history日誌

カテゴリ: 日本の歴史 鎌倉〜安土桃山時代

昔、大河ドラマ「江」(ごう)で織田信長がめいの江に東大寺と呼ばれる香木をプレゼントする話が出てきました。この香木は蘭奢侍らんじゃたいと呼ばれた天下一の香木であります。それを神も恐れぬ信長が切り取ったそうです。

蘭奢侍らんじゅたいは東大寺の正倉院に保管されています。これは信長だけでなく、足利義政や明治天皇など時の権力者たちが非常に関心を持った宝物です。蘭奢侍らんじゅたいをよく見ると一部を切り取られたような傷が50くらいあるそうです。

ある日、信長が東大寺の宝物をすべて見せよと命じると、僧侶が持ってきたのが、この蘭奢侍らんじゅたいなのです。一部を切り取り、信長があげたのです。信長はたいそう喜んだといいます。蘭奢侍らんじゅたいのような有名な香木を手に入れることは、著名な茶器を持つのと同じくらいの名誉だったのです。

この香木からはなんともいえない香りがするそうです。ふつう香木の香りは甘いとか辛いとか、せいぜ香りが一つ、おおくても二つの香りがまじったような感じなのですが、この蘭奢侍らんじゅたいだけは、ドルチェ&ガッバーナじゃなかったw甘い、辛い、酸っぱい、苦い、塩っ辛い、と5つの香りを持っているような、この世に一つとないような不思議な香木だといいます。だからこそ、時の権力者を魅了したのでしょう。

ただし、蘭奢侍らんじゃたいは正倉院宝物目録での名は黄熟香おうじゅくこうと言われています。

もちろん蘭奢侍らんじゃたいは大変な宝物だから、なかなか見ることはできません。

東大寺の正倉院といえば、去年の12月の初めに僕もおとずれました。秋の終わりの雰囲気ふんいきが感じられる京都・奈良なら一泊二日いっぱくふつかの旅行をしました。20数年前のw修学旅行では東大寺の大仏殿はおとずれましたが、正倉院にはおとずれなかったので、今回はおとずれたいと思っていたのです。

正倉院は東大寺の敷地しきちの中にあるのですが、宮内庁くないちょうが管理しているので拝観料は取りません。奈良・京都の寺って拝観料取られるからイヤなんだよねw

実物の正倉院を見たのですが、思っていたよりも大きいと思いました。教科書にのっている写真だとどうしても小さく見えるから。

警備員とさくがジャマしているのでw、正倉院の建物に中に入るどころか、近づく事すら出来ません。しょうがないから外から正倉院の建物をながめておりました。国の大切な宝物が眠っているのですから、当然といえば当然でしょう。

ただ、年に一回、奈良国立博物館にて、正倉院の宝物の特別 展示が行われるようです。さらに、信長も愛したという蘭奢侍らんじゃたいもそのとき一般公開いっぱんこうかいされるそうですね。僕も機会があれば、特別展示会が行われたときに奈良に訪れ、この目で蘭奢侍を見てみたいですね。




(蘭奢侍の動画。)

この記事は歴史秘話ヒストリアを参考にして書きました。

800px-Matsunaga_Danjou

(松永久秀の肖像画)

1 松永久秀とは
今日は戦国武将の松永秀久のお話を。大河ドラマ『麒麟が来る』では吉田鋼太郎さんが演じられております。その松永久秀はなにかと悪名が高い人物として言われ続けました。将軍を殺し、奈良の大仏を焼いた極悪人として。ゲームの『信長の野望』にも松永久秀が出てきますが、能力が非常に高いものの、忠誠心が低く、敵の引き抜きに合いやすい武将だというイメージが僕の中にあります。『三国志』に例えれば呂布に近いかも。

でも実際の松永久秀は裏切り者どころか三好長慶みよしながよしの忠臣で、ナンバー2として三好長慶を支えていたのです。三好長慶は、実はすごい武将です。彼は泡じゃなかったw阿波の国み(現在の徳島県)の出身で京の都を支配し、織田信長に先んじて当時の日本の中心だった機内きないを治めていたのです。三好長慶は地元徳島では英雄でした。

その三好長慶に仕えていたのが松永久秀でした。松永は大阪の怒号じゃなかったw土豪の出身。松永は物事を確実に伝える能力にたけ、低い身分でありながら長慶の側近に大抜擢だいばってきされたのです。コミュニケーション能力が高かったのですね。能力が高かっただけでなく、主君に対する忠誠心も高かったのです。

