history日誌

歴史と歌が大好きな私が日本史から世界史まで広く浅く書きます。 歴史の知識は素人レベルで、私が語る歴史の内容が真実かどうかは自信はありませんがw、楽しんでブログを書いていきます。教科書に載ってないようなマイナーな歴史の話もします。

カテゴリ: 欧米の歴史

あけましておめでとうございます。今年もよいお年になりますように。

今年は酉年ということで、きょうは鶏にまつわるお話をします。

それでは、鶏インフルエンザの話を。うそうそ、新年早々縁起の悪そうな話はしませんw

鶏といえば英語でチキン、そしてチキンといえば、ケンタッキーフライドチキンのチキンはおいしいですよね。そう今日はケンタッキーフライド・チキンの創業者であるカーネル・サンダースのちょっといい話をします。

1985年、プロ野球で阪神タイガースが優勝したとき、阪神ファンがケンタッキーの店舗の前に飾ってあったカーネルサンダースの像を持ち出し、道頓堀の川に投げ込んだといいます。それから長いこと阪神は低迷して・・・・すみません、新年から変な話をしましたw

本題に入ります。


続きを読む

1 大統領選をひかえ
 前回まで15回にわたってイスラエルとパレスチナの歴史を振り返ってみましたが、今日はアメリカとイスラエルの関係にふれます。今年はアメリカの大統領選がひかえているので、わりとタイムリーな話題かと思います。

ちなみに、今回の大統領選挙の共和党候補こうほ者のハナフダ氏じゃなかったwトランプ氏はイスラエルを「アメリカの最も信頼できる友」としており、「我々は100%、イスラエルのために戦う。1000%戦う。」と大変おそろしいことをいっております。こんな人が大統領になったら中東はますますゴタゴタしますわ。

じゃあ民主党候補こうほのクリントン氏(ヒラリー)なら安心かと思うとそうとは言えません。クリントン氏は「私が政権を得てまず最初にすることは、イスラエルの首相をホワイトハウスに招くことです。」と言っていることからイスラエルに肩を持っているのです。結局どっちが勝っても中東に住むアラブ人にとってはありがたくないことなのですね・・・

それにしても両大統領候補がなぜここまでイスラエルに対して肩入れするのでしょう?それはアメリカに住んでいるユダヤ人たちの圧力団体が、イスラエルに不利なことに対しては公共・民間をとわず猛烈もうれつなロビー活動や糾弾きゅうだん運動を展開するからです。実際イスラエルを批判して政治生命を絶たれた政治家もいたといいます。また、大統領選挙においてユダヤ系団体のまとめる組織票も無視できないのですよね。

2 アメリカにわたったユダヤ人
 ユダヤ人がアメリカに初めて渡ったのは16世紀後半だといわれております。そのアメリカに初めてわたったユダヤ人はオランダからきたといいます。オランダからユダヤ人がはじめて渡ったところがニューアムステルダム、いまの入浴じゃなかったwニューヨークです。

その後、東ヨーロッパやドイツ出身のユダヤ人の大陸移住がすすみ、1880年以降はロシアなどからユダヤ人がアメリカにやってきます。ロシアでポグラムというユダヤ人弾圧がひどくなって、それを逃れてアメリカにやってきたのでしょう。

そうして現在アメリカに住むユダヤ人は500万人とも600万人ともいわれておりますが、アメリカの人口3億1905万人ということを考えると、そんなに多いわけじゃないのですね。けれど、アメリカに住んでいるユダヤ人の3分の1がニューヨーク州に住み、さらにニューヨーク市民の4人に一人がユダヤ人だといわれております。ニューヨーク市といえば、アメリカいや世界の経済の中心です。ユダヤ人は金融きんゆうに強い人が多いですから、当然ニューヨーク(特にウォール街)でも大きな力を持てるのでしょう。

