history日誌

カテゴリ: 日本の歴史 近現代

1 ありがとう
みなさんは経営の神様といえば、どなたを思い出しますか?スティーブ・ジョブズ?ビル・ゲイツ?日本で経営の神様といえば、やっぱり松下幸之助まつしたこうのすけでしょう。古くは渋沢栄一ですが、渋沢のことはまた別の機会に触れたいと思います。松下幸之助は従業員数名の零細企業れいさいきぎょうを一代で巨大企業に育て上げた素晴らしい経営者です。また、僕も彼の著作を読ませてもらったことがありますが、ただのもうけ主義ではなく、なまじっかの宗教家よりも哲学もあって、本当にすごい人だなって。

本題に入る前にパナソニックの社員の皆様申し訳ございませんね、松下幸之助と呼び捨てして。「さん」をつけたほうがいいという意見もあるかもしれませんが、基本的に僕のブログは外国の有名人や歴史上の人物は敬称を省略しております。織田信長さんとか、聖徳太子さんというのも、悪くはないけれど、なんか違和感がありますよね。松下幸之助の功績は歴史の教科書に載っても全く違和感がありません。それだけ戦後の日本の復興に貢献した人物の一人です。

松下幸之助が一人でパナソニック(松下電器産業株式会社)をつくりあげたわけではありません。彼を陰で支えたのが、妻のむめのでした。

松下電器創業50周年記念式典が1968年(昭和43年)に行われました。その時幸之助が講演でこう語られました。

「今日、この50周年を迎えるということにあたりまして、一番感慨深いのは、まあ私自身であることはもちろんでありますが、奥さんもそう思っておるだろうと思って今日は2人で喜んで、ここに参上したような次第であります。どうも奥さん、長い間ありがとう。


その時、会場にいた妻のむめのは涙を流しました。

夫がこの「ありがとう」という言葉の背景には夫婦の苦難の道がありました。

2 松下電器創業

 お話は1917年(大正6年)の大阪にさかのぼります。このころ、松下幸之助とむめのは結婚したばかり。ふたりはともに関西出身でお見合い結婚だったそうです。幸之助はこのころはハイセイコーじゃなかったw配線工でした。電柱に電線をしく仕事です。出来高制の仕事で収入も不安定で会社の上司ともうまくいっていなかったそうです。そこで幸之助は独立を決心しました。

しかし、独立をするといっても、なにをすればよいのやら。独り身ならともかく、奥さんを養っている以上は、失敗が許されません。はじめ、幸之助は「お汁粉屋をやろう」と言い出しました。理由は幸之助がお汁粉が好きだから。お汁粉おいしいですよね。お汁粉の話をしてたら急に食べたくなっちゃったwおっと、お話を続けましょうw
幸之助が妻のむめのにそう言ったら、むめのは大反対。そりゃそうですよね。ただでさえ独立はリスクが高いのに、お汁粉屋なんて、これまでの幸之助のキャリアを生かせない仕事です。歌が好きだから公務員をやめてミュージシャンになろうというようなものです。

むめのの思わぬ反対に幸之助は「わしは電気しかない、電気をとことんやろう」と。そして翌年の1918年(大正7年)松下電機器具製作所を創業します。社員は妻のむめのと、むめのの弟の井植歳男いうえ としお(※1)などわずかな人数でした。

3 失敗と成功

 創立当時の松下電器は扇風機の碍盤がいばん(※2)を製造するかたわら、幸之助は便利で品質のよい配線器具を作れば、一般の家庭にはいくらでも需要があると確信し、夜遅くまで配線器具の考案に没頭したといいます。

大正当時、多くの一般家庭は電力会社と「一戸一灯契約」という契約を結んでいました。え、「一戸一灯契約」なにかって?僕もわかりましぇーんwというと怒られそうなので、ネットで調べました。

なんでも、家庭内に電気の供給口きょうきゅうぐちを電灯用ソケット一つだけ設置し、電気使用料金を定額とする契約のことだそうです。このため、当時電灯をつけているときには同時に電化製品を使用することができず、不便をこうむっていたのです。今風にいえば電灯をつけている間はテレビもパソコンも見ることもできなければ、冷蔵庫さえ止まってしまうということでしょう。そこに幸之助は眼をつけたのでしょうね。

