history日誌

カテゴリ: 日本の歴史 江戸時代

風の盆恋歌 (新潮文庫)
高橋 治
新潮社
1987-08-28



風の盆恋歌
テイチクレコード
2017-08-09



きょうは石川さゆりさんの「風の盆恋歌」。紅白でも二回歌われております。石川さゆりさんの大京曲の一つですが、紅白では「天城越え」や「津軽海峡・冬景色」ほど歌われておりません。この曲はとても情緒があって美しい曲調の歌です。もっと歌われてもいい歌だとおもうのですが。

この曲の舞台は、富山県の八尾。毎年9月1日から3日にかけて行われる「おわら風の盆」というおまつりがモチーフになっております。毎年このお祭りを一目見ようと全国から観光客が八尾に訪れますが、この八尾の「おわら風の盆」が注目されるようになったのは、そんなに昔の話ではないのです。少なくとも昭和30年代のころまでは地元の人たちがひっそりと続けてきた静かなお祭りだったのです。

昭和60年(1985年)に高橋治さんの小説「風の盆恋歌」が出版されました。八尾などを舞台にした大人の恋の物語、というか不倫がテーマのお話です。僕も昔読んだことがあります。おっと、僕は不倫の恋にあこがれてなんかいませんよw

そして平成元年(1989年)に石川さゆりさんの、この曲がヒット。その年には大トリで石川さんは「風の盆恋歌」を歌われました。ちなみに二回目にこの歌が歌われたは平成10年(1988年)でした。
小説と、歌のヒットで「おわら風の盆」は注目されるようになったのです。

それでは、「おわら風の盆」の歴史を語らせていただきます。

「おわら」がいつ始まったのかは、はっきりはわかりません。なにしろ正確な文献がないものですから。「越中婦負郡志」によるおわら節の起源として、元禄15年(1702)3月、加賀藩のお殿様から下された「町建御墨付まちだておすみつき」を取り戻した祝いに、三日三晩歌舞音曲無礼講の賑わいで町を練り歩いたのが始まりとされています。

え、「町建御墨付」って何かって?それは、「ここに町をつくっていいですよ」という許可書だそうです。八尾の街をつくったのは米屋少兵衛(こめやしょうべえ)という人物でした。

江戸時代初期の寛永13(1636)年、米屋少兵衛が、加賀藩から町建御墨付を拝領して町をつくったといいます。その町こそ八尾町というわけです。

しかし、元禄15年になって八尾の役人が米屋少兵衛の子孫に町建御墨付の書類を返すように求めました。なぜ、役人が書類を返してほしいといったのか、僕にはわかりません。ともかく、八尾の役人たちにとって、その書類が必要であったことは間違いないでしょう。

少兵衛の子孫は書類を渡そうとしなかったので、役人は一計を案じ、桜の季節に八尾の町衆にお花見をはじめ、どんちゃん騒ぎをしたといいます。そのどさくさにまぎれて米屋の蔵から書類を持ち出させました。無事に書類が戻ったということで、役人はお祝いに「3日間昼夜を問わず、踊ったり歌ってもしてよいぞ」というお触れを出しました。それが、おわら風の盆の始まりだということです。

どんな賑わいもおとがめなしと言うことで、春祭りの三日三晩は三味線、太鼓、尺八など鳴り物もジャンジャン鳴らして派手にやったといいます。風の盆は、三味線と幻想的な胡弓の音色に合わせてしっとりとした踊りをするお祭りなのです。が、江戸の昔は派手にやっていたのですね。

これをきっかけに花見の季節だけでなく孟蘭盆会うらぼんえ(旧暦7月15日)も歌舞音曲で練り廻るようになり、やがて台風の被害がなくなることを祈って風神鎮魂を願う「風の盆」と称する祭りに変化し、9月1日から3日に行うようになったと言われます。






※ 参考サイト

https://www.yatsuo.net/kazenobon/history/index.html

http://www.dydo-matsuri.com/archive/2010/owara/

キリスト教の教えは本来争いごとを否定し、島原の乱のように城に立てこもり戦って死ぬことは邪道なのですね。天草四郎以下一揆の指導者たちは、ひどい目にあった幕府を打ちのめしてやろうと企てて行ったのが島原の乱です。こんなことを言うと長崎や熊本の人に怒られるかもしれないが、彼らは一方的な被害者ではないのですね。島原の乱の指導者たちは神社仏閣を燃やしたり、お坊さんを迫害したりしてきり、無理やり人々を改宗させたのですから。本当に信心があって亡くなったのであれば悔いがないと思いますが、無理やり改宗させられて殺されたのでは合わないなと僕は思いますね。