3 ネオコンについて
 ここでネオコンの話に切り替えます。ネオコンとイスラエルは大きな関係があるのです。ネオコンとは寝言・オナニー・コンプレックスの略ネオ・コンサーバティブ(新保守主義)の略です。彼らの多くはユダヤ系アメリカ人で、第二次世界大戦から戦後にかけては過激左派だったのですが、1967年、第三次中東戦争でイスラエルが全パレスチナを占領していたのを、国連安保理こくれんあんぽりが「占領地からでていきなさい」と勧告かんこくしてからネオコンは変わったのです。

そのことにブチ切れたネオコンたちは反国連主義になり、イスラエルが全パレスチナを支配するためなら、戦争をおそれず、全世界を「アメリカ型民主主義」に変えなければいけないと主張しはじめたのです。イスラエルの近隣諸国きんりんしょこくに、「少しでもイスラエルとアメリカにさからう国家を許しては世界の平和はない」というのです。

ネオコンとイスラエルの関係をもっともはっきり表している文書が『完全な断絶・イスラエルの領土保全のための新戦略』(1996年に発表)というレポートです。その内容は、オスロ合意を完全に破棄はきし、パレスチナ人を徹底的に屈服させる「力による平和」以外にイスラエル国家の選ぶ道はないとうものです。このレポートは在米シオニストのリチャード・パールなどのネオコンが起草し、イスラエルの首相だったシャロンもパールの方針に従って、ネオコン路線をつきすすんだのです。

4 利権
 『完全な断絶』が発表された翌年の1997年、このレポートの起草者であるリチャード・パールなどのネオコンが中心になって共和党保守派とともに「アメリカ新世紀プロジェクト(PNAC)」というシンクタンクを結成し、「軍事力を増強し、先制攻撃をさずにアメリカの国益と価値観を世界に広げるべし」と主張しております。

PNACのメンバーにはチェイニー元副大統領やラムズフェルド元国防長官、ジェブ・ブッシュ(ブッシュ元大統領の弟で今回の大統領選挙の候補に名乗りを上げたが撤退)やアフガニスタン戦争で石油利権をめぐって暗躍あんやくした人物などが名を連ねています。

アメリカがイラクに攻め込んだのも、フセインを倒し、アメリカに忠実な傀儡政府かいらいせいふ(※1)をつくれば、石油資源支配のためにも、中東の中心部に米軍基地がおいてアメリカ・イスラエルに批判的ひはんてきな国や勢力ににらみを利かせることもできるという点でも、イスラエルとアメリカにとってこれほどうまい話はありません。もっともその思惑おもわくは今日の中東のゴタゴタを見ている限り裏目うらめに出ているとしか思えません。

※1 表面上は独立した政権であるが、影で他国など他の勢力に操られ、それらの強い支配や統制に置かれている政権のこと。


※参考文献

前回の記事で、イギリスがマクドナルド白書を宣言し、事実上パレスチナをイギリスが委任統治という名のもとに支配すると宣言したのです。それにシオニストたちが「話がちがうじゃないか」と反発して、「イルグン・ツバイ・レウミ」というテロ組織まで生まれたことを書きました。今日は、戦後になりイスラエルが誕生し、そして第一次中東戦争が起こるまでを描きます。


1 ユダヤ人たちの反発

 イスラエルが誕生したのは戦後です。イギリスが委任統治していたのになぜパレスチナにユダヤ人の国家ができたのでしょう。いろいろ理由はあるとは思いますが、僕はその理由をふたつあげます。

  1. ユダヤ人たちのテロ活動やロビー活動。


  2. ナチス大虐殺に対するユダヤ人への同情。

 
ユダヤ人たちのテロ組織「イルグン・ツバイ・レウミ」は戦前から活動をはじめ、第二次世界大戦後もテロ活動をやめませんでした。ちなみに、イスラエルののちの首相であるペギンはこの組織の出身です。さらに、この組織から分かれたテロ組織にシュテルン(イスラエル自由戦士団)というのがあるのですが、のちの首相となるイツハク・シャミルもこのテロ組織の出身です。また、シャロン首相もこのテロ組織の一派のメンバーだったそうです。

