history日誌

カテゴリ: 日本の伝承・伝説

今日は、石川さゆりさんの『天城越え』をご紹介します。カラオケの定番曲の一つで、年配の方から若い人にまで人気のある曲です。紅白でも何回も歌われております。あのイチロー選手もこの曲が好きみたいで、自分がバッターボックスに入ったとき、この曲を流すそうです。それでイチロー選手と石川さゆりさんは交流があって、石川さんも度々渡米し、イチロー選手を応援しているそうです。

『天城越え』の舞台は、静岡県は伊豆半島の中央、修善寺しゅぜんじです。修善寺は川端康成の小説『伊豆の踊子』の舞台にもなりました。天城隧道あまぎずいどう(※1)、寒天橋かんてんばし(※2)や浄蓮の滝じょうれんのたきと天城の名所が出てきます。

浄蓮の滝には、まつわる怖い話があります。女に化けたジョロウグモが男をたぶらかし、滝つぼに引きずり込むという怖いお話です。。僕も浄蓮の滝に実際におとずれてから、この伝説をはじめて知りました。

伝説の内容は、次の通りです。


昔、このあたりにおじいちゃんが住んでいたが、浄蓮の滝の上のほうにある畑で畑仕事をしていた。畑仕事でつかれたのか、手に持っていたクワを置いて一休みしていた。するとおじいちゃんの足に美しい女郎グモが糸をからませていた。おじいちゃんは「ワシの足を木と間違えたのだな」と思い、近くにあるクワの木の株にジョロウグモをそっと置いてやった(おじいちゃんの足にからまった糸も切らないように)。

しばらくすると、さっきジョロウグモを置いたクワの木の株が、めりめりと音をたてて引きぬかれ、そのままおそろしい力で浄蓮の滝の方へ落ちていった。おじいちゃんはびっくりしてげ出した。

「浄蓮の滝の主は美しいジョロウグモだ。女郎グモに糸をまきつけられたら、それこそたいへん。そのまま滝つぼにのみこまれてしまうぞよ!」というウワサは広まり、浄蓮の滝に近寄ちかよる人はいなくなってしまった。

それから、何年かたって、ヨソの国から木こりがやってきた。その木こりが浄蓮の滝の上のほうで木を切っていたら、あやまって手に持っていたおのを滝つぼに落としてしまった。すると、滝つぼから美しい女性が現れた。手には木こりが落とした斧を持っている。そして、このように語った。「あなたの斧をかえしてあげますよ。そのかわりに、ここで私の姿を見たことを、だれにも話してはなりません。もしも約束をやぶったら、そのときは、あなたの生命はもらいます」

そして、木こりは女性から斧を返してもらった。木こりは「これは何かあるぞ」と思い、里の人から話を聞いてみた。すると、里の人たちは「その女は浄蓮の滝の主だ。約束を破ったらおそろしい目にあうぞ」と木こりに語った。木こりはおそろしくなって、女の姿を見た話をだれにも話さなかった。

しかし、「言ってはならぬ」といわれると、話したくなるのが人情というもの。木こりは、里の居酒屋いざかやに入り、木こり仲間たちに、酒にった勢いで浄蓮の滝の女の話をしてしまった。そして、木こりはベロンベロンになりそのまま眠りについてしまった。それから木こりは目をますことのないまま、木こりは永遠のねむりについてしまった。



この伝説は作り話ですが、元になった話はあると思います。この浄蓮の滝あたりで山崩やまくずれが頻繁ひんぱんに起こっていたようです。その山崩れで浄蓮寺じょうれんじというお寺もこわれてしまったようです。山崩れで亡くなった人もいたのかもしれませんし、足をすべらせてがけや滝つぼに落ちて死んでしまった木こりや通行人もいたかもしれません。僕も実際に浄蓮の滝の周辺を歩いたのですが、足場があまりよくないのですね。ましてや昔は今みたいに道路も補修されていませんし、外灯もなければ、レスキュー隊なんていない時代でしたからね。そうして、亡くなった人が多いので、女に化けたジョロウグモが滝つぼに引きずり込むという伝説が生まれたのかもしれません。


