history日誌

歴史と歌が大好きな私が日本史から世界史まで広く浅く書きます。 歴史の知識は素人レベルで、私が語る歴史の内容が真実かどうかは自信はありませんがw、楽しんでブログを書いていきます。教科書に載ってないようなマイナーな歴史の話もします。

カテゴリ: 欧米の歴史

今日から数回にわたってヒトラーが権力を握った過程を語ります。ヒトラーは、決して暴力だけで権力を握ったわけじゃなく、意外にも合法的なやりかたで、しかも国民の支持を得て権力を握ったのです。そのヒトラーが力を得るようになった遠因は第一世界大戦後のドイツの混乱にありました。

第一世界大戦でドイツは負けてしまいました。第一次世界大戦後に、パリ講和会議が開かれました。講和会議というものは、戦勝国と敗戦国が話し合いをして、お互いにWIN-WINの関係でまとまるのが望ましいです。けれど、実際のパリ講和会議はひどいものでした。

なんと、この講和会議にはドイツやオーストリアなど第一次世界大戦で負けた国は一国も呼ばれませんでした。イギリスやフランス、アメリカの3国が中心になって、一方的かつ独善的にものごとを決めていきました。会議はさながら「死肉にむらがるハイエナ」のごとく、イギリスやフランスが負けたドイツからむしり取ろうとしたのです。まさに列強のエゴむき出しだったのです。


この講和会議で決められた条約がベルサイユ条約です。この条約は1919年6月28日、ベルサイユ宮殿の鏡の間で連合国とドイツの間で調印されました。それはドイツにとって大変厳しいものでした。

とくにフランスはこれまでドイツにさんざんやられたので、ここぞとばかり報復をしました。ドイツが二度と復興できないくらいな賠償金を要求したのです。これにはさすがのアメリカも呆れたほど。アメリカはドイツに民族自決を適用したり、領土の割譲もやめましょう、賠償金もとるのをやめましょうといったようです。これは、アメリカがドイツに同情したというよりも、破たん状態のドイツをこれ以上苦しめたら、ドイツに共産革命がおこってしまう。それをアメリカが恐れたというのです。そうして紆余曲折を経て、ドイツと連合国の間で取り決められたのが以下の通り。



  • ドイツが持っている全植民地と海外の一切の権利を放棄し、領土を割譲する。たとえば、アルザス・ロレーヌをフランスに明け渡すなど。

  • 軍備制限 徴兵制も禁止


  • ラインラントの非武装化


  • 賠償金の支払い


このような屈辱的な内容に当然ドイツの人たちは反発します。ドイツの人たちは、政治家が弱腰だから列強になめられると考える人たちが増えて、次第に国家主義的な人物に魅了されるようになるのです。


この会議のありさまを、フランス陸軍元帥のF・フォッシュは「これは講和などど呼べる代物ではない。ただの20年間の休戦にすぎぬ」と言ったようです。そのフォッシュの予言は現実のものとなります・・・


※ 参考文献



あけましておめでとうございます。今年もよいお年になりますように。

今年は酉年ということで、きょうは鶏にまつわるお話をします。

それでは、鶏インフルエンザの話を。うそうそ、新年早々縁起の悪そうな話はしませんw

鶏といえば英語でチキン、そしてチキンといえば、ケンタッキーフライドチキンのチキンはおいしいですよね。そう今日はケンタッキーフライド・チキンの創業者であるカーネル・サンダースのちょっといい話をします。

1985年、プロ野球で阪神タイガースが優勝したとき、阪神ファンがケンタッキーの店舗の前に飾ってあったカーネルサンダースの像を持ち出し、道頓堀の川に投げ込んだといいます。それから長いこと阪神は低迷して・・・・すみません、新年から変な話をしましたw

本題に入ります。


続きを読む

1 大統領選をひかえ
 前回まで15回にわたってイスラエルとパレスチナの歴史を振り返ってみましたが、今日はアメリカとイスラエルの関係にふれます。今年はアメリカの大統領選がひかえているので、わりとタイムリーな話題かと思います。

ちなみに、今回の大統領選挙の共和党候補こうほ者のハナフダ氏じゃなかったwトランプ氏はイスラエルを「アメリカの最も信頼できる友」としており、「我々は100%、イスラエルのために戦う。1000%戦う。」と大変おそろしいことをいっております。こんな人が大統領になったら中東はますますゴタゴタしますわ。

じゃあ民主党候補こうほのクリントン氏(ヒラリー)なら安心かと思うとそうとは言えません。クリントン氏は「私が政権を得てまず最初にすることは、イスラエルの首相をホワイトハウスに招くことです。」と言っていることからイスラエルに肩を持っているのです。結局どっちが勝っても中東に住むアラブ人にとってはありがたくないことなのですね・・・