しかし、新商品の開発は失敗ばかり。開発のコストも増えるし、収入も少なくなってきます。

それで、むめのは質屋に通っては着物や指輪を質屋にいれていたのです。むめのは、幸之助に心配させまいと、そのことをだまっていたのです。

そしてついに幸之助はアタッチメントプラグと2灯用差込クラスターという配線器具の開発に成功。商品は飛ぶように売れ、従業員もどんどん増えたといいます。

Attachment_Plug_Improved_by_Matsushita

(アタッチメントプラグ)

Two_way_cluster_by_Matsushita

(2灯用差込クラスター)

従業員たちの日ごろの面倒を見たのが妻のむめのでした。むめのは従業員たちに食事をつくってあげたといいます。むめのは食事だけでなく従業員たちの身の回りの世話もしていたのですね。当時の従業員たちは松下電器の寮に住み込みだったのですね。

4 時代にほんろうされながらも

 昭和4(1929)年、昭和恐慌しょうわきょうこうのあおりを受け日本の経済界は大混乱。松下電器も売上げが半分以下に落ち込み、ピンチになり、12月末には倉庫に入りきらないほど在庫がたまります。しかも悪いことに当時、幸之助は病気で静養中だったのです。

療養中の幸之助のもとに2人の幹部が訪れ、従業員をリストラするしかないと訴えます。 これを聞いた幸之助は、「あかん」といって拒否。工場は半日勤務、そして給与は従業員に全額支給するように指示しました。

一方で店員は休日返上で在庫品の販売に全力をあげるようにとも指示します。幸之助の決断が告げられると、従業員たちは喜び、全店員一丸となって販売に努力しました。その結果、2カ月後には、倉庫に山積みになっていた商品をすべて売りつくし、このピンチを乗り切ったといいます。

そして、1941年(昭和16年)に太平洋戦争が勃発。松下電器は軍需産業ぐんじゅさんぎょうへの協力が求められました。これがのちに、幸之助とむめのにとって災いとなります。戦後、日本はGHQに統治されます。そして幸之助は戦争に協力したという理由で公職追放の憂き目にあいます。

幸之助は会社を追放されてしまったのです。するとGHQにたくさんの訴えの手紙が届きます。「幸之助の公職追放をといてくれ」と。その差出人は松下電器の社員やその社員の家族から。その届いた手紙の通数は1万5000通にも及んだといいます。

会社が大変な時でもリストラをせず、内部留保を取り崩して社員を守った幸之助を労働組合が中心となって立ち上がったのですね。本来労働組合は経営側と対立するものですが、その組合が社長を守れといったのですから、すごいですよね。こうして幸之助は1947年に社長に復帰します。公職追放されてから4か月後のことです。

5 主婦のための電気製品を
 

 社長に戻った幸之助は「家庭の主婦が楽できるようなものをつくりたい」と思ったそうです。便利な電気製品がいっぱいの現代でも、梶じゃなかったw家事って手間ヒマがかかるんですよ。買い物にしたって、料理にしたって、掃除や洗濯だってそれなりに手間ひまがかかります。「主婦は楽でいいよな」なんて思わないほうがいいですよ、マジで。男性でも一人暮らしをしたことがある方ならお分かりいただけると思います。ましてや、戦後間もないころの日本において、ほとんどの家庭は手作業で家事をしていました。掃除もほうきとちり取を使い、洗濯もたわしや洗濯板で手でゴシゴシ洗っていて、冷蔵庫もほとんど普及していなかった時代です。


そんな幸之助にむめのも協力しました。むめのは家の庭先に洗濯機5台ぐらい並べて、それをぶんぶん回したといいます。いわゆる商品のモニターをやっていたのですね。むめのは主婦の目線で夫にアドバイスをしようとおもったのでしょうね。

そして高度成長期には、従業員は3万人突破、売り上げも1000億円突破したといいます。<u>アメリカの雑誌「TIME」(1962年2月23日号)には幸之助が紹介されました。紙面では幸之助の功績に加え、むめののことも取り上げられました。「彼女は幸之助のビジネスで欠かせない役割を果たしてきた」と。松下幸之助は創業から様々な困難にあいました。そんな幸之助を常に支えてきたのが、妻のむめでした。冒頭で、50周年の記念式典で幸之助がむめのに「ありがとう」といったのは、そんなむめのへの感謝の気持ちからでした。

6 95点

1978年(昭和53年)の幸之助の誕生パーティーの席上、むめのは「夫に点数をつけるとした何点ですか」と質問をされたそうです。むめのは「かんしゃく持ちだから、85点」と答えたそうです。幸之助が従業員を厳しく叱責したという話はよく聞きますが、幸之助は気が短ったのが玉にキズだったのかな。