え?、「島原の乱の一揆勢は松平信綱の提案を拒み、みな快く死を選んだぞ」って?たしかに、原城で立てこもった一揆勢を、松平信綱は「キリスト教の信仰を捨て、ふつうの農民に戻るなら命だけは助けてやる」と助け船を出したそうですね。でも、残った一揆勢はそれを拒否。信綱はやむなく一揆勢を女子供関係なく殺してしまいました。徳川の言いなりになるくらいなら死を選ぶという、まさに太平洋戦争中の日本みたい。素晴らしい信仰心だと思う反面、中には本当は死にたくなくて、信綱の「助けてやる」発言は渡りに船だと内心喜んだ人も絶対いたと思う。けれど、周りの空気に流されて、結局自分も信綱の提案を拒み死を選んだと。たとえは悪いけれど、会社で本当は帰りたいのにみんな残業しているからしぶしぶ残業する心理と共通するものが感じられます。

あわわ、別に僕は天草四郎を悪意を持って悪者に仕立てているわけではないのですよ。地元の英雄として、最近では天草四郎がモデルのゆるキャラも登場しています。だから、天草四郎の悪口を言うのも僕は本来は気がひけるのですから。ましてや震災のあった後で、一日も復興を願うのは僕も同じです。天草四郎を旗印にした復興のシンボルにすることは僕も否定しないし、できません。でも、事実は事実として語らなくてはいけないと思うんですよ。過剰な美化はよくない。織田信長にしても、ナポレオンにしても英雄と呼ばれる人物を色々調べると、ばっちい話だとか、残酷なエピソードだとか、そういった黒歴史はたいていあるものです。僕が一番好きな武将の加藤清正でさえ、クリスチャンを弾圧した記録が残っておりますし。




指導者層たちはともかく、キリストの教えを信じ、キリスト教を認めてもらいたいと願っていたが、乱で亡くなった敬虔な信者さんたちもいたことも事実。無理やりキリスト教に改宗され参加した人たちがたくさんいたとお話ししましたが、本当にキリストの教えを信じて天に召された人たちもいたのですね・・・

平成になって原城の発掘調査が行われておりますが、おびただしい人骨がみつかりました。人骨の傍らには曲がった十字架もいくつか発見されました。おそらく激しい戦火で変形してしまったのでしう。きっと「私は信仰を守って死ねるのだから悔いがない」と亡くなったのでしょうね。やるせない話です・・・


島原の乱以降、幕府は鎖国をはじめ、ほとんどの外国との関係をうちきり、キリスト教の弾圧もこれまで以上に厳しくなりました。だから、キリスト教信者たちは、マリア観音をつくったり、神社をカモフラージュしてキリスト教の伝道師たちをお祀りしていて、幕府の監視におびえながらも信仰を守ってきたのです。

その島原の乱から230年、明治維新をむかえます。明治になってやっと長崎でもキリスト教が認められるようになります。

長崎にも外国から宣教師がくるようにもなりました。宣教師たちを迎えたのは、江戸時代から禁教令を耐え忍び信仰を守り続けた人たちの末裔でした。人々の信仰心に感激した神父の言葉です。

「苦難に直面しながら、彼らの信仰の精神は打ちのめされていない」

キリスト教信者たちは、長崎の地に浦上天主堂をつくりました。信者さんたちはせっせと労働奉仕をしたといいます。あいにく、この浦上天主堂も原爆で破壊されてしまいます・・・そして、1959年に再建されます。いまも、地元の信者さんたちは祈りをささげております。そして原城跡では、毎年秋に乱で亡くなった人たちを弔うためのミサが行われているそうです。




※ 参考
『その時歴史が動いた』

あけましておめでとうございます。今年も皆さんにとって良い年でありますように。今年は戌年です。わんちゃんの年ですね。本題に入る前にほほえましいワンちゃんの動画を。



かわいらしいですね。僕はどっちかとうとネコちゃんのほうが好きなのですがワンワンもかわいいですね。

では、本題に入りましょう。今日のお話の主人公はワンワンをとても愛した人です。その人物は誰か?それはのちに出てきますのでお楽しみに。









続きを読む

1 一揆勢がまっていた海外からの援軍
 前回の記事で板倉重昌が、一揆勢がたてこもる原城を攻略できないことを書きましたが、今日は原城が攻め落とされるお話をします。一揆勢が思いのほか手ごわく板倉では荷が重いと判断した幕府は知恵伊豆こと松平信綱を送り込みました。現地に着いた松平は正面からぶつかるのではなく、干し殺しといって持久戦に持ち込みました。干し殺しとはお城にこもっている者たちを飢え死にさせることです。

天草四郎率いる一揆勢が原城にたてこもった理由の一つとして外国からの援軍を当てにしていたこともあげられます。ポルトガルの援軍をひたすら一揆勢は待っていたのです。

一方の幕府側も一揆勢がポルトガルの軍隊と合流するのを非常に警戒しました。幕府側がキリスト教を警戒したのは、何もキリスト教が邪教だったからではありません。

おっと僕はキリスト教が邪教とは思っていませんよ。キリスト教のひとたちが平和や愛を重んじることは大変よく知っておりますし、神父様の講演も聞いたことがあります。素晴らしかったですよ。また、僕が尊敬してやまないマザー・テレサのことも以前に記事で10回以上にわたって書かせてもらいましたからね。あくまでも当時の幕府がキリスト教を邪教とみなしていたのです。