2 主君のために
 京には室町幕府13代将軍の足利義輝がいました。衰えたとはいえ、まだ幕府の力が強かった時代。足利義輝は京に影響力を及ぼす三好長慶がうとましい。それで、義輝は自分と親しい大名たちに呼びかけ、虎視眈々こしたんたんと三好を倒そうとしていたのです。

三好長慶は松永久秀に将軍家の力をそぐミッションを与えました。難しいミッションです。松永久秀はどのような策をもちいたのでしょう?久秀は裁判に目を付けました。どういう事でしょう。

実は、将軍家がおこなった判決が不公平なものがおおく、不満に思っていた者が多かったのです。将軍家に代わり京の街を支配する三好家に裁判のやり直しをしてほしいと思うものが増えたのです。その三好家による裁判を取り仕切ったのが松永久秀。松永の判決によって将軍の上意をくつがしてしまったのです。松永久秀は皆が納得するような裁きをしていたのです。公平な裁判を行うことで、将軍よりも三好長慶のほうが天下人にふさわしいと思わせることに成功したのです。

また、当時、大和の国(奈良県)は寺社が多く、東大寺や興福寺といった宗教勢力が強大な力を持っていて大和の国は難治の地といわれておりました。松永久秀はどうしたでしょう。久秀はこの地に城を建てました。そのお城の名前は多聞城たもんじょう

今は多聞城は姿かたちもありませんが、かつては荘厳豪華なお城だったといいます。ルイス・フロイスは「すべての城や塔の壁にはしっくいが塗ってあり、かつて見たことがないほど輝いていた。これだけの建造物は世界にもない」と。その多聞城は東大寺や興福寺のすぐ近くにあったといいます。

当時の人々は荘厳豪華な城に土肝どきもを抜いたといいます。大和の人たちは三好こそ支配者にふさわしいと思ったことでしょう。


3 大きな困難
 1564(永禄7)年、久秀のもとに訃報ふほうが届きます。主君の三好長慶が病に倒れ亡くなったのです。享年43歳。三好長慶は子供がいなかったので、三好義継みよしよしつぐが後を継ぎました。義継の母親は天皇家とゆかりの深い九条家の出身。足利将軍に匹敵する血筋をもっていました。

とはいえ三好義継はまだ17歳と若かったので、久秀と、三好三人衆(三好長逸・三好政康(宗渭)・岩成友通)が後見人となったのです。

三好長慶の死去により、足利義輝はこれを契機に三好家を倒そうと思いますが、反対に三好義継と三好三人衆らによって足利義輝は暗殺され、足利義栄あしかがよしひでを14代将軍とします。この当時はまだ足利家を慕う武将も多かったころ。諸大名は激怒し、三好義継討伐とうばつの動きさえ見られるようになったのです。このままでは諸大名たちが三好家を襲ってくる。

それで、久秀は足利義昭あしかがよしあきと手を組みます。将軍の弟を味方につけることで、足利将軍側の大名を怪獣じゃなかったw懐柔させようとしたのですね。それと久秀は朝廷が保管していた「御小袖」(※1)を主君の三好義継に引き渡すように工作をしました。久秀としては天皇や朝廷と交渉し、将軍家を象徴するものを三好方に引き渡させることで、天皇も三好家が将軍になることを望んでいるということをアピールさせようとしたのです。こうして、久秀は義継の危機を救ったのです。


しかし、久秀と三人衆は次第に反目をするようになります。三人衆と久秀は争いうようになったのです。主君である義継を守ろうとしたのに、彼のやったことが裏目にでたのです。それで久秀は最近勢いがある織田信長と組もうとしたのです。このころ織田信長は三好家に書状を送ったのです。「足利義昭を奉じて上洛するので懇意になることをお願いしたい」と。織田信長は次期将軍に足利義昭をたてようと上洛(※2)を目論見たのです。そのためには同名相手が必要だったのです。久秀は「信長の力が必要」と思うようになったのです。

1568(永禄11)年、信長は久秀と組んで上洛します。そして信長と久秀連合軍が三好三人衆を蹴散らします。しかし、それが後の火だねとなるのです。信長を利用して三好家を再興しようとしたことが裏目になるのです。

4 立ちはだかる信長

 1568(永禄11)年、織田信長は足利義昭を将軍に据えます。そして久秀は信長に茶器「つくも茄子」を献上します。もともと将軍家に伝わる茶器でしたが、久秀が大金をはたいて手に入れたのです。戦国一の茶器コレクターの信長も喜びます。これによって久秀は信長との同盟深化を計ろうとしたのです。

