさまは魔女というと、どんな事を連想しますか?

アニメ「魔女の宅急便」?、「千と千尋の神隠し」にでてくる湯婆?あとはグリム童話に出てくる恐ろしい魔女?それとも、うちのお母さんw?魔女がテーマの曲といえば中山美穂さんの Witches」やスピッツの「魔女旅に出る」という曲もあります。

昔のヨーロッパの民間伝説では、魔女は悪魔と組んで人間に悪さをする存在とされ、やがて魔女裁判が行わました。魔女狩りが始まったのが14世紀ごろで、終わったのが18世紀まで。特に15世紀から17世紀にかけて、ヨーロッパで魔女狩りの猛威をふるっていたのです。

魔女狩りの犠牲者の数はいろいろな説がありますが、5万人とも6万人ともいわれています。

その魔女裁判で裁かれ処刑された人は本当に魔女だったわけじゃなく、むしろヌレ衣を着せられた人が大半だったそうです。心ない人たちから「飢饉(ききん)やペストが流行るのはお前達が俺達にのろいをかけているからだ」というヌレ衣を魔女は着せられたとか。

中世の昔は今と違って物事をなんでも宗教的に考えておりました。だから、飢饉だとかペストのような疫病が流行ると、その原因は人間の罪か、もしくは悪い裏切り者のせいではないかって考えられたのですね。その裏切り者こそ魔女だといわれたのです。魔女とは、悪魔の誘惑に負け、悪魔に魂を売った裏切り者だと。悪魔のしもべだからこそ、神の名において裁かれなくてはならないと思われていたのです。

2 濡れ衣を着せられた彼女たち 
 もちろん、魔女と呼ばれる人も本当にいました。といっても、ホウキに乗って空を飛んだ魔女なんていませんw魔女たちは、占いをやったり、産婆(※1 さんば)をやったり、薬草などの知識に通じた民間療法の専門家だったり。

もっとも著名な魔女はマザー・シプトン(1488〜1561年)というイギリス人です。彼女の容貌は眼がぎょろついていたが、眼光は鋭く、鼻も以上に長くカギ型に曲がっていたそうです。赤と青を混ぜたようなニキビが顔を覆っていたそうです。そしていつも山高の帽子をかぶっていて、まさに彼女は魔女の容貌そのものでした。そんな彼女は予知能力があって、車社会の到来やイギリスの没落を生前から予言していたといいます。

とはいえ、彼女たちは悪さなどしていませんでした。悪さをした魔女も確かにいましたが、そんなのはほんの一部。ただ、彼女たちは生活が貧しく、独身で身寄りのない人が多かったのです。当時の識者や宗教家は、貧しさと寂しさこそ、悪魔にスキをつかれる元だと考えられておりましたから、彼女たちは格好のターゲットになったのです。

それで、だんだん犠牲者が本物の魔女だけでなく、ごく普通の女性、それから一部の男性にまで及んだというのです。もっとも男性はレアケースで、魔女裁判の犠牲者のほとんどは女性でしたが。

そうしてターゲットにされた女性は魔女裁判をかけられるのですが、裁判の被告となる人物は、ほとんどが密告。つまり魔女とは関係ない人まで、根も葉もないウワサだけで、魔女裁判にかけられたのです。魔女裁判も実は中世の前期までは、他人に危害を加える者だけでした。実際、裁判を重ねて無罪を勝ち取った者もいたといいます。それが、だんだん公平性が低下し、「神に反抗するもの」から「聖職者やお偉いさんに逆らったもの」そして「なんも悪いことをしていないのにウワサだけで魔女呼ばわりされた者」が魔女狩りの被害にあったのですね・・・

ちなみに、マザー・シプトンは魔女狩り全盛期に活躍した人物ですが、生き延び天寿を全うしております。病人を助けるなど善行を行ったことも理由の一つですが、ヨーロッパでもイギリスは魔女狩りには懐疑的で、他の国より冷静だったことが大きかったようです。