「天城越え」といえば、松本清張の同名小説も有名です。この小説は映画化され、田中裕子さんが遊女役を実に色っぽく演じられました。どういう内容かというと、天城峠で男が変死をしてしまいます。それで、その男と関係があった遊女が疑われてしまうのです。そして、その遊女に一人の少年が恋をします。その少年は心に傷をおっておりました。少年の母親が男と不倫をしていたのを目撃し、少年は家を飛び出したのです。そこで、天城峠で遊女と出会ったのです。心優しい遊女に少年は、自分の理想の母親像をオーバーラップさせたのかもしれません。おっと、これ以上お話しするとネタバレになりますので、このくらいにしておきます。

天城越え [DVD]
渡瀬恒彦
松竹
2005-10-29


※1 旧天城トンネルのあたり
※2 寒天橋とは、伊豆の海で採れた海藻・天草(テングサ)を、寒天の製造地・信州へ運んでいたが、その海藻や天草を運ぶ際、この橋をとおったことが由来だそうです。



0
女郎蜘蛛の伝説

(ジョロウグモの伝説の説明版)
定連の滝

(浄蓮の滝)
天城越え歌碑
天城越 歌詞

(いずれも「天城越え」の歌碑)


女郎くも

(女の主の人形 ちなみに人形の横に映っている人影は心霊写真しんれいしゃしんではありませんw 私です。)

女郎蜘蛛の伝説

(女郎グモの伝説が書かれた説明板)


じょうれんの滝 弁財天

(弁財天の説明板。弁天様が滝つぼに入り、山崩れを治めたという伝説もある)


263


260


265


266


267


270

(いずれも天城隧道の写真。トンネルの写真は、『伊豆の踊子』の一説にもでてくる旧天城トンネルです)

※ 参考文献




福島県いわき市の富岡町と大熊町の境に「夜ノ森」という森林地帯があるようです。なんかRPGに出てきそうな地名のように僕には感じられるのですがw、この地名は神話がもとになっております。登場するのはタカミクラノミコトという神様です。


タカミクラノミコトは、伊勢の国にある津から地方の豪族を平定しながら日高見の国(蝦夷地。いまでいう関東・東北地方)に向かいました。長く苦しい旅路の末、関東に出てそこから海路で東北に向かったとされる。ミコトの船団は現在の南相馬市にあたる渋佐の浜に上陸。近隣各地で転戦をしたそうです。自分の土地を守ろうとする地元の豪族も強く抵抗し、ミコトの軍は豪族の軍に囲まれてしまい、絶体絶命のピンチに立たされます。そして、ついに毒矢にあたり、血を吐いて死んだといいます。それでもミコトの軍は奮戦し、豪族たちを打ち破りました。

しかし、ミコトの死が知らされると、豪族たちの士気があがり逆襲される恐れがあるため、急いで大きな塚をつくりミコトを弔ったといいます。

その塚がある場所はいつしか「いち夜の森」と呼ばれるようになりました。おそらく、一夜のうちにできた森(塚)と、いうのが由来かと思われます。

それが転じて「宵の森」、あるいは「夜の森」と呼ばれるようになったのでしょう。

現在、夜の森には「夜の森公園」という公園があり、そこは桜の名所としてしられ、JR夜ノ森駅はツツジの名所として名高いそうです。しかし、2011年の原発事故により現在では帰還困難区域(事故発生当初は警戒区域)で立入禁止区域となっているそうです・・・



(夜ノ森の桜)


(夜ノ森駅。2011年3月11日の東日本大震災および福島第一原子力発電所事故により休止中)