しかし、信長は久秀の思惑とまったく別の行動をとりました。1571(元亀2)年、信長は比叡山を焼き討ちしたのです。比叡山は三好家の重要な同盟相手でした。これには当然主君の三好義継も怒ってしまいます。そして三好家は信長と戦うことになります。もちろん、まともに信長と戦っては分が悪い。それで、戦国最強の騎馬軍団を率いる武田信玄と手を結ぶことを考えたのです。ちょうど武田信玄もこのころ上洛をしようとしていましたから。1573年、義継は河内の若江城に籠城、久秀も多聞城に籠城し、信長を迎えうとうとしました。しかし、上洛の途中で武田信玄が病で倒れてしまうのです。あてにしていた武田軍が引き返してしまい、三好はピンチ。そしてとうとう1573(天正1)年11月、三好義継は自害してしまいます・・

主君を失った久秀。信長から降伏せよといわれてしまいます。久秀は信長に従う道を選びました。なぜ、久秀は信長の軍門にくだったのでしょう。これは久秀がまだ三好家の再興をあきらめていなかったからだといわれております。四国には三好長慶のおいがいましたから。しばらく信長について、様子を見ようと思ったのです。

久秀の領地だった大和はほとんど没収され、かわりに筒井順慶つついじゅんけいが支配するようになりました。筒井は興福寺とも関係が深く、久秀とはライバル同士の関係でした。久秀は狭い領地に押し込められてしまったのです。

久秀は69歳の齢を重ねましたが、それでも信長にいけと言われたら、戦場にでたのです。

しかし、信長は久秀に受け入れがたい命令を下します。1577(天正5)年、多聞城の取り壊しを命じられてしまいます。多聞城は久秀が心血を注いで築いた城です。そして久秀は、信長を裏切るのです。久秀は信貴山城しきさんじょうに立てこもり、信長と戦おうとしたのです。もちろん、久秀だけでは勝ち目がないので、信長に敵対する毛利輝元や上杉謙信などの大名たちと手を結び、信長包囲網をつくろうとしたのです。信長が上杉謙信攻めのため越後へむかっているスキを狙って、久秀は挙兵しました。

そして信長と謙信は激しく戦い、上杉軍が勝利を治めます。しかし、謙信は敗走する信長にとどめをさすどころか、撤退をしてしまいます。そして、信長軍は引き返し、久秀が立てこもる信貴山城を攻撃します。そして城は炎上、久秀も「もはや、これまで」と自害をします。享年70歳。それは1577(天正5)年10月10日の出来事でした。戦乱の世に知略を尽くした生涯でした。

江戸時代に入り、太平の世になると久秀は極悪人として描かれます。冒頭の久秀の絵も江戸時代に描かれたものです。しかし、彼はお家のために必死に戦った名将だったのですね。

 




※1 足利尊氏が着ていた鎧。将軍の象徴ともいうべきもの。
※2 京の都をめざすこと





以前の『歴史秘話ヒストリア』で宇喜多秀家の事が取り上げられました。秀家の秘話といえば、「八丈島より泳いで参った!!!」。ウソウソ、冗談ですわw宇喜多秀家は、幼少ようしょうのころから豊臣秀吉(とよとみひでよし)にかわいがられました。

豪姫ごうひめ(※1)と秀家が結婚けっこんしたのは恋ではなく秀吉の命令、つまり政略結婚せいりゃくけっこんだったそうですが、二人はまわりの人間がうらやむほどの仲が良かったそうです。宇喜多秀家は秀吉の5大老に命じられるなど、まさに勝ち組でした。が、そんな秀家にも不幸が訪れます。

宇喜多秀家は罪人として八丈島はちじょうじまに流されてしまったのです。なぜ罪人になったかというとワケがあります。

それは秀家は関が原の合戦で西軍として、徳川家康(とくがわいえやす)率いる東軍と戦ったから。それで、西軍が負けてしまいました。家康に歯向はむかったばっかりに、宇喜多秀家は罪人にさせられてしまう・・・・

そんな宇喜多秀家といっしょにいたのは子供と10人くらいの家来だけ。おくさんである豪姫と別れてしまったのです。

ある日、八丈島の代官の家で宇喜多秀家は白いご飯をごちそうになり、何度もおかわりをしたそうです。無理もありません。しかも、宇喜多秀家はいただいた白いお米をフロシキに包んで家に持ち帰ったそうです。家に帰って自分が食べるためじゃありません。家で待っている子ども達にも白いお米を食わすために。

