history日誌

カテゴリ:日本の歴史 地域史 > 信州の歴史




きょうは長野県の民謡「木曽節」。僕の祖母が民謡がすきだったので、この歌は子供のころから知っていました。というか結構有名な民謡なので一度は聴いたことがあるという方もいらっしゃるのではないかと。「♪木曽のな〜、なかのりさん」というフレーズではじまりますが、この「なかのりさん」は何だろうなって疑問に思われます。いろいろ諸説があるそうですが、木曽川で木材を運搬するとき、イカダに3人で乗って、その3人のうちの真ん中に乗った人のことを「中乗り」と呼んだらしいです。船乗り先頭を「舳乗り」(へのり)、後ろを「艫乗り」(とものり)といったそうです。ほかには馬のくらの中央に乗った人を「真ん中に乗る」という意味で「中乗り」といったとか、死者や神のお告げを信者に伝える「中座なかざ」と呼ばれたシャーマンのことを「中乗り」といった説もあるそうです。

ちなみに、「木曽節」は意外と古い歌で、室町時代にも「木曽おどり」の名で登場し、すでに京の都でも知られていたのです。木曽節は、伊勢をはじめ全国各地から来た杣人すまびと(※1)や、木曽川をつかって材木を運ぶ日雇いびとによって即興的に歌われました。大正時代には、伊東淳(いとうすなお)町長が全国的な普及活動をおこない有名になりました。

木曽は僕も何度か行ったところがありますがよいところですよ。自然も豊富だし、奈良井宿(ならいじゅく)とか妻籠宿(つまごじゅく)、馬籠宿(まごめじゅく)といった宿場町があります。江戸の宿場町の風情も今も残していていいところです。




※1  杣木を切ったり運び出したりする人、きこり。杣木とは、 古代・中世の日本で国家・権門(特権階級)が所有した山林のこと。

※ 参考文献


※ この記事は、「青木村に見る義民の伝統」および「青木村歴史文化資料館」のパンフレットを参考にしました。
1 五つの一揆いっきがあった青木村
 江戸時代えどじだい百姓一揆ひゃくしょういっきを、全国的な統計数字でみると、国別の第一位はなんと信濃しなのだそうです。信濃の中で藩別一位はんべついちいはなんと上田藩うえだはんだそうです。一位といいましても、何ともありがたくない一位ではあります。

え?なんでもいいから一位になることはいいことだってw?う〜ん、昔どこかの雑誌で「明日にも消えそうなお笑い芸人」という読者アンケートで惜しくも?二位になってしまった芸人さんが少しくやしそうにそのようなことを言っていましたねw

それはともかくw、その上田藩の領地の中で特に百姓一揆が多かったのが、現在の青木村に入っている村々なのです。(※1)

そのため「夕立ゆうだち騒動そうどうは青木から」という言葉が言い伝えられております。

同じ村で五つも一揆がおこることは大めずらしいことだそうです。



※1 奈良本村・沓掛村(くつかけむら)・夫神村(おかみむら)・殿戸村(とのどむら)・田沢村(たざわむら)などなど

2 5つの農民一揆のあらまし
 
  • 天和てんわの義民 増田与兵衛ますだよへえ


  • 天和2年(1682年)、作物が実らない年が3年も続いたのにもかかわらず、庄屋しょうや年貢ねんぐを多く取り立てて、横領おうりょうしたり役人へのワイロに使ったそうです。増田与兵衛は庄屋のやりたい放題を藩主の仙石政明せんごくまさあきに越訴(※2)しました。役人の調べでうったえが事実であることが証明され、多く取り立てられた年貢は百姓に返されたそうです。しかし、おきてによって増田与兵衛は子供とともに処刑されました。

  •  享保きょうほうの義民 平林新七ひらばやししんしち


  •  中挟村(なかばさみむら)の西上というところは古くから検地が入らないところだったのですが、しきたりを無視した役人が検地を強行したので組頭の新七は、止めるように願いでました。

    しかし、役人には聞き入れようとせず、新七は役人をカマで切り殺そうとしました。もちろん処罰をされることを覚悟かくごの上で。藩主は役人の無法を認め、中挟村には年額45俵の減免げんめんが言い渡されました。それは享保6年(1721年)の出来事です。