3 地域差があった魔女狩り
 さきほど、イギリスは懐疑的とお伝えしましたが、魔女狩りが盛んだった国や地域とそうでない国や地域もあったようです。もっとも、そのイギリスも魔女狩りが全くなかったわけじゃありません。スコットランドにはジェームズ6世(のちにイングランドの王も兼ねる)という人物がいて、『悪魔学』という書物を著し、1604年の法令で魔女狩りを強化しているたそうですが・・・


また、1640年代にイギリスでマシュー・ホプキンスという悪いヤツがいまして。彼は多数の無実の人を魔女としてでっち上げ、処刑しては多額の金を得たそうです。かれは魔女狩りを仕事にして金稼ぎをしていたのです。そのやり方は卑怯にも相手の心の弱さを利用しました。たとえば、なかなか自分が魔女だと白状しない人間には、その子供を逮捕すればよいと考えました。逮捕した子供を脅かしたり、最悪虐待すれば、その子供は「お母さんは魔女」って言うはずだと。ふてえ野郎だなあ。こいつの方がよっぽど悪魔だな。

盛んだったのがドイツ、フランス、ポーランド、スイスなど。イギリスはドイツに比べると激しくはなかったそうです。


逆に比較的抑えられていたのがスペイン、イタリア、ポルトガルなど。




※1 いまの助産婦。



※ 参考文献および


歴史能力検定世界史2級の問題用紙


ウィキペディア
教えて!goo

NHK BSプレミアム 「ダークサイドミステリー 」





魔女狩り (岩波新書)
森島 恒雄
岩波書店
1970-06-20











予言者 (Truth In Fantasy)
第666部隊
新紀元社
1998-10-01


1 ロベスピエール打倒へ
 前回の記事で革命の雄ダントンが処刑されたことを取り上げました。ダントンの処刑は人々に衝撃を与えました。革命以降次々と人が殺され、「草月法」が制定され裁判が簡素化されてからは一日に50人ないし60人も処刑され、さすがに革命推進派の人たちもウンザリしてしまいます。

議員たちはそんな恐怖政治を進めているロベスピエールに不信感を抱くようになります。なにしろ議員たちは汚職だとかスネに傷があるもの。ロベスピエールに批判的な政治家たちは、いつか自分の番がくると恐怖にとらわれておりました。「やられる前にやろう」。反ロベスピエール派は、ロベスピエール暗殺計画に乗り出します。その中心人物が、フーシェ、バラス、タリアンの三人です。


2 テルミドールのクーデター

 1794年7月26日にロベスピエールが国民公会で演説をしました。そのときのロベスピエールの演説の内容が反革命派を厳しく攻撃するものでした。当然それを聴いていた人たちは、不安になります。特にクーデーターを企てていた人たちはなおさらです。

次の日(7月27日)の朝、ロベスピエールの側近サン・じぇすとが国民公会で演説しようとしますが、タリアンに妨害されてしまいます。その日の15時ごろに、ロベスピエールやサン・ジェストらの逮捕が決議されました。ロベスピエールは牢獄に入ってしまいます。しかし、夕方になってロベスピエールらは(ロベスピエール派の)国民衛兵隊によって救出されます。

釈放されたロベスピエールらはパリ市庁舎に入りました。市庁舎前の広場には、パリ48地区のうち16地区の(ロベスピエール派の)国民衛兵隊が集結していました。この国民衛兵隊を率いて、反撃するチャンスです。しかし、なぜかロベスピエールはそれをためらいました。

広場前に集まっていた兵士たちは何も命令がでないことに不安を感じます。ロベスピエールは夜になっても命令を下さない。そんな親分の不可解な行動に兵士たちも少しずつ広場から去っていき、深夜になると広場には誰もいなくなりました。

