history日誌

歴史と歌が大好きな私が日本史から世界史まで広く浅く書きます。 歴史の知識は素人レベルで、私が語る歴史の内容が真実かどうかは自信はありませんがw、楽しんでブログを書いていきます。教科書に載ってないようなマイナーな歴史の話もします。

カテゴリ:日本の歴史 地域史 > 東北の歴史

DSC_2218


DSC_2219


DSC_2216



このブログをご覧になってくださっている皆さんこんにちは。写真に写っているのは何だと思われますか?

わたくしehatov1896の家?違いますよw

これは、福島県の二本松にある安達ケ原の岩屋です。この岩屋になんと人を食べるという鬼婆が住んでいたというから驚きです。この岩屋があるのが観世寺というお寺で、境内には鬼婆が出刃包丁を洗ったという血の池や鬼婆の石像などもあります。


僕がこの安達ケ原に住む鬼婆のことを知ったのは実は小学校の時です。小学校の時に読んだ『日本のミステリー』という怪奇や伝説が子供向けに書かれた本で、安達ケ原の鬼婆を知りました。僕も子供のころから、この岩屋に行きたいと願っておりました。けれど、なかなかその願いがかなわなかったのですが、昨年(2015年)に訪れることができました。長年の願いがかなったのですから、うれしかったですね。

DSC_2213

DSC_2238
DSC_2239


どういうお話かというと、この鬼婆というのはもともと悪だったわけじゃなく、京都で公家の娘(姫)の乳母だったのです。乳母の名前は岩手といいました。しかし、この姫様が病気がちで、姫の病気をなおすには妊婦の生き肝を飲ますしかないと、ある祈祷師から言われたのです。


その姫の病気を治すために、乳母・岩手は東北まで行ったそうです。なにしろ新幹線も飛行機もなかった時代ですから、女一人で京都から東北まで長い道のりを何日もかけて歩いたのですから、大変な旅だったと思います。ちなみに岩手には幼い娘がいたのですが、娘を京において一人東北まで行ったのです。岩手は二本松に庵をかまえまして、若い妊婦を待ち構えていたのです。それも何年も。

DSC_2228



DSC_2230
DSC_2231



そこへ、若い夫婦が岩手の庵にやってきたのです。嫁のほうが産気づいていたので、岩手はやったとおもったことでしょう。そして、岩手は快く若夫婦を庵に泊めました。夫が薬を求め外出をしたので、そのスキに若い妊婦を殺したのです。しかし、その岩手が殺した若い妊婦は、岩手の娘だったのです。

生き別れの娘を自らの手で殺してしまった岩手は気がくるってしまいました。それから岩手は鬼のような人間になり、庵に人を誘っては殺すようになったのです。


ある日、紀州の僧・東光坊祐慶が安達ヶ原を旅している途中に日が暮れ、岩木の庵に泊まりました。東光坊祐慶は岩木がニコニコ親切にもてなしたので、そんな恐ろしい女だとははじめは気づかなかったのです。


DSC_2232




DSC_2234


ところが、岩木が薪が足りなくなったのでこれから取りに行くと言い、奥の部屋を絶対に見てはいけないと祐慶に言い残して庵から出て行きました。

けれど、見てはいけないといわれるとついつい見たくなるもの。あの女をやってはいけないといわれると余計やりたくなるものw。

祐慶がこっそり戸を開けて奥の部屋をのぞくと、そこには人間の白骨死体が山のように積み上げられていた。びっくりした祐慶は、あの老婆こそ人を食い殺すこと鬼婆だと感付き、その庵から逃げ出したといいます。

祐慶が逃げたことに気づいた岩木は恐ろしい鬼婆の姿となってすごい速さで追いかけて来たのです。祐慶のすぐ後ろまでせまる鬼婆。絶体絶命の中、祐慶は旅の荷物の中から如意輪観世音菩薩の像を取り出して必死に経を唱えました。すると祐慶の菩薩像が空へ舞い上がり、光明を放ちつつ破魔の白真弓に金剛の矢をつがえて射ち、鬼婆を仕留めたといいます。