泣かせますねえ。

宇喜多秀家、その子供と家来たちは努力して、島の暮らしに溶け込んでいったのですね。その証は今日も残っております。たとえば、八丈島のあるい家は宇喜多家から紫と緑色の鉱物を譲り受けて、それを糸の染色に使ったという、言い伝えもあるようです。

秀家は島の暮らしに慣れると、島民の役に立ちたいと、新田開発をおこなったり、薬草の知識などを村人に伝えたり、いつの間にか秀家は島民から「殿様」と慕われるようになったといいます。その後、秀家の子供も成長し妻をもうけたといいます。その後も秀家の子孫は八丈島に生き残り、明治のころにも秀家の子孫が八丈島がいたといいます。

一方、実家の前田家に帰っていた豪姫は八丈島に流されていた夫や子ども達のために食糧を死ぬまで送り続けました。はじめは幕府に遠慮しながら細々とやっていたのですが、正式な許可をもらってからは、一年おきに前田家から食糧が送られるようになったのです。前田家から(八丈の)宇喜多への援助はなんと明治時代まで続いたといいます。豪姫が「島のもののこと、くれぐれもお頼み申します」という遺言さえ残したほど。

遠くはなれていても夫婦のキズナは切れなかったのでしょう。泣かせますねえ。僕の頭の脳内にスキマスイッチの『奏』が流れてくるようですw二人は死ぬまでおたがいに会うことは無かったというから切ない話です。この時代にインターネットや電話があればなあって自分は『ヒストリア』をみて思わず思われました。


そんな二人の事をかわいそうに思って、今から10数年前に八丈島の人たちは秀家と豪姫がツーショットで並んだ石像をつくったそうです。「今度生まれてくる時はいっしょになれるといいね」という願いをこめて。


※1 前田利家(まえだとしいえ)のむすめ



※ オマケ


最後に、八丈島の映像を。八丈島には高校生の時に行きました。海もきれいで、お魚もおいしい良いところですよ。一応、「八丈島」の観光協会の公式チャンネルの動画ですから、削除される可能性は低いとは思いますが、それでも、もし映らなかったらごめんなさい。(削除したら怒りますよw観光協会さん)




http://ehatov1896rekishi.diary.to/archives/2383953.html

(前回の記事)

前回の記事で、福島県奥会津にある沼沢湖にすむ大蛇が現れ村の人を困らせたという話をしました。が、本当にそんなバケモノみたいな蛇がいたとは考えにくいです。沼沢湖の大蛇が恐竜の生き残りの可能性もゼロではありませんが、なんか違うような気がする。

沼沢湖にすむ大蛇のモデルは、川の氾濫はんらんだと思います。かのヤマタノオロチのモデルは川の氾濫じゃないかといわれているほどですから。え?ヤマタノオロチをしらない?蛇の首が8つもあるでっかいバケモノです。首が8つなら又が7つじゃなきゃおかしいじゃないか、ヤマタではなくナナマタノオロチの間違いじゃないかって僕は思うのですがw山田のおろちじゃなかったwヤマタノオロチの話はこの辺にしておきましょうw




奥会津には只見川ただみがわという川が流れており、たびたび氾濫があったので、村人たちはこまったことでしょう。それを佐原義連(さわら よしつら)が中心になって灌漑かんがい工事でもやったのかもしれない。

地元の人たちは沼沢湖に住む大蛇が川のちかくまで下りてきて(沼沢湖は山の上にあるカルデラ湖です)、その大蛇が暴れると川が氾濫すると考えたのかもしれません。沼沢湖は本当に静かで神秘的な湖で、いかにも何かが住んでいるような感じがします。現に沼沢湖畔のキャンプ場には妖精美術館といって妖精の絵や人形を展示している美術館があるくらいですから。

閑話休題、下の写真をご覧ください

DSC_2171
DSC_2167


ちょっと見づらいのですが写真の右はじに鉄橋が壊れている様子がわかります。これは震災によるものではありません。川の氾濫により鉄橋が流されてしまったのです。いくら只見川が氾濫したとはいえ、こんな高いところまで水がくるはずはありません。

平成23年(2011年)7月におきた新潟・福島豪雨による洪水による被害で、一説にはダムの放水によって水かさがまして、鉄橋まで押し流すほどの洪水になってしまったとか。そうだとしたら人災でもありますね。