2 オランダの手をかりた幕府
 当時のヨーロッパ列強がキリスト教の宣教師を手を組んで、いろいろな国を侵略しては植民地にしていたのです。まず宣教師を送り込み、キリスト教の信者を増やし、内乱を起こし、そのすきをついて外国の軍隊を投入し、それで植民地にしてしまおうというのがヨーロッパ列強の手口でした。そのことを幕府はよく知っていたのです。現に天草・島原地方ではキリスト教の信者たちが、寺を襲ったり、住民にキリスト教の改宗を強引にすすめたり色々やっていましたから。そういこともあって幕府はこの一揆に大軍を送り込んだのです。

幕府側はオランダの手も借りました。「この帽子、どいつんだ?」「おらんだ」。すみません、下手なシャレをいいましてw

それはさておき。

「え?オランダもヨーロッパの列強なのに、なぜ幕府はオランダの手を借りたの?」と思われるかもしれませんが、オランダは幕府と良好な関係でした。オランダはキリスト教の布教には興味がなく、日本との貿易を望んでおりました。またオランダはプロテスタントの国で、カトリックのポルトガルとは利害が対立しておりました。ポルトガルが植民地を増やして強くなることを快く思っていなかったのでしょう。

オランダは原城の攻撃をしました。これは原城に立てこもる一揆勢にとっては大きなショックでした。オランダの船がきて、「自分たちをたすけてくれるのかな」と思っていただけに、まさか外国が自分たちの敵となって立ち向かってくるとは思わなかったのです。なにしろ一揆勢は外国からの援軍を当てにしておりましたから。

3 一枚岩ではなかった一揆勢
 また、松平信綱は心理戦をつかって一揆勢を揺さぶりました。原城城内に矢文をうち、「城をあけわたし、村に帰ってまじめに耕作につとめるのなら、今年の年貢は免除し、来年から年貢も少なくする」という内容でした。

実は一揆勢も一枚岩ではなく、なかには天草四郎以下、一揆の指導者たちに対して不満を持つ人たちも少なくなかったし、無理やり一揆に加わった人たちなんてなおさら不満でしょう。「徳川の連中をあっと言わせてやる」という指導者たちのエゴに付き合わされただけですからね。まるで、好きでもないのに、親のエゴでピアノだの野球だの習わされている子どもみたい。ましてや、松平信綱による干しごろし作戦で、食糧が少なくなり腹を空かせている人たちもたくさんいましたから。

当然、信綱からの矢文に内心「やった、やっとこんな生活から抜け出せる」と喜んだ人たちもいたことでしょうが、一揆勢の指導者たちは「裏切り者は許さないぞ!」みたいな感じで目を光らせておりましたから。現に山田右衛門作は幕府と内通していたのですが、それが天草四郎にばれてしまったのです。ぶち切れた天草四郎たちは見せしめに山田の妻を殺してしまったのですね・・・まるで旧ソ連のような雰囲気が当時の原城にあったのかもしれません。

そうして、幕府側と一揆側のにらみ合いが長く続きましたが、しびれを切らしたように鍋島軍が原城の攻撃をしました。松平信綱はやむなく総攻撃の命令をだしました。おそらく信綱としては、もう少し様子を見て、罪のない農民、無理やり一揆に参加する羽目になった農民たちを原城から助け出したうえで、原城攻撃をしたかったのかもしれない。と僕は考えております。

4 皆殺しにされた一揆勢
 一揆軍は幕府軍と激しい戦いをしますが、3か月の籠城で食糧や弾薬がついてしまい、12万の幕府軍と戦える状態ではありませんでした。そして、天草四郎以下指導者たちはもちろん、女こどもまで3万人が皆殺しにされてしまいました。


以前に「さかのぼり日本史」や「その時歴史が動いた」をみたとき、原城の発掘調査で人骨が大量にでてきたのをみました。なかには頭ガイコツに穴が開いているのもあり、いかに無残な殺され方をしたのだなと見て思いました・・・



そうして殺された者たちの死体は丁重に葬られるどころか、穴にほうりこまれ放置されたといいます。乱から120年後になって、地元のお坊さんと村人たちによって原城の前に、島原の乱で亡くなった人たちの菩提を弔うために、お地蔵さんをつくったといいます。それまで亡くなった人たちをまつることさえ許されなかったといいます。


結局、一揆勢があてにしてた外国からの援軍は来なかったのですね。




※ 参考文献および参考にした番組

『その時歴史が動いた』『さかのぼり日本史』(いづれもNHK)









このページのトップヘ