history日誌

カテゴリ: 欧米の歴史

1918年第一次世界大戦中またしても、疫病がはじまるのです。それはスペイン風邪。いまでいえばインフルエンザです。大戦で戦った兵士たちが感染し、そこから世界中に広まったのです。それでワクチンを開発。インフルエンザの原因と思われる細菌を発見。この細菌をもとにワクチンがつくられました。ところが、ワクチンは思ったような効果がでず、患者は増えるばかり。それもそのはず、インフルエンザの原因はウィルスだったのです。ウィルスは最近よりもずっと小さかったので顕微鏡では発見できなかったのです。まさにウィルスは未知の存在だったのです。

その未知なるものに挑んだのがアメリカのサンフランシスコの保健委員会委員長ウィリアム・ハスラー。彼が行ったことは「人の接触を減らす(人が集まりそうな娯楽施設や学校・教会閉鎖」ことと「市民に対するマスクの着用義務付け」。

なんとサンフランシスコの市民99%ちかくがマスクを着けていたといいます。当時アメリカは第一次世界大戦の前線で兵士たちが戦っていました。その兵士たちにインフルエンザを移さないためにも自分たち市民が協力せねばと思ったのですね。

ハスラーは「これはサンフランシスコ市民の持つ注目すべき知識レベルの高さと強調精神の証だ」と。そのハスラーの呼びかけに市民が応えたのですね。1918年10月には8000人の市民がインフルエンザに新規感染したのですが、11月には二けたまで下がったといいます。11月21日にはマスク着用条例が解除。そして閉鎖していたあ娯楽施設や学校や教会も再開させます。ところが、マスク着用条例解除の10日前、第一次世界大戦が休戦したのです。戦争終結の喜びとともに、自粛疲れも手伝って気が緩んだのですね。感染者の数は減ったものの、ウィルスが潜伏していたことは当時の人たちは気づかなかったのです。

そしてマスク条例を解除してから徐々に増え始めました。また悪いことに12月はだんだん寒くて乾燥していますからウィルスにとっては居心地のよい環境です。さらに悪いことに12月といえばクリスマス。ますます市民の気が緩みます。それでハスラーは12月7日、ふたたびマスク着用義務化の再実施を訴えます。しかし、議会ではクリスマスが盛り下がるとかいろいろな理由をつけて反対されます。戦争が終わったので、兵士たちをマスクをつけて守ろうという愛国的な目標が失われてしまったのですね。今日の日本に例えればマスクをして自粛をして医師を守ろうという目標ですね。そのうえ戦争が終わった喜びから市民はクリスマスを楽しみたいという気持ちがあったのです。

インフルエンザでサンフランシスコの死者は3500人でした。そのうち1453人も亡くなりましたが、その1453人はマスク着用解除後の死者だったのです。

疫病という目に見えない恐怖は、時に人間の心を狂わし、病気に感染した人を差別したり、いじめたり、そんなことが繰り返されてきたのです。ハンセン病患者もそうだし、今日のコロナに感染した人が白い眼で見られてしまうのです。人間が自然の一部である限り感染病は必ず起こるといいます。、

肝心なのは、そうした感染症にどう対応していくか。ウィルスや細菌という病原体をいたずらに恐れるのではなく、歴史を振り返っても疫病は我々の社会の弱点を突くような形ででてくるのです。たとえば、今回のコロナを通して社会の問題点がいろいろと浮き彫りになったような気がします。日本であれば、病気でも仕事を休めない日本社会。首都圏に企業や学校が集中しているため、朝はどこも満員列車。これではコロナも感染してしまう。

外国を見ても、貧富の差が激しくて貧しい人たちが狭いところで雑魚寝をしているためにどんどん感染が進む国。医療が遅れているために感染が止まらない国。衛生状況が悪すぎるために感染が進む国。

また、感染症やウィルスがあったときに世の中はかわってきているのですね。それゆえに社会の仕組みも変わってきているのです。それが悪いことばかりではないのです。たとえば、今回のコロナを通して首都圏への集中を見直し、地方にも大学や企業の移転が進むかもしれない。テレワークが進み、働き方改革も進むかもしれない。

たしかにコロナは大変恐ろしいですが、人類は何回も疫病の危機を乗り越えてきたのです。それも今よりも医療の知識がなかった時代に。だから、今回のコロナも必ず乗り越えられると僕は信じております。

今でこそ手洗いが感染予防の基本だといわれていますが、一昔前は手洗いの重要性が理解されないどころか、バカにされたといいます。手には小さな微生物が付着しているから手洗いをすることが大事だとわかったのは17世紀ごろ。