調べによりますと、この只見川流域は日本でも指折りの豪雪地帯であるため水量が豊かであり、このため只見川は非常なエネルギーを隠し持っているいわれております。

只見川はたびたび氾濫を起こしましたが、太平洋戦争後1951年(昭和26年)に国土総合開発法に基づく只見特定地域総合開発計画の対象地域に指定された後は電源開発がすすみ、水力発電によりこのエネルギーを有効に活用できるようになりました。

それから只見ダム、田子倉ダムや奥只見ダム、大鳥ダムなどたくさんダムが作られていたのですね。だから地元の人たちの中には「ダムができる前は(あれほど大きな)洪水はなかった」という人もいるのです。

新潟・福島豪雨は奇しくも東日本大震災の年に起きたために、大きな被害が出たにもかかわらず、あまり注目されなかったのですね。心の中ではダムさえなければと思っていても、困ったことに、これらのダム(を運営している電力会社)が税金を払うなど地元にお金を落としているのです。電力会社に出てけといいたくても追い出せないのが現状なのですね・・・

その点は福島の原発とも通じるものがあります。


※ おまけ
只見川の横を走る只見線の動画をどうぞ。只見線の車窓は美しいと評判で人気があります。僕が訪れた時も鉄オタ?らしき若い人たち数人がカメラをぶらさげ、パチパチと車窓や只見線の車両をカメラで映しておりました。しかし、この只見線も新潟・福島豪雨の被害にあい、一部区間がいまも復旧がされていないそうです。







DSC_2175

DSC_2155

(只見線の車両)

DSC_2159


福島県の奥会津に、沼沢湖ぬまざわこという湖があります。この湖には昔大蛇がいたというのです!

なんでも、この大蛇は髪の長さが2丈(約6メートル)もある若い美女に化けては、人を惑わせたり襲ったりし、近隣きんりんの村人たちから恐れられていたそうです。しかも、大蛇は鉄砲で撃たれても死ななかったともいわれるから怖いですね〜こんなのがいきなり湖から出てきたら僕なんか一目散に逃げますね。

さて、鎌倉時代になって、この大蛇を退治しようとする人が現れました。当時の領主・佐原義連(さわら よしつら)は、村人の恐れるこの大蛇を退治するため、家来50〜60人(12人という説もあり)を率いて船やイカダで沼に進みました。

義連たちが「おい!、大蛇よ出てこい!おれが退治してやる!退治してお前をスパゲティにしてやる(とういか蛇のスパゲティなんて食いたくねえw)」みたいな言葉をいうと、空が黒くくもり雷までなったといいます。

そして湖の中から大入道があらわれました。大入道とは体の大きなバケモノです。義連たちは「こいつこそ大蛇の化身だ!」と立ち向かいました。けれど荒れ狂う波に船がゆれて自由に戦うことができません。そして義連たちは大入道もろとも、沼の底へと呑み込まれてしまいました。

やがて荒波と共に、大蛇が苦しみつつ姿を現したのです。義連たちは家来たちもろとも大蛇に飲み込まれながらも、刀で大蛇の腹をりさいて脱出したのだのです。本来なら蛇の腹の中の猛毒で命を落とすはずだったのですが、義連のカブトにぬい付けられていた金の観音菩薩が蛇の毒から身をまもってくれたのです。

こうして大蛇は退治され、義連はその頭を斬り落として土に埋めました。その後も大蛇の怨念おんねんは地の底からはたを織るような音をさせたので、たたりをしずめるため、人々は神社を建てて大蛇をまつったといいます。実は僕もこの神社に訪れてました。けっこう不便なところにある神社なのに、神社の境内はキレイになっておりました。おそらく地元の方々がこの神社を大事にしているのだなって感心しました。また、そんな恐ろしい蛇をまつっている神社だからもっと不気味な感じのする神社かと思っていたのですが、訪れてみたらなんとも清らかな感じのする神社で、逆に僕は清々しました。

この沼沢湖にいくには会津から只見線ただみせんという電車に乗り、早戸はやと駅から車で10分です。ちなみに僕は早戸駅の先の会津川口駅まで行き、そこから下車してタクシーを呼んで沼沢湖にいきました。

この沼沢湖の伝説にはもとになった話があると僕は考えているのですが、その辺のお話は次回にお話しします。その話は、東日本大震災と伴っておきた原発事故とも通じるお話です。

DSC_2158
DSC_2157




※ おまけ 
沼沢湖で毎年行われる大蛇祭りの動画です。この祭りに出てくる大蛇は蛇というより竜、まるで竜神様のようです。昔は悪いことをしたかもしれないけれど、今は改心して地元の人たちを守る神様になったように僕には思えます。


このページのトップヘ