history日誌

歴史と歌が大好きな私が日本史から世界史まで広く浅く書きます。 歴史の知識は素人レベルで、私が語る歴史の内容が真実かどうかは自信はありませんがw、楽しんでブログを書いていきます。教科書に載ってないようなマイナーな歴史の話もします。

カテゴリ:欧米の歴史 > ヨーロッパの歴史

今日は19世紀に起こったユダヤ人迫害の話と、シオニズム運動の盛り上がりについて語ります。


1 屋根の上のバイオリン弾き
 『屋根の上のバイオリン弾き』というミュージカルがあります。たしか森繁久彌もりしげひさやさんが出演されていて、いま主演されているのは西田敏行さんだったか市村正親さんだったかわすれちゃったw。僕も名前だけは知っておりますが、どういう作品かは「これならわかるパレスチナとイスラエル」という本を読むまでは知りませんでした。これはユダヤ人作家ショーレム・アレイヘムが作者で、ロシアでおこったポグロムというユダヤ人迫害がテーマになっております。


敬虔けいけんなユダヤ教徒の牛乳屋ぎゅうにゅやテビエは、ユダヤ教の教えを守ってつつましく生活していたが、新しい時代に生きる娘たちに次々と去られ、さらにポグロムがテビエの住む村にもせまってきたため、一切をすてて旅に出るというあらすじだそうです。





さて、ポログラムとはロシアでおこったユダヤ人迫害事件です。ことの発端は、1881年、ロシア皇帝アレクサンドル2世が反体制組織によって暗殺されてしまいます。あとを継いだアレクサンドル3世はこの暗殺をユダヤ人のせいにして民衆をそそのかし、それに怒った民衆たちは1万5000人のユダヤ人を殺しました。ポログラムとは本来ロシア語で「暴動」のことですが、ユダヤ人を襲撃・迫害をすることを意味しているのです。

2 ドレフュス事件

 フランスではドレフュス事件という冤罪えんざい(※1)事件がありました。これはユダヤ人が犯人だといわれてしまった事件です。事件のあらましは以下の通りです。



ドレフュス事件とは、1894年にフランス軍のドレフュス大尉がドイツへの機密漏洩きみつろうえい容疑で逮捕され軍事裁判で終身流刑しゅうしんるけいとして悪魔島に流された冤罪事件。フランスの世論を二分する大事件となった。

ドイツ大使館のゴミ箱から機密メモが回収されたことが発端ほったんとなり、ユダヤ人将校として初めてフランス軍参謀ぐんさんぼう本部入りしたドレフュス大尉たいいが不十分な捜査そうさのまま犯人とされたが、後にドレフュスの無罪を証明する新証拠が次々と提出され、また真犯人として名指しされた同僚どうりょうのエストラジー少佐は自身の有罪を認める。しかし軍上層部は有罪判決に固執こしつ、彼がユダヤ人であったことにより反ユダヤ主義、人種主義をき込んで国中の大騒動だいそうどうとなった。

結局、ドレフュスの冤罪が公式に認められ、名誉めいよが回復されるまでには10年以上の月日がかかった
 参考サイト http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C9%A5%EC%A5%D5%A5%E5%A5%B9%BB%F6%B7%EF

ユダヤ人という理由でドレフュスは有罪となり、逆に真犯人のエステラジーは無罪となりました。文豪のエミール・ゾラは「私は告発する」という文章を公表して、ドレフュスの無罪とユダヤ人擁護ようごに立ち上がったそうです。このようにヨーロッパ各地でユダヤ人に対する迫害や偏見がひどくなります。そうしたことがシオニズム運動へとつながっていくのです。

3  シオニズム運動
 そうしたさなかユダヤ人たちの間で「自分たちの国をつくろう」、そして「ユダヤ人の祖国であるイスラエルに帰ろう」という動きが出始めました。これを「シオニズム運動」といいます。言っておきますが塩ずむ運動じゃないですよw塩を煮ている場合じゃありませんw これはシオンの山(※2)の「シオン」と「イズム」を合わせた言葉だそうです。