日付がかわって7月28日の午前2時、バラスが反ロベスピエール派の国民衛兵を率いて、市庁舎を攻撃。その時ロベスピエールは19歳の青年衛兵にピストルで撃たれてしまいます。ロベスピエールはアゴを撃ち抜かれてしまいます。ふたたびロベスピエールたちはクーデター派の手に落ちます。

そして28日に、ロベスピエール、サン・ジェストらは裁判にうけることもなく処刑されたといいます。

3 革命の終わり
 ロベスピエールの行った恐怖政治は誤りであったといわざるを得ません。恐怖政治だけでなく、この革命でも多くの血が流れました。しかし、フランス革命は負の一面ばかりではありません。「国民主権」、「すべての人間に教育を受ける権利」、「思想信条の自由」などはフランス革命によって確立されたものです。フランス革命以前は絶対王政で、王様が偉いというのが普通でした。もし、フランス革命がなければ、いまだに王政が続いていたし、日本でも不敬罪が残っていたかもしれない。


ロベスピエールたちは理想に燃えていました。フランスだけでなく人類の未来をも見据えて革命をすすめてきました。しかし、十分な根回しもないまま、ものごとを急激にやりすぎたために、フランス革命は失敗もしたし、多くの血がながれてしまったのです。

日本でも明治維新があり、そのときも多くの血が流れました。しかし、江戸城無血開城のような話し合いもあったことも見逃すことができません。江戸城無血開城がなかったら、江戸の町は戦火で焼かれ、多くの人が犠牲になっていたことでしょう。この話し合いをした勝海舟と西郷隆盛はGJですね。

おっと、話は脱線してしまいましたね。フランス革命以後、フランスのごたごたが続きます。そのゴタゴタにまぎれて登場したのが、かのナポレオンなのですね。ナポレオンのことはまた別の機会に触れます。

※ 参考文献


平成から令和にかわり、新しい年を迎えることができました。令和の世が平和で楽しい時代になりますように。さて、令和最初の記事はフランス革命の続きです。今日はフランス革命のキーマンの一人、ダントンのお話です。ダントンは、大変魅力的な人物ですが、革命の同志だったロベスピエールと次第に対立するようになり、やがて断頭台で亡くなった人物です。もし、ダントンが生きていたら、フランスの歴史はもっと違っていただろうと思いますし、日本にもダントンのような政治家がいればなあと思わずにいられません。



続きを読む

1 恐怖政治の要となった裁判所
 久々にブログを書かせていただいております。寒い日が続いていたのと、個人的にいろいろ忙しかったので、更新が滞ってしまいました。さて、前回の記事で恐怖政治のことを取り上げましたが、恐怖政治の要となったのが「革命裁判所」です。この裁判所は恐怖政治が始まる半年前、1793年3月に出てきていました。

1792年9月に、民衆がパリの監獄をおそい、囚人千数百人を虐殺する「九月虚殺事件」がありました。革命指導者たちは、こうした事件が起こるのを恐れたのでしょうね。ジロンド派は、この裁判所ができることで、独裁政治が起こるのではないかと裁判所設置に反対しましたが、ダントンが押し切ったといいます。

革命裁判所は「あらゆる反革命的企て、自由、平等、統一、共和国の不可分性、国家の内的および外的安全を脅かすあらゆる行為、王政を復活させようとするあらゆる陰謀」にかかわる事件を管轄する特別法廷で、控訴・上告はいっさいなく、ここで下された判決は、即確定というものです。極端なはなし、革命三番で「お前は気に入らん、反革命分子」だという判決が下されば、即死刑になってしまうこともあるという大変恐ろしいものです・・・

2 ギロチンでおびただしい人が処刑
 死刑判決の割合の推移をたどると、1793年4月から1793円8月までに革命裁判所で裁かれた224人のうち死刑は52人と約4分の1でした。しかし、革命裁判所の再編強化がされると状況がかわってきます。1794年になると4月だけで155人が死刑になり、1794年6月に「草月法」が制定されるとさらにひどくなり、ひと月で796人も殺されてしまうのです・・・。革命裁判所が1793年3月に設置されてから廃止されるまで、死刑になった人の数は2800人にのぼりますが、そのうち半数の1300人が「草月法」以降のたった一か月半の間に処刑されたといいます・・・