     
  • 宝暦義民ほうれきぎみん(上田騒動)
  •  

    上田騒動につきましては前編で書かせていただいたので説明を省略させていただきますが、宝暦11年(1761年)におこった大規模だいきぼな一揆です。


    http://ehatov1896-rekishi.doorblog.jp/archives/2195532.html
    (上田騒動について 前編)



     
  • 文化ぶんかの義民 堀内勇吉ほりうちゆうきち
  •  

    文化6年(1809年)、入奈良本いりならもとの百姓が訴願そがんするため上田城下にやってきました。なぜかって?庄屋が悪いことばかりしているからです。


    城下町の問屋や庄屋と話し合いの結果、願書を奉行所ぶぎょうしょに差し出すことになりました。問屋や庄屋は表ざたにならないよう、うちうちに終わらせようと努力しました。しかし、勇吉ゆうきち以下の数名の百姓は納得しませんでした。

    奉行所で約一年にわたる吟味ぎんみの結果、百姓たちの願いはとおりましたが、百姓たちにも重い刑罰けいばつが下り、勇吉は永牢えいろうの罪(※3)になり、勇吉は牢屋ろうやの中で亡くなったそうです・・・



  • 明治2年騒動
  •  

    なんと、一揆は明治時代にもおこったのです。
    一揆というと室町〜江戸時代のイメージがありますが、明治にもあったのですね。明治二年(1869年)、入奈良本から百姓一揆が起こりました。その一揆勢の数は数千人にもおよぶといいます。

    一揆勢は、上田城下に乱入しました。一揆勢は藩当局に強訴ごうそするとともに、商店まで打ち壊しました。


    上田藩は一揆勢の要求を受け入れるとともに、一揆を主導した6人を処分しました。その中に九朗右衛門くろうえもんという人物がいたのですが、彼が主犯としてさらし首にされたそうです。

    この打ちこわしのあらしは上田のみならず、おとなり松本領まつもとりょう松代領まつしろりょうにもおよび、ドミノ式に打ちこわしがおこったといわれております。


    ※2 江戸時代、管轄かんかつの役所・役人を越えて上級の官司に提訴したこと。今でいう直談判じかだんぱん

    ※3 死ぬまで牢屋に閉じ込められること。今でいう無期懲役



    3 受けがれる一揆の歴史

     これらの一揆いっきはそれぞれが無関係におこったわけではありません。先祖たちのスピリッツを受けぎ、悪政と戦おうという伝統が青木村にあったのでしょう。

    つまり「オレたちが領主様たちにひどい目にあわされたら、泣き寝入りなきねいりをしてはいけない」「そういう時こそ、力を合わせて戦おう」という精神です。

    上からひどい目にあわされてもだまって耐え忍たえしぶべきとか、時が解決してくれるからガマンしようとか、いわゆる「長いものにまかれよ」ではなく、悪に立ちむかう人だっていたのです。今でいう倍返しをやっていたのでしょうか。

    でも、一揆をおこすということは、農民たちにとってとてもリスクの高いことです。そんなことをすれば、首謀者しゅぼうしゃは殺されてしまいます。しかし、ここの農民たちは、みんながよりよい生活ができることを願って、不正に立ち向かったのです。自らの命を犠牲ぎせいにしてまで、みんなの幸せのために戦う。これはなかなかできることではありません。

    ※ おまけ
    青木村には「アオキノコちゃん」というゆるキャラがいます。かわいいですね。アオキノコちゃんの背中には「義民」の文字が書かれています。






1 松平忠順
 上田騒動うえだそうどう(1761年)が起こったころの上田藩うえだはんのお殿様とのさまはどのような人だったのでしょうか?