御嶽山(おんたけざん)が噴火ふんかしたのは記おくに新しいです。夕刊紙では大きな地震じしん前触まえぶれみたいなことがかいてありましたが、御嶽山の噴火と巨大地震きょだいじしんの関連性は僕にはわかりません。

ただ、日本は地震が昔から多いので、用心をしたほうがいいなかなと思いました。

地震といえば、東京でもありました。震度しんど3くらいでしたが地面や窓ガラスがカタカタゆれてこわかったです。これが震度6以上となると、もっとゆれてコワいんだろうなって思いました。

今でこそ地震はプレートテクトニクスが引き起こすことがわかっていますが、昔の人たちは地下に住む、でっかいナマズが暴れて地震を起こすと信じられておりました。

でっかいナマズをおとなしくさせるのが要石かなめいしと言われております。

その要石は茨城県いばらきけん鹿島神宮かしまじんぐうがあります。

昨年、鹿島神宮にお参りにいき、「要石」をみたのですが、「なんと小さな石ころだな」って思いました。

けれど、これは小石ではありません。氷山といっしょで、地表に見えるのは要石のほんの一部分なのです。実際はとても大きな石で、その大部分は地中に埋<rt>うまっているのです。わずか岩のてっぺんの部分だけがポツンと地上に出ていて、それが小石に見えるのです。

この巨大きょだいな石を水戸黄門こと徳川光圀(とくがわみつくに)が発掘はっくつしようとしたのですが、結局できなかったようです。



江戸時代後期に起こった安政大地震あんせいだいじしん(1855年)のとき、鹿島神宮の神様が要石をつかってナマズをしずめる絵がたくさん広まりました。いわゆるナマズ絵です。


(ナマズ絵の動画)


BlogPaint

(鹿島神宮)

DSC_0094

(鹿島神宮の祭神さいじん、タケミカヅチ神。タケミカヅチがナマズをおさえている彫刻ちょうこく

DSC_0092

(要石)

DSC_0088

( 小林一茶こばやしいっさも鹿島神宮をおとずれた)

DSC_0089

(要石。とても小さい)

※ おまけ
鹿島神宮とナマズ料理の動画です。鹿島神宮周辺にはナマズ料理屋がいくつもありました。あいにく僕はナマズ料理を食べませんでした。だって、ナマズなんて食べたら、ナマズの王様がおこって、大地震を起こしそうだからwwウソウソ、ナマズ料理ってけっこう高いから。でも、ナマズ料理を機会があれば食べてみたいですね





※ 参考文献


(この記事はウィキペディアとヤフー知恵袋を参考にしました。)

前回のエントリ『勧進帳』かんじんちょうのお話をしましたが、今日は12月14日ということで『忠臣蔵』ちゅうしんぐらにまつわるお話しをします。

大石内蔵助おおいしくらのすけが、吉良邸討きらていうち入りのために江戸に向かいました。



大石内蔵助は垣見五郎兵衛(かきみ ごろべえ)というニセの名前を使っていました。


ところが、東海道にある宿で大石は本物の垣見五郎兵衛とばったり出くわします。

当然、本物の垣見はおこります。「オレの名前を勝手に使うんじゃねえ!」

一方で、大石も負けていません。「何言っていやがる。オレこそ本物の垣見五郎兵衛だ!」と。

垣見は「お前が本当に垣見五郎兵衛なら、通行許可書(手形)をみせよ」と大石にせまります。

そこで、大石は『勧進帳』の故事こじにならって白紙の通行許可書(通行手形)を見せます。白紙の許可書をみた垣見は「『勧進帳』のマネをして許してもらおうなんてそうはいかねえぜ!」って思った事でしょう。

で、垣見が長持(通行許可書を入れる木箱)をみたところ、長持に浅野家の家紋かもんがありました。その家紋をみた垣見は大石の気持ちをおもって、目になみだかべながら「これを使ってください。そして、本望を成し遂げてください。」といって自分の許可書をわたしてしまいます。