オランダの人文学者のレーウェンフックら科学者たちが当時発明さればかリの顕微鏡をつかって、手には微生物やらバイ菌がいっぱいいることを突き止めたのです。そこで肉眼では見えない微生物が原因じゃないかといわれるようになりました。しかし、当時の科学の主流は悪い空気が人間を病気にすると信じられておりました。それはなんと19世紀まで病気は悪い空気が原因だと信じられていたのです。

19世紀オーストリアウィーンにて。ウィーン大学病院の産婦人科の医師イグナック・ゼンメルワイス。当時のウィーンでは 産褥熱さんちょくねつという病気で妊婦たちは苦しんでいたのです。一か月で208人中36人がこの病気で亡くなったといいます。ゼンメルワイスは患者のデータを診て奇妙なことに気づきました。

ウィーン大学病院にはふたつの産科があり、第一産科には医師や医学生が、第二産科には助産婦が働いていたのです。このうち、第一産科のほうが産褥熱さんちょくねつにかかる人がはるかに多かったのです。なぜこのような結果になったのか。ゼンメルワイスは二つの第一産科と第二産科の気温や温度、食べ物や飲み物まで比較したといいます。しかし、そこには大きな違いはありません。それでゼンメルワイスは第一産科の医師たちの行動と、第二産科の助産婦たちの行動を観察しました。すると決定的な違いがあることが分かったのです。

第一産科の医師たちだけが死亡した患者を解剖していました。医師たちが解剖をする際に死体についている「死体粒子」という物質が彼らの手に付着したのではないか。そして手についた死体粒子が妊婦を診察する際に、彼女たちの産道に付着して病気を起こすのではないかと。

この死体粒子を落とすには手洗いをするとよいと気づいたのです。ゼンメルワイスは、医師たちに手を洗うことはもちろん、医療器具を塩素で洗ったり、爪までも入念にブラシで洗うように指導したといいます。すると第一産科における死亡率が驚くほど下がったのです。

そしてゼンメルワイスは「 産褥熱さんちょくねつの原因と概念およびその予防法」という論文を1861年に発表しました。

産褥熱さんちょくねつは悪い空気からくるものではない。感染で起こるのだ。したがって予防可能な病気であり、この病気が蔓延する積金は予防に努めようとしない者にある」「私たち医師が数世紀にわたり墓場に贈ってしまった犠牲者の数は神のみがご存知だ。こうした認識は医者にとってつらくても秘密にすることは絶対にできない」と。


ところが、ゼンメルワイスの主張にたいし、医学界の権威たちは激怒。なぜ医学界の権威たちが怒ったかというと、患者の死が医者のミスによるものというゼンメルワイスの主張は受け入れがたいものだったのです。また、手洗いが病気をふせぐとか微生物をなくすという発想が当時の医師の権威にはなかったのでしょう。またゼンメルワイスのこだわりの強い性格も災いし、当時の医学界の人たちに受け入れてもらえなかったのでしょう。

こうしてゼンメルワイスの主張は否定されたのです。その後、ゼンメルワイスは精神を病み1865年、46歳で亡くなってしまいます。科学の世界や医学界にも派閥争いみたいなものがあったのですね・・・なんか今の日〇医〇会や東〇医〇会とかととダブるな・・・

ところが1876年、ドイツの医師ロベルト・コッホがコッホの三原則をうちだしたのです。

  • 病気にかかった動物から原因から可能性がある細菌を見つけ出す。


  • 最近を取り出し培養


  • 培養した細菌を健康な動物に接種。同じ症状が現れ場、病気の原因は最近


コッホの三原則により、細菌が悪さをすることが判明。そしてゼンメルワイスが主張した手洗いの重要性も科学的に証明されたのです。

250px-pesitisya


本題に入る前にの絵をごらんください。なんのコスプレでしょうw?ハロウィンではありません。これは中世のヨーロッパでペストが流行ったときに当時の医療従事者というか医者がこのような衣装をしていたのですね。最近、テレビで医療従事者という言葉ばかり聞いていたので、つい医療従事者って言葉が出てきますw

当時の医者が鳥のようなマスクをつけていたのです。それはマスクのくちばしのところに汚染された空気を浄化するための薬が入っていたのですね。そのマスクの眼の部分にはガラスがはられております。これは悪い空気をふせぐため。当時のヨーロッパでは感染症は悪い空気が引き起こすと考えられていたのです。