お殿様の名前は、松平 忠順(まつだいら ただより)といい、上田藩の第3代目の藩主はんしゅです。上田というと真田幸村さなだゆきむらなど、真田家のイメージが僕にはあったのですが、江戸時代の中期ごろには松平家がこの地を治めていたのですね。

忠順は、享保11年(1726年)11月22日、第2代藩主・松平忠愛(まつだいら ただざね)の長男として江戸えどで生まれました。寛延かんえん2年(1749年)に父の隠居いんきょ家督かとくゆずられます。


2 意外にも良いお殿様だった
 
忠順の時代に一揆いっきがおきたのだから、さぞ悪いお殿様だったのだろうと思っていたのですが、実際はちがったようです。むしろ父である忠愛と違って有能で、儒学じゅがくを基本にした積極的な藩政改革はんせいかいかくを目指したそうです。父の時代にすでに藩財政は破綻はたんしていたため、倹約令けんやくれいなどを出したそうです。

しかし民政においては、かなり質の悪い役人が取り仕切って年貢の取り立てをおこなっていたために、結局1761年に一揆(うえだそうどう)が起こってしまったのですね。

忠順は、寺社奉行じしゃぶぎょう(※1)や若年寄わかどしより(※2)などの幕府の役職を歴任しました。

そして天明3年(1783年)2月8日、江戸で亡くなりました。享年きょうねん58才。

※1 江戸幕府の職名。寺社およびその領地の人々などを管理し,その訴訟そしょう受理じゅり裁決さいけつした。
※2 江戸幕府の職名。老中に次ぐ重職



3 岡部九郎兵衛

 上田藩の家老に岡部九郎兵衛おかべくろべえという人物がいました。彼は上田騒動の事後処理にあたったといわれています。

岡部は農民代表に契約書けいやくしょ(宝暦騒動下げぶみ)を与えて、農民たちをしずめたといいます。

その宝暦騒動下げ文は二通、上田市立博物館に残っているそうです。

http://museum.umic.jp/hakubutsukan/story/matsudaira/cont_matsu/doc_matsu/073.html#1

(宝暦騒動下げ文の)筆の運びが乱雑なことから、緊迫きんぱくした状況じょうきょうの下で、急きょ農民たちのうったえを認めた様子がうかがえます。

しかし、岡部は騒動から2年後の宝暦13年12月に31才の若さで亡くなっております・・・いろいろと苦労があったのでしょうか・・・



※ 参考文献




松平氏資料集(上田市立博物館)

あとウィキペディアも参考にしました。


※ 参考文献




あと、長野県青木村でもらったパンフレットも参考にしました

江戸時代えどじだい信濃国しなののくに(今の長野県)の上田藩うえだはんで起きた上田騒動うえだそうどうという事件をご存知ぞんじでしょうか?

僕はマンガで上田騒動の事を知りました。

この上田騒動は宝暦ほうれき11年(1761年)に起きたので上田藩宝暦騒動うえだはんほうれきそうどうとも呼ばれています。

この一揆いっきは上田藩の民政みんせい根底こんていからるがした大規模だいきぼな一揆です。一揆に加わった農民の数は約一万三千人にのぼるというからオドロキです。

農民たちは、自分たちのくらしを少しでも楽にしたいという思いから立ち上がったのです。今でいえばストライキ、倍返し(半沢直樹かw)みたいなものでしょうか。


一揆ときくと、悪い代官や領主たちが農民を苦しめ、それでいて代官や領主たちは私腹を肥やしているというイメージがあります。

が、当時の上田藩は藩財政はんざいせいも苦しかったという事情もあったようです。(悪い役人もいたようですが)


そのしわ寄せが農民たちにし寄せてきたのです。干ばつなどで不作にも関わらず、上田藩の取り立ては厳しかったのです。農民たちはとてもこまっていたのです。

そんな状況じょうきょうの中で、庄屋しょうや金次郎きんじろう(田沢村たざわむら)、庄屋の太郎兵衛たろうべえ(夫神村おかみむら)、組頭くみがしら浅之丞あさのじょう百姓ひゃくしょう半平はんべいらが密談で計画を練り、一揆をおこしたのです。

農民たちの主な要求は、年貢ねんぐを軽くすること、不正を行った役人をクビにせよなど。

宝暦11年12月11日の夜に、カマ、まさかり、オノなどをこしにさして塩田しおだ村、福田村ふくたに声をかけ、次の日(12日)上田城にしかけたのです。

BlogPaint
BlogPaint
(上田城)

