history日誌

歴史と歌が大好きな私が日本史から世界史まで広く浅く書きます。 歴史の知識は素人レベルで、私が語る歴史の内容が真実かどうかは自信はありませんがw、楽しんでブログを書いていきます。教科書に載ってないようなマイナーな歴史の話もします。

カテゴリ:日本の歴史 地域史 > 東北の歴史

 今日は7月7日。七夕の日です。たなぼたじゃないですよww彦星と織姫が年に一回会う日です。年に一回会えない分、彦星と織姫はLINEとかで連絡とりあっているのかなw?そんなことはさておき、宮城県の仙台でも七夕まつりが行われます。七夕祭りといいましても7月7日にやるのではなく、仙台の七夕祭りは毎年8月の上旬に三日にわたって行われます。その様子はこちらの動画を。



きれいですねえ。僕も東京杉並区にある阿佐ヶ谷で毎年8月上旬に行われる七夕まつりに何度も言ったことがあるのですが、ぜひ仙台の七夕祭りもいってみたいですね。

さて、七夕まつりというのは平安の昔、宮中の清涼殿で行われていた貴族の遊びの一つでした。それが江戸時代になって民衆にも普及し、女の子は技芸の上達を、男の子は字がうまくなることを願ったといいます。

仙台で七夕祭りが始まったのは伊達政宗の時代です。政宗が七夕について歌を詠んでいるのです。それがこちらの二首。


「まれにあふ こよひはいかに七夕の そらさへはるる あまの川かせ」

「七夕は としに一たひ あふときく さりてかへらぬ 人のゆくすえ」


政宗ってなんとなく合理主義的なイメージが僕にはあったのですが、結構ロマンティストだったのですね。

また、政宗が歌に詠むくらいですから、このころからすでに七夕祭りも盛大に行われていたのですね。

政宗亡き後も仙台では七夕まつりは続けられました。しかし、明治維新後、全国的に七夕行事が衰退していき、仙台も大正末期ごろには往時の華やかさはなくなったといいます。1927年(昭和二年)には、商家の有志たちが華やかな七夕祭りを復活させたものの、戦争がはじまり戦況が悪化すると、七夕飾りは町から消えていきました・・・・

そして終戦の翌年、1946年(昭和21年)。仙台空襲で焼けた一番町通りに、52本の七夕飾りが飾られました。仙台の人々は涙がでるほど喜んだといいます。まさに仙台の七夕まつりは終戦後の復興のシンボルだったのですね。そして2011年の震災で仙台七夕まつりは中止にしようかという意見もあったようですが、「震災の年に七夕まつりをやらなかったら、復興は今より遅れていたんじゃないかな」という声に仙台の人たちも同調し、この年も例年通りに七夕まつりが行われました。 

避難所暮らしを余儀なくされたある女性は「犠牲者の中には毎年楽しみにしていた人もいる。供養のためにも祭りができてよかった」と語られたそうです。




※ 参考文献および参考サイト




http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0601C_W1A800C1CR0000/

DSC_2218


DSC_2219


DSC_2216



このブログをご覧になってくださっている皆さんこんにちは。写真に写っているのは何だと思われますか?

わたくしehatov1896の家?違いますよw

これは、福島県の二本松にある安達ケ原の岩屋です。この岩屋になんと人を食べるという鬼婆が住んでいたというから驚きです。この岩屋があるのが観世寺というお寺で、境内には鬼婆が出刃包丁を洗ったという血の池や鬼婆の石像などもあります。


僕がこの安達ケ原に住む鬼婆のことを知ったのは実は小学校の時です。小学校の時に読んだ『日本のミステリー』という怪奇や伝説が子供向けに書かれた本で、安達ケ原の鬼婆を知りました。僕も子供のころから、この岩屋に行きたいと願っておりました。けれど、なかなかその願いがかなわなかったのですが、昨年(2015年)に訪れることができました。長年の願いがかなったのですから、うれしかったですね。

DSC_2213

DSC_2238
DSC_2239


どういうお話かというと、この鬼婆というのはもともと悪だったわけじゃなく、京都で公家の娘(姫)の乳母だったのです。乳母の名前は岩手といいました。しかし、この姫様が病気がちで、姫の病気をなおすには妊婦の生き肝を飲ますしかないと、ある祈祷師から言われたのです。


その姫の病気を治すために、乳母・岩手は東北まで行ったそうです。なにしろ新幹線も飛行機もなかった時代ですから、女一人で京都から東北まで長い道のりを何日もかけて歩いたのですから、大変な旅だったと思います。ちなみに岩手には幼い娘がいたのですが、娘を京において一人東北まで行ったのです。岩手は二本松に庵をかまえまして、若い妊婦を待ち構えていたのです。それも何年も。