イルグンは、戦後たびたびテロ活動を起こしました。たとえば1946年7月に起こったキング・デイビット・ホテル爆発事件なんて典型です。どういう事件かというと、1946年3月、イギリスの官憲かんけんたちは2500人ものテロリストを逮捕し、7人を処刑しました。そして7月に事件が起きたのです。キング・デイヴィッド・ホテルというのがあったのですが、このホテルの地下で大爆発がおこり、建物は五階までふっとび、この事件により91名が死亡し46名が負傷したといいます。
KD_1946

(キング・デイヴィッド・ホテル事件の写真。ウィキペディアより)

もちろんユダヤ人たちはテロばかりやったわけではありません。とくに在米ユダヤ人たちは1942年以降、パレスチナにユダヤ人国家を建設するために、募金ぼきん活動をしたり、アメリカ政府へも働きかけをしました。特に当時のアメリカ大統領トルーマンには猛烈なロビー活動をシオニスト組織がおこなったとか。

また、戦後間もなくしてナチスによるユダヤ人虐殺ぎゃくさつが明るみに出て、国際世論はユダヤ人に対して同情するようになり、逆にパレスチナをいつまでも支配しようとするイギリスに非難の声があがります。そういったこともユダヤ人たちにとって有利に働いたのです。

2 国連によりパレスチナが分割される
 これらのこともあってイギリスはパレスチナの放棄を考えるようになります。第二次世界大戦後に発足した国際連合に、イギリスはパレスチナ問題を丸投げします。無責任な話だと思いますが、これは事実です。

国連は1947年にパレスチナ分割を提案しましたが、しかし、この案はユダヤ人たちにはとても有利で、パレスチナ人にとってはとても不利でした。なぜならもともとパレスチナ人の土地だったパレスチナの半分以上をユダヤ人たちがもらえたのですから。人口をみても、当時のパレスチナに住むユダヤ人の人口が65万にたいし、パレスチナ人は100万人を超えています。人口の比率からするとパレスチナ人に多くの土地を与えるべきだと僕は思うのですが、実際はそうでもないのです。

UN_Palestine_Partition_Versions_1947

(ブルーのところがユダヤ人が支配する地域。それ以外がパレスチナ人の地域)


3 反発したアラブとイスラエル建国

 この不当な国連の決議にアラブ諸国は反発をしました。1948年3月、まずシリアがシオニスト排除はいじょのため軍隊を派遣はけんしました。これ以後の衝突でアラブ、イギリス、ユダヤを合わせて5000人もの人たちが命をおとしました。

テロ組織のイルグンは、パレスチナ人に対する嫌がらせとして、エルサレム郊外にあるディル・ヤシン村を襲撃しゅうげき、村人250人ちかくを虐殺ぎゃくさつしました。パレスチナ人たちに対して「おまえたち、ユダヤ人地区にいると同じような目に合わせるぞ!」とおどしをかけるのです。パレスチナ人たちはこわがって家のカギだけもって逃げ散ったといいます。


4 第一次中東戦争

 そして1948年5月14日、イギリスがパレスチナの統治権を放棄ほうきし、イスラエルが建国を宣言するのです。このイスラエル建国に面白くないのがアラブ諸国。それで第一次中東戦争がはじまります。

アラブ連盟諸国のシリア・レバノン・ヨルダン・イラク・エジプトがいっせいにイスラエルにおそいかかりますが、アメリカなどに支えられたイスラエル軍は強く、結局アラブ諸国は負けてしまいます。

戦争が終わったときには、イスラエルは、国連決議が割り当てた以上の土地を支配しました。実にパレスチナ全土の77パーセントがイスラエルのものなり、しかも残った土地もパレスチナ国家として独立したわけじゃなく、ヨルダン川西岸はヨルダン王国に、ガザ地区はエジプト王国に併合されただけに終わりました。

※ おまけ
今日は「マイムマイムの正しいおどりかた」という動画をご紹介します。マイムマイムはイスラエルの楽曲で、開拓地で水を掘り当てて人々が喜ぶさまを歌った歌です。ぼくも学校やキャンプで何度かマイムマイムを踊ったことがあります。





※参考文献







このページのトップヘ