DSC_2235
DSC_2236
DSC_2237







そして、鬼婆は観音菩薩の功徳により成仏したといいます。その鬼婆のお墓がいまも残っており、黒塚とよばれております。



DSC_2240


この話は考えさせられます。岩木は姫のために一生懸命頑張ったのに、誤って自分の娘を殺したためにおかしくなり、やがて人を殺す恐ろしい鬼婆になってしまった。やったことはとても悪いけれど岩木も気の毒だなと思いました。また、人間には恐ろしい鬼のような心もまた潜んでいて、何かのきっかけでそれが表に出ることもある、そんなことも考えさせられました。

話はかわりますが、僕が二本松に訪れたのは2回です。一度目は昨年。そして2013年にも訪れました。2013年のときは従姉と今は亡き母も一緒でした。それで二本松の道の駅に行ったのですが、そこで売られている野菜が山のように残っていたのです。従業員さんたちは暗い顔をしておりました。おそらく、原発事故の風評被害で、野菜が売れないのだろうと思われました。二本松は原発事故のあったところから結構離れているのですが、風評被害はここまで及んでいるのかと思いました。ちなみに僕ら家族はそこで野菜を買っていきました。福島の野菜や果物はおいしいんですよ、本当に。

また、浪江町など原発事故のあった地域の周辺に住んでいる人たちも避難生活を余儀なくされております。そして福島(原発事故のあった地域)の子供たちは避難先でいじめられているともききます。福島出身というだけでいわれもない偏見の目を持たれているのです。これも人間の心に潜む鬼の心だと思います。

※ 参考文献




福島県いわき市の富岡町と大熊町の境に「夜ノ森」という森林地帯があるようです。なんかRPGに出てきそうな地名のように僕には感じられるのですがw、この地名は神話がもとになっております。登場するのはタカミクラノミコトという神様です。


タカミクラノミコトは、伊勢の国にある津から地方の豪族を平定しながら日高見の国(蝦夷地。いまでいう関東・東北地方)に向かいました。長く苦しい旅路の末、関東に出てそこから海路で東北に向かったとされる。ミコトの船団は現在の南相馬市にあたる渋佐の浜に上陸。近隣各地で転戦をしたそうです。自分の土地を守ろうとする地元の豪族も強く抵抗し、ミコトの軍は豪族の軍に囲まれてしまい、絶体絶命のピンチに立たされます。そして、ついに毒矢にあたり、血を吐いて死んだといいます。それでもミコトの軍は奮戦し、豪族たちを打ち破りました。

しかし、ミコトの死が知らされると、豪族たちの士気があがり逆襲される恐れがあるため、急いで大きな塚をつくりミコトを弔ったといいます。

その塚がある場所はいつしか「いち夜の森」と呼ばれるようになりました。おそらく、一夜のうちにできた森(塚)と、いうのが由来かと思われます。

それが転じて「宵の森」、あるいは「夜の森」と呼ばれるようになったのでしょう。

現在、夜の森には「夜の森公園」という公園があり、そこは桜の名所としてしられ、JR夜ノ森駅はツツジの名所として名高いそうです。しかし、2011年の原発事故により現在では帰還困難区域(事故発生当初は警戒区域)で立入禁止区域となっているそうです・・・



(夜ノ森の桜)


(夜ノ森駅。2011年3月11日の東日本大震災および福島第一原子力発電所事故により休止中)

フラガール
松雪泰子
2013-11-26



『フラガール』という映画をご存じでしょうか?この物語は福島県いわき市にあるリゾート施設ハワイアンリゾート誕生の話をもとにして作られた映画です。

松雪泰子さん演じるフラダンスの講師が厳しくもやさしく地元の女の子たちにフラダンスを熱心に教えていた様子が印象に残りました。ちなみに、このフラダンスの講師の先生はモデルの方がいらっしゃるようです。けれど、その方は松雪さん演じる講師みたいに借金に追われていたわけじゃなかったそうですw