一方の幸之助が同じ質問をされて、「95点」と答えました。ケンカもしたけれど、必死に夫を支えてくれたことへの感謝の気持ちもあったろうし、「100点」と答えなかったのは、残りの5点はこれからまだ先があるからと思ったからでしょう。お互いに点数をつけた二人は幸せそうに笑いあっていました。

むめのが亡くなったのが1993年(平成5年)でしたから、幸之助のほうが先に亡くなったのですね。自分が亡くなる直前、きっと幸之助はむめのに「100点」いや「200点」以上をつけて、旅立ったのかなと僕は思います。


※ この記事は「歴史秘話ヒストリア」を参考にして書かせていただきました。








※1 松下電機を30年つとめたのち、三洋電機を創業。
※2 扇風機の速度調整スイッチを取り付ける絶縁体。絶縁体とは電気や熱を通りにくくするための器具。当時の碍盤は陶磁器でできており非常に壊れやすかった。

岡村隆史さんが結婚されるそうですね。おめでとうございます!お相手は一般の女性の方だそうです。これでチコちゃんに「ボーっとしてるんじゃねえよ!」って叱られなくてすみますねw?コロナが流行る不穏な時代だからこそ、明るいニュースはよいものですね。いつまでもお幸せに。

僕のブログでも、著名な夫婦のお話をしたいと思います。僕はまだ独り身ですが、記事を書いて少しでも、あやかれるようにと願いと、こういう先行き不安な時代だからこそ家族の絆が問われるんじゃないかとおもいましてね。今日は愛新覚羅溥傑あいしんかくらふけつひろのカップルです。


続きを読む

これまで、日本の防空法のことを書かせていただきました。書くたびに防空法が悪法であること、当時の為政者たちが国民を守ろうとする気概がまるでなかったことに腹が立って仕方がなかったのですが、もっと悪いのは無差別に爆撃を行った米軍です。

そもそも米軍が大都市のみならず無差別に地方都市まで攻撃したのは、日本の軍需産業は当時家内手工業にかなりの部分を頼っていたのです。つまり家庭の内職で部品を作っていたのですね。また、下請け企業も都市部だけでなく地方の都市にもあったことも理由の一つだと考えられます。


また、米軍は日本本土空襲に入る前にガダルカナルの攻防や硫黄島など、日本軍の激しい抵抗にあいました。日本軍の果敢な戦いぶりは米軍も震え上がったといいます。捕虜になることを拒否し、捕虜になるくらいなら玉砕も恐れないというその士気を恐れたのです。もし、今後も徹底抗戦にあったら、米軍の被害も甚大なものになる。そこで米軍が取った戦略は徹底的に空き地にして、抵抗する日本人がいなくなったところを確かめてから進出し、占領するとう作戦をとったといいます。


そのときアメリカの爆撃兵団を率いたのがカーチス・E・ルメイ。日本の都市を無差別に焼き尽くした張本人に、なんと日本政府は勲章を贈ったといいます。呆れた話です。その勲章は勲一等旭日大授章。最高位の勲章です。授章の理由は「航空自衛隊の育成に貢献したから」


それは昭和39年(1964年)のことです。時の総理大臣は佐藤栄作氏。そして当時の防衛長官が小泉純也氏。小泉純一郎元総理の父親にあたります。

ルメイに勲章をおくった理由として佐藤栄作元総理は次のように述べております。

「今はアメリカと友好関係にあり、功績があるならば過去は過去として功に報いるのが当然、大国の民とはいつまでもとらわれず今後の関係、功績を考えて処置していくべきもの」

小泉元防衛長官は、勲章授与について次のように説明しております。

「功績と戦時の事情は別個に考えるもの。防衛庁の調査でも当時ルメイは原爆投下の直接部隊の責任者ではなく、原爆投下はトルーマン大統領が直接指揮したものである」

当然、勲章について国会でも批判が大きく、社会党などが反対したといいます。当時の国民感情からすれば、これは当然でしょう。ちなみに今でもこの勲章は返すべきだという意見も少なからずあるようです。