あだ討ちをして、主君の無念を晴らそうとしている大石らの心意気に垣見は感動したのでしょう。

これが『忠臣蔵』の「東くだり」のエピソードです。垣見五郎兵衛の男意気に感動しますね。

と言いたいところですが、実は「大石の東くだり」のエピソードは史実ではありません。「大石の東くだり」は映画や歌舞伎かぶきに出てくる作り話だそうです。垣見五郎兵衛は実在の人物のようですが。

大石が垣見五郎兵衛と名乗って江戸へ向かった可能性は考えられますが、本物の垣見五郎兵衛と大石がかちあったことを裏付ける資料はないのです。




※ おまけ
「大石東くだり」の動画が見つかりました。「若草歌舞伎」という子どもが演じている歌舞伎もあるのですね。

また、この「若草歌舞伎」には垣見五郎兵衛の代わりに立花左近(たちばなさこん)という人物が出てきますが、筋書きは大石と垣見のエピソードと同じです。







(この記事はウィキペディアと『源義経 111の謎』を参考にしました)

今日は、「安宅の関(あたかのせき)」のエピソードについて。「安宅の関」のエピソードは歌舞伎の「勧進帳(かんじんちょう)」という演目にもなりました。

源義経が源頼朝の目をのがれ、東北の平泉へ向かいました。その途中とちゅう、今の石川県にあった安宅の関(あたかのせき)を守っていた富樫 泰家(とがし やすいえ)に「ちょっと待て!お前は義経じゃないのか!?」と足止めされてしまいます。

義経は源平の合戦であれだけ活やくしたのに、合戦後は頼朝にうとまれ、指名手配のおたずね者になってしまったのですね。

義経のピンチに、義経の家来だった弁慶(べんけい)が機転きてんかせます。「自分たちは(源平の合戦の際に焼失した)東大寺再建のために勧進かんじんを行っている山伏やまぶし(※1)だ」と言って、たまたま持っていた白紙の巻物を勧進帳であるかのようにふるまい、朗々と読み上げます。


え?勧進とは何かって?説明せよと言われても、あいにく僕もよくわかりませんwごめんちゃいw

といいたいところですが、一応ウィキペディアで調べてみました。

何でも、勧進とはお寺や仏像の修理などをするための寄付金きふきんを集めることだそうです。「勧進帳」とは「勧化帳(かんげちょう)」とも呼ばれており、勧進の目的だとか、「お金を寄付すれば、あなたも功徳がつめて、いいことがありますよ」みたいなことが書かれた巻物だそうです。

富樫とがしは疑い、こんどは弁慶べんけいに「山伏の心得を言え」だとか、「秘密の呪文じゅもんをとなえよ」なんて富樫は言ったのですが、弁慶はうまく応えます。

それでも、疑いの目が晴れないので、弁慶は何と義経を棒でひっぱだくのです。「お前が義経に似ているから疑われたじゃないか!」って。それで富樫が「もうよい、そなたたちが義経ではない事はようわかった」と、疑いの目が晴れて義経一行は通ることができたと言うのです。

もちろん、弁慶は義経に対して、棒でたたいた事を泣いてわびたそうです。

一方の富樫は、山伏の一行の正体が義経達だと知っていながら、弁慶の主君を思う心に感服して関所を通ることを許したというのが、「安宅の関」のエピソードです。

感動的なストーリーですね。と、言いたいところですが、この「安宅の関」のエピソードはどうも作り話のようですそもそも「安宅の関」という関所が実在しないというのです。地元の石川県には安宅の関のあとがあるのですが、実際に関所があったわけじゃないのです。

また、「安宅の関」のエピソードが『忠臣蔵』に登場するのですね。その辺のお話はまた次回。

※ おまけ

『勧進帳』のダイジェストの動画をご紹介します。




※1 山野に住んで修行をするおぼうさん。

歌舞伎名作撰 勧進帳 [DVD]
市川團十郎
NHKエンタープライズ
2004-07-23






このページのトップヘ