1897年、スイスのバーゼルで第一回シオニスト会議を開催かいさいし、「世界シオニスト機構」を設立しました。ちなみにシオニストとは、イスラエル(シオン)の土地をユダヤ人のものにしようと考えている人たちのことです。この会議以降、約一万人ものユダヤ人がパレスチナに移住したのです。

けれど、当時パレスチナには60万人のパレスチナ人が住んでいました。それでもシオニストたちは、「この地は人の住まない荒廃した土地だ」と主張し、「土地なき民に民なき土地を」という合言葉で移住計画を進めていきました。はじめのころはパレスチナ人とユダヤ人たちは仲がよく、共存していたのですが、パレスチナの地に移住するユダヤ人が増えるにしたがって、だんだん仲がわるくなっていったのです。

※1 無実であるのに犯罪者として扱われてしまうこと

※2 シオンの山はイスラエル・エルサレム旧市街の南西隅にある丘。より広義として「イスラエルの地」の意で使われる事もある



※ 参考文献






え〜と、いま僕はイスラエルとパレスチナの歴史の話をしているのですが、今日はお話の舞台はヨーロッパです。ディアスポラでヨーロッパに離散したユダヤ人たちがどんなに苦労したかを語るころで、のちのイスラエル建国につながっていくのだということをお話ししたくて、あえてヨーロッパのお話をしたいと思います。


1 迫害されるユダヤ人たち
 みなさまは『ベニスの商人』という作品をご存知でしょうか?「ぺ〇スの商人」じゃないですよw「ベニス」です。この作品はシェイクスピアの作品で、映画や劇にもなりました。この作品に強欲なユダヤ人の金貸しが登場します。ユダヤ人は金に汚く、欲が深いというイメージが中世のヨーロッパ人にあったようです。

ヴェニスの商人 (新潮文庫)
シェイクスピア
新潮社
1967-11-01



当時のユダヤ人は高利貸しが多かったのです。といってもユダヤ人たちが好きで高利貸しになったわけではなく、ユダヤ人がヨーロッパ社会で差別されていて、ろくに仕事にくことができなかったからです。

11世紀〜12世紀ころのヨーロッパでは商品経済が発展していたのですが、利子をとることを聖書が禁じていたという理由で、キリスト教徒には金もうけや利子をいやがる傾向があったようです。だからキリスト教徒であるヨーロッパ人たちが高利貸しという職業を敬遠けいえんしたのでしょう。ところがユダヤ教には特に利子を禁じているわけではありませんでした。当時のヨーロッパでは高利貸しは今風にいえばニッチ産業みたいたもので、高利貸しをはじめるユダヤ人たちがたくさんいたのでしょう。

高利貸しで富んでいくユダヤ人たちに対するひがみ、利子を返せない人たちのウラミから、ヨーロッパ人によるユダヤ人への偏見へんけんはますます強くなりました。

ユダヤ人の経営する店が暴徒に略奪りゃくだつにあったり、封建諸侯ほうけんしょこう(※1)にユダヤ人という理由で高額な税金をとられたりしました。

また、疫病えきびょうがはやったり、子どもが行方不明になるとすぐにユダヤ人のせいにされ、拷問ごうもんにかけられたり殺されたりしたといいます。ユダヤ人の差別と虐殺ぎゃくさつというとナチスのホロコーストを連想してしまいますが、中世の昔からそのようなことがあったのですね。



2 いつも差別ばかりされていたわけではない。

 ユダヤ人たちはヨーロッパでは差別ばかりされてきましたが、常に差別されていたわけではないのです。封建諸侯に認められ宮廷でお金の管理を任されたユダヤ人も少なからずいたようです。