3 マリーアントワネットの死

 マリー・アントワネットは、恐怖政治の最初の犠牲者です。マリー・アントワネットを殺せという声は非常に高かったことがうかがえます。1793年8月1日にタンプル塔から革命裁判所付属の牢獄コンシェルジュリにアントワネットは身柄を移され、10月14日に革命産所法廷に出廷しました。コンシエル受理に収監されていた二か月半の間には、アントワネット救出の試みも何度かなされましたが、こごとく失敗に終わりました。

革命に敢然と敵対したのは、いかにもアントワネットらしかったです。「国は国民のもの」と出張する革命家たちは、彼女をとんでもない悪人とおもったことでしょう。戦争中、敵国に軍事機密を流すのは革命の世では「国家反逆罪」で死刑に相当する重罪です。しかし、彼女にしてみれば、実家に助けを求めようとしただけでした。法廷では9歳になる息子といかがわしい行為にふけたとか、いわれもない非難も受けたといいます・・・・

その時アントワネットはこのように反論しました。

「一人の母親に対してなされたそのような非難にお答えすることは自然に反します。私は、ここにいるすべての女性たちの証人になっていただきたいと思います」

2日間の裁判で死刑を宣告され、パリの街を粗末な荷車に乗せられ死刑場にアントワネットは運ばれました。その時のアントワネットの髪は真っ白で、その姿は老婆のようにふけこみ、やつれはてていたといいます。

※ おまけ
僕がブログを書くのをさぼっているw?間、フランスで事件がおこりました。ノートルダム寺院の火災です・・・原因はたばこの不始末だとか・・・ノートルダム寺院の復興に関して、寄付は割と早く集まっているのですが、この寺院を再建するのに長い年月がかかるそうです。

ノートルダム人はパリっ子にとっては心の支え。その悲しみは大変深いものと察します。一日も早い再建をお祈りします。


※ 参考文献

ジャコバン派が権力を握るようになったものの、国内では内乱、そしてヨーロッパの国々と戦わなければいけない状況。そんな状況を打破するには、強力な権力をもった政府が必要になってきます。それでジャコバン派がとったのが恐怖政治。

意外なことかもしれませんが、恐怖政治を望んだのは民衆でした。民衆は長い間自分たちを苦しめてきた、貴族や強欲な商人たちをこらしめたかったのです。小泉政権のときだったか、民主党政権の時代だったか忘れましたが、ある若者が「戦争になってほしい」とつぶやきました。なんともおそろしい発言ですが、その真意は議員や勝ち組が苦しんだり、地位をうしなったりするのならいっそのこと戦争になったほうがよいということです。当時のフランス人はその若者と同じ心境だったのでしょう。

本来、合法性の人だったロベスピエールは、民衆のそうした動きをできるだけ抑えようとしました。しかし、そんな民衆の動きにのる気になったのは、あまりにも反革命派勢力の態度が頑強だったからです。そのことにロベスピエールはキレてしまったのでしょうね。ロベスピエールははじめは死刑に反対していました。しかし、次第に革命に反対するものは処刑にしてもかまわないと思うようになったのです・・・・

恐怖政治がはじまったのは1793年秋でした。そのきっかけになったのはその年の9月におこった民衆蜂起でした。食糧問題や外国との戦争などいろいろなことでいらだった民衆たちの蜂起でした。国会は生活必需品の「最高価格法」とともに「疑わしいものたちに関する法令」を可決しました。

この「疑わしいものに関する法令」の「疑わしいもの」についての定義があいまいだったため、ほとんどだれでも「疑わしいもの」として逮捕したり、処刑にすることができたのです・・・






※ 参考文献


このページのトップヘ