そのルメイは東京大空襲ほか日本各地の空襲で良心の呵責がなかったのでしょうか。


「当時日本人を殺すことについてたいして悩みはしなかった。私が頭を悩ませていたのは戦争を終わらせることだった」

「もし戦争に敗れていたら私は戦争犯罪人として裁かれていただろう。幸運なことにわれわれは勝者になった」

「答えは“イエス”だ。軍人は誰でも自分の行為の道徳的側面を多少は考えるものだ。だが、戦争は全て道徳に反するものなのだ」


またルメイは自著でもこう述べていたそうです


「焼夷弾空襲での民間人の死傷者を思うと、私は幸せな気分にはなれなかったが、とりわけ心配していたわけでもなかった。私の決心をなんら鈍らせなかったのは、フィリピンなどで捕虜になったアメリカ人―民間人と軍人の両方―を、日本人がどんなふうに扱ったのか知っていたからだ」[




※ 参考文献
日本空襲の全貌
洋泉社
2015-02-26


「悪法も法」という言葉がありますが、「防空法」は悪法もいいところ。これまで10回にわたって書かせていただいたのですが、憤りさえおぼえました。いくらお上が決めたことでも、悪法であれば従う必要はないとおもうんですよね。
戦時中、敢えて政府や軍部の意向に逆らい、多数の命を救った良識派もいました。今日はその良識派の人たちを取り上げます。

1 新潟市の場合
 新潟市は昭和20年(1945年)8月まで大規模な空襲を受けませんでした。そんな新潟にも8月10日、空襲に合いました。死者は47名だったそうです。その日、新潟知事・畠田昌福が知事布告をだしました。「(8月6日に落とされた広島の原発は)従来の民防空対策をもってはよく対抗しえない程度のもので人命被害もまた実に莫大」であり、「この新型爆弾はわが国未被害年新潟に対する爆撃に、近くしようせられる公算極めて大きいのである」と。


そして、畠田知事は「新潟にも原爆が落とされたら大変」ということで市民に「徹底的人員疎開」を命じました。内務省は新潟市民の疎開に不快感を示しましたが、畠田知事は市民の命を守ることを優先したのです。


市内から郊外へ向かう道は人々であふれかえったといいます。当時は車もあまり普及していない時代でしたから、大八車を押して避難した人も少なくなかったそうです。結局新潟市に原爆が落とされることはなかったのですが、避難が禁じられた時代に、その禁を破ってまで市民を守った畠田知事の決断はすばらしいなって。

ちなみに、新潟がアメリカの原爆投下であることが判明したのは戦後のことでした。

2 八戸市の場合
 青森県八戸市は、昭和20年(1945年)7月14日と8月9日に空襲を受けていました。さらに「8月17日に大空襲を実施する」という米軍による予告ビラも撒布されました。八戸市民も恐怖におびえたといいます。

そこで八戸市の山内亮市長は、8月10日付で市街地からの「総撤退」を命じました。市民はみな避難をし、戸市は「さながら無人の廃墟の街のごとき」と言い伝えられるほど。

山内市長は、戦時下の市民の食糧確保に奔走したといわれております


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
 ※ 参考文献




1945年(昭和20年)8月6日に広島、8月9日に長崎に原爆が投下されました。おびただしい被害がでました。8月8日に防空総本部がこのような声明を発表しました。8月8日といえば長崎に原爆が落とされる前日ですね。


「(広島に落とされた)新型爆弾は現地報告によると落下傘のようなものをつけて投下するもので、大爆音を発し、相当広範囲に被害を及ぼすものであるが、次の諸点に注意すれば被害を最小限にとどめ、かつ有効な措置であるから各人は実行しなければならぬ」とし、「敵機は一機でも油断禁物、待避壕に待避し、待避壕に掩蓋えんがい(※1)がない場合は毛布や布団をかぶって待避する。」と。

翌日の8月9日で発表された対策は「軍服程度の衣類を着用していれヤケドの心配はない。防空頭巾および手袋を着用しておれば手足を完全にヤケドから保護することができる」

さらに「新型爆弾もさほど恐れることはない」とまで言い切っているのです。

防空総本部は広島の原爆のことを知らないのかと思わず思ってしまいます。

さらに防空総本部が11日付で発表したのは

「破壊された建物から火を発することがあるから初期防火に注意する」

「白い下着の類はやけどを防ぐのに有効である」


白い下着がなぜ原爆の爆風に有効なのか謎ですが、ともかく原爆まで大したことがないと言い切る防空総本部の見通しの甘さにあきれてしまいます。現代に例えるなら「コロナはただの風邪だ。マスクなんてするな。じゃんじゃん外に出て経済活動をしろ」と官房長官が言うようなものです。

※1 陣地・ざんごうなどに、敵弾の危害を防ぐため、設ける屋根。 



※ 参考文献








このページのトップヘ