19世紀後半、ドイツの近代化に力を注いだビスマルクは、ユダヤ人に財政管理をまかせました。普仏ふふつ戦争(1870年)でドイツはフランスに勝ち、フランスに対する50億フランの賠償金額算定ばいしょうきんがくさんていも任せたといいます。

差別や偏見をバネに得意なことを生かして頑張がんばった人たちはどの時代にもいたのですね。


3 ロスチャイルド家の台頭
 ユダヤ人で成功した一族といえばドイツのロスチャイルド家でしょう。ロスチャイルドの元祖はマイヤー・ロスチャイルドといい、しがないユダヤ人古物商でした。彼は有力貴族のコネもあって、マイヤー・ロスチャイルド商会を立ち上げることができました。このとき商標としてかかげたのが、ロスチャイルド家に代々伝わる家紋かもん「赤いたて」です。

当時、ユダヤ人には市民権がなく、姓をつけることさえ許されなかったので、家紋で自分をアピールするしかなかったのです。

やがてロスチャイルド家は、どんどん大きくなり、ヨーロッパ金融界はロスチャイルド家なしには動かないほどにもなりました。ナポレオンの戦争のときもロスチャイルド家は大もうけをしたといいますし、1904年にはじまった日露戦争の軍資金の70%がロスチャイルドの息のかかったユダヤ人の投資会社から調達されたといいます。

ところでロスチャイルド家が日本にこれだけの融資をしたのはなぜでしょう?

一説によれば、当時のロシアはポグラム(※2)とよばれるユダヤ人迫害がひどく、それに怒ったロスチャイルド家をはじめとするユダヤ人たちによる仕返しともいわれております。

ちなみに、第一世界大戦中にバルフォア宣言というユダヤ側とイギリスとのパレスチナをめぐる密約が行われるのですが、このときかかわったのがロスチャイルド家です。第一世界大戦の戦費をイギリスがロスチャイルド家から借りていたのです。弱みを握られたイギリスはロスチャイルド家に対して、パレスチナについてユダヤ人のことを考えてあげましょうと言い出したのです。その辺のお話は後ほど。

※1 主君である君主の権威の範囲内で一定の領域を支配することを許された臣下である貴族のこと
※2 僕が説明するよりもこちらのサイトをご覧いただいたほうがご理解が深まるかと思われます

                   http://matome.naver.jp/odai/2138007344688035201


※ 参考文献



ブログネタ
歴史に関するetc に参加中!
1 十字軍の結成
1095年、時の教皇ウルバヌス二世に、ビザンツ帝国から助けをもとめられます。イスラムの勢力がビザンツ帝国にせまっているという知らせです。しかもイスラムの勢力はエルサレムを占領せんりょうし、キリスト教徒を迫害はくがいしているというのです。


ちなみにビザンツ帝国というのはローマ帝国から分かれた国です。4世紀、ローマ帝国は東西2つに分裂し、 その東側が「ビザンツ帝国」というわけです。

ウルバヌス二世は「聖地を奪還だっかんしよう!」と人々に呼びかけました。すると、人々は熱狂ねっきょうし、たちまち数万の遠征軍が組織されました。これが十字軍でした。

BlUrban_II

(ウルバヌス2世 ウィキペディアより)

2 十字軍が結成された本当の理由
 表向きは、イスラムの魔の手からエルサレムを救うというのが十字軍の目的でしたが、本当はもっといろいろな理由がありました。東方教会に対する支配を強めようという目論見もくろみもありました。

また、この当時のヨーロッパは9世紀ころから農業技術が改良され、食料生産が増大し、人口が増えたのです。農民の畑が足りなくなり、国王は領主や騎士たちにあげる土地が不足したのでした。事実、教皇は聖地奪還をうったえながら、このような本音をもらしたといいます。