それにしても両大統領候補がなぜここまでイスラエルに対して肩入れするのでしょう?それはアメリカに住んでいるユダヤ人たちの圧力団体が、イスラエルに不利なことに対しては公共・民間をとわず猛烈もうれつなロビー活動や糾弾きゅうだん運動を展開するからです。実際イスラエルを批判して政治生命を絶たれた政治家もいたといいます。また、大統領選挙においてユダヤ系団体のまとめる組織票も無視できないのですよね。

2 アメリカにわたったユダヤ人
 ユダヤ人がアメリカに初めて渡ったのは16世紀後半だといわれております。そのアメリカに初めてわたったユダヤ人はオランダからきたといいます。オランダからユダヤ人がはじめて渡ったところがニューアムステルダム、いまの入浴じゃなかったwニューヨークです。

その後、東ヨーロッパやドイツ出身のユダヤ人の大陸移住がすすみ、1880年以降はロシアなどからユダヤ人がアメリカにやってきます。ロシアでポグラムというユダヤ人弾圧がひどくなって、それを逃れてアメリカにやってきたのでしょう。

そうして現在アメリカに住むユダヤ人は500万人とも600万人ともいわれておりますが、アメリカの人口3億1905万人ということを考えると、そんなに多いわけじゃないのですね。けれど、アメリカに住んでいるユダヤ人の3分の1がニューヨーク州に住み、さらにニューヨーク市民の4人に一人がユダヤ人だといわれております。ニューヨーク市といえば、アメリカいや世界の経済の中心です。ユダヤ人は金融きんゆうに強い人が多いですから、当然ニューヨーク(特にウォール街)でも大きな力を持てるのでしょう。

3 ネオコンについて
 ここでネオコンの話に切り替えます。ネオコンとイスラエルは大きな関係があるのです。ネオコンとは寝言・オナニー・コンプレックスの略ネオ・コンサーバティブ(新保守主義)の略です。彼らの多くはユダヤ系アメリカ人で、第二次世界大戦から戦後にかけては過激左派だったのですが、1967年、第三次中東戦争でイスラエルが全パレスチナを占領していたのを、国連安保理こくれんあんぽりが「占領地からでていきなさい」と勧告かんこくしてからネオコンは変わったのです。

そのことにブチ切れたネオコンたちは反国連主義になり、イスラエルが全パレスチナを支配するためなら、戦争をおそれず、全世界を「アメリカ型民主主義」に変えなければいけないと主張しはじめたのです。イスラエルの近隣諸国きんりんしょこくに、「少しでもイスラエルとアメリカにさからう国家を許しては世界の平和はない」というのです。

ネオコンとイスラエルの関係をもっともはっきり表している文書が『完全な断絶・イスラエルの領土保全のための新戦略』(1996年に発表)というレポートです。その内容は、オスロ合意を完全に破棄はきし、パレスチナ人を徹底的に屈服させる「力による平和」以外にイスラエル国家の選ぶ道はないとうものです。このレポートは在米シオニストのリチャード・パールなどのネオコンが起草し、イスラエルの首相だったシャロンもパールの方針に従って、ネオコン路線をつきすすんだのです。

4 利権
 『完全な断絶』が発表された翌年の1997年、このレポートの起草者であるリチャード・パールなどのネオコンが中心になって共和党保守派とともに「アメリカ新世紀プロジェクト(PNAC)」というシンクタンクを結成し、「軍事力を増強し、先制攻撃をさずにアメリカの国益と価値観を世界に広げるべし」と主張しております。

PNACのメンバーにはチェイニー元副大統領やラムズフェルド元国防長官、ジェブ・ブッシュ(ブッシュ元大統領の弟で今回の大統領選挙の候補に名乗りを上げたが撤退)やアフガニスタン戦争で石油利権をめぐって暗躍あんやくした人物などが名を連ねています。

アメリカがイラクに攻め込んだのも、フセインを倒し、アメリカに忠実な傀儡政府かいらいせいふ(※1)をつくれば、石油資源支配のためにも、中東の中心部に米軍基地がおいてアメリカ・イスラエルに批判的ひはんてきな国や勢力ににらみを利かせることもできるという点でも、イスラエルとアメリカにとってこれほどうまい話はありません。もっともその思惑おもわくは今日の中東のゴタゴタを見ている限り裏目うらめに出ているとしか思えません。

※1 表面上は独立した政権であるが、影で他国など他の勢力に操られ、それらの強い支配や統制に置かれている政権のこと。


※参考文献

このページのトップヘ