ハワイアンリゾートは僕はあいにく一度も訪れたことがありませんが、露天風呂や温水プールがあって、フラダンスやファイアーダンスも楽しめるリゾート施設だということは知っております。このレジャー施設を運営しているのは常磐興産という会社ですが、この会社の旧社名は常磐炭鉱。かつては炭鉱を経営していた会社だったのです。その炭鉱を経営していた会社が、レジャー施設を運営するようになったのはなぜでしょう?

結論を先に言えば、炭鉱で石炭がとれなくなり、そこで働いていた従業員さんたちの雇用を守るためです。

もともと、いわき市は炭鉱で栄えた町でした。福島県浜通り(※1)から茨城県北部に広がる常磐炭田が発見されたのは明治のはじめです。1870年くらいから本格的な炭鉱開発がすすめられました。首都圏に比較的近い炭鉱だということもあり、いわき市も大変栄えました。また、銅を算出する日立鉱山も近いこともプラスに働きました。

けれど、炭鉱経営は1950年〜1960年代に入り厳しくなります。安価で質の高い輸入石炭との厳しい競争にさらされた上に、原燃料が石炭から石油にシフトしはじめました。苦境に立たされた常磐炭鉱は、炭鉱で働いている人たちや家族たちを守るための策として考えられたのが温泉を利用した観光業への転換でした。

ちょっと話はそれますが、似たような話を「ドラえもん」の映画で見たことがあります。ドラえもんの『ドラえもん のび太と銀河超特急』というものです。これはドラえもんとのび太ら5人が、銀河鉄道にのり、ドリーマーズランドというテーマパークに行き、そこで宇宙の寄生生物に襲われてしまうというストーリーです。

このドリーマーズランドというのは、宇宙の果てにあるハテノハテ星群があって、そこはメズラシウムという鉱石がとれて大いに栄えたのですが、その鉱石が取れなくなり、星をあげてドリーマーズランドというテーマパークによって再興を図ってつくられたものです。原作者の藤子・F・不二雄先生はもしかしたらスパリゾートの話を知っていて、この『のび太と銀河超特急』のプロットにしたのかもしれません???




話をもとに戻して、いわき市には、湯本温泉というのがあるのですが、この温泉は道後温泉、有馬温泉とともに日本三大古湯(草津は意外にも入っていない)の一つです。

湯本という地名も実は平安時代からある由緒正しい地名です。

それくらい温泉が有名なところですから、炭鉱を掘ると温水が噴き出てしまう地質だったようです。発掘の際は悩みの種でしたが、今度は皮肉にも温泉の存在に助けられることになったのです。

その温泉と、当時の日本人が「行ってみたい外国」として憧れをもっていたワイハことハワイを結び付け、「夢の島ハワイ」をイメージしたテーマパークにしちょうと思ったのです。

1966年(昭和41年)、常磐ハワイアンセンターが開業。常磐ハワイアンセンターは今のスパリゾートハワイアンの前身です。海外旅行が庶民にとってかなり贅沢な時代、東京方面からたくさんの観光客が集まりました。年間入場者120万人を集める大成功でした。その後も施設を拡大して成長し続け、1990年(平成2年)、総事業費50億円をかけてリニューアルして、「スパリゾートハワイアンズ」と名称を変更し、今日まで至っております。

2011年には震災にあり、壊滅的なダメージをうけましたが、それでもスパリゾートの人たちは立ち上がり、今日に至っております。




※1 福島県東部の海岸地方をさす呼称。相馬市,南相馬市,いわき市と相馬郡,双葉郡からなる。




※ 参考文献


このページのトップヘ