「あなた方が今住んでいる土地はけっして広くない。乳と蜜が流れる国は神があなた方に与えたもうた土地である」

神の名において、土地の略奪が認められていたのです。

3 十字軍による略奪と殺りく
 そして、十字軍はエルサレムに着くやいやな殺りくと略奪のかぎりをつくしました。イスラム側の資料によりますと、約7万人が殺され、「岩のドーム」をからにするほど戦利品を奪い、死体のはらいてまで金貨を探したといいます。アラブ人だけでなくエルサレムに住むユダヤ人にも被害がおよびました。ユダヤ人は市内のシナゴーグに集められ、火をつけて焼き殺されました。

十字軍たちは「イスラム教徒がキリスト教徒を迫害した」ということを信じておりましたが、それはウソでした。むしろ、十字軍がエルサレムに進撃する際、イスラム教徒たちはむしろ十字軍を、巡礼団じゅんれいだんかとおもって道案内までしたのです。


1099年にはエルサレム王国をつくります。しかし、こうした非道な支配が長続きしません。これでイスラム側の反発を買い、エルサレムは1187年にクルド系のイスラム教徒たちに奪い返されます。


4 シチリア出身のフリードリヒ2世
 このように十字軍はいろいろ問題があったのえすが、十字軍の6回目の遠征えんせいの時に、イスラムに理解がある人物が十字軍側に登場します。それがローマ皇帝のフリードリヒ2世。非常に聡明そうめいな人物だったそうですが、しばしば教皇とも対立し、反キリストと呼ばれ2度も破門(※1 はもん)をされたそうです。彼が破門されたのはイスラム教徒にも寛容だったことが要因だそうです。

ところで、フリードリヒ2世にとってゆかりの深いシチリア島についてお話しを。シチリア島はキリスト教がさかんな地域でありながら、イスラムけんの文化を取り入れる事に熱心で、シチリアの歴代の国王もヨーロッパ人だけでなくアラブ人も重んじました。そういっためぐまれた環境かんきょうでフリードリヒ2世はすくすくと成長しました。

フリードリヒ2世は教皇にも認められ、シチリア王から神聖ローマ帝国の皇帝に出世しました。

5 イスラムと和平を結ぼうとしたフリードリヒ2世
 フリードリヒ2世は十字軍のリーダーになりましたが、彼がやった事はイスラムとの和平交渉わへいこうしょうでした。交渉こうしょうの相手はイスラム側の大将のアル・カーミル

フリードリヒ2世のねばり強い交渉により、フリードリヒ2世とアル・カーミルの間で休戦協定(1229年)が結ばれました。

休戦協定の内容は、ローマ皇帝(フリードリヒ2世)にエルサレムを統治する事を認める一方で、イスラム教徒の聖地であるエルサレムの岩のドームをイスラム教徒が管理する(キリスト教徒やフリードリヒ2世は立ち入り禁止)というもの。


1229年の休戦協定は、イスラム側とキリスト教側の両者の立場をおたがいに尊重したものでした。10年間の期限付だとはいえ、よくこういった話し合いが出来たものだと感心しました。イスラームとキリスト教徒っていがみ合っているイメージがあるけれど、やればできるのですね、手を取り合い仲良くする事が。

しかし、この休戦協定にイスラム教徒もキリスト教徒(十字軍)も納得したわけではありません。フリードリヒ2世も十字軍側から、アル・カミールもイスラーム側から「譲歩じょうほ(※2)しすぎた」と批判をされてしまいました。休戦協定が終わってから、またしても十字軍とイスラム圏の戦争がはじまるのです。


Al-Kamil_Muhammad_al-Malik_and_Frederick_II_Holy_Roman_Emperor

(左:フリードリヒ2世、右:アル・カーミル)





※1 信徒としての資格を剥奪はくだつし、教会・宗門から除名・追放すること。


※2 自分の意見や主張を押さえて相手の意向に従ったり妥協(だきょう)したりすること。



※ 今回の記事は「NHK 高校講座 世界史」を参考にしました。また画像はウィキペディアより引用しました




このページのトップヘ