DSC_2228



DSC_2230
DSC_2231



そこへ、若い夫婦が岩手の庵にやってきたのです。嫁のほうが産気づいていたので、岩手はやったとおもったことでしょう。そして、岩手は快く若夫婦を庵に泊めました。夫が薬を求め外出をしたので、そのスキに若い妊婦を殺したのです。しかし、その岩手が殺した若い妊婦は、岩手の娘だったのです。

生き別れの娘を自らの手で殺してしまった岩手は気がくるってしまいました。それから岩手は鬼のような人間になり、庵に人を誘っては殺すようになったのです。


ある日、紀州の僧・東光坊祐慶が安達ヶ原を旅している途中に日が暮れ、岩木の庵に泊まりました。東光坊祐慶は岩木がニコニコ親切にもてなしたので、そんな恐ろしい女だとははじめは気づかなかったのです。


DSC_2232




DSC_2234


ところが、岩木が薪が足りなくなったのでこれから取りに行くと言い、奥の部屋を絶対に見てはいけないと祐慶に言い残して庵から出て行きました。

けれど、見てはいけないといわれるとついつい見たくなるもの。あの女をやってはいけないといわれると余計やりたくなるものw。

祐慶がこっそり戸を開けて奥の部屋をのぞくと、そこには人間の白骨死体が山のように積み上げられていた。びっくりした祐慶は、あの老婆こそ人を食い殺すこと鬼婆だと感付き、その庵から逃げ出したといいます。

祐慶が逃げたことに気づいた岩木は恐ろしい鬼婆の姿となってすごい速さで追いかけて来たのです。祐慶のすぐ後ろまでせまる鬼婆。絶体絶命の中、祐慶は旅の荷物の中から如意輪観世音菩薩の像を取り出して必死に経を唱えました。すると祐慶の菩薩像が空へ舞い上がり、光明を放ちつつ破魔の白真弓に金剛の矢をつがえて射ち、鬼婆を仕留めたといいます。


DSC_2235
DSC_2236
DSC_2237







そして、鬼婆は観音菩薩の功徳により成仏したといいます。その鬼婆のお墓がいまも残っており、黒塚とよばれております。



DSC_2240


この話は考えさせられます。岩木は姫のために一生懸命頑張ったのに、誤って自分の娘を殺したためにおかしくなり、やがて人を殺す恐ろしい鬼婆になってしまった。やったことはとても悪いけれど岩木も気の毒だなと思いました。また、人間には恐ろしい鬼のような心もまた潜んでいて、何かのきっかけでそれが表に出ることもある、そんなことも考えさせられました。

話はかわりますが、浪江町など原発事故のあった地域の周辺に住んでいる人たちも避難生活を余儀なくされております。そして福島(原発事故のあった地域)の子供たちは避難先でいじめられているともききます。福島出身というだけでいわれもない偏見の目を持たれているのです。これも人間の心に潜む鬼の心だと思います。

※ 参考文献




福島県いわき市の富岡町と大熊町の境に「夜ノ森」という森林地帯があるようです。なんかRPGに出てきそうな地名のように僕には感じられるのですがw、この地名は神話がもとになっております。登場するのはタカミクラノミコトという神様です。


タカミクラノミコトは、伊勢の国にある津から地方の豪族を平定しながら日高見の国(蝦夷地。いまでいう関東・東北地方)に向かいました。長く苦しい旅路の末、関東に出てそこから海路で東北に向かったとされる。ミコトの船団は現在の南相馬市にあたる渋佐の浜に上陸。近隣各地で転戦をしたそうです。自分の土地を守ろうとする地元の豪族も強く抵抗し、ミコトの軍は豪族の軍に囲まれてしまい、絶体絶命のピンチに立たされます。そして、ついに毒矢にあたり、血を吐いて死んだといいます。それでもミコトの軍は奮戦し、豪族たちを打ち破りました。

しかし、ミコトの死が知らされると、豪族たちの士気があがり逆襲される恐れがあるため、急いで大きな塚をつくりミコトを弔ったといいます。

その塚がある場所はいつしか「いち夜の森」と呼ばれるようになりました。おそらく、一夜のうちにできた森(塚)と、いうのが由来かと思われます。

それが転じて「宵の森」、あるいは「夜の森」と呼ばれるようになったのでしょう。

現在、夜の森には「夜の森公園」という公園があり、そこは桜の名所としてしられ、JR夜ノ森駅はツツジの名所として名高いそうです。しかし、2011年の原発事故により現在では帰還困難区域(事故発生当初は警戒区域)で立入禁止区域となっているそうです・・・



(夜ノ森の桜)


(夜ノ森駅。2011年3月11日の東日本大震災および福島第一原子力発電所事故により休止中)

このページのトップヘ