history日誌

歴史と歌が大好きな私が日本史から世界史まで広く浅く書きます。 歴史の知識は素人レベルで、私が語る歴史の内容が真実かどうかは自信はありませんがw、楽しんでブログを書いていきます。教科書に載ってないようなマイナーな歴史の話もします。

カテゴリ:日本の歴史 地域史 > 東北の歴史

木下惠介生誕100年 喜びも悲しみも幾歳月 [DVD]
佐田啓二
松竹ホームビデオ
2012-08-29



「喜びも悲しみも幾年月」という映画があります。福島県いわき市の塩や岬にある東大じゃなかったw灯台が舞台で、海の安全を守るため、日本各地の辺地に点在する灯台を転々としながら厳しい駐在生活を送る灯台守夫婦の、戦前から戦後に至る25年間を描いた長編ドラマです。

1956年に雑誌掲載された福島県塩屋埼灯台長(当時)田中績(いさお)さんの妻・きよさんの手記から題材を得て、木下恵介監督自身が脚本を執筆しました。全編にわたりカラー映像で撮影され、単なるホームドラマの枠を超えて日本各地の美しく厳しい風景を活写した大作で、公開当時大ヒット作となり、同年の芸術祭賞を受賞しました。この映画の主題歌を歌われたのが若山彰さん。バリトンの素晴らしい歌声の持ち主です。この歌を作詞・作曲されたのが木下忠司さん。木下恵介監督の弟さんで、兄の映画であるこの「喜びも悲しみも幾年月」の劇中曲も作曲されました。木下忠司さんは、今年(2018年)の4月に亡くなったそうです。享年102歳だったそうです。


塩屋岬の灯台は明治32年につくられました。それ以降灯台では田中さんご夫妻のような灯台守が、嵐だろうが何だろうが、灯台に明かりをともし、海の安全を守ってきたのですね。今は灯台も自動化され、灯台守という職業はなくなったそうです。

塩屋岬の灯台および、塩屋岬一帯は先の震災で津波の被害をうけました。僕も去年塩屋岬に訪れました。こんな穏やかな海が、あの3・11の時に荒れ狂い多くの人々の命を奪ったのかと信じられないくらいでした。灯台の近くにはお土産屋さんがあり、そこには震災当時の写真も展示されておりました。おびただしい被害の様子がうつっておりました。僕はもともと海が好きだったのですが、海が一瞬嫌いにもなりました。

  


  
  7年前の今日、東日本大震災がありました。年々、震災のことは風化しつつありますが、忘れてはいけない日です。僕も震災後からたびたび被災地に訪れたことがありますが、まだまだ復興は道半ば。特に原発事故のあった浪江町あたりはいまだ人も住めない状況で、7年前からずっと時計がとまったままのようでした。原発の事故で避難をした人たちもいまだに故郷に住めず、避難先でいじめにあっているという話も伺っております。僕の遠い親戚も福島県の小高町に住んでいましたが、原発事故以降住み慣れた故郷を離れ、いまも避難生活を余儀なくされていると聞いております。

改めて震災で亡くなった人たちのご冥福をお祈りいたします。

さて、震災直後台湾から200億円を超える義援金が届いたといいます。すごいですね!謝謝ですね。ほかにも韓国からも義援金が届いたといいます。「冬ソナ」で人気になったペ・ヨンジュンさんも10億ウォン(約7000万円)を寄付したのを筆頭に多くの韓国の芸能人が寄付をされたそうです。

このように台湾や韓国の人たちは隣人が困ったら助けてあげるという倫理観があるようですね。それと、台湾の人たちが日本人の勤勉さ、まじめさに敬意を称もっていること、哈日族(ハーリージュー)とよばれる人たちが多いこともあげられます。哈日族とは、日本の文化、たとえばアニメだとかゲームだとかファッションだとか、歌舞伎だとか能だとか伝統文化に興味をもったりするような人のことです。また、テレサ・テンさんをはじめ、ジュディ・オングさんやオーヤン・フィーフィーさん、僕の世代には懐かしいブラック・ビスケッツのビビアン・スーさんたちの日本でのご活躍も台湾の人たちには励みでもあり、誇りでもあるのではないでしょうか。



また、テレサ・テンさんのお兄さまのフランク・テンさんも280万円も震災後寄付をされたそうです。
フランク・テンさんは「被災者の方々が早く困難を克服し、災害に打ち勝ち、住まいを建て直されるようお祈りしています」とコメントされたそうです。フランクさんは妹が日本でお世話になったから、その日本に何か恩返しをしようと思われたのかもしれません。すばらしいことです。

震災といえば、僕がテレサ・テンさんの記事を書き始めてから数日後に台湾で大きな地震がありました。2月6日の出来事です。


  

この地震で17人が亡くなられたそうです・・・・花蓮市内では、7階建てのマーシャルホテル(統帥大飯店)や、12階建てのビル、そのほかに民家41棟が倒壊する被害が発生したといいます。ライフラインでは停電1,336戸、断水100戸の被害となっているとのことです・・・