現代ではペストの原因はペスト菌だとわかっていますが、当時の人たちは微生物や菌の存在を知りませんでした。そのペストの毒の原因は神の罰だと人々は考えました。

神の罰ということから、己の肉体をムチで痛めつけ、ひたすら神のの許しを求めようとした人間まで現れたのです。そうして個人から次第に団体になり、苦行団は100人ほど集まっては、都市や農村を移動し上半身裸になって、教会の広場に集まったといいます。そこで彼らは自身のムチで売って血を流し、神への謝罪を繰り返したといいます。

ペストの原因は神の罰ではなく、ペスト菌が病原体です。黒死病ともいわれております。ペスト菌の発生源はネズミです。ドラえもんがネズミが嫌いなのは一度ペストにかかったから?うそうそ、そんなことありませんw

もっといえばペスト菌はネズミについているノミから人間に感染するのです。ペスト菌をもっているネズミの血をノミが吸い、そのノミが感染します。さらにそのノミが人間にまとわりついて、人間はペストに感染してしまうのです。一人が感染すると、人から人へと飛沫感染ひまつかんせん、つまり人が話をしたり、セキをしたりして、感染するのですね。そこのところはコロナとおんなじですね。

ペストは症状により何種類かあるようですが、一般的な症状は2〜6日の潜伏期間の後発症するそうです。発熱や吐き気、頭痛、めまい、ゲリ、リンパ節が大きくはれ炎症を起こし激しく痛むなど。一般に死亡は発症後から3〜5日、ひどい時は数時間から一日で死亡するというから恐ろしい。

ペストは中央アジアから広がり、1346年から52年まで流行し、死者が5000万人もいたといいます。墓での埋葬が追い付かず死体がそのまま捨てられるありさまだったそうです。それが雨が降るともっとひどいことになります。ペストで死んだ死体の山に雨水がしみ、それが地表へしみます。それが地下水や川、井戸水に流れたら、その水を飲んだ者がやはりペストにかかってしまうのです。昔は抗生物質もなかったし、衛生観念もなかったから、余計ひどいことになったそうです。

ペスト菌は比較的熱に弱かったそうです。その適性のためかアフリカのサハラ砂漠より南の地方が直接ペストが侵入しなかったのです。一方でコロナはサハラ砂漠より南でも広まっているところをみると、コロナは熱にも強そうです。そういう意味ではコロナはペストよりやっかいかもしれません。

ペストはその恐ろしい症状だけでなく、人間を不安と恐怖のどん底に陥れました。そして、それから逃れるために行われたのがうさ晴らし、逃亡、他者への迫害です。

どんちゃん騒ぎや酒を食らったりして現実逃避をしたり、他の都市に逃亡したり。

一部の富裕層は郊外へ逃げ、今でいうステイホームをしたそうです。その中でも作家のボッカチオは『デカメロン』という著作からこのようなことを書いております。初めに言っておきますが、でかいメロンのことではありませんからw

「この疫病がひどい有様になったのは火との接触によって病人から健康な人へと感染していったからです。」「病人を時々訪ねるだけでも感染してしまい」「衣服をはじめ病人が触ったりつかったしたものは何でもひとたび触るとたちまち感染してしまうのです」


そして、黒死病が流行って弱いものがどんどん迫害されるようになります。その標的になったのがユダヤ人。「ユダヤ人が井戸や泉に毒物を入れ、ペストの原因となる瘴気しょうきを発生させた」と。まったくの濡れ衣ですが、当時のヨーロッパ人はペストはユダヤ人の陰謀だと信じていたのです。1348年3月スペインのバルセロナでペストが大流行すると、ユダヤ人が疑われ、大勢殺されたといいます。

そうやってスペインからスイスやフランスへと広まっていくとさらにユダヤ人に対するまなざしは厳しくなります。ひどかったのが1349年2月、フランス北東部のストラスブールで起きた悲劇です。この街ではまだペストがひろまっていないに被害を未然に防ごうと約900人のユダヤ人が共同墓地に掘った大穴で焼き殺されたといいます。

その後もユダヤ人迫害はヨーロッパ中で広がり、一万人以上が犠牲になったといいます。ユダヤ人大量殺害というとヒトラーを連想しますが、すでにこの時代から始まっていたのですね・・・・また、ユダヤ人だけでなくロマやハンセン病の人までも迫害を受けたといいます。

恐怖の原因を自分たちと異なるものに原因を求めて、恐怖のはけ口にしていたのですね。デマを信じて、これほどの被害が起こるというのは現代でもないとは言えないのです。

情報が発達した現代においてもありえるのです。実際SNSでもデマの書き込みが随分ありましたし、自粛警察と呼ばれる人たちが、非常事態宣言のさなか営業中のお店に張り紙を貼ったり、嫌がらせ電話をしたとか。大量の情報があふれるからこそかって混乱が生じるという事があるのです。それを「インフォデミック」というそうです。