年が明けて宝暦12年、一揆勢の要求はほぼ通り、1か月にもおよんだ騒動そうどうもおさまりました。

しかし、一揆の首謀者しゅぼうしゃである浅之丞と半平が死罪となりました・・・

浅之丞と半平の辞世じせいの句をご紹介しょうかいします。


「散る花は むかしまことの 習いかな」(浅之丞)
「いさぎよく 散るや此世(このよ)の 花ふぶき」(半平)


二人のお墓は青木村にあります。


DSC_1293

(浅之丞の墓)

DSC_1294

(説明版)

※ おまけ
浅之丞、半平たちの故郷、青木村は義民の村と言われております。その義民たちの功績をたたえ、義民太鼓がつくられました。その義民太鼓ぎみんだいこの動画をどうぞ。

DSC_1304


(諏訪湖すわこサービスエリアからった諏訪湖すわこの写真)

今年の夏、二泊三日にはくみっか信州しんしゅうにおとずれました。一日目は野尻湖のじりこ、二日目は上田、三日目に岡谷おかやにおとずれました。岡谷には前から行きたいと思っておりました。

岡谷は製糸業せいしぎょうで栄えた町で、全盛期には300もの製糸工場もあったようです。「岡谷のスズメは黒かった」といわれるほど製糸工場の”えんとつ”が並んでいたといいます。

しかし、今では製糸工場も数えるほどしかないようです。(全国レベルでも)

製糸がさかんだったころの岡谷はにぎやかだったようです。製糸工場だけでなく、着物屋さんやマーケットなどもいくつもあって、休日には製糸工場で働く女工さんたちがショッピングを楽しんだそうです。

大みそかになると岡谷の駅は故郷に帰省きせいする女工さんであふれたようです。それくらい岡谷の街に女工さんがたくさんいたのです。

岡谷の女工さんといえば『女工哀史じょこうあいし』のように、経営者に不当にこき使われたようなイメージがあります。

しかし、岡谷の製糸工場すべてがブラック会社だったわけじゃなく、女工さんを大切にしてあげたり、女工さんにお裁縫さいほうなどを教えた経営者もいたようです。

山本茂実(やまもとしげみ)さんの『あゝ野麦峠のむぎとうげ』にも、悲さんな思いをした女工さんだけでなく、良い思いをした女工さんも書かれております。ただ、『あゝ野麦峠』の映画のほうは、女工さんかわいそうばっかりで、元女工さんからも批判もあったようですが。

あゝ野麦峠 [DVD]
大竹しのぶ
東宝
2014-04-16



あゝ野麦峠 ある製糸工女哀史 (角川文庫)
山本 茂実
KADOKAWA/角川学芸出版
1977-04-01




岡谷には製糸博物館せいしはくぶつかんがあって、今年の8月にリニューアルオープンしました。

僕も訪れてみましたが、とてもよかったです。

女工さんが実際に使っていた機械がいくつもありました。また、昭和初期に起きた山一騒動やまいちそうどうという女工さんたちによるストライキを起こしたのですが、その事件が書かれた新聞の切りきなど、さまざまな資料が展示されていました。




(岡谷蚕糸博物館の動画)



博物館には、おみやげコーナーがありまして、そこにはサナギの佃煮を発見しました。





カイコから糸を取り出すとサナギだけになるのですが、僕はそのサナギを捨てたのかなと思っていたのですが、サナギを捨てないで、佃煮つくだににして食べれるようにしたのですね。このサナギの佃煮も結構、栄養価が高いそうです。

大変な仕事をしていた昔の女工さんたちも、このサナギの佃煮つくだにも食べていたのかなって思いました。




この博物館がほかの博物館とちがうのは宮坂製糸所という製糸工場と隣接りんせつしているのです。その工場の中を見学することができて、実際に従業員さんが働いている様子をみることができるのです。

見学だけでなく製糸の機械をつかって、マユの糸とりを体験することができるのです。

ちなみに、宮坂製糸所はNHKの「サラメシ」でも取り上げられました。





このページのトップヘ