日本からは、安倍総理が動画で手書きで応援メッセージを寄せ、激励する動画を公開した他、外国で唯一、国際緊急援助隊専門家チームを派遣したそうです。2月12日に行われた世論調査では、台湾に最も思いを寄せた国はどこだと思うかという設問で、日本との回答が75.8%に達し、2位の中国(同1.8%)を大きく引き離したといいます。また、阿部寛さんをはじめ多くの芸能人や著名人の方々も台湾の支援をされたそうです。



また、東北でも台湾の人たちを支援しようという動きがありました。以下、新聞の記事から引用します。

6日に発生した台湾東部の地震を受け、東日本大震災で被災し台湾から多額の支援を受けた宮城県南三陸町と、町内の復興商店街は8日、地震被災地の支援に役立ててもらおうと募金活動を始めた。

町は震災で被災し2015年12月に再建された町立南三陸病院の建設費として、台湾紅十字組織から約22億円を寄付を受けた。復興支援をきっかけに台湾から400人以上の高校生が町へ教育旅行に訪れたり、大学生が町内の観光施設でインターンシップを行ったりして交流を深めている。(略)

町内では16年2月に起きた台湾南部の地震の際にも学校や企業が募金活動を行い、約614万円の義援金を送った。
『河北新報』

また、ある方は「自宅が津波で被災した経験があり、今回の地震(2018年2月6日の台湾地震)の被害を知ってとても心配している。寄付金を現地で必要なものに使ってほしい」とコメントされております。

僕は「情けは人のためならず」ということわざを思い出します。この言葉は「人に情けをかけると相手は甘えたり、つけあがったりするからダメだ」と誤解する方が非常に多いですが、全く違います。本来の意味は「情けは人の為だけではなく、いずれ巡り巡って自分に恩恵が返ってくるのだから、誰にでも親切にせよ」です。むしろ、人に親切にすることを奨励していることわざなのですね。

今回の台湾震災で亡くなられた人たちのご冥福をお祈りするとともに、東北や台湾の復興をお祈りいたします。そして、日本と台湾の友好に多大な貢献をされたテレサ・テンさんに敬意を表します。


※ おまけ
テレサ・テンさんの歌を聴きながらお別れしましょう。曲は「月亮代表我的心」。すべて中国語(北京語)で歌われております。

https://www.youtube.com/watch?v=hj4bnnek9MU
(↑クリックすると動画がでてきます)



飯坂温泉という温泉地をご存知でしょうか?福島県にある有名な温泉地のひとつです。僕は福島といえば東山温泉のことは昔から知っておりましたが、飯坂温泉のことをしったのは4年前。

旅行ガイドで偶然、飯坂温泉のことを知り、「へえ、よさそうな温泉だな」といって訪れたのがきっかけです。実際に訪れましたが風情があってよい温泉でしたよ。僕の知り合いに福島出身の方が何人かいらっしゃるのですが、僕が飯坂温泉の話をするとみなうれしそうな顔をします。それくらい福島では有名な温泉地なのですね。


僕は車で、東北自動車道(高速)を通って福島飯坂インターから降りたのですが、インター近くはごく普通の地方の街並みといった感じで、温泉なんてあるような雰囲気ではないのですが、インターからだんだん雰囲気が変わっていき、飯坂温泉の駅前あたりにくるとなんとも風情のある雰囲気になります。



調べによりますと、飯坂温泉の歴史は日本武尊やまとたけるのみことの時代までさかのぼるといわれております。日本武尊は、この地で湯治したといういわれがあります。また、西行法師もこの湯を訪れ、ここで「あかずして 別れし人のすむ里は 左波子(さばこ)の見ゆる 山の彼方か」と読み、そこから「さばこの湯」という名が定着したそうです。


1689年(元禄2年)に、松尾芭蕉と弟子の河合曾良かわいそらが泊まったそうです。雨に降られた芭蕉らは、温泉に入って民家に泊まったそうです。

『おくのほそ道』によれば、土間にムシロをき、囲炉裏いろりのそばで寝たが、雨漏あまもりがあり、ノミとに悩まされ、芭蕉の持病が再発するなど散々な目にあったようです。昔は香取先公じゃなかったw蚊取り線香も殺虫剤もなかったから、そりゃ芭蕉もひどい目にあいましたね。

ちなみに、飯坂温泉の駅前には芭蕉の像が立っており、飯坂温泉に訪れた観光客を出迎えております。


なお、飯坂という地名は、1300年頃、伊達家の分家(伊達政信だてまさのぶ)が飯坂姓を名乗り、一帯を開墾かいこんしたことにちなむそうです。これがいつしか飯坂村の温泉、すなわち飯坂温泉と呼ばれるようになりました。

飯坂温泉には松尾芭蕉だけでなく、与謝野晶子よさのあきこ正岡子規まさおかしきといった文豪も訪れております。

飯坂温泉の写真↓

DSC_0439
DSC_0440
DSC_0441
DSC_0442



このページのトップヘ