おしまいに、ノストラダムスのお話をします。ノストラダムスは予言者として有名ですが、本職は医師だったのです。ノストラダムスはどうやってペストに取り組んだのでしょう。

ノストラダムスは過去の経験から学んだペスト駆逐法を次から次へと実行していきました。死者を埋葬したあと、石灰石で覆うように命じ、道を洗浄し、ネズミを集めて焼き捨てたりしました。残った人々には、手や顔を洗うようにすすめました。患者に対しては、風通しのよいベッドに寝かせ、またハーブを調合した薬を与えたりしました。こうしたノストラダムスの努力も実り、ノストラダムスがいた街はペストが収まったといいます。ノストラダムスは、ペスト治療の功労者としてフランス医療史に名を残したのです。

※ 参考文献
予言者 (Truth In Fantasy)
第666部隊
新紀元社
1998-10-01



ペストの歴史
宮崎 揚弘
山川出版社
2015-05-22

新年あけましておめでとうございます。今年もよいお年になりますように。コロナで今年も大変なことになりそうで、新年早々非常事態宣言がでるんじゃないかといわれております。きょうは人類と疫病の歴史を紐解いていきます。まずは今年の干支である牛さんの動画をみてから、本題に入りましょう。牛だけにうっししと笑いながらいきましょうw


(ちょっと見にくくてごめんなさい。私が撮影した動画ですが、あんまり撮るのがうまくなくて・・)



続きを読む

1 自分がターゲットにされてしまう
 魔女狩りでは、実際に拷問ごうもんを行った人間も悪いけれど、ごく普通の庶民たちがお互いに監視したり、密告するようになったことも、そもそもの問題でした。なぜ、人々はこんなことをするのでしょう。たとえば、いじめやパワハラが起こった場合、いじめやパワハラに合った人を見ている人は「その人を守りたい」という気持ちはあるにはあるのですね。

でも、下手にかばったりしたら、自分もそのいじめやパワハラの標的になりかねません。だから、人々は見て見ぬふりをしたり、最悪自分も、いじめのターゲットを攻撃する側にまわることもあるのです。それが自分の身を護る一番の手段になってしまうのです。

『ドラえもん』でジャイアンとスネ夫が二人でのび太をいじめますが、実はスネ夫はジャイアンの忠実な家来ではなく、腹の中ではバカにしているのですね。実際、スネ夫はジャイアンがいないときは陰口叩きまくりだし。それでも、スネ夫がのび太をジャイアンと一緒になっていじめるのは自分が標的になるのが怖いからですね。

一緒になってターゲットをいじめるのは本意ではないが、何回も攻撃を繰り返しているうちにそれが次第に快楽になってしまうのですね。

2 レッテルはり
 魔女狩りの最大の問題は、まったく魔女とは関係ない普通の人が、魔女のレッテルをはられ、多数リンチにあったり、処刑されてしまったことです。なぜ、こんなことがおこったのでしょう。これは人間の悲しい性が原因だと思われます。

魔女狩りに限らず、会社や学校、ネットの中などのコミュニティの中には潜在的に小さいな言い争いがありますよね。悪口の応酬おうしゅうみたいなものは、日常的とは言わなくても、起こったりします。しかし、それが繰り返されていく中で、一人の人間に悪評、魔女狩りであれば、「この人は魔女じゃないか」って評判が蓄積ちくせきされてしまいます。それが根も葉もないうわさであったり、誤解であっても、一度悪いレッテルが貼られるとそれを挽回ばんかいするのが大変なんです。

度、そういうレッテルがはられると、その人の行動すべてがマイナスに解釈されてしまうのですね。魔女狩りであれば魔女であると、会社であれば、「あいつは使えないヤツだ」と。一度Aさんが使えないやつだと思われると、たとえ上司のミスが原因であっても、上司はAさんのミスだと思いAさんを叱責しっせきをする。

『サザエさん』であれば、本当はタラちゃんがやったイタズラなのに、普段ふだんからワンパクのイメージがあるカツオが父さんに怒られるみたいなものでしょう。近くにいる人だからこそ疑いの目が向けられてしまうのです。

そうして、魔女狩りの悲劇ひげきは起こったし、近年でもネットの書き込みを真に受けた人間が無実の人をリンチしたり、自殺に追い込んだりする事例がおこっているのですね・・・

3 みんなのための正義
 魔女狩りは終焉しゅうえんしたものの、集団ヒステリーや集団リンチ、いじめはなくなっておりません。これは人間が集団をつくるという機能を人間が持っている以上、なくならない問題ともいえるし、課題ともいえます。

戦争だとか、疫病だとか、危機を感じる時に、人間は絆を強めようとします。そういうときは集団が個人よりも優先されます。ナチスドイツや、戦時中の日本もそうでしたし、文化大革命時代の中国、今日のコロナ騒動もそうでしょう。そうして集団の足を引っ張たり、ルールを破ろうとする人に対して攻撃をすることが、みんなのための正義だという考え方になりやすいのです。

時々、いじめを肯定するも意見も出てきますが、それは集団の秩序を守るためやむを得ないという認識なのでしょう。

『はだしのゲン』に出てくる鮫島伝次郎は、ゲン親子を攻撃することが、お国のためだとマジでおもっていたのですね。実際は、戦争を早く終わらせ、外国と仲良くしたほうがいいというゲンの父親の意見のほうが正しく、鮫島の言う通りの道を進んでいたら、間違いなく日本は、外国、たとえばソ連が、、どさくさに紛れて日本を占領して、日本をソ連の衛星国にしてたでしょう。さらに、一億総玉砕なんて本当にやっていたら、日本人は日本からいなくなり、かわりに朝鮮人や中国人を日本に大量移住させていたでしょうね。それこそネ○○ヨには悪夢でしかないことが現実になっていたでしょう。

自分たちの正義の行動と思っているものに対し、本当にそれは正義なのか?じぶんがやっていることは正義中毒ではなく、本当にみんなのためになっているのか?それをよくよく考えないと、人を傷つけたり、人を死に追いやってしまうこともあるのですね。

4 当事者の問題にしない
 魔女狩りによって魔女達は徹底的に弾圧されましたが、魔女が絶滅したわけじゃありません。以前、何の番組かは忘れたのですが、21世紀の今もスコットランドにいる魔女がテレビで取り上げられました。魔女と言っても、テレビに出てきた女性の見た目は童話にでてくるような魔女とは明らかに違います。どう見ても、普通のおばさんでした。

現代の魔女はハーブやパワーストーン、アクセサリーなどを売ったり、占いをして生計を立てているようです。

また、その魔女さんは「かつて魔女達は、産婆さんばもしたり、薬を売ったりと色々と人々に役立つ事をしてきたが、悪魔の使いという汚名おめいを着せられ、ヒドイ弾圧を受けてしまった」と残念そうに語っていました。

魔女たちは汚名を着せられ迫害されましたが、魔女たちはそれに抵抗する術もありませんでした。なにしろ、相手は強大な権力をもってたり、集団てまやって来ます。だから、怖くて抵抗もできない。抵抗できないから、相手はさらに図にのってエスカレートします。魔女のレッテルがはられた人物が一人処刑されると、また別のターゲットをみつけ迫害されます。そんなことが10年どころか200年以上続いたのだから恐ろしい。

「女王の教室」の鬼教師の「(人間は、人をいじめることに喜びを感じるから)大事なのは自分たちがそういういじめにあった時に、耐える力や解決する方法を身につける事なんです。」という台詞があります。要するに当事者同士でなんとかしろということ。僕は、これは半分は正しいが、半分は間違っていると思います。イジメがあっても、「仕方がない」と放置するなんて。ましてや耐えるなんて逆効果です。魔女狩りは為政者も周りの人間もそんな態度だったから200年以上続いたのですよ。

「魔女狩り その4」の記事でも取り上げましたが、バンブルクというドイツの街でゲオルク2世という司教が猛烈な魔女狩りを行っていました。それでバンブルクの住民は周辺の都市の有力者に助けを求めに行ったのですね。幸い周辺都市の有力者たちは、バンブルクの住民を助けてくれて、それがゲオルク2世の失脚にもつながりました。もし有力者たちが「耐える力を身に着けたり、自分で解決しろ」なんて言ってたら、バンブルクの街でさらに犠牲者は増えただろうし、猛烈な魔女狩りもゲオルク2世が死ぬまで続いたでしょうね。


イジメとか集団ヒステリーは本人もしっかりしなきゃいけないが、当事者同士で解決するのは非常に困難です。結局、魔女狩りも当事者同士で解決できず、外的要因や魔女狩りの第三者的存在が声をあげたりして、なんとか収まったのですね。

※ 参考
NHK BS 『ダークサイト・ミステリー』